プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

関税って誰が払うものか知らないの? ー アメリカ大統領


トランプ大統領は、メキシコとの間に壁を作ると選挙戦の時から言っており、冗談だろうと思っていたら、どうやら本気のよう。
しかも、建設費はメキシコに払わされると言ってましたけど、そんなものをメキシコを払うはずもない。

そうしたら、メキシコからの輸入品に関税をかけて、それを建設費用にするといってます。でも、これって結局アメリカ国民の懐が痛むことになるんですけどね。

--
トランプ、メキシコに20%輸入課税検討 国境の壁、建設費用に
2017年1月27日(金)11時17分

 トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに建設する壁の費用を捻出するためメキシコからの輸入品に新たに20%の関税をかける案を検討している。スパイサー大統領報道官が26日、明らかにした。

 現時点ではこうした関税がどのように導入されるのか詳細は分かっていないが、スパイサー報道官は、トランプ大統領は議会で検討されている税制改革案の一環として導入する意向だとしている。

 報道官の説明は、下院で検討されている国境調整税に類似する部分がある。報道官は記者団に対し「輸入品に新たに20%の税を課す。これは160カ国で現在行われていることだ」とし、「米国の(現行)政策では輸出に課税し輸入に課税しておらず、不合理だが、この新たな枠組みを導入すれば壁の建設費を簡単に捻出できる」と述べた。

 ただ、ホワイトハウスはその後、国境調整税を支持しているわけではないと表明した。


[フィラデルフィア/メキシコ市 26日 ロイター]

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/20-24.php
--

メキシコからの輸入品に関税をかければ、当然のことながら商品の値段が上がり、それを買うアメリカ人の財布から余計なお金が出て行き、それが国庫に納められ、建設費に充当させられるだけのこと。

つまり、この建設費を払うのは間違いなくアメリカ人です。

こんな単純なこともわからないなんて、本当にトランプ大統領はビジネスマンだったのでしょうか。

ただ、これも前回のエントリで書いたようなビーンボールで、確かにそうなればメキシコ製品は高くなってアメリカで売れなくなるから、そうならないようにメキシコは譲歩してくるだろうという観測の下にやっている可能性もありますけど。
それにしても、筋書きとしてお粗末だと思います。結局困るのはアメリカ国民なんですから。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

トランプ大統領就任


ちょっとリアルの方が半端なく忙しく、間が空いてしまいました。
これまで、いろいろ文字の色を変えていたりしたのですが、この手間が結構ブレーキになっているので、しばらくはシンプルな表示にしたいと思います。

+++++

1月20日にドナルド・トランプ大統領が就任しました。
早速、大統領令を乱発しており、就任したら少しは慎重に政権運営をするのでは、という世界の人々の淡い期待を裏切って、自己満足全開で突っ走っています。

また、そのTwitterでのつぶやきに、トヨタのような企業まで振り回されている始末。
言う方が言う方なら、それに従う方も従う方です。

で、この大統領に日本はどう対処するのか。
早速、事実誤認に基づく日本批判をやっているようですが、これまでの言動から見て、トランプ大統領やその取り巻きは、安倍と同じように、自分の誤りを絶対に認めたくないという幼児的な思考に取り憑かれており、どんなに客観的な事実を示したって、自分の主張は変えないでしょう。

その時安倍は、トランプに対してきちんと反論できるでしょうか?
まあ無理でしょうね。
おそらくトランプの言うがままになり、誤った認識も事実と認めてしまうことでしょう。

もちろん、これまでも安倍がアメリカの言いなりだったことは同じなのですが、オバマのような理性的な大統領だったからまだなんとかなっていた。

正直、何が起きても不思議はない、という心境です。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

どっちもどっち ー 日韓挑発合戦


8月15日は71回目の終戦記念日でした。
戦争の犠牲者を悼み、2度と戦争を起こさないようにとの思いを新たにしたいところですけど、日本と韓国では、お互いに挑発を仕掛けあっているようです。

--
安倍首相、靖国に玉串料=高市、丸川氏が参拝―超党派議員は集団で
時事通信 8月15日(月)9時10分配信

 安倍晋三首相は終戦記念日の15日午前、自民党総裁として代理人の西村康稔総裁特別補佐を通じ、東京・九段北の靖国神社に私費で玉串料を奉納した。

 自身の参拝は見送った。閣僚では、高市早苗総務相、丸川珠代五輪担当相が同日午後、参拝。一方、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバー約70人が同日午前、集団で参拝した。

 首相の終戦記念日の靖国参拝見送りと玉串料の奉納は4年連続。靖国参拝に反対している中国、韓国に配慮した。9月に中国・杭州で開く20カ国・地域(G20)首脳会議の際に合わせて調整している日中首脳会談への影響も考慮した。

 首相は15日午前、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花。この後、政府主催の全国戦没者追悼式に参列し、式辞を述べた。

 菅義偉官房長官は記者会見で「靖国に参拝するか否かは首相が適切に判断する事柄だ」と説明。「閣僚の私人としての参拝は、個人の信教の自由に関する問題で、政府として立ち入るべきではない」と語った。尾辻氏は集団参拝後の会見で、首相の参拝見送りについて「国益での判断というなら理解していただける」と述べた。

 山本有二農林水産相は15日の記者会見で、6日に靖国を参拝したことを明らかにした。今村雅弘復興相も11日に参拝を済ませた。

 また、首相側近の萩生田光一官房副長官は15日午前に参拝。「大戦で犠牲となられた先人のみ霊に哀悼の誠をささげた。恒久平和への誓いを新たにした」と記者団に語った。

 これまで終戦記念日の参拝を続けてきた稲田朋美防衛相は、自衛隊部隊視察のためアフリカ北東部ジブチを訪問中で、15日の参拝を見送った。稲田氏が会長を務める自民党議員による「伝統と創造の会」のメンバーは同日参拝した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000089-jij-pol
--

先の戦争は正しい戦争とするのが教義であるところの靖国神社に参っておいて、恒久平和への誓いもあったものじゃない。
こんなものは近隣諸国への挑発以外の何物でもないでしょう。

信教の自由だなんだという言い訳も聞き飽きました。
信教の自由とは個人に属するもの。みんなで打ち揃ってなんてパフォーマンスをやっている時点で、それは信教の自由じゃない。
そして、信教の自由ならそれはプライベートに関わるものであり、国会議員という職務よりもプライベートを優先させるような人物がこんなにもたくさん国会議員になっているということに、納税者の一人として怒りを覚えます。

一方韓国では、

--
韓国議員団が竹島上陸 日本の抗議を黙殺し…
産経新聞 8月15日(月)9時10分配信

 【ソウル=名村隆寛】韓国の与党セヌリ党の羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)(ナギョンウォン)議員ら超党派の国会議員団が、日本の朝鮮半島統治の終結を記念する「光復節」の15日午前、竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した。議員団の一人が自身のフェイスブックで明らかにした。

 日本政府からの強い抗議にもかかわらず、韓国政府は議員らの行動を黙認した形だ。竹島上陸が強行されたことで、慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行で改善の兆しが見え始めた日韓関係に影響する可能性がある。

 竹島に上陸したのは、羅議員を団長とする「国会独島(ドクト)(竹島の韓国での呼称)訪問団」の計10人。同党議員を中心に国内では対立関係にある最大野党「共に民主党」や第2野党「国民の党」の議員も参加している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000548-san-kr
--

こちらも同じ。
もっとも、「恒久平和の誓い」などという綺麗事を言わないだけ、日本の議員よりは正直だと思いますけど。

産経は「黙殺」なんて見出しに書いてますけど、それもお互い様ですね。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

お行儀よすぎ ー 野党候補

本日、ある駅前で民進党の候補が街頭演説をしていました。

話しているのは行財政改革のこと。
そして「我々もかつての万年野党のようにただ反対したり、揚げ足を取ったりするだけではなく、しっかりした対案を出して行きます」みたいなことを言っていました。

はっきり言ってお行儀よすぎ。

野党に何を期待するかと言えば、とにかく安倍を止めることでしょう。
演説だって、安倍はこんなにダメなんだ、危険なんだってことを強調して、だから我々を勝たせてくれと言わなければ、人々が野党に投票する価値を見出せないと思いますけどね。

だって「対案」を出すなんて言ったって、実行させられない野党がやることがそれなら、与党に投票しても何も変わらないと皆さん思いますよね

何でも反対だっていい、揚げ足取りだっていい、安倍を苛つかせて、とても改憲なんて言い出せないように追い込む。
それが野党のやるべきことでしょう。

だいたい安倍は選挙中にとにかく野党の攻撃ばかりしているらしいじゃありませんか。
本来、与党が実績や政策を語り、実績を持たない野党は与党の問題点を突く、それが民主主義国家の選挙戦だと思うのですが、この国ではそれが正反対。与党が野党を口汚く攻撃し、野党が政策を語る

これじゃあ与党が圧倒的に有利な選挙戦になってしまいます。

何で日本の選挙戦はこんないびつな形になってしまったのでしょう。

野党は対案なんかより、とにかく安倍の暴走を止める、その気概を見せることが一番重要だと私は思います。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

これまた露骨な選挙妨害 ー 東電のメルトダウン隠蔽


東京電力が、東日本大震災時に福島第一原発でメルトダウンが発生していたことを把握していながら隠していた問題で、「第三者」の検証委員会がその調査結果を公表しましたが、これまた、露骨な参院選対策という代物ができあがりました。

--
東電「第三者委」も依頼者の言い分で報告書 再び登場した「舛添の弁護士」
2016/6/17 20:05

辞職を表明した東京都の舛添要一知事が繰り返した「第三者の厳しい目」に続いて、「第三者委員会」のあり方に対する国民の信頼が改めて失われることになりそうだ。

舛添氏の政治資金をめぐる調査では、事実認定が「舛添知事寄り」だとして批判を受けたばかりだが、この調査を担当した「マムシの善三」こと東京地検特捜部出身の佐々木善三弁護士は原発事故関連の東京電力の第三者委員会にも参加していた。その調査結果では、炉心溶融(メルトダウン)の認定をめぐって清水正孝社長(当時)が官邸から「慎重な対応をするようにとの要請を受けたと理解していたものと推認される」と結論付けているが、「権限がない」などとして当時の官邸メンバーにはヒヤリングしないまま導かれた結論だったからだ。当時の官邸メンバーは「第三者委員会と称して、第三者性があるかのごとく印象付けているのは、はなはだ不誠実」(枝野幸男・元官房長官)などと激怒している。

東電が炉心溶融を伏せたのは「官邸の要請」を受けたと推認

2016年6月6日に行われた舛添氏の政治資金をめぐる会見では、調査対象から依頼されて行う調査で中立性が保たれるのか、といった質問に対して、佐々木氏は不機嫌そうに

「第三者委員会とは基本的にそういうもの」

と答え、「上から目線」だとして不興を買ったという経緯がある。6月16日に開かれた東電第三者委員会の会見でも、似たようなやり取りが繰り返された。

この日発表された調査報告書では、東日本大震災発生から3日後の11年3月14日夜の記者会見で、会見に臨んでいた武藤栄副社長(当時)に対し、清水社長が広報担当社員を通じて「炉心溶融」などと記載された手書きのメモを渡させ、「官邸からの指示により、これとこの言葉は使わないように」などと耳打ちさせたとされている。報告書では、こういった経緯を根拠に、

「この事実からすれば、清水社長が官邸側から、対外的に『炉心溶融』を認めることについては、慎重な対応をするようにとの要請を受けたと理解していたものと推認される」

と結論付けた。読み方によっては、官邸が「炉心溶融隠し」を指示していたともとれる。

しかし、当時の官邸側の言い分を聞かないまま、一方的に東電側の言い分が採用された形になっており、記者会見で、この点を指摘された第三者委員会の田中康久委員長は

「調査権限が限られている」

とした上で、

「そこまでやると時間がかかる。官邸等からの事情の聞き取りは他の委員会ですでにやっていたので、一応、その結果をある程度踏まえた上でやれると(判断した)」

などと釈明した。その隣の席には、第三者委員の1人である佐々木弁護士が座っていた。

枝野元官房長官「要請をした事実はない」「法的措置も検討」

だが、枝野氏は翌6月17日に開いた会見で、

「当時の菅総理や私から清水社長に対してはもとより、いかなる場面においても『炉心溶融』という言葉を使わないよう指示または要請をした事実はない」

などと事実関係を否定。「調査権限がない」という第三者委員会の主張に

「いわゆる『民間事故調』など、権限のない検証作業にも一貫して協力してきているのは公知の事実」
「そもそも、幅広い十分な中立性を持った調査をする意思がなかったことを糊塗しているに過ぎない」

などと反論。当時の首相だった菅直人氏も6月17日にブログで

「当時総理として官邸にいた私が清水社長に『炉心溶融』という言葉を使わないように指示したことはない」

と事実関係を否定。田中委員長に説明を求めたが拒否されたことも明かした。

さらに、枝野氏は、ヒヤリングが東電関係者にしか行われていないことを最も問題視しており、

「東電の部外者に対する聞き取りなどはなされておらず、東電関係者による一方的な釈明を並べたに過ぎない。にもかかわらず第三者委員会と称して、第三者性があるかのごとく印象付けているのは、はなはだ不誠実」

などと怒りが収まらない様子だった。長谷川弁護士についても、過去の経緯を挙げながら

「その第三者性に疑問の声があがっている」

と指摘した。東電第三者委員会の報告は、枝野氏が幹事長を務める民進党の選挙妨害にもなりかねないとして、法的措置も検討する構えだ。


http://www.j-cast.com/2016/06/17270020.html?p=all
--

注水停止問題でも卑劣な民主党攻撃に検証委員会を使いましたが、今回のそれも全く同様。
隠蔽したのは明らかに東電なのに、それは意図的なものではないなんて言いつつ、何の証拠もないのに民主党にその責任をなすりつけています。

こんなものを参院選の直前に公表するなどというのは、民主党(民進党)へのネガティブキャンペーンをするための怪文書をバラまいたのと一緒です。

結局、政治に絡む事柄での「第三者」というのは、自民党の権力維持のための工作員集団ってことなのだということが、このことからもよくわかります。

ただ、自民党にとっての誤算は、この「第三者」を権威付けるために起用した佐々木善三という人が、舛添都知事の「第三者」にもなってしまい、その胡散臭さを世間に知らしめてしまったことでしょうね。

おかげで、こういうものが公表されれば、普段なら鬼の首を取ったように民主党(民進党)叩きをするはずのネトウヨがさほど動かず、効果が随分小さくなってしまったようです。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ