プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

こんな言い訳は安倍のフェースブックにでも書きなさい


安倍が、ネット上で田中均元外務審議官を名指しで非難したことが話題になっています。
仮にも首相の立場にあるものが、一個人を、それも過去の何かをネタにして、今、発言する資格が無いなどというのは、はっきり言って常軌を逸しているとしか言い様がありません。
田中氏の今の発言が気に入らないなら、堂々とそれに反論すれば良いのに、よほど痛いところを突かれたとでも思ったんでしょうかね。安倍は「言論封殺」を平気でやろうとする権力者ということがはっきりとわかりました。

ところが、とにかく安倍のやることなら何でもヨイショするというあの産経の阿比留(敬称つける気になれず)が、こともあろうにこんなことを書いている。

--
【阿比留瑠比の極言御免】
安倍首相「FB発言」の重大性
2013.6.19 08:10 (1/2ページ)[安倍首相]

 安倍晋三首相が交流サイト「フェイスブック」への投稿で、小泉政権時代の田中均元外務審議官による対北朝鮮外交を批判し、「彼に外交を語る資格はありません」と記したことが波紋を広げている。これに民主党の細野豪志幹事長や朝日新聞が「個人攻撃だ」と噛み付き、首相に自制を促すという展開になっている。

 18日付朝日社説は田中氏を擁護しこう書いた。

 「この批判は筋違いだ。田中氏は外交官として、政治家が決断するための選択肢を示した…」

 だが、細野氏や朝日は首相の投稿の一番重大な部分を、読み落とすか無視するかしているようだ。首相は「外交を語る資格はない」と書いた直前のセンテンスで、こう指摘している。

 「そもそも彼は交渉記録を一部残していません」

 首相は、田中氏が主導した北朝鮮との秘密交渉の記録の一部が欠落していることを初めて公にし、その前提の上で田中氏の問題点を問うているのである。

 筆者は過去に複数の政府高官から、次のような証言を得ている(平成20年2月9日付産経紙面で既報)。

 田中氏が北京などで北朝鮮側の「ミスターX」らと30回近く非公式折衝を実施したうち、14年8月30日に政府が当時の小泉純一郎首相の初訪朝を発表し、9月17日に金正日総書記と日朝首脳会談を行うまでの間の2回分の交渉記録が外務省内に残されていない-というのがその概要である。

 通例、外交上の重要な会談・交渉はすべて記録に残して幹部や担当者で情報を共有し、一定期間を経て国民に公開される。そうしないと、外交の継続性や積み上げてきた成果は無に帰するし、どんな密約が交わされていても分からない。

 当時、取材に応じた高官の一人は「日朝間で拉致問題や経済協力問題についてどう話し合われたのかが分からない」と困惑し、別の一人は「記録に残すとだれかにとって都合が悪かったということ」と語った。

 田中氏自身は取材に「私は今は外務省にいる人間ではないし、知らない。外務省に聞いてほしい」などと答えた。その後、日朝交渉や拉致問題に関する産経の取材には応じていない。

 産経の報道に対し、当時の高村正彦外相はコメントを避けたが、今回、安倍首相が自ら言及した形だ。

 外交ジャーナリスト、手嶋龍一氏の小説「ウルトラ・ダラー」には、田中氏がモデルとみられる「瀧澤アジア大洋州局長」が登場し、日朝交渉を取り仕切る。作中で瀧澤が交渉記録を作成していないことに気付いた登場人物が、こう憤るシーンが印象的だった。

 「外交官としてもっとも忌むべき背徳を、しかも意図してやっていた者がいた」

 首相の指摘は単なる「個人攻撃」や「筋違い」ではない。(政治部編集委員)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130619/plc13061908140003-n1.htm
--

安倍がああいう書き込みをするという行為の評価と、その人物が過去に何をしたかということとは全く別物だってことからしてそもそも履き違えています。
こんなものは少なくともマスコミを名乗っている者が書く文章じゃない。安倍の広報誌か、それこそフェースブックにでも言い訳として書く内容。阿比留自身の質の悪さもさることながら、こういうものを載せる産経の気が知れません。

で、田中氏が過去の日朝交渉の記録を残していないですって?
本当にそうなら、確かに困ったことですね。
でも、何でその時に、彼の上司は、そして自民党政権は記録を出させなかったんです?
即ち、そんなものはあなた方も同罪でしょってこと。

もし、そういうことが起きているなら、会談内容が、当時の自民党政権にとって都合の悪いものだったから、田中氏に記録を作らせなかった、作ってもその場で説明させるだけで保管させなかった、あるいは彼が異動した後に後任者やその上司もしくは政権担当者が廃棄させた。
そう考えるのが一番自然でしょう。

そして、「残っていない」という事象には、「作られなかった」と「廃棄された」の二つの可能性が存在する。
常識で考えれば、起こり易いのは後者ですよね。
「作らない」と「廃棄」では、それをできる人間の数が圧倒的に違いますから。
田中氏もバリバリの公務員ですから、彼が異動した後に廃棄したというのがもっともありそうなところでしょうけど。

私は、会談内容が殊更安倍にとって都合の悪いものだったのではないかなと思ってます。
だから、彼は正面から反論するのではなく、あんなにムキになって田中氏の信用を失墜させようとしているのであり、その意を受けて、プロパガンダを発信しているのが阿比留ってところでしょう。

田中氏もその会談はこういう内容だったと暴露してやればよいのに。

スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

<< で、どんなおみやげを持たせたんですか? >安倍首相 | ホーム | 言いたいことを言って、責任全て他人におしつける卑劣な男 >>


コメント

アベ発言は的外れ

そもそもアベシの反論は反論になってません。田中氏のインタビューは「今の政権は右傾化して中国韓国だけでなく米国も反発している」というものでした。ところがアベシはそれに反論するのではなく、昔の話を持ち出してきて一民間人を名指しで批判している。一国の総理がやることですか。存在の耐えられない軽さですが、また腰ぎんちゃく記者がそれに乗って批判している。アベシのFBのコメントもひどすぎて見る気も起きないですが、それと似たようなコラムを書いて。記者じゃなくネトウヨ民といっても間違いじゃないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム