プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

で、どんなおみやげを持たせたんですか? >安倍首相


谷内元外務事務次官が中国にこっそり行っていたとか。

--
谷内内閣官房参与が訪中 関係改善向け要人と会談
2013.6.20 21:06

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は20日の記者会見で、谷内(やち)正太郎内閣官房参与が今週、中国を訪問していたことを明らかにした。菅氏は「日中は地域の平和と安全に責任を持つ国だ。中国とはいろんな問題があるため主張すべき点は主張しながら、常にさまざまな可能性を考えている」と述べた。

 谷内氏は元外務事務次官で安倍晋三首相の外交ブレーン。菅氏は詳細について言及を避けたが、谷内氏は滞在中に中国要人と会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり首脳間の会談が途絶えている両国関係の改善に向けて協議したとみられる。菅氏は、谷内氏から今後、訪中の報告を受ける可能性はあるとした。

 安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日未明)、ロンドンでの講演で「中国の習近平国家主席といつでも会談する用意がある」と述べた。会場の出席者からの質問に答えた。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130620/plc13062021080008-n1.htm
--

私は、訪問自体は何も悪いことだとは思いませんけど、何でこっそりやらなければならなかったんです?
結局、以前のエントリに書いたように、自分たちで

--
【阿比留瑠比の極言御免】
“伝書鳩”使った中国の失敗
2013.4.26 11:36 (1/3ページ)[鳩山由紀夫]

(略)

 「会う会わないを外交交渉のツールとして使うべきではないし、使われてはならない。われわれは決して(会談を)焦っていない」

 安倍晋三首相は23日の参院予算委員会でこう突き放した。相手に「顔を立てて会ってやった」と恩を着せ、交渉を優位に進めようとするのが中国や北朝鮮の常套(じょうとう)手段であることを、首相は熟知している。

(略)

 一方、著書で日中関係の「政経分離の原則」を説いたこともある安倍首相は周囲にこう漏らす。

 「5年、10年(要人の)会談がなくても、それでいいんだよ。日本の経済力が強くなれば問題ない。中国が尖閣問題であれだけめちゃくちゃやると、日本の国民世論も乗せられない。中国は墓穴を掘った」

(略)


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130426/plc13042611410039-n1.htm
--

こんな大見得を切ったからでしょ。
そして、このような認識であるなら、谷内内閣官房参与が中国に行くにあたり、何らかの「お土産」を持っていったはずなんじゃありませんか?
それは何だったのでしょうね。

そもそも、今、中国と交渉することを秘密にする意味がどこにあるのでしょう。
それは、「中国相手にせず」みたいな大見得を切った、自分のプライドを守り、保守を自称する極右連中の支持をつなぎとめるためしかありませんね。

外交を私欲に利用しているってことです。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< あんたが一番口だけでしょ >橋下市長 | ホーム | こんな言い訳は安倍のフェースブックにでも書きなさい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム