プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

村山さんはそんなことは気にしないでしょう ー 従軍慰安婦問題


村山元首相が先日韓国に行き、国会で講演をして、従軍慰安婦問題は日本が解決すべき問題であると、現在の安倍政権の姿勢を批判しました。
韓国では、おおむね肯定的な捉え方をされていたようですが、中には村山氏に対して批判的な見解を示した人がいたようで、それを産経が大はしゃぎで取り上げています。

--
村山元首相の面目丸つぶれ 韓国の慰安婦支援団体 「大きな傷与えた政治家」と批判
2014.2.12 22:41 [「慰安婦」問題]

 旧日本軍の慰安婦に対する日本政府の謝罪や賠償を求めている韓国の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の尹美香常任代表は12日、韓国訪問中の村山富市元首相を「慰安婦問題に非常に大きな傷を与えた政治家だ」と批判した。挺対協が毎週水曜日にソウルの日本大使館前で開く抗議集会で述べた。

 挺対協は、村山政権が進めた「アジア女性基金」による元慰安婦への償い金支給について、日本政府が法的責任を認めたものではないとして受け取りに反対してきた。

 尹氏は村山氏について、野党時代の社会党(当時)は日本政府の責任を追及していたが、首相になると立場を変え「日本政府は戦後補償をできない」と言い始めたと指摘。「被害者の反対にもかかわらず、基金による(償い金)支給を強行した」と主張した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140212/kor14021222460007-n1.htm
--

挺対協が受け取りに反対して来たことは誰もが承知していた事ですし、村山元首相ももちろん同様。
ですから、村山さんが韓国に行けばそういう反応が返って来るのは最初からわかり切っていたこと。そんなことで面目丸つぶれになるなんて思うようなら、彼は最初から韓国になど行きませんね。

そこが、自分の面目が潰されるのが怖くて、いまだに重要な外交課題がある国の首脳とちゃんと話ができない安倍との人間としての格の違いとも言えるでしょう。

そもそも、村山氏の行動を貶めたい産経は、元の共同の記事ではただ挺対協が村山さんを批判したという記事なのに、それに恣意的な見出しをつけて印象操作をはかった。
でも、面目が潰れたかどうかは、そのように本人が自覚するかどうかの問題なのであり、産経が外野ではやし立てたところで面目が潰れたりはしない。その程度のこともわからないほど、産経というのはお粗末な新聞社だということです。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 憲法に違反したと褒め合う気持ち悪い関係 ー ジミンとイシン | ホーム | 村山氏4時間、安倍4日間 ー 非常災害対策本部設置 >>


コメント

村山さんは気にしなくても私達は気にすべき

慰安婦問題は当時の大日本帝国政府に責任があります。しかし七年の占領期間を得て再独立をした新生日本政府がその社会的責任を継承することになるわけです。河野談話、村山談話は、日本政府の責任を明らかにしたもので、国際的にも高く評価されていますが、史実を否定してまで責任回避を図るネトウヨ内閣と取り巻き勢力に韓国側の怒りとフラストレーションがエスカレートするのも当然ですが、そういった状況下では政治的に過激に走ってしまう団体も出てきます。挺対協もその例ではないかと思われる。
名前が示すように、もともと女子挺身隊員が慰安婦を強制された、という史実としては不明確な前提から出発したものですが、アジア女性基金から救済金を受けたいと名乗り出た元慰安婦の方々に迫害を加えたという過去もあります。
これから慰安婦問題がどのような方向に向かっていくのか、特に米国内では、ネトウヨと韓国系が日韓代理戦争を始めてるということもあり、充分注意して冷静に見守っていくことが必要です。


村山さんが気にしないというのはそういう意味ではありません

chukaさん

村山さんが気にしないというのは、そんなことを言われたくらいで、自分の面目が潰されたとは思わないという意味であり、村山さんご自身が、慰安婦問題に強い関心を持っており、現在の安倍政権や日本の自称保守連中の言動を憂いているから、このタイミングで韓国に行かれたものと思われます。

> 慰安婦問題は当時の大日本帝国政府に責任があります。しかし七年の占領期間を得て再独立をした新生日本政府がその社会的責任を継承することになるわけです。河野談話、村山談話は、日本政府の責任を明らかにしたもので、国際的にも高く評価されていますが、史実を否定してまで責任回避を図るネトウヨ内閣と取り巻き勢力に韓国側の怒りとフラストレーションがエスカレートするのも当然ですが、そういった状況下では政治的に過激に走ってしまう団体も出てきます。挺対協もその例ではないかと思われる。

おそらく、そういう流れでしょう。

> これから慰安婦問題がどのような方向に向かっていくのか、特に米国内では、ネトウヨと韓国系が日韓代理戦争を始めてるということもあり、充分注意して冷静に見守っていくことが必要です。

アメリカではネトウヨの主張は全く通用しないと思われますが、彼らは自分のプライドを守るためなら何でもやるという連中ですので、それに我々が巻き込まれて、日本全体が厳しい目で見られてしまうであろうという点が、非常に困るところです。
これから、個人レベルで外国と付き合う場合でも、そのことは覚悟しておいた方がよさそうです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム