プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

気持ち悪いのはどっち? ー ヘイトの遍路


四国の遍路道にハングル文字の案内ステッカーが貼られたところ、それに対する「苦情」が寄せられているとか。


遍路道:韓国出身住職に“苦情” 差別貼り紙に同調の電話
毎日新聞 2014年04月12日 18時32分(最終更新 04月12日 18時52分)

 韓国出身の伝統舞踊家で十三番札所・大日寺(徳島市一宮町)の住職を務める金昴先(キム・ミョウソン)さん(56)の元に、札所などに貼られたハングル文字のステッカーに対する“苦情電話”が相次いでいる。四国各地の遍路道で見つかった「朝鮮人排斥」を主張する貼り紙に同調する内容だという。

 金さんによると、電話は8日ごろから掛かり、11日には少なくとも男女2人から何回も電話があった。

 中年とみられる女性は県内在住と名乗ったうえで、「(四国各地の札所で)ハングル文字を見るたびに気分が悪い。なぜ勝手なことをするのか」などと主張。別の男性は「お遍路は日本の文化。いろんなところにシールを貼って回るのはおかしい」と話したという。この男性は電柱やカーブミラーなどに無断でステッカーを貼る行為は違法で景観を損ねるとも指摘。金さんが支援し、外国人初の「公認先達(せんだつ)」に認定された崔象喜(チェ・サンヒ)さん(38)=ソウル市=の活動を指しているとみられる。

 金さんは、無断でステッカーを貼る行為は認められないとしたうえで、「お遍路は世界遺産を目指している。『ハングルだから』などという狭い考えでは世界からお客さんを迎えられるか心配だ」と懸念している。【阿部弘賢】

http://mainichi.jp/select/news/20140413k0000m040019000c.html
--

このネタ、興味深い点は二つ。
まず一つ目は、同じ韓国出身だからと、関係ない住職に苦情を言っていること。
まあ、どこかのネット上でこのお寺の住職が韓国出身ということを知ったのでしょうけど、無関係の人間にそんな苦情を持ち込むという神経が、すでにまともじゃありません。
少しは自分の立場に置き換えてみたらいかが、と思うのですけどね。例えばテルアビブ空港で乱射した日本赤軍の行為に対して、同じ日本人だからと苦情を言われて、何ができるっていうんでしょう。

もう一つは男女2名が何度も苦情を言っているということ。
自分の意見を通したいなら、それなりの場所に、それなりの賛同者を集めてやるものですけど、この男女にはそういう自分が何をすべきかということもわかっていないようです。
誰かに何か苦情を言えば、その人が解決してくれるという、何ともお気楽な思考。
そして、自分のワガママが通らないとなればストーカーのように粘着する。
これまた、自分で汗をかこうとしない、自称保守連中の特性が現れた行動と言えましょう。

ハングルが嫌だなんて言うなら、ローマ字だってアウト。
そんな人は一生引きこもっていなさい。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 憲法学説まで捏造しようとする安倍政権 ー 集団的自衛権 | ホーム | これこそが内政干渉 ー はしゃぐ自称保守 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム