プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

生活費に5千万円借りた人はどうやって返せるんでしょう ー 前都知事


もはや旧聞に属する話となりましたが、猪瀬都知事が辞任しました。
徳州会から5千万円もの資金援助を受けた末の辞任でしたが、タイミング的に見てもそれは選挙資金の援助か、東電病院売却に絡んだ賄賂と見るのが妥当でしょう。

でも、当の前都知事は資金の性質について、「生活費のための借入金」だったと言い訳をしていた。

さて、普通の人なら、根本的な疑問に突き当たるでしょうね。
それは「生活費を借りなければいけないほど収入が不足している人が、どうやって5千万円返すのだろうか」ということ。

前都知事は、選挙に落ちたら無収入になるから生活費として借りたと言っていますが、借りたものは返さなければいけないのが常識。
これが、例えば選挙のような一時的な資金需要のための借金なら、返済は作家活動などから得られる収入から少しずつ返して行きます、と言えるでしょう。
でも、生活費というのは、これからも恒常的に使用されるものであり、それが不足しているようでは、返済原資はどこにも無いということになる。

昔読んだ内田百閒の本に、無駄遣いせずに生きている者から借金を申し込まれても貸せないという話がありました。これが酒や賭け事にうつつを抜かして生活費が足りなくなったというなら、お金を貸してもそれらを止めれば返してもらえるだろうが、あなたのように無駄遣いもしないのに生活費が足りないような人では、お金を借りても返せるはずがない、といったような話だったと思います。

前都知事の言っていることはまさにコレ。

人に生活費を借りなければならないほど困窮しそうな人が、5千万円もの借金をどうやって返すつもりだったのか。答えは見つかりそうにありません。

言い換えれば、前都知事の言っていることはおそらくだということでしょう。

あの5千万円は選挙資金に使うつもりだったか、東電病院売却の件での賄賂。

そう解釈する方が、ずっと自然ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 漁船を沈めるのは得意 ー 海上自衛隊 | ホーム | 徳州会の次はアパの飼い犬? ー 都知事選 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム