プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

棚上げに合意しなかったら、何で中国は国交正常化に合意したの?

前々エントリ、前エントリでも書いた野中氏の尖閣諸島棚上げ合意発言ですけど、産経などは彼を貶めようと必死です。

--
【主張】
尖閣棚上げ論 中国の宣伝戦に手貸すな
2013.6.5 03:29 (1/2ページ)[尖閣諸島問題]

 野中広務元官房長官が北京で中国共産党の劉雲山政治局常務委員ら要人と会談し、「尖閣諸島の棚上げは日中共通認識だった」と伝えたことを、会談後の記者会見で明らかにした。

 1972(昭和47)年の日中国交正常化交渉の際、当時の田中角栄首相と中国の周恩来首相との間で合意があったという趣旨の話を、田中氏から後に聞いたという内容だ。しかし、伝聞に基づく発言で、確たる証拠はない。

 岸田文雄外相は「外交記録を見る限り、そうした事実はない」と否定し、「尖閣諸島は歴史的にも国際法的にも日本固有の領土だ。棚上げすべき領土問題は存在しない」と述べた。当然である。

 尖閣棚上げ論は、中国の最高実力者だったトウ小平副首相が持ち出したものだ。日中平和友好条約調印から2カ月後の78(昭和53)年10月に来日したトウ氏は「10年棚上げしても構わない。次の世代の人間は、皆が受け入れる方法を見つけるだろう」と述べた。

 その年の4月、中国の100隻を超える武装漁船群が尖閣諸島周辺で領海侵犯による威嚇を繰り返した事件から半年後のことだ。当時の福田赳夫内閣はトウ氏の発言に同意しなかったものの、反論しなかった。不十分な対応だった。

 しかも、中国はトウ氏の「棚上げ」発言から14年後の92(平成4)年、尖閣を自国領とする領海法を一方的に制定した。そもそも、中国に「尖閣棚上げ」を語る資格はない。

 野中氏の発言に先立ち、シンガポールのアジア安全保障会議で、中国人民解放軍幹部が「(尖閣の領有権)問題を棚上げすべきだ」と蒸し返した。これに対し、菅義偉官房長官が「尖閣に関し、解決すべき領有権問題は存在しない」と反論したのも当たり前だ。

 尖閣棚上げ論には、1月下旬に訪中した公明党の山口那津男代表も「容易に解決できないとすれば、将来の知恵に任せることは一つの賢明な判断だ」と述べた。同じ時期、鳩山由紀夫元首相は中国要人に、尖閣は「係争地」との認識を伝えた。

 今回の野中氏の発言も含め、中国メディアは大きく報じた。中国の真の狙いは尖閣奪取だ。訪中する日本の政治家は、自身の国益を損ないかねない発言が、中国の反日宣伝に利用される恐れがあることを自覚すべきである。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130605/plc13060503290002-n2.htm
--

確かに、棚上げ合意があったということをわざわざ中国で言う必要があったかどうかという点については議論の余地がありそうですし、私は、まず日本国内でそれを周知させることに力を注ぐべきではないかと思っています。
しかしながら、棚上げ合意があったことこそ事実と判断される根拠は、過去2回のエントリに書いたとおり、現に存在します。

そして、棚上げ合意がなされなかったとしたら、日中国交回復の時点で、中国が尖閣諸島を日本領だと認めたと産経などは言いたいんですか? 私にはそちらの方がよっぽど有り得ない話に思えます。
中国が、産経が口汚く罵っているように非道な国であるなら、国交回復時に尖閣諸島に対する日本の領有権の主張を認めることも有り得ないはず。それを認めたというなら、彼ら言っていることは自己矛盾にしか見えません。

あの時点で尖閣諸島のは日本領だということを明確にしようとしたら、日中国交回復自体が破談になっていたはずです。
スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

<< ワタミの会長が自民党の候補者ですって | ホーム | 当時の日本政府は尖閣諸島の領有権問題が存在すると認識していたのでしょ >>


コメント

大人の知恵だったのに・・・

領土問題なんてのは、メンツがかかってる。

ヤクザのシマ争いなんかと同じ。
お互い譲れない、だったら、曖昧なままにしてお互いの本格的な闘争を避けようとする。
そんな大人の知恵を日本の頭悪い右巻きどもは滅茶苦茶にした。

官僚の片なんか持ちたくはないですけど、冷静な外務官僚は泣いてると思います。

「バカ政治家の人気取りの為に滅茶苦茶にされた」

って。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム