プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

つまりは戦前の軍国日本を「取り戻す」 ー 安倍政権の教育勅語


森友学園問題で注目された教育勅語。

教育勅語は、戦前の軍国主義教育の一翼を明らかに担っていました。

しかし、自称保守の面々は、教育勅語には良いことも書いてある、それを否定する者は、そういう良いことも全て否定する気なのだ、と言ったレッテル貼りを繰り返しています。

そして、稲田朋美などはしきりに「取り戻す」という言葉を繰り返しています。

--
いまでも「教育勅語」には賛同 稲田防衛相が繰り返す「道義国家」
2017/3/10 20:11

 国有地の売買が問題になっている森友学園では、園児に教育勅語を朗読させていたことも問題になった。教育勅語をめぐっては、その理念が「主権在君並びに神話的国体観に基いている」などとして1948年に国会で「排除」や「無効確認」の決議が行われている。

 しかし、森友学園をめぐる国会審議では、稲田朋美防衛相が教育勅語の「核の部分」を「取り戻すべき」などと主張するなど、政治の世界では賛同者は多い。稲田氏がとりわけ強調したのは「道義国家」という言葉だが、これをさらに問題視する声もある。

基本理念は「主権在君並びに神話的国体観に基いている」

 2017年3月8日の参院予算委員会では、稲田氏が過去の雑誌の対談で

「教育勅語の精神を取り戻すべき」

などと発言していたことについて、社民党の福島瑞穂参院議員が「考えを変えたか、変えていないか」などと質したのに対して、

「教育勅語の核である、例えば道徳、それから日本が道義国家を目指すべきであるという、その核について、私は変えておりません」
「私は教育勅語の精神であるところの、日本が道義国家を目指すべきである、そして親孝行とか友達を大切にするとか、そういう核の部分ですね、そこは今も大切なものとして維持している」
「教育勅語に流れている核の部分、そこは取り戻すべきだと考えている」

などと「核の部分」「道義国家」といったキーワードを繰り返した。

 教育勅語は1948年、国会で排除や無効確認の決議が行われている。衆議院の決議では、その理由が

「これらの詔勅の根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる」

と説明されている。

「教育勅語自体が全く誤っているというのは私は違うと思う」

 福島氏は稲田氏に対して、教育勅語が国会決議で効力を失った理由を質したが、稲田氏は質問に答えずに

「教育勅語自体が全く誤っているというのは私は違うと思う。これは(防衛相としての)所管ではありませんけれども...。そして、今も三重県の現職の国会議員を輩出されている皇学館高校では、教育勅語の碑を校庭に置き、また、父母の日に教育勅語を全文写させている、そういう学校もある。その精神の核自体は道義国家を目指すというのは、目指すべきだと思う」

と主張。福島氏は

「教育勅語が戦前、戦争への道、あるいは国民の道徳の規範になって問題を起こしたという意識はあるか」

と反発したが、稲田氏は

「そういうような一面的な考え方はしていない」

と述べた。

文科相も教育勅語の「中身」なら「差し支えない」

 産経新聞の阿比留瑠比・論説委員兼政治部編集委員は、3月9日付のコラム「阿比留瑠比の極言御免」で、毎日新聞が森友学園を批判しながら朝鮮学校を擁護するダブルスタンダード(二重基準)を指摘する中で、

「筆者は、教育勅語は常識的な内容で特に問題ないと考えるが、園児に『安保法制、国会通過よかったです』と言わせたのは率直にやり過ぎだと感じる」

と書いている。

 下村博文文科相(当時)も、教育勅語そのものではなく、その内容を教材にするのであれば問題ないとの考えを示している。下村氏は、14年4月8日の参院文教科学委員会で、

「学校、教育現場で活用すればとても良い道徳教育になると思う」

とする和田政宗参院議員の質疑に対して、教育勅語そのものを教材として使用することについては「相当理解を求める必要があるというふうに思う」と否定的だったが、その内容については「今日でも通用する普遍的なものがある」などと評価。

「この点に着目して学校で教材として使う、教育勅語そのものではなくて、その中の中身、それは差し支えないことだと思う」

と述べている。

 17年2月23日の衆院予算委員会でも、藤江陽子・大臣官房審議官も

「夫婦相和し、あるいは、朋友相信じなど、今日でも通用するような普遍的な内容も含まれており、こうした内容に着目して適切な配慮のもとに活用していくことは差し支えない」

と述べている。

「『道義国家』はファシズム理論のキーワード」

 一方、民進党の柿沢未途衆院議員は3月9日のフェイスブックで、教育勅語については

「流麗な雅文で、文章としては良き規範が書かれているのは事実だ」

と一定の評価をしたものの、稲田氏が繰り返した「道義国家」という単語が大問題だとみる。柿沢氏は、この単語について

「日本におけるファシズム理論のイデオローグであった大川周明が使った象徴的なキーワードに他ならない。『道義国家の原理』というそのものズバリの著作もある」

と指摘。大川は昭和初期の多くのクーデター未遂事件に関与し、5・15事件でも有罪判決を受けている。こういったことを念頭に、柿沢氏は稲田氏を

「大川周明が主唱した、この『道義国家』の精神を取り戻したいと言う。しかも歴史修正主義の思想傾向を問われた大臣が、国会答弁でそれを語る。自らファシズムの信奉者だと言ったに等しいではないか」

と批判している。

http://www.j-cast.com/2017/03/10292840.html?p=all
--

教育勅語は、そこに書いてある全ての文言が問題だったのではなく、これが「勅語」という形であったこと、そして国民は天皇の臣民として滅私奉公すべきと言われていることが問題だったのです。
その一部の問題があることで、勅語全体に書かれていることを国民に強制し、そして戦争に駆り立てる役割を担うことになったのです。

親に孝行しろとか家族は仲良くしろといったことを子供に教えるにしたって、それらは別に教育勅語の専売特許ではない。
そして、それらが戦後の教育の中で否定されたことなんて決してない。

教育勅語を「取り戻す」ということは、教育勅語にしか書かれていない、戦争に国民を駆り立てる役目を担った部分を「取り戻す」ということ以外にありえない。

それが安倍や保守を自称する面々の本音でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

教育基本法に反することなど無い ー 安倍政権の教育勅語


戦争法、特定機密保護法、そして共謀罪と、明らかに戦前の日本への回帰を目指している安倍政権。
塚本幼稚園での教育勅語の朗読が明るみになった後、世間ではその特異な教育に驚き、不適切だという声に満ちていましたけど、安倍はそれにお墨付きを与えようとしています。

--
朝礼での教育勅語の朗読「問題のない行為」 文科副大臣
南彰 2017年4月7日13時43分

 義家弘介文部科学副大臣は7日の衆院内閣委員会で、幼稚園など教育現場の毎日の朝礼で子どもたちが教育勅語を朗読することについて、「教育基本法に反しない限りは問題のない行為であろうと思います」と答弁した。

 民進党の泉健太氏が、学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する幼稚園の従来の教育方針に触れたうえで、「朗読は問題のない行為か」とただした。

 泉氏が「『教育基本法に反しない限り』とは何か」と重ねて問うと、文科省の白間竜一郎審議官が「どういう教育を行うかは一義的にそれぞれの学校で創意工夫しながら考えることであり、問題があるかどうかは法令等に照らし、所轄庁である都道府県が適切に判断される」と答えた。

http://www.asahi.com/articles/ASK47415ZK47UTFK009.html
--

教育の場で朗読させたって問題ないのだとしたら、一体全体どうしたら教育基本法に反しているってことになるんでしょう。
結局、テストでもやらない限り、何でもオーケーってことじゃありませんか。

児童生徒に繰り返し朗読させ、「教育勅語には素晴らしいことが書いてあった」と教師が刷り込み、結果として、こんな素晴らしい勅語があった戦前の日本をもっと肯定すべきだと、子供達に思い込ませれば、それで自称保守連中の目的は達成される。

とんでもない政府です。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

「無いもの」じゃないでしょ ー 森友問題の辻元氏ネタ


籠池理事長の暴露によって追い詰められた安倍は、なんとか話をそらそうと、籠池夫人がメールに書いた辻元議員が不法侵入したとか、かつて働いていた作業員がスパイだったとか、そんな話を持ち出して、「無いものは無いと証明できないんだ!」と自分たちを正当化しようとしています。

確かに、安倍首相夫人が寄付を渡したかどうかは、籠池理事長も第三者がいない場所だったと証言していることから、それを「無い」と証明するのは難しい。

でも、辻元議員の話は全く違う。
だって、あの議員の視察の際には、議員一人で行ったわけじゃない、密室でもなんでもない、衆人環視の下、それこそ産経新聞のような御用マスコミだって、あの視察の取材には行っていたはずの中で起きたこと。
もし本当に不法侵入したなら、産経の記者が嬉々として安倍にご注進しているはずじゃありませんか。
実際、籠池夫人も今は自分は見ていないとはっきり言っているし、スパイの話も当事者が全く議員とつながりがない上に、問題が起きる何ヶ月も前のこととわかっている。

つまりこの辻元ネタは、現実に起きたことと籠池夫人とのメールの間に明確な齟齬があるという事実が「在るもの」のであって、決して「無いもの」なんかじゃ無いのです。

一方、安倍首相夫人の場合は違う。
偽証のリスクを認識してなお、籠池理事長があのように証言しているのですから、「無い」というなら、同じ土俵でそれを証言すべきだし、随行者も全く目を離さなかったというなら、そのように証言させるべきです。

その上で、「無いものは無いと証明できない」と主張すべき。

それをやろうとしないのは、後ろ暗いことがあるから。
そう考えるのが自然です。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

籠池理事長の偽証告発は自民党へのブーメラン ー 森友スキャンダルの稲田朋美


自民党は、森友学園の籠池理事長で告発するそうです。
しかしそのネタがなんともみみっちい。

郵便局への払込票を書いたのが、証言では女性職員だったが園長夫人だとか、安倍晋三記念の払込票が使われていた期間がもっと長かったとか。

それ、偽証だからって何か問題になるような話なんですかね。
偽証だと告発すべきなのは、首相夫人が寄付を渡したという根幹部分でしょ。

どうして人払いをしたとか、金銭の授受があったという点について偽証だと告発をしないんでしょう。
理由は、それをやったら、首相夫人とか、随行者とかも証言させなければならない、そして、まず間違いなく籠池理事長のような証言ができずに、寄付があったという「事実」が認定されてしまうからでしょうね。

だいたい、このネタはもともと「偽証」呼ばわりできるはずのないもの。
だって、払込票の全てを理事長がコントロールしていたわけではない。
特に払込票に誰が書いたかなんて理事長はその場にいなかったり、本人もこれは伝聞と断っている。それでどうやって偽証だなんて言えるのでしょう。
結果的に書いたのがどちらであれ、2015年9月に「安倍晋三」と書かれた払込票が存在した、すなわち、森友学園が安倍晋三から寄付を受けたと認識するような出来事が存在したのは、覆しようがありません。

*****

そして、自民党にとっての最大の問題。

それは稲田朋美のあの答弁。

彼女は、自身が森友学園の代理人として法廷に出廷したという証拠を突きつけられても、それまで全否定していた答弁を、「虚偽答弁」だとは認めなかった。
記憶に基づいて答えていたのが事実と違っていただけで、意図的に偽りを述べたわけではないから虚偽答弁ではない、という主張をしている。

だったら、それと同じことを籠池理事長だって言える。
自分は記憶に基づいて証言しただけで、意図的に偽りを述べたわけではない、と。
特にこちらは、稲田朋美と違って、本当に伝聞でしか知りえないことなのですから。

これでも籠池理事長が偽証をしたのだと言い張るなら、稲田朋美も間違いなく虚偽答弁をしたことになる。

自民党はそれをわかっているのでしょうか?

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

本人が知らないのに携帯の留守録に対応できる? ー 森友スキャンダルの谷査恵子氏


前エントリで紹介した、自民党が必死になってスケープゴートに仕立てようとしている谷査恵子氏。

自民党は、彼女が勝手に対応したことだという話を振りまいて誤魔化そうとしています。

しかしながら、その話には根本的な疑問があります。

それは籠池理事長側が、首相夫人の携帯電話に電話をかけ、繋がらなかったので留守電にメッセージを残したと言っていること。
携帯電話の留守電って、普通は本人かよっぽど近い身内しか聞けませんよね。

首相夫人が全くあずかり知らぬことのはずなのに、どうやって谷氏は、首相夫人の携帯電話に残された籠池理事長の意向を知ることができたのでしょうか?

常識で考えれば、留守電を聞いた首相夫人が対応を谷氏に指示し、谷氏が問い合わせた結果をFaxで回答。もちろん、そこに書かれているように首相夫人にも報告したというのが自然です。

ここは是非谷氏に、どうやって留守電の中身を知ったのか、国会で証言していただきたいものです。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ