プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

適切な賃金を払いたがらないだけ ー 3K仕事


すき家を経営するゼンショーHD社長が「日本人はだんだん3K仕事やりたがらなくなっている」と言ったとか。

--
すき家のゼンショーHD社長「3K仕事やりたがらない」
2014年5月14日19時59分

 人手不足に悩む外食大手ゼンショーホールディングスの小川賢太郎社長は「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている」と嘆く。傘下の牛丼チェーン「すき家」では2月以降、アルバイト不足で一時閉店が相次ぎ、28店が今も休業中。景気回復に伴う人手不足は、外食や小売りで深刻だ。原則である24時間営業をやめる店も出ているといい、「深夜営業が一番難しい」。

http://www.asahi.com/articles/ASG5G5FL3G5GULFA02J.html
--

これに対して、ゼンショーはそれは社長の所感ではなく、雑誌にそう書いてあったと述べただけだと抗議しているそうですけど、自社の業績のマイナス要因になっている人手不足問題について記者から質問されて、3K仕事とすき家の仕事に何の接点もないなら、そんな雑誌の記事を引用する方がおかしい。あるいは、その雑誌の記事を否定したならまだしも、明らかに肯定的にコメントしているのですから、少なくとも、自社の人手不足の原因と3K仕事の人手不足の原因に共通の要素があると思っているのは間違いないでしょ。

何を言い訳にもならない言い訳をしようとしているのかってところです。

で、この社長さんは「日本人はだんだん」なんてあたかも日本人のメンタリティに原因があるかのように言ってますけど、かつて言われた3K仕事というのはキツイけれども給料は良いという仕事のことを示していたと思います。
そのペイの方法をどんどん切り下げて、一体全体誰がそんな仕事をやる気になるかということ。

即ち、「日本人はだんだん3K仕事に適切な額の給料を支払いたがらなくなっている」と評すべきなのが現状です。

これから働き手の数がどんどん減って来るというのに、そんな労働者使い捨てに立脚したようなビジネスモデルが今後も続けられると夢見ているところも、経営者失格だと言えましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 読んでいるだけでも吐き気を催す ー 産経の慰安婦侮辱 | ホーム | 何故、経営者がそんなシステムを導入したがるかを考えれば目的は明白 ー 残業代ゼロ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム