プロフィール

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今更何を ー アリバイ作りの防衛相


中谷防衛相が、戦争法に基づく任務遂行に当り慎重に検討しろと言ったとか。
今更何を言うか、です。
だいたい、これは「自衛権」を行使する場面なんですから、本来、待ったなしの状況にあるはずではありませんか。

--
安保法の新任務「慎重に検討を」
2015年9月28日(月)11時36分配信 共同通信

 防衛省は28日、安全保障関連法の成立を踏まえ「安全保障法制整備検討委員会」を省内で開いた。中谷元・防衛相は新法に基づく任務遂行に当たり「十分な時間をかけて慎重の上にも慎重を期して検討を行うことが必要だ」と指示した。

 検討委は防衛相や内部部局(内局)幹部、各幕僚長らで構成。中谷氏は「あらゆる場面を想定し、拙速を避け、周到な準備を行うことが必要不可欠だ」と強調。「規則類の整備に当たっては、関係省庁などと綿密に調整をする」ことも求めた。


http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092801001421.html
--

アメリカから参戦要請があった時に「十分な時間をかけて慎重の上にも慎重を期して検討を行う」なんてことができるわけがない。
そんなことができるくらい時間の余裕があるなら、アメリカが日本に参戦を要請するはずもない。

こんなものは中谷防衛相のアリバイ作り。
「自分は慎重にと言いました」と言って、自己保身を図るつもりなんでしょう。

それとも、素でこんなことを考えているとしたら、この防衛相もゲーム感覚でしか戦争を捉えていない。

リアルな戦争は待ったなしだということが、わかっていないということでしょう。

そして、この人物が自衛隊OBだということを考えれば、実は多くの自衛隊員も、バーチャルな戦争を本物の戦争だと思っているのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

暗黒の安倍クーデター

残念ながら、戦争法案が可決成立してしまいました。

立憲主義も無視する者が首相に居座る異常事態がこの結果を生んだと言えるでしょう。
以前は、こういうあおかしな人物は自民党の中で排除されていたのですが、小選挙区となり党首のイエスマンでなければ議員になれなくなり、自民党の党員・議員は明らかに劣化しています。

この日が、平和国家日本にとっての暗黒日となりました。
絶望したくなるところですが、前エントリにいただいたJosephさん、ピーマンさんのお言葉を拝見し、この暗黒日が「平和国家日本が死んだ日」としないよう、安倍を退陣させ、この悪法を廃止させるために、自分ができることをやって行きたいと思います。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

戦争法案採決 ー 参院特別委員会

今日、日本国憲法を殺し、立憲主義を破壊する戦争法案を自民党、公明党が参院独別委員会で強行採決しました。

これが成立することは、安倍によるクーデター。
ヒトラーによる全権委任法成立に匹敵する暴挙です。

こんなことをする安倍政権を絶対に許してはなりません。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

安保法案で抑止力アップ ー だそうですけど


安倍が強行しようとしている戦争法案ですが、これに賛成という人々は、本当にこの法案の意味がわかっているのでしょうか。

集団的自衛権を行使するということは、どこかの国が武力攻撃を受けた時に、その犠牲国の要請を受けて、一緒に反撃するということ。
即ち、守る対象は自国ではなくて犠牲国の方。

それが国際法で定義されている集団的自衛権の原則です。
だから、こんなものを日本が行使すると、ただ言ったって、日本への武力攻撃に対する抑止力が高まるなんてことはあり得ないはずです。

だったら、安倍は何故抑止力が高まると言うのか

それは、自衛隊員をアメリカの戦争に送って、死傷者を出すことで、アメリカはその負い目で日本を助けるに違いない、というイメージを潜在的敵国に植え付けるからでしょう。

つまり、この法案の目的を達成させるためには、日本はまず、必ず戦争に参戦して犠牲者を出さなければならない。それを潜在的敵国に見せつけなければならない。
そういう法案だと安倍は説明しているのです。

賛成と言っている人々は、これを日本を守るやり方として正しいやり方だと思っているのでしょうか?
自衛隊員の犠牲を前提にすることが容認できるのでしょうか?

賛成論者にこの点を是非答えていただきたいものです。

そして、もしこの私の理解が間違っているなら、それ以外の具体的方策を是非教えていただきたいものです。

今のところ、私はその具体的方策を説明されているものを一つも見た事がありません。
皆さんはいかがですか?

政府が誤解させているでしょ ー 戦争法案


先週は、戦争法案を廃案に追い込むため、全国で大規模な抗議行動が起きました。
こういった活動が沖縄以外でも起きるのは本当に久しぶりのこと。
この戦争法案がいかに酷い法案であるかということがわかります。

それに対して、政府はこのような、まさに木で鼻をくくったような反応。

--
安保法案の抗議行動「大きな誤解、残念」 菅官房長官
2015年8月31日12時56分

 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、安全保障関連法案に反対する市民による最大規模の抗議行動が全国で行われたことについて、「一部の野党、マスコミから『戦争法案』『徴兵制の復活』などと宣伝されており、大きな誤解が生じていることはきわめて残念だ」と述べた。

 そのうえで、菅氏は「国民の生命、平和な暮らしを守るのは政府の責任」と強調。「誤った認識を解く努力をしていきたい」とし、引き続き同法案の今国会成立をめざす考えを示した。

 また菅氏は、安定した職場として自衛隊に貧困層から入隊希望者が増える「経済的徴兵制」につながるという批判について問われ、「よくわからない。どういう部分で経済的徴兵制と言われているのか、私は認識ができない」と答えた。


http://www.asahi.com/articles/ASH803VL5H80ULFA00J.html
--

「戦争法案」「徴兵制」のどこが「誤解」なのか。
この戦争法案は、自衛隊員を「戦争」に参戦させて戦死させなければ、その目的が達成できないのですから、これを「戦争法案」と呼ぶ以外にはない。

「誤解」をさせているのは安倍政権の方でしょう。

この法案だけで中国を抑止するなんてできるわけがない。
本当にそういう目的に使うなら、自衛隊員に死んでもらうという「実績」を世界に知らしめて、中国の政権担当者の考えを変えさせるしかないのに、それを隠し、国民に「誤解」させて賛成させるために、御用マスコミなどでキャンペーンを張っているではありませんか。

経済的徴兵だって、消費税の税率アップ、生活保護費の切り下げとそれに伴う最低賃金の抑制という、低所得層の若者が勉強したいと思っても、自衛隊にでも入るしかないという状況を現につくっているではありませんか、自民党は。

「よくわからない」なんて、まったくどの口が言うか、です。

本当にそんなこともわからないくらい頭が悪いなら、首相ともどもさっさと辞めて下さい。
日本国民として迷惑です。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム