FC2ブログ

プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

麻生氏の言う通り ー 自民党の勝因


自民党の麻生副総理が、自民党の勝因は北朝鮮のおかげだと言ったとか。

まさにその通りなのであり、7月に3割を切った内閣支持率が北朝鮮がミサイルを発射するたびに回復していったのは事実。
そして、そのタイミングを利用して解散総選挙を仕掛けた。

麻生副総理が述べたのは真実だし、これが自民党の本音。

国難突破どころか国難利用の選挙だったということです。

--
麻生氏「北朝鮮のおかげ」 自民大勝の衆院選結果
2017/10/26 21:36

 麻生太郎副総理兼財務相は26日、東京都内の会合であいさつし、自民党が大勝した先の衆院選結果について「明らかに北朝鮮のおかげもある」と述べた。政府、与党の北朝鮮対応が有権者に評価されたとの趣旨とみられるが、北朝鮮による挑発が続く中で、不適切な発言だとの指摘を受ける可能性もありそうだ。

 選挙結果に関し、北朝鮮情勢の緊迫化を受けて「誰をリーダーにするかを有権者が真剣に考えた結果だ」と強調した。「立憲民主党を左翼として計算すると、共産、社民両党と合わせても全議席の2割を切った」とも語った。〔共同〕


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22759090W7A021C1PP8000/
--

で、この発言について麻生氏は以下のように釈明している。

--
麻生氏 発言を釈明「危機対応できる政党を国民が選んだ」
10月27日 12時24分

麻生副総理兼財務大臣は26日、衆議院選挙で自民党が圧勝したことについて「北朝鮮のおかげもあるだろう」と述べたことについて27日、記者団に対し「北朝鮮からの危機にいちばん対応できるのはどの政党の組み合わせなのかを国民が選んだということだ」と述べ、釈明しました。

(略)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199911000.html
--

おかしなことを言ってますね。
だって、選挙前だって自民党は圧倒的多数を確保していたのですから、今更「いちばん対応できるのはどの政党の組み合わせなのか」なんて聞く必要は全くなかったはず。

今なら勝てると、必要ない選挙をやったのは明白です。

なお、左翼が2割を切ったとか言ってますけど、その3党の比例代表の得票率はほぼ3割で、33%の自民党と対して変わりはない。
それで議席数は片や2割弱、方や6割強。

日本の選挙制度がゆがんでいる証拠です。
スポンサーサイト



テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

これが本性でしょう ー 中山成彬氏の「変節」


産経新聞が、希望の党から衆院選に出馬した中山成彬候補が、安倍政権を攻撃したとかで、保守を自称する面々から攻撃されているようです。

でも、日本の保守を自称している連中なんて、当人も、今、彼を攻撃している者も、こんなものでしょ? みんな自分の欲求を満たすことしか頭にない。
だから、この中山候補は9月末には完全に真逆なことを言っていたのに、それをなかったことにしてしまえるのです。

--
希望の党で出馬の中山成彬氏が森友学園問題で安倍政権を攻撃
「変節」に百田尚樹氏ら保守界隈から批判の声続々

 衆院選に希望の党比例代表九州ブロックから出馬している中山成彬元文部科学相の発言が朝日新聞に14日、報じられ、保守層にショックを与えている。中山氏は平成21年に自民党を除名された後も「たちあがれ日本」「日本維新の会」「次世代の党」などを渡り歩いた。だが、その間も憲法9条改正論者で、南京事件についても事件の存在そのものを否定するなど、右派の代表的な政治家とみられている。

 ところが希望の党からの出馬が決まると、「絶対権力は絶対腐敗する。自民党安倍さん、もういいでしょ。もう代わるべき」などと発言した、と朝日新聞に報じられ、自身のツイッターにも森友学園の国有地払い下げに関し、「安倍夫人に忖度しなければならない権力の影」などと森友学園問題をも蒸し返したことで、作家の百田尚樹氏が15日、かみついた。

 「なんじゃ、このオッサン! 今まで籠池問題について一言も語っていないのに、希望の党に入った途端にこの発言」「小池(百合子・東京都知事)に『言え』と言われたかしらんが、節操がなさすぎる。そこまでして議員になりたいのか…情けない」(自身のツイッターへの投稿から)

 左派の検問に抗議した際、暴力を振るったとして、那覇地検から在宅起訴され、左派の暴力的な活動を沖縄県で告発している同県東村の農場経営、依田啓示さんも「はぁ? 僕は『日本のこころ』タウンミーティングで、同じ経歴を紹介された上で、『あれには全く違法性がないから、安倍総理を支えよう! 』とほんの数カ月前にあなたに言われましたが…。もうあきれてものが言えない! 今まで『国士』として中山夫妻を尊敬してきたのに、この年齢で名前を汚すなんて」と怒りをあらわにしたツイートをした。

 こうした動きに、ツイッターが「荒れている」と周囲に知らされた中山氏は、希望の党へ入ったいきさつを説明する投稿を繰り返した後、16日、次のようにツイッターに投稿した。

 「尊敬する百田尚樹先生に痛罵されていると知り、これまでの経緯を投稿しました。今回も一時は出馬を諦めたように、政治家に恋々としているわけではありません。これからも日本のためという信念は曲げません」

 安保法制に反対しながら、希望の党に入党する際に言説を曲げた旧民進党所属の政治家が続出し、希望の党の求心力が落ちたように、中山氏の「変節」は今後の氏の活動にも影響を与えるかもしれない。(WEB編集チーム)

http://www.sankei.com/politics/news/171017/plt1710170048-n1.html
--

で、真逆なことを言っていたのがこちら。

--
希望の党で出馬意向の中山成彬氏「安倍晋三首相の交代は許されない」
ツイッターで「辻元清美氏等と一緒なんて冗談じゃない」とも

 小池百合子東京都知事が代表を務める国政新党「希望の党」から衆院選に出馬する意向の中山成彬元文部科学相が28日、自身のツイッターに「安倍(晋三)首相の交代は許されない」と投稿した。政権交代を目指す戦いを控え、現政権の存続を求める異例の訴えだ。

 衆院選に向け民進党は希望の党に事実上合流するが、これについても中山氏はツイッターで「私達の小池新党合流から始まった今回の騒ぎに前原(誠司)代表は右往左往。言うだけ番長の面目躍如」と民進党のトップを痛烈に揶揄(やゆ)した。

 その上で「(民進党の)辻元(清美)氏等と一緒なんて冗談じゃない」とし、希望の党のバラバラ感を早くも露呈させた。

 中山氏の妻は日本のこころを離党した中山恭子参院議員で、27日の希望の党設立の記者会見にも参加し、オリジナルメンバーに名を連ねている。

http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280174-n1.html
--

自分の利益が一番。
これが日本の自称保守の本性ってことです。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

選挙が始まりました


安倍の安倍による安倍のための選挙が始まりました。

憲法に規定された野党の国会開会要求を突っぱね続け、やっと開いたらすぐ解散というのですから、これほど憲法を、そして立法権を持つ国会を愚弄する内閣も珍しい。
国難突破解散などと言っていますが、これはもう、森友・加計隠し以外の何ものでもないでしょう。

しかも北朝鮮のおかげで支持率が回復し、野党第一党が混乱している状況を見ての解散なんですから、自分の権力を維持できる可能性が高い時を選んだとしか言いようがない。
国民のことなんて何も考えていないのは明らかです。

そんな中、希望の党なるものが結成されましたが、政策の根幹は自民党と何ら変わりがない。多数を取ったって、自民党の補完勢力になることは目に見えています。

そういう紛い物に騙されないように、投票先は決めたいものです。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 ホーム