プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

まだ責任を労働者になすり付ける気か > 週刊ダイヤモンド


先日、JR北海道の事故を労組のサボタージュであるかのような記事を書いた週刊ダイヤモンドをエントリで批判しましたが、同誌は性懲りも無く、また同じようなことを書いています。


労組同士でも対立が先鋭化
JR北海道の底知れぬ病巣

 9カ所、97カ所、267カ所、270カ所──。レール異常の箇所を発表するたびにその数が増えていったJR北海道。

 97カ所のレール異常を発表した9月下旬には、外部の力を借りたとはいえ一晩で異常箇所すべてを修繕してしまった。「やればできるだけのマンパワーはあるってことでしょ」と、鉄道業界の関係者はため息をつく。裏を返せば、カネの問題ではなく慢性的なサボタージュがあったことをうかがわせる。

 不祥事続きのJR北の病巣として指摘されているのが労働組合問題だ。ある鉄道関係者は、「組合のサボタージュの側面は否めないし、最大労組である道労組(総連系)の責任を排除することはできないだろう」と指摘する。

 JR北の幹部は、「彼らのやる気のなさはひどい。いかに働かないかということにばかり腐心している」と口をそろえる。

 JR北には四つの組合が存在する。組合員の8割強を占める第1組合のJR北海道労組(JR総連系)と、第2組合のJR北労組(JR連合系)、そして国労道本、建交労道本部だ。組合が違うと飲み会や結婚式にも呼ばないなど対立関係にあることが、日常業務のコミュニケーションにも支障を及ぼしていると指摘されている。

 10月初旬、北労組ら第2、第3組合の幹部が、第1組合の道労組に「安全確保のため」に4労組の共同行動を呼びかけたものの拒否された。

 北労組の幹部は、「なぜ道労組がわれわれの提案に同意しないのか理解できない。逆に彼らからは、われわれは信用のならない『組織破壊者』だと言われる。安全第一という常識に立てば、今回は“労労対立”を乗り越えるべき。労使間の話はその後だ」と憤る。

破壊運転士が保守部門に!

 JR北のこれまでの不祥事では、会社側の対応にも目を疑うようなケースが続出している。運転士が「後輩にミスを知られたくなかった」として自動列車停止装置(ATS)を壊したが、その異動先は何と保守修繕部門。これについてJR北は、「直接、修繕業務に当たらせないので問題はない。誤解を招く側面はあるが、本人の業務内容は、保守業務の事前準備などになる。異動の理由は、“運転士”としては不適格という判断。社内でも問題にはならなかった。問題視しているのは、マスコミだけ」(広報部)と開き直る。

 今回、国交省は、JR東日本にJR北への人材派遣を要請した。JR東は、安全統括管理者の鉄道事業本部長を補佐する人材と、各分野の担当部に課長クラスを派遣する予定だ。鉄道ジャーナリストの梅原淳氏は、「第三者の目が入ることで、社内の雰囲気という重しが取り除かれ、風通しはよくなるだろう」とみる。

 だがその一方で、管理職だけ戦力補強したとしても、冒頭示したような現場の非協力的な体制が続けば安全確保への道は遠い。「アンタッチャブル」ともささやかれてきたこの病巣にどこまでメスを入れられるか、もはや鉄道会社だけに丸投げしていい問題ではない。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 JR北海道問題取材班)

http://diamond.jp/articles/-/43640
—-

JR北海道では助役がデータの改ざんを指示したとされ、問題は組織ぐるみ、会社主導であったことが、もはや明らかとなっていますが、週刊ダイヤモンドは相変わらず、こんな記事を書いていました。

そもそも、

>外部の力を借りたとはいえ一晩で異常箇所すべてを修繕してしまった。「やればできるだけのマンパワーはあるってことでしょ」と、鉄道業界の関係者はため息をつく。裏を返せば、カネの問題ではなく慢性的なサボタージュがあったことをうかがわせる。

こんなことを書いている時点で、仕事をするということがどういうことなのか、まるでわかっていない。問題箇所を一晩で修繕できたということは、これまで、会社がそれを実行させるための時間を資金を使わせなかったことに問題があったってことじゃありませんか。
サボタージュが原因なら、この「一晩」の時だってサボタージュするはずでしょ、自分たちのサボタージュを隠すために。

この修繕の際には「一晩」「外部の力」と書いてあることから、そうとうな追加コストを会社が支出したと考えられます。それが無ければ、そういう仕事はできない。
「やればできるだけのマンパワーはある」のではなく「やればできるだけのカネはある」と解釈すべき事象です。

そして、JR北海道労組がサボタージュを行っていたかのような印象を振りまきたがっていますが、前にも書いたように、JR北海道労組とJR北労組は国鉄の分割民営化で国と現JR経営陣に協力した組合。
その中で内輪もめをやって飛び出したのがJR北労組なんですから、どっちもどっち。

>安全第一という常識に立てば、今回は“労労対立”を乗り越えるべき。労使間の話はその後だ」と憤る。

“労労対立”なんてやっている場合ではないというのはその通りでしょうけど、「労使間の話はその後」ってのは何なんでしょ。別に労組同士の中が悪くたって「労使間」の話し合いはできるし、特にそういう状況なら、使用者(管理職)がきちんと指示をしなければならないのに、それができていないというのが問題のはず。
つまり、労使間の話をまず最初にやらなければならない。その意識が無い者が幹部だと名乗る組合こそ、安全第一の常識が無いってことでしょう。


>JR北のこれまでの不祥事では、会社側の対応にも目を疑うようなケースが続出している。運転士が「後輩にミスを知られたくなかった」として自動列車停止装置(ATS)を壊したが、その異動先は何と保守修繕部門。

それの何が問題だというのでしょう。
確かに、そんな人間が現場に居るというのは困ったものではありますけど、だったら、その人間をどうしろって言うんです?
「追い出し部屋」みたいなところにでも押し込めておけと言うつもりですか?
運転士がミスをすると「日勤教育」なんていう懲罰的な勤務をさせて、それが福知山線の大惨事の一因になったということ、この記事を書いた人間は全く勉強していないようです。

運転士として働いて来た人物に事務作業をやらせようと思ったって簡単にはできない。
だったら、一人ではなくチームで行動する保守修繕部門で仕事を一からやり直させるというのは、間違ったやり方ではない。昔の国鉄も、まず保守修繕部門で鍛えられてから機関士になっていたはずです。大騒ぎしているのはこの雑誌の記者だけでしょう。

そういえばこの話、JR北海道になった際に、現在の第一組合と第二組合(当時は一つ)が、国労の組合員を運転現場から外せと迫り、経営陣がそうした、という話を思い出します。

この雑誌がサボタージュ呼ばわりしている組合と、自分たちが全く同じことをしていることに気がついていないという点、甚だ滑稽です。

で、「JR北海道問題取材班」なんて名乗りながら、この不勉強きわまりない記者の書いたこの記事は、

>「アンタッチャブル」ともささやかれてきたこの病巣にどこまでメスを入れられるか、もはや鉄道会社だけに丸投げしていい問題ではない。

こんな風に結んでいますけど、さて、「鉄道会社だけに丸投げしていい問題ではない」なんて偉そうなことを言って、実際に何をしようって言うつもりです?

外部の人間が組合潰しでもやろうって言うんですか?
そんなことできるわけがない。

それともJR北海道をまた潰して、お気に入りの人間だけ再雇用させますか?
そういうなれ合いの労使関係では安全第一の常識は育たない、あなた方の言う「サボタージュ」を産むだけだってことが、この一連の問題を見てもわかっていないのでしょうか。

こんな迷惑な記事を書く記者が放置されていることに対してこそ、「週刊ダイヤモンドだけに丸投げしていい問題ではない」と言いたいくらいです。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 反対すべきものに反対して何が悪い ー 特定秘密保護法案 | ホーム | 劣化コピーはあなた >内閣参与(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム