プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

そんなに経営者に好き勝手をやらせたいの?

週刊ダイヤモンドという雑誌が、最近のJR北海道のトラブルに労組が絡んでいるとかいう記事を載せています。

--
不祥事続きJR北で囁かれる
旧国鉄の“亡霊”・労組の影

「誰もはっきりとは言わないが……」。北国の大動脈でありながら、レールの異常放置など前代未聞の不祥事を連発するJR北海道。事情をよく知る複数の関係者は、原因についてそう声を潜める。「労働組合のあしき遺産、サボタージュが根底にないとは言い切れない」というのが一致した見方だ。

 昔の国鉄といえば、駅長が早朝に来て掃除をし、社員は重役出勤で何もしないというのが常だったとされる。JR北はJR各社の中で唯一、旧態依然の組合色の解消に失敗したというのが見立てだ。

 だが、一連のJR北の問題でよく指摘されるのは、1987年の分割民営化によるJR北の構造的な経営基盤の脆弱さだ。2012年度の営業赤字は309億円と突出、安全面への設備投資が行えないというロジックである。気象条件が厳しい北海道では致命的だ。

 これまでJR北は、分割民営化時に赤字を埋める目的で国が渡した「経営安定基金」の運用益で赤字を補填してきた。このため合理化のしわ寄せが人材に及び、特に中核を担う40代の技術担当者が極端に不足しているという。

四国や九州は問題なし

 だが、これらJR北特有のハンディキャップに、原因のすべてが帰せられるのか。

 JR北を除く、JR6社が9月末に緊急点検を行ったが、結果は全社とも「補修箇所なし」。JR四国やJR九州といういわゆる「3島会社」を含めてだ。

 自民党北海道連の伊東良孝会長が、財務問題と並列して挙げたのが、JR北の「決まりを守らない点やモラルの問題」だ。鉄道関係者の中には、より率直にJR北の不祥事の陰に労組問題があることを指摘する声は多い。

 一方、JR北の労組幹部は「そんなことはあり得ない」と声を荒らげる。会社側も「労組問題を原因として勝手にうわさしているのは、マスコミでは?」とここでは妙に足並みをそろえる。

 もちろん組合の真意は別にある。「闘争の際のサボタージュはあり得ても、日常業務で仕事をしないなんてあり得ない。分割民営化以降、経営陣は利益のみを追求し、現場が保守点検の必要性を訴えても、中間管理職で握りつぶされているのが実情だ」(労組幹部)と、中間管理職の“サボタージュ説”を唱えるほどだ。

 振り返れば2年前、企業風土にメスを入れようとした矢先に自殺した中島尚俊元社長の遺書には「お客さまの尊い命をお預かりしているという事実を認識し、(中略)安全を最優先にするということを常に考える社員になっていただきたい」と記されていたが、今日の混乱を予見していたといえる。

「外部から社長を送り込んでも同じ。結局は、JR北内部の問題」と多くの鉄道関係者は言う。鉄道業界では、「そもそも、経営基盤の弱い3島会社をつくったスキームに無理がある。JR東日本が救済し、統合できるよう国が抜本的な解決策を作る道しか残されていない」という声も上がる。

 “ゆがんだレール”を生み出した原因は国にもある以上、もはや頬かむりは許されない。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 JR北海道問題取材班)

http://diamond.jp/articles/-/43046
--

牽強付会もいいとこと言いましょうか、分割民営化を強行した自民党政権と経営者がその結果としてのトラブル続発の責任逃れのために、こんな与太話を御用マスコミに書かせているってことなんでしょう。

旧国鉄の中で分割民営化に反対した国労の組合員は、JR北海道を始めとする三島会社には希望してもごくわずかしか残れなかったというのは、それこそ常識。そういった組合差別が行われたのは事実であって、それを、国鉄とJRは別ものという論理で正当化しただけのこと。
となると、この雑誌が書く「労働組合のあしき遺産、サボタージュが根底にないとは言い切れない」というその労働組合とは、分割民営化に賛成した御用組合のことを指すってことになっちゃいますね。

かつて国労などがやっていた順法闘争(この雑誌の言うサボタージュ)とは、ダイヤが乱れても安全確認により時間をかけるという意味でしたから、その「あしき遺産」が生き残っているなら、こんなトラブルが発生するはずは無い。
だいたい、これだけトラブルが頻発して、一番苦労するのは現場で対応しなければならない組合員なのですから、彼らに、トラブルを引き起こすような「サボタージュ」をする意味が無い。
そういう意味でも、この記事を書いた人は、ただ「サボタージュ」という言葉だけを振り回して、その中身については何ら分析しようとすらしなかった。

言い換えれば、この記事は記者の「サボタージュ」の産物でしかないってことでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 人種差別と「万世一系」の親和性 | ホーム | こうなることはわかり切っていたこと >TPP交渉 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム