プロフィール

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

やっぱり詐欺紛いの話になりましたね


尖閣諸島の国有化問題で、東のバカ殿、石原都知事の口車に乗せられて寄付をした人々の「善意」はどうなってしまったのでしょう。

以前、寄付を募る際に、バカ殿はこんなことを言っていた。

--
尖閣購入で専従組織 東京都、寄付口座開設も
2012.4.27 19:16 [石原慎太郎]

 東京都の石原慎太郎知事は27日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島の購入に向け、5月1日に専従組織を立ち上げると発表した。尖閣諸島の購入・活用に充てる寄付金の専用口座も開設した。

 都によると、専従組織は担当部長以下7人態勢で、現地調査のための上陸許可申請などの手続きを進める。

 石原知事は「上陸は仮契約の後になる」との見通しを示し「(国が)許可を下ろさなかったら、下りるまでやる」と述べた。都議会への提案は、12月開会の定例会ごろになるとした。

 その上で「国が本当にやる気だったらいくらでもお譲りする。本来は国が買い取るべきことだ」と話し、国有化には柔軟に対応する可能性をあらためて示した。

 都には26日までに現金書留で37件の寄付申し込みが寄せられているという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120427/lcl12042719170000-n1.htm
--

「国が本当にやる気だったらいくらでもお譲りする。本来は国が買い取るべきことだ」と。そして、寄付金の目的は「尖閣諸島の購入・活用に充てる」のだと。

それが、国が国有化すると決めた途端、何を言い出したかと言えば、

--
石原知事「寄付金は活用策のため基金化」と表明 「うっちゃり食った」と無念さも
2012.9.11 20:56 [石原慎太郎]

 石原慎太郎東京都知事は11日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化を受けて記者会見し、都による購入・活用のため寄せられた寄付金約15億円は、漁船待避施設建設などの活用策に政権交代後に充てるため、都で基金化すると明らかにした。

 都は地権者と先行交渉していたが国から国有化の説明はないといい、「最終的には国にバトンタッチするつもりだったので結構なようだが不本意なところもある」と施設を整備しない姿勢を批判。「政権は変わるだろう。新政権がインフラを造る決心をしたら基金として渡す」と述べた。

 寄付者からは返金を求める手紙もあり、石原知事は「待っていただきたい」と説明。一方、寄付受け付けは「立派なものを造るなら1円でも多いほうがいい」と述べ継続するとした。

 地権者からは以前に「20億3000万円」との提示があったが、7日になって国と合意したとして「いきなりテーブルに頭をつけて謝られた」ものの、国に変えた理由の説明はなかったという。石原知事は「いきなり謝られても釈然としない。相手の誠意や言葉を信じていたが土壇場でうっちゃりを食った感じだ」と無念さをにじませた。

 7日の地権者との面会には長男の石原伸晃自民党幹事長も同席したという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120911/lcl12091120580002-n1.htm
--

国が本当にやる気になって、中国とこれだけ諍いを起こす結果となったって、国有化をやる気になったというのに、結局、現政権には渡さないんですって。

「いくらでもお譲りする」と言ったバカ殿の口には、やはり舌が二枚あるようです。

この寄付金の話、楽天の方の弊ブログに、「その金は何に使われるのか、少しは考えたら良いのに」というエントリを5月16日付けでアップしました。
その時に、

--
そもそも、その金は何に使われるのです?
最終的には現地主の懐に入るだけで、尖閣諸島を今後も日本の領土として維持するという目的に資するようには、一銭も使われないってこと、わかっているんでしょうか?

ただ、都知事がぶち上げるおとぎ話に乗せられて、こんな氏素性もよくわからない人に大金を渡すためだけに、嬉々として寄付する人々。こういう人達って、詐欺師から見たらまさに「カモ」の集団にしか見えないでしょうね。


http://plaza.rakuten.co.jp/whitesand72/diary/201205160000/
--

と書きましたけど、まさか、最後はバカ殿がネコババしようとはね。

寄付した人々から見れば、バカ殿のおかげで、元々数億円程度の価値しかなかったものを数倍もの高値で国が買う羽目に陥った、その購入費用を税金で負担するばかりでなく、更に、寄付金まで自分の意に反した遣われ方をされそうになっているわけですから、二重に騙されているようなもの。

申し訳ないけど、やはりあの方達は、バカ殿にとっては「カモ」だったようです。

スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

彼が総裁である限り、自民党には投票しません

自民党が総裁選で、まさに最悪の選択をしました。
あの党の議員は一体何を考えて、このようなアホなことをするのでしょう。

彼のように口ばっかりで、実行力が伴わない者を総裁に戴く限り、自民党に政権を渡すべきではないでしょう。
民主党も期待外れでしたけど、彼を首相にするくらいなら、まだあの党の方がマシ。

どうせ私の選挙区では自民か民主かの不毛の選択しかできませんから、どうやら今日で、選挙区の方での私の投票行動は決まってしまったようです。


テーマ : 政治家ネタ - ジャンル : 政治・経済

あなたに言われたくありません


石原都知事が、自民党総裁選候補者に尖閣諸島(沖縄県石垣市)の実効支配強化に向けた考えを聞いた公開質問状なるものを突きつけ、その答えが届いたことに対して、「当たり前のことしか書いていない」だの何だのと、偉そうなことを言っているとか。

--
石原知事「当たり前のことしか書いていない」 自民総裁選候補から質問状回答
2012.9.19 19:17 [石原慎太郎]

 東京都の石原慎太郎知事は19日、自民党総裁選候補者に尖閣諸島(沖縄県石垣市)の実効支配強化に向けた考えを聞いた公開質問状の回答が届いたことを明らかにした。ただ、石原氏は回答内容への評価について「当たり前のことしか書いていない」と不満を示した。同日開会した都議会定例会後、記者団に語った。

 石原氏は尖閣周辺海域を中国の監視船が多数航行、一部は領海侵入したことについて「もっと過剰、過激なことになったら『寄らば切るぞ』と言ったらいい」と述べ、政府は強い姿勢をとって牽制すべきだとの考えを示した。

 日本企業の破壊行為に発展している反日デモについては「酷い。これはテロ。民度が低い」と批判。また「本質的に反権力、反体制のエネルギーだと思うが、共産党政権が矛先をそらして日本に向けさせており、作為的、やらせだ」と指摘した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120919/lcl12091919200002-n1.htm
--

「当たり前」じゃないことを政府にやらせようと言うんですか、この人。
そういうまともじゃない人に日本の政治を左右されたくはありませんな。

で、尖閣周辺海域に中国の船が侵入している件について、「政府は強い姿勢をとって牽制すべき」だとか、反日デモについて、「これはテロ。民度が低い」だとか、そもそも、この事態を引き起こしたのは誰なんですかね。

借金を減らしたいという一個人の欲求を見抜けなかったのか、知っていて乗っかったのかは知りませんけど、今回の騒ぎの発端となったのは、東京都が購入するなんてバカ殿がブチ上げたこと。そして、その際に「本来は国が買い取るべきことだ」と言っていたのもバカ殿自身。

その結果、現政権が地権者から国が買い取ると決めたことが、中国の反発を招いた。そして、中国に進出した日系企業などにも被害が及ぶようになった。

テロだなんだと言う前に、自分が引き起こしたことの責任を取りなさいな

ま、そんなことを言ってもバカ殿が聞く耳など持っていないことは、百も承知ですけど。

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

10年間、拉致被害者の時間を盗んだ安倍晋三

今日は、北朝鮮が拉致の事実を認めた日朝会談から10年の節目の日です。

北朝鮮は、拉致されてなお北朝鮮国内に残る生存者はいないと言っていましたが、それを鵜呑みにした日本人はほとんどいなかったと言ってよいと思います。(ただ、あれから10年ですから、現在では生存者がいない可能性はあるでしょう。)

しかし、拉致問題がデッドロックに乗り上げたのには、蓮池さん達が帰国した際に、一時帰国などとんでもない、絶対に北朝鮮帰すなと主張を繰り返した安倍晋三一派の無分別な行動があったのは間違いありません。

この件については、これまでにも楽天ブログで何回か書いています。

『拉致被害者家族の思いに踏みにじった小泉・安倍信者』
http://plaza.rakuten.co.jp/whitesand72/diary/200806100000/

『やっぱり、生きて帰られると困ることがあるみたいですね』
http://plaza.rakuten.co.jp/whitesand72/diary/201009220000/

北朝鮮は日朝交渉が進展したら、生存者を小出しにしてくるはずであったであろうに、それを一時の感情で、膠着状態へと導いたのが安倍晋三。
もちろん、それでもきちんと解決できる戦略を持っていて行ったことなら、まだ許されたでしょうけど、拉致をネタに首相の座に上り詰めておきながら、結局、彼は何もできずに政権を放り出した

私は、2008年の記事では、

--
小泉訪朝からもうすぐ6年。実際の拉致から小泉訪朝までの期間が20〜25年程度といっても、今も北朝鮮で安否不明のまま被害者が留め置かれているとしたら、この6年という期間はご本人やご家族にしてみれば、決して短い期間じゃありません。
--

と書き、2010年の記事でも、

--
2002年の小泉訪朝から既に8年が経過しており、多くの拉致被害者がそれまで北朝鮮に抑留された期間が20年程度とすれば、あの違約により、北朝鮮による拉致そのものの期間とレンジ的には大差ない期間、「拉致」状態が引き延ばされているということは、既に確定事項と言える状態にあります。
--

と書きましたが、安倍晋三主導によるデッドロック状態はとうとう10年の大台に到達。北朝鮮による「拉致」と桁数では並び、いよいよ「大差ない期間」と言える状況になって来たと言えましょう。

安倍晋三は、自分が首相になるために、拉致被害者の時間を盗んだのであり、それはとうとう10年の大台に乗ったということ。

で、その節目の年に、また安倍晋三が自民党の総裁になろうと蠢いているなんて、それこそ何の冗談ですかってところです。

それにしても、拉致被害者の家族の方々も、あんな男がマスコミの前にしゃしゃり出て、適当な事を言っている姿を見ても、腹が立たないんですかね。
私だったら、顔を見るのも、声を聞くのもイヤだと思うでしょうけど。

テーマ : 政治家ネタ - ジャンル : 政治・経済

イデオロギーを優先させた経済学者


池田信夫という自称経済学者がいますが、昨今ではとにかく原発礼賛を繰り返しており、そのこだわりぷりはちょっと異常。

先日も、こんな妄言を吐いていました。

--
原発が動かなかったら関西は大停電になった
2012年08月16日 08:26

ゆうべの記事の補足。驚いたのは、福島みずほ氏が「関西は大飯原発が動かなくても電力は足りる。再稼働しないと足りないというのは脅しだ」と、関西電力の需給状況を出して主張したことだ。この図は、その逆を示しているからである。

7月27日のピーク需要は2650万kW、供給は3003万kWで、その差は353万kW。「大飯3・4号機は240万kWだから、動かさなくても足りる」と彼女は主張したが、それは間違いである。原発の電力は揚水にも使われるので、次の図のように原発がなければ供給力は2542万kWしかない。おまけに27日には赤穂火力がクラゲで停止して60万kW減ったので、供給力は2482万kWしかなく、168万kWも足りない。原発が動いていなかったら、関西では大停電が起きていた。

「結果として足りたから問題ない」というなら、原発も「結果として地震は起きなかったから動かすべきだ」ということになる。電力は社会全体のインフラであり、それが不足するリスクが少しでもあると企業は関西から出て行く。大停電が起こったら、自家発のない中小の病院などで多くの生命が失われる。そのリスクを無視して「電力は足りる」と主張していた飯田哲也氏や古賀茂明氏は、原発以外の原因なら何人死んでもかまわないのだろう。

そもそも電力が足りればいいのか。原発の停止による燃料費の増加でGDPが毎年3兆円減り、経産省の試算によれば、このまますべての原発を廃炉にしたら電力4社が債務超過になる。しかし電力会社は困らない。総括原価方式では、コスト増はすべて利用者に転嫁できるからだ。つまり原発の停止によって消費税1%以上の国民負担が増えるのだ。

こうした責任をまったく負わない社民党が「何でも反対」するのは今さら驚かないが、「ぬくぬくと高給とって原発推進しているあんたらを殺すからね」と公言しているMisao Redwolfなる人物の指導する官邸デモは放置できない。首相はこんなテロリストと面会するのか。

http://blogos.com/article/44990/
--

よくもまあ、こんないい加減なことが書けるものだと、ある意味感心しています。

この人、「次の図のように原発がなければ供給力は2542万kWしかない。」とスラッと書いてますけど、「次の図」というのは、3ヶ月も前に関西電力が出した『今夏の需給見通しと節電のお願いについて』から持って来たものであって、今の供給力を示したものじゃない。これで7月27日は足りなかったなどというのは、意図的に読者を欺こうとしていたと言ってかまわない行為だと思います。

この2542万kWの内訳と、実際の7月27日の供給状況を見比べると、火力は1472万kWに対して1433万kW、一般水力は203万kWに対して250万kW、揚水は223万kWに対して432万kW、他社・融通が644万kWから609万kWになっています。
このうち、少なくとも、この一般水力の上乗せ分は、供給力の実増分としてカウントしてかまわないものと言えましょう。
そして、関西電力の火力発電所はそもそも1691万kWの設備能力をもっており、長期計画停止中の195万kWを差し引いても1496万kW。即ち、1472万kWだとか1433万kWといったレベルはフル稼働を想定していない数字。よって、この人は赤穂の火力発電所が停まったとか言ってますけど、それで「60万kW減った」などというのは間違い。他の火力の出力調整で40万kW減程度に抑えられたはず。
しかも、赤穂の火力発電所を停めたのは午後2時半過ぎ。これは、需要のピークを過ぎたから停めても大丈夫だと判断したと見るべきであり、完全に停める必要があったのかどうかすら、そもそも疑問があります。

ということで、揚水や他社からの融通を5月の数字のままに据え置いたとしても、7月27日の供給力は原子力除きで概ね2600万kW、不足分は50万kW程度と見込まれます。
そしてこの日、関西電力に融通出来る北陸電力、中部電力、中国電力などは十分な余裕(予備率10%以上)を持って操業しており、その程度は何の問題もなく上乗せ可能だったというのが現実であり、これで「関西は大停電になった」としたら、それは停電を避けるために取り得る手段を意図的に取らなかったという一種のサボタージュ。この人の言葉を使えば「テロリスト」による人為的な停電です。


加えてこの人は、原発が無ければ揚水発電量も下がるという関西電力の言い分をそのまま垂れ流していますが、これも、揚水に必要な電力を関西電力内で自己完結しようとするからそうなるというだけのこと。
実際には、日中のピーク前後の時間帯に他社からの融通電力を増やせば、揚水発電もフルに能力を発揮できる。その融通は他社にとってもピーク時ではないのですから、何ら問題は無い。

よって、正しいのは福島氏なのであって、こんなことに驚いた池田信夫という人が、よっぽどのおバカなのか、特定のイデオロギーに脳を支配されて冷静な判断ができなくなっているのか、そのどちらかということ。

『こうした責任をまったく負わない社民党が「何でも反対」するのは今さら驚かない』

脱原発の動きに対して「何でも反対」しているこの人への見事なブーメランとなっています。

夏の節電目標解除される

政府は、7月2日から、関西、四国、九州の各電力会社管内で、ピーク時の電力使用量を2010年夏比で5-10%削減するよう要請していましたが、これを7日に解除しました。

結局、この夏の電力需給はずっと安定した状態が続き、計画停電が発動される気配は全くありませんでした。

で、そのような状況にも関わらず、大飯の停止を求めなかった大阪のバカ殿が以前に何と言っていたか。

--
橋下市長「大飯再稼働、首相は電力会社の利益考えた」
2012/6/8 21:11

 野田佳彦首相が8日の記者会見で大飯原発の再稼働を夏季限定としない意向を示したことについて、橋下徹大阪市長は同日夜、市役所で報道陣の取材に「夏を乗り切れば国民の生活は守られる。電力会社の利益を考えたとしか思えない」と指摘した。

 橋下市長は再稼働を容認したが、新たな安全基準をつくるまでは稼働を夏場に限るべきだとの主張を続けている。

 橋下市長は、野田首相が大飯再稼働の安全判断が「暫定的」だと言及したことについては、「正直に伝えた」と一定の評価を示した。ただ、「なぜ夏を過ぎて動かし続けられるか、誰が考えても論理的に説明できない」と指摘。「野田首相が守ろうとしているのは、本当に関西府県民の生活か、電力会社の経営・利益なのか」と重ねて疑問を投げかけた。

 「民主党は国民の信頼をたぐり寄せるやり方が下手」とも批判した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC08039_Y2A600C1000000/
--

つまり、「電力会社の利益考えた」のは自分だったってことですね。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか - ジャンル : 政治・経済

ブログを移設します

各位

これまで、「白砂青松のブログ」は楽天ブログにて開設しておりましたが、このたび、2012年9月以降の記事はこちらのFC2ブログにて書く事といたしました。

2012年8月までの記事は楽天に残りますので、当該記事に対するコメントは楽天に書き込んで下さい。

今後とも「白砂青松のブログ」をよろしくお願いいたします。

| ホーム |


 ホーム