プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

憲法違反を犯していると白状した自民党政権 ー 靖国参拝


安倍晋三が靖国神社に参拝し、諸外国からも大きな反発や批判を受けています。
特にアメリカからの批判はどうやら彼らには想定外だったようです。

普通に考えたら当然の成り行きなんですけどね。
アメリカはかつて靖国信仰とガチで戦った国であり、また東京裁判の正当性を覆すことなど絶対に許すことができない国ですから、A級戦犯を合祀している靖国神社に首相が参拝することを肯定的に捉えることができるはずがない。
こんなことも安倍晋三はわからないほど間抜けだったということです。

で、安倍政権はまだこんなことを言っている。

—-
首相の靖国参拝、関係国にはしっかりと趣旨を説明=菅官房長官
2013年 12月 26日 18:01

[東京 26日 ロイター] -菅義偉官房長官は26日午後の会見で、安倍晋三首相が靖国神社を参拝し、中国や韓国が強く反発していることについて、「韓国・中国は日本にとって重要な隣国であり、靖国参拝をめぐる問題で両国との関係全体に影響が及ぶことは望んでいない」とし、その趣旨を謙虚に説明していく考えを示した。

同盟国である米国が「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに失望している」との声明を出したことについても、「首相の参拝の趣旨がわからないなかでのものだ」とし、「しっかりと参拝の趣旨を説明し、理解が得られるよう努めていきたい」とした。

安倍首相がこの日参拝したことについて菅官房長官は事前に知っていたとしたうえで、「私人としての参拝であり、政府として立ち入るべきではない」との認識を示した。さらに、「中国・韓国の人々の気持ちを傷付けるものではなく、謙虚に、誠意をもって首相は説明していきたいと申し上げている」と説明した。

菅官房長官によると首相は玉ぐし料を私人の立場で納め、「内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳した。官房長官は「内閣総理大臣たる私人としての安倍晋三」というかたちだと説明した。

官房長官はさらに首相の参拝について「自民党総裁選挙や衆院選で(第一次政権の)首相任期中に参拝できなかったことは痛恨の極みと国民に約束していた。そういう意味では国民の皆さんに約束してきたという思いもあったのだろうと思う」と指摘。この日の参拝は国民との約束を果たしたものだとの認識を示した。また自身が首相の参拝を「とめようとは思ってない」とし、引き留める考えはなかったことを明らかにした。

また、首相の参拝については「関係国にはしかるべき説明をしている」とし、「首相の(参拝の)趣旨は、国のために戦い、尊い命を犠牲にした方に尊崇の念を示し、不戦を誓い、平和の国を誓う。そういう趣旨を関係諸国に理解いただけるように、首相の談話を英文で海外にも発信した」ことを明らかにした。

今回の靖国参拝が政権に与える影響については「しっかり説明させていただければ、全く問題ないと思う」とし、米国やオバマ大統領との信頼関係に影響があるとは「まったく思っていない」と語った。

(石田仁志 編集:吉瀬邦彦)

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9BP06120131226
—-

私人の立場だというなら、安倍晋三以外の人間が「説明」なんぞできるはずがない。官房長官があれこれ言い訳している時点で、安倍晋三が憲法違反をやらかしたことは確定です。
そもそも私人としての参拝だというなら、それは個人の信仰の問題だってこと。信仰の問題を説明するなどと言う行動自体が、キリスト教やイスラム教などを信仰してきちんとした宗教観を持っている諸外国の政治指導者には理解できないものとなるでしょうね。
そして、私人の立場で「不戦の誓い」などやったところで、そんなものは私的な行動に過ぎず、それを他国の政治家も云々などと比較すること自体が矛盾であることも、誰にでもわかることです。

にもかかわらず、アメリカの失望に対して「首相の参拝の趣旨がわからないなかでのものだ」とは、随分アメリカに対して失礼なんじゃありませんかね。言って見ればアメリカは無知だと言っているようなものなんですから。
アメリカはそんなものははっきりわかっている。靖国神社にこのタイミングで参拝することが、アジアの安定にとって好ましくないと、予め警告していたくらいなんですから。あるいは、自分たちなら千鳥ヶ淵に参拝するぞとパフォーマンスまでやっていたくらいなんですから。

今回の参拝は、安倍晋三個人のワガママと、自分を支持している自称保守やネトウヨ連中に媚を売ることを国益よりも優先させた結果以上のものは何もない。
その身内の利益のためには憲法違反さえ辞さないとは、さすが立憲主義すら理解しないまま総理大臣になった安倍晋三です。

来年は、もうちょっとマシな年にしたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 国民から真実を隠そうとする安倍政権 ー 靖国参拝 | ホーム | もはや宗教テロの様相 ー 靖国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム