プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

罪のない他国民を殺せというのですね >ネトウヨ産経記者他


明日は投票日というこの時点に来て、日本国憲法の平和主義、基本的人権の尊重、主権在民という価値観を嫌悪しているとしか思えない産経の阿比留が、またとんでもない記事を書きました。

--
「平和憲法」めぐみさんを守れなかった 日本は危険な無防備国家
2013/07/19 10:59
 【阿比留瑠比の極言御免】

 拉致被害者の有本恵子さんの父で、拉致被害者家族会副代表である明弘さんから先日、筆者あてに手紙が届いた。そこには、こう切々と記されていた。

 「拉致問題が解決できないのは、わが国の争いを好まない憲法のせいであると悟ることができました」

 手紙には明弘さんの過去の新聞への投稿文と、拉致問題の集会で読み上げた文章が同封されていて、やはりこう書いてあった。

 「憲法改正を実現し、独立国家としての種々さまざまな法制を整えなければ、北朝鮮のような無法国家と対決できません」

 実際に外国によって危害を被り、苦しみ抜いてきた当事者の言葉は重い。

 ◆のんきな主張横行

 一方、参院選へと目を転じると、候補者たちの政見放送や街頭演説では「戦後日本は現行憲法があったから平和が守られた」といったのんきで、根拠不明の主張が横行している。

 だが、いまだに帰国できない拉致被害者やその家族にしてみれば、日本が「平和な国」などとは思えないはずだ。日本は、人さらいが悪事を働いても目を背けるばかりで、被害者を取り返せもしない危険な無防備国家だったからである。

 「日本の戦後体制、憲法は13歳の少女(拉致被害者の横田めぐみさん)の人生を守れなかった」

 安倍晋三首相は2月、自民党憲法改正推進本部でこう訴えた。「再登板した理由の一つが、拉致問題を解決するためなのは間違いない」(周辺)という首相にとって、現行憲法は実に歯がゆい存在なのだろう。

 首相は「文芸春秋」(今年1月号)では、「(憲法前文が明記する)平和を愛する諸国民が日本人に危害を加えることは最初から想定されていない」と指摘し、昭和52年9月の久米裕さん拉致事件に関してこう書いている。

 「警察当局は、実行犯を逮捕し、北朝鮮の工作機関が拉致に関与していることをつかみながら、『平和を愛する諸国民』との対立を恐れたのか、実行犯の一人を釈放した。その結果、どうなったか。2カ月後の11月、新潟県の海岸から横田めぐみさんが拉致された」

 こうした問題意識を持つのは首相だけではない。日本維新の会の石原慎太郎共同代表も7月13日の演説で、拉致問題と憲法9条についてこう言及した。「(北朝鮮は)日本は絶対に攻めてこない、本気でけんかするつもりもないだろうと、300人を超す日本人をさらって殺した」

 ◆「国の責務明示を」

 「殺した」との断言は乱暴過ぎる。とはいえ、現行憲法では国民の基本的人権(生命、自由、財産)が十分に守れないのはその通りだろう。産経新聞が4月に「国民の憲法」要綱を発表した際、横田めぐみさんの父、滋さんはこんなコメントを寄せている。

 「日本が国際交渉に弱いといわれるのは、強く出る(法的な)根拠がないからではないか。(産経要綱が)国民の生命、自由、財産を守ることを国の責務と明示することは、非常に大きなことだ」

 現行憲法を「平和憲法」と呼び称賛する人には、こうした声は届かないようだ。(政治部編集委員)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/670360/
--

そもそも、北朝鮮に拉致されたとされる人々の国籍は、日本だけじゃない。
特に、韓国などは4千人が拉致されたと言われている。韓国は北朝鮮に対して軍事的報復を辞さずという姿勢を堅持し続けている国であるにもかかわらず。

つまり、日本のような平和憲法を持たない各国でも起きていたことをあたかも日本だけの問題であったかのように人々をだまそうとしている男、それが阿比留です。

>「戦後日本は現行憲法があったから平和が守られた」といったのんきで、根拠不明の主張が横行している。

日本は、憲法の制約のおかげで海外での武力行使に付き合わされずに済んでいる。
イラクに派遣された多くの軍人が命を落とす中、日本の自衛隊だけは「避難」が認められていたため、戦闘行為で命を奪われたものはいなかった。これのどこが根拠不明なのか。

そして、現行憲法によって海外で武力行使をしなかったおかげで、テロによって命を落とした日本国民の数も、他の先進国に比べて格段に少なくできている。

多くの日本人が平和を享受できたのは、日本国憲法があればこそであることは明々白々です。

一方、現行憲法が改正されたら拉致が起きなかったなんて与太話こそ、上述のように「のんきで、根拠不明の主張」に他なりません。

一方、阿比留がまさに飼い犬のように仕えているといって過言ではない安倍は、

>「日本の戦後体制、憲法は13歳の少女(拉致被害者の横田めぐみさん)の人生を守れなかった」

などと言い放ったとか。
つまり、歴代自民党政権が当時の治安維持を担っていたという事実は華麗にスルーして、すべてを憲法に押し付けようって魂胆ですか。
なんたる無責任。このあたり、首相の座を投げ出しながら、何食わぬ顔でまた舞い戻って来れる彼のメンタリティがよく現れています。


>「日本が国際交渉に弱いといわれるのは、強く出る(法的な)根拠がないからではないか。(産経要綱が)国民の生命、自由、財産を守ることを国の責務と明示することは、非常に大きなことだ」

今時砲艦外交でもやろうって言うのでしょうか。
というか、憲法にそんなことを書いたって、実際にやって見せなければ相変わらず張り子の虎。
横田滋さんは、自分たちの孫を取り返すためには、他国の罪もない国民を殺しても良いとお考えなのですか? と聞いてみたいところです。
私は、それじゃ北朝鮮とやっていることは同じと言われるじゃありませんかと、考えますけど。

そして、日本が国際交渉に弱いのは、国内だけを見てやたら威張りたがり、過去の日本を美化しようとする自称保守の言動に大きな原因があると、私は思っています。
ああいうことを言う政治家がいるから、日本の国際交渉はいつもその尻拭い、即ちマイナスからスタートしなければならないのですから。

>現行憲法を「平和憲法」と呼び称賛する人には、こうした声は届かないようだ。

自分に都合の良いことを言っている人だけを取り上げて、それに何かしらの権威があるかのように騙そうとしているだけですね。
産経の要綱のデタラメさ加減を指摘している人は世の中にあふれているにも関わらず、現行憲法の平和主義を憎悪している自称保守の面々には、こうした声は届いていないってことは、こちらは百も承知ですけど、そんなことを言ったからと言って、自分の主張の正当性を担保する意味は全くないってことです。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 参院選が終わったから「データを説明できる状況になった」のね >東京電力 | ホーム | もう少し早く提訴すべきだったのでは >菅さん >>


コメント

憲法

>特に、韓国などは4千人が拉致されたと言われている。韓国は北朝鮮に対して軍事的報復を辞さずという姿勢を堅持し続けている国であるにもかかわらず。

じゃ韓国以外は?それに、韓国は既に攻撃されでも大した反撃をしない事が既に確認済。

>日本は、憲法の制約のおかげで海外での武力行使に付き合わされずに済んでいる。

何故ですが?日本は主権有る国家ですし、不利益と思うなら武力行使に参加しない事も出来る筈。

もし出来ないなら、どこがで他国に大きくな尻尾を握られているからです。例えば、憲法にある条項の故に的もな防衛整備を出来ず、最近まで世界第二位の経済を持ちながら国の要で有る国防を某大国に頼るしかなく、あの国の言いなりに成るしかないではないでしょう?

>歴代自民党政権が当時の治安維持を担っていたという事実は華麗にスルーして、すべてを憲法に押し付けようって魂胆です

自民党は比較的に防衛を重視する党ですが、憲法を無視する事は出来ません。

>自分たちの孫を取り返すためには、他国の罪もない国民を殺しても良いとお考えなのですか?

普通の国家なら、少なくともこの選択肢を除外しないでしょう。よって、誰がやろうと思ってもこの可能性を考慮せんば成りません。

のんきな主張に見えます


香港からの客人さん

>じゃ韓国以外は?それに、韓国は既に攻撃されでも大した反撃をしない事が既に確認済。

同じでしょ。
この問題で、北朝鮮に武力侵攻した国なんて一つもないことも、それこそ確認済ですよ。
つまり、憲法は関係ないってことです。

>何故ですが?日本は主権有る国家ですし、不利益と思うなら武力行使に参加しない事も出来る筈。

その代わり、自称保守連中の大好きな「人的貢献」もできなくなります。
「金だけ貢献」を批判していた連中がやろうとしている改憲の結果として、「金だけ貢献」に走るなんて何の冗談ですか。

>もし出来ないなら、どこがで他国に大きくな尻尾を握られているからです。例えば、憲法にある条項の故に的もな防衛整備を出来ず、最近まで世界第二位の経済を持ちながら国の要で有る国防を某大国に頼るしかなく、あの国の言いなりに成るしかないではないでしょう?

憲法という制約がないのに「同盟国」の武力行使に参加しないなら、今度は日本が攻められた時に「同盟国」が武力行使に参加しないという選択をしても文句は言えません。
尻尾を握られているもなにも、その恐怖にかられた日本人は粛々と武力行使に付き合うことになるでしょう。

そもそも改憲をしておいて、「武力行使に参加しない」なんてそんな都合の良いことが言えると思っていることこそ「のんき」な話だと思いますけど。

>自民党は比較的に防衛を重視する党ですが、憲法を無視する事は出来ません。

現行憲法に国民を守らなくても良いなんてどこにも書いていませんよ。
むしろ、生存権とならんで国の社会的使命についても書かれています。

>普通の国家なら、少なくともこの選択肢を除外しないでしょう。

どこの普通の国家がやりました?
そして、犯罪の報復に相手国の一般市民を人質に取れとあなた方は言っているわけですね。

>よって、誰がやろうと思ってもこの可能性を考慮せんば成りません。

ちなみに、現在の憲法でも自衛権の行使として他国を攻撃する可能性は排除していないというのが、歴代自民党政権の解釈ですよね。つまり、あれが国家テロだという認識なら改憲の理由にならないってことです。


Re: のんきな主張に見えます

>その代わり、自称保守連中の大好きな「人的貢献」もできなくなります。

「出来なく」ではなく「しない」と言っています。

私から見れば、人的貢献は飽くまで無視出来無い外圧が有るから体裁良く派遣するな様な物に過ぎない。もし有効な外圧が無いなら、国民の意思を反して利益の無いな戦闘に参加理由は有りません。

>憲法という制約がないのに「同盟国」の武力行使に参加しないなら、今度は日本が攻められた時に「同盟国」が武力行使に参加しないという選択をしても文句は言えません。

安保条約に心配ですが?あれは武力攻撃(武力行使すらない)をされた場合だけで、同盟国のモノ好きに依るの攻撃まではカバーしない。

そもそも、同盟にサインするのは国益の為で有る。米国は自分の利益の為に日本を助ける。もしそうなら、例えモノ好き戦争に参加しなくでも、米国はやはり助けに来る。自分の為にね…

最後に、例えそうだとしても、そもそも世界第三位(極めて近年まで第二位)の経済体が自分の力で防衛出来無いとは可笑しい。これも憲法の影響です。もし自分の力で自衛が出来、米軍は飽くまで「有っては勿論歓迎ですが、無くでも何とか成る」の存在に成るなら、米国の要求も適切に却下出来るでしょう。

和平派は何時も「人的貢献」を懸念し、「他国での戦闘」に至と断固反対です。これは十分結構だと想います。だが、私から見ればただ9条を維持するだけでこれを達成できない。もし本当に「人的貢献」を自由に断る様に成りたいなら、寧ろ一番大きなの尻尾、つまり防衛力の不足を解消すべきです。

米国が自由に出来るの一番の理由は尻尾が無いからです。この所が、他国の防衛までしてくれる事で他国の尻尾を握っています。小国なら仕方ないとして、一応世界第三位の経済体なら必ずしも同じ選択肢を取る必要は無いと想いませんが?

>現行憲法に国民を守らなくても良いなんてどこにも書いていませんよ。

だが、九条によってこれを守る為にとり得るの手段は制限される事も事実ではないですが?少なくとも一般流通の解釈によってなら…

>どこの普通の国家がやりました?

自国民を救出する為武力行使したの国は少なくとも米国とイスラエルがありますよ…勿論、武力で救出しようとなら、他国の罪の無いな人を殺しても覚悟しているでしょう。

>現在の憲法でも自衛権の行使として他国を攻撃する可能性は排除していない

だが、確かあの「策源地攻撃」の云々は極めて限定された場合ではないでしょう。

自力防衛には核が不可欠


香港からの客人さん

>「出来なく」ではなく「しない」と言っています。

それが「のんきな主張」だと申しています。

>もし有効な外圧が無いなら、国民の意思を反して利益の無いな戦闘に参加理由は有りません。

ですから、戦闘に参加しないとアメリカが日本を守ってくれなくなるという「国民の意思」、即ち「内圧」によって武力行使に参加することになると申しているのです。

>そもそも、同盟にサインするのは国益の為で有る。米国は自分の利益の為に日本を助ける。もしそうなら、例えモノ好き戦争に参加しなくでも、米国はやはり助けに来る。自分の為にね…

日本が改憲したら、そんなことはわかりません。
アメリカ国民は今でもこう問うている。
「なぜ、我々の正義の戦いに参加しようとしない日本を守るために、我々が血を流さなければならないのか?」と。
でも、それに対する答えが「我々(アメリカ)がそのような憲法を作ったから」であるから、アメリカ国民の多くは現状に納得している。
アメリカがそのような憲法を作ったという足かせが外れた時、アメリカ国民が「中国と組めば、我々に協力しない日本がどうなっても国益は守れる」と判断しても、全く不思議ではありませんね。

>例えそうだとしても、そもそも世界第三位(極めて近年まで第二位)の経済体が自分の力で防衛出来無いとは可笑しい。これも憲法の影響です。

戦後の世界秩序がそれを求めていないからであり、憲法はその結果でしかありません。

そして、自分の力で防衛するには「核」は不可欠。
世界が日本に核保有を許さない以上、改憲したって、自力での防衛なんて絵空事。
アメリカも、改憲だけさせて核を持たせなければ、日本をアメリカの下働きに使うことができる。あなたの言う「自分の為に」、そういう筋書きを描くでしょう。

>防衛力の不足を解消すべきです。

上記の理由で無理でしょう。
日本が世界に逆らって核保有国になる。即ちイランや北朝鮮のような立場になってもかまわないと腹を括らない限り。

>だが、九条によってこれを守る為にとり得るの手段は制限される事も事実ではないですが

事実ではありませんね。
他国を攻める手段は制限されていますけど、自国民を守ることに憲法は何の制約もつけていない。
これは最高裁でも認められている解釈です。

「核武装」は憲法上はできるというのが歴代自民党政権の解釈であり、これを妨げているのはNPT体制の方。
よって、改憲したってこの制限は何も変わりません。

>自国民を救出する為武力行使したの国は少なくとも米国とイスラエルがありますよ

こちらのやることが「救出」なら、相手がその犯罪行為を実行することを抑止する効果など何もない。
だって、実行前の状態に現状復帰するだけなんですから。

産経や安倍が言っているのはそんなことではない。
「我が国民を傷つけたらそっちの一般市民も傷つけるぞ」と言い、それを実行するということですよ。
ただ救出するだけなら、何で拉致の発生を防ぐことができるのです?

そして、アメリカやイスラエルの国民が、他国からの攻撃に対して日本国民よりも「平和」な状態であると言えますか?
私には真逆にしか見えませんけど。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム