プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

読んでいるだけでも吐き気を催す ー 産経の慰安婦侮辱

ジャーナリストとは名ばかりで、実際は安倍の腰巾着という、産経の阿比留瑠比が、また汚いプロパガンダを振りまいています。

--
【阿比留瑠比の極言御免】
慰安婦問題、これだけある元軍人証言をなぜ軽視するのか
2014.5.15 14:01

 「産経新聞が頑張ってくれて、慰安婦問題の本質とか、(慰安婦募集の強制性を認めた)河野談話がどんなものだったのか、やっと国民にも伝わってきているんじゃないか」

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日、記者団にこう語った。弊紙のささやかな努力を評価してくれたことに、まずは深甚なる感謝を表したい。そして、橋下氏が続けて述べた次の言葉にも賛同する。

 「歴史問題は外交戦争に使われることもある。日本として認めるところは認めるけれど、言うべきところは言っていかなきゃいけない。どの国だって、事実と違うことを言われた場合は異議を申し立て、抗議するのは当たり前の話だ」

 ◆事実主張は当然

 日本の軍や官憲が嫌がる朝鮮人女性を強制連行したり、性奴隷として扱ったりした証拠は一切なく、その目撃者も誰もいないという事実を主張するのは当然だということである。

 ただ、こうした事実関係を指摘すると、いつも「そうは言うが『無理やり連れて行かれてひどい目に遭った』というハルモニ(おばあさん)たちがいるではないか」との反論を受ける。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領も今年3月1日の独立運動記念式典で「歴史の真実は生きている方々の証言だ」と強調。河野談話の唯一の根拠となったのも、元慰安婦16人の聞き取り調査だった。

 とはいえ、元慰安婦の証言だけを無謬(むびゅう)の真実だとして採用するやり方には無理がある。当時を知る「生きている方々」は、何も元慰安婦に限った話ではない。

 常々、そう思っていたところ、埼玉県本庄市の産経読者、松井敬子さん(87)から「慰安婦問題に関する元軍人の証言」(平成9年刊)という小冊子をいただいた。7人の旧軍関係者が見聞きした慰安婦の実態がつづられており、例えば中国戦線にいた札幌市の伊庭野さんはこう記す。

 ◆冊子が示す真実

 「駐屯して1カ月ほどたった頃、1人の朝鮮人がやってきて、私に『朝鮮の女性を7人連れてきました。兵隊さん方の慰安所を開きますのでよろしくお願いします』と語った。(中略)彼らは日本軍と関係なく、親方が女を募集して連れてきて自発的に営業した」

 満州(現中国東北部)にいた静岡県裾野市の勝又さんは、上官に「この朝鮮女性たちは軍が集めたのか」と聞いた。上官は「金を目当てに朝鮮の親分が集めてくる」と答えたという。

 勝又さんの手記によると軍曹の月給が25円だった当時、朝鮮半島出身の女性は土・日の2日間で25円から30円の収入を得ていた。

 7年間にわたり中国北部を転々とした北海道旭川市の外川さんは次のように証言している。

 「戦地では慰安婦を何人か(6~7人が多い)連れて、それを商売にしている朝鮮人や中国人が必ずいたのである。(彼女たちに)『なぜこの道に入ったのか』と聞くと、『家が貧しいのでよい金になるからといわれ、働いて親元にお金を送るため』と答えた」

 小冊子にはこのほかさまざまなエピソードが掲載されているが、共通するのは実体験に基づく「日本軍による強制連行などない」という確信だ。元慰安婦の証言なら無条件に信用する一方で、軍関係者のそれは無視・軽視するというこの問題への向き合い方には、合理性も誠実さも感じられない。(政治部編集委員)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140515/plc14051514010013-n1.htm
--

もう言っていることがメチャクチャ。

「事実と違うことを言われた場合は異議を申し立て、抗議するのは当たり前」って、それは事実と違うことを論証した上での話。何の客観的に参照できる根拠も示さず、自分たちのワガママを喚き立てるのは子どものやることです。

日本の軍や官憲が嫌がる朝鮮人女性を強制連行したり、性奴隷として扱ったりした証拠は一切なく、その目撃者も誰もいないという事実を主張するのは当然だということである。

これが「事実」だと言っているクセに、

とはいえ、元慰安婦の証言だけを無謬(むびゅう)の真実だとして採用するやり方には無理がある。

元慰安婦の証言、即ち「目撃者」が存在する事実は都合良く無視するというダブスタっぷり。

で、そのダブスタを正当化するために、軍人たちの「証言」なるものを持ち出していますけど、慰安婦の募集などに関わった当事者ではない、単なる「お客」の言葉を集めたものにどれだけの価値があるって言うんでしょう。
現代でも時々、風俗産業がらみで違法な行為が摘発されることがありますけど、たとえば、18歳に満たない高校生がそういうところで働いていたとして、その「お客」の「彼女は18歳未満とは言ってなかった」なんて証言を集めたって違法行為が無かった証拠になどなりはしません。

そしてその証言も、慰安婦の強制性や性奴隷としての実態を否定するものなどではなく、むしろ補強するような内容ばかり。

『親方が女を募集して連れてきて自発的に営業した』
=>募集の際に何と言ったか聞いていない上に、その朝鮮人が何故、その場所に慰安婦を連れて行けば商売になるとわかっていたのか不明。軍が関与しなければ戦地で「自発的に営業」なんてできはしない。

『上官は「金を目当てに朝鮮の親分が集めてくる」と答えた』
=>この証言なら、「金を目当て」がかかるのは「親分」。即ち搾取が行われていた証拠。そして、その上官は何でそんなことを知っているの? 普通の風俗のお客はそこに従事する人々がその職に就いた経緯なんて知りません。即ち、これまた軍が関与していた証拠。

『朝鮮半島出身の女性は土・日の2日間で25円から30円の収入を得ていた。』
=>慰安所に支払われる「料金」はだいたい1.5円程度で、女性にわたるのは概ねその半分程度と言われていますから、つまり慰安婦の人たちは、2日間で30人から40人の軍人の相手をしなければならなかったということ。これが「性奴隷」状態でなくてなんなんでしょう。自分のパートナーや娘が自らの肉体でそんなことをすることを少しは想像してみて欲しいものです。彼女らがいくらの収入を得ていたかなんてことは、慰安婦問題を否定する材料になどならない。むしろ、彼女らの性奴隷状態を示す証拠です。

『それを商売にしている朝鮮人や中国人が必ずいた』
=>軍の関与が無ければ、戦地に「必ずいた」なんて状態を作り出すことは不可能。

『『家が貧しいのでよい金になるからといわれ、働いて親元にお金を送るため』と答えた』
=>つまり、貧困を理由とした人身売買が行われていたということ。

とまあ、全てがブーメランとして返って来るものばかり。
こんなエピソードしか挙げられないということは、その他の証言には、もっと直接的に軍の関与や強制性をうかがわせるものが目白押しだった疑いがありますね。

共通するのは実体験に基づく「日本軍による強制連行などない」という確信だ。

いくらそのように思い込んだところで、実際に口から出て来ている言葉の内容は、軍の関与、強制性、そして性奴隷として慰安婦の生活をうかがわせるものばかり。
軍関係者の証言を無視・軽視などしなくたって、そこには元慰安婦たちの証言を否定すべき材料は何もない

「合理性も誠実さも感じられない」はこのようなプロパガンダをふりまく、この男です。
スポンサーサイト

<< いつまで言い続けられるのか ー 福島の子どもの甲状腺ガン | ホーム | 適切な賃金を払いたがらないだけ ー 3K仕事 >>


コメント

どこまでが軍の責任か?

軍が慰安所を設置し、業者に依頼して慰安婦を集めさせ、慰安所の運営をさせたわけです。慰安婦の移送などに軍が便宜を図ったのも確かです。そして業者が女性を騙したり、身売りなどによって、女性が意に反して慰安婦になったことは確かでしょう。しかし軍はもちろん強制があってはならないと認識し、女性を騙すような業者はちゃんと取り締まれと通達を出していました。

つまり中には強制と言える事例は確かにあったが、それは軍の意図したところではなく、取り締まりきれなかった事例だと言えるでしょう。

問題は韓国が日本軍が20万人の朝鮮人女性を強制連行して性奴隷にしたと言っていることと、実際にあったことがあまりにかけ離れていることでしょう。もし韓国が実際に女性に強制したのは朝鮮人女衒や親であり、日本軍による直接の関与、つまり日本の軍人が銃剣を突きつけて女性を拉致するようなことはなかったのだとちゃんと認めるなら、これほど問題がこじれることはなかったのだと思います。

日本に全く落ち度がなかったと言うつもりはありませんが、日本の軍人が20万人の女性を強制連行したという、実際にやっていないことまでやったことにされるのはおかしいと思います。

Torn hair symbolizes the girl being snatched from home by the Imperial Japanese Army.

これはグレンデールの慰安婦像の脇に書いてある文言です。これを見て日本の軍人が家から女性を引っさらっていったと思わない人はいないでしょう。日本人が怒っているのはこうした軍人が直接女性に銃剣を突きつけて拉致をしたかのように韓国が主張していることなのだと思います。やったのは中間業者で、軍は強制を禁じていたのです。韓国は実際にやったのが女衒や親という同胞だという現実に向き合う勇気が無いのでしょうか。その部分を認めずに、全て日本がやった、日本の軍人が強制連行を行った実行犯だと主張し続ける限り、双方の歩み寄りはないのではないかと思います。

>しかし軍はもちろん強制があってはならないと認識し、女性を騙すような業者はちゃんと取り締まれと通達を出していました。

>つまり中には強制と言える事例は確かにあったが、それは軍の意図したところではなく、取り締まりきれなかった事例だと言えるでしょう。

実際に取り締まった一例くらい挙げてからそういうテンプレ戯言は書いてくれ。
ついでにそれは取り締まれという通達ではないってのは常識。

>日本人が怒っているのはこうした軍人が直接女性に銃剣を突きつけて拉致をしたかのように韓国が主張していることなのだと思います。

実際に拉致ってるのに、何をいっているのやら。
北朝鮮がやった拉致と慰安婦で何が違うのか示せるならやってごらん。

毎度毎度、叩き潰されたネタしか持ってこないのは壊れたレコードのよう。まあ、カルトの布教活動だから洗脳するまでひたすら繰り返すってのは当たり前か。

基本的に全て日本の責任でしょうね


goldbugさん

>つまり中には強制と言える事例は確かにあったが、それは軍の意図したところではなく、取り締まりきれなかった事例だと言えるでしょう。

そもそも軍が慰安所などを設置しようと思わなければ、起きなかった事例ですよ。
そして、今、問題になっているのは当時の強制性だけではありません。

>問題は韓国が日本軍が20万人の朝鮮人女性を強制連行して性奴隷にしたと言っていることと、実際にあったことがあまりにかけ離れていることでしょう。

「かけ離れている」という論証をどうぞ。
そして、たとえ韓国人などが介在したとしても、日本軍の意を受けて彼らが活動している以上、その責任は日本軍にあります。

で、「かけ離れている」としたら、何が「問題」なんです?
別にそれを認めたって不都合なんかないじゃありませんか。

>日本人が怒っているのはこうした軍人が直接女性に銃剣を突きつけて拉致をしたかのように韓国が主張していることなのだと思います。

怒るべき理由が全く無いと思いますけど。
韓国の人がそういう認識なら、それで全くかまわないではありませんか。

だいたい、間にどういう人が介在しようと、日本軍のために拉致や騙して連行した事例があるなら、それは日本軍が銃剣を突きつけて拉致したことと本質的な違いはありませんし。

>やったのは中間業者で、軍は強制を禁じていたのです。韓国は実際にやったのが女衒や親という同胞だという現実に向き合う勇気が無いのでしょうか。その部分を認めずに、全て日本がやった、日本の軍人が強制連行を行った実行犯だと主張し続ける限り、双方の歩み寄りはないのではないかと思います。

自称保守連中に、過去に向き合う勇気がないんですよ。
実際にやったのは誰かなんて関係ない。
それが誰の意を受けてのものだったかが重要なんですよ。

そして、近年の従軍慰安婦に対する最大の問題点は、現在の日本人がそれを否定しようとしているという点。
河野談話やアジア女性基金なんて、90年代の話なのに、何で今になって慰安婦像などが建てられるようになったかと言えば、自称保守連中が従軍慰安婦の存在やそれに対する日本の責任を否定しようとしているから。
日本人がその責任を認め、日本がそういうことをやったという認識を国民の間で共有するなら、韓国などもそれほど大きな問題にする気はなかったんですよ。
ところが、小泉・安倍の頃から、平気でその落としどころを踏みにじるようなことを日本人がやり始めた。だから、世界の人々は日本への批判をエスカレートさせた。

問題となっているのは、過去の日本人の行状じゃあない。
あなたのような現在の日本人の行状なのです。


やってないことはやってないのです

setteringさん、

>北朝鮮がやった拉致と慰安婦で何が違うのか示せるならやってごらん。

違いは国家の意思ではないでしょうか。北朝鮮の拉致は、まさに国家の意思として人を誘拐したわけで、どうにも申し開きの出来ない国家犯罪でしょうね。一方で日本軍の慰安婦制度は、基本的に女性を拉致して無償で兵士の性処理をさせるという制度ではなく、あくまで商活動として女性と雇用関係を結び、対価を払って兵士の性処理をしてもらう制度であったわけです。

白砂青松さん、

>「かけ離れている」という論証をどうぞ

吉見義明教授の『従軍慰安婦』(1995年)の「女性達はどのように徴集されたか」という章の「朝鮮からの場合」(p92)を引きたいと思います。その中で教授は

・だまされた事例
・身売りされて
・暴力連行のケース

と、3つの事例を挙げています。そして3つめの暴力連行のケースでは元慰安婦の証言として、軍服を着た日本人に拉致されたという証言を取り上げていますが、これについて教授は、「民間人による誘拐の可能性が高いのではないか」と書いています。つまり吉見教授でさえ、朝鮮半島で日本の軍人が人間狩りを行ったというのは実際には起こらなかったと論証しているわけです。

日本に非がなかったと言っているわけではないのです。間違いを犯したことはその通りでしょう。しかしだからと言って、実際にやっていないことまで認める必要はないと思います。確かに言い訳じみてしまうのはその通りで、ある意味責任を回避しようとしているように見えてしまうでしょう。しかしそれでも日本が悪いことをしたのだから、韓国が実際には無かったことまであったかのように言うのを、無批判に受け入れていいということにはならないんだと思います。何よりそれは従軍慰安婦は嘘だと言う人たちに武器を与えることになるでしょう。吉田清治氏が書いたことは嘘だ、朝日新聞は嘘を報じたと言われれば、それはその通りなのです。ですから何より大事なのはディテールなのだと思います。やったこととやらなかったことを詳しく、綿密に検証し、それをありのままに伝えることです。日本の軍人が朝鮮半島で女性に銃剣を突きつけて無理矢理慰安婦として連れてきたというのは嘘なのです。日本としてはそれはちゃんと言うべきなのだと思います。そう言ったからといって、別に日本の罪が軽くなるというわけではないでしょう。しかしそう言わなければ、従軍慰安婦は嘘だと言う人たちに攻撃材料を与えるだけです。

それでは論証になりません


goldbugさん

>つまり吉見教授でさえ、朝鮮半島で日本の軍人が人間狩りを行ったというのは実際には起こらなかったと論証しているわけです。

そういうのは論証とは言いません。
吉見教授がそのように考えているという意見の表明です。

そして、だまされた事例にしても身売りの事例にしても、全ては慰安所なるものを設置し、そこで働く女性を朝鮮半島から連れて来ることを依頼した日本軍の責任ですから、大同小異です。
「かけ離れている」と論証したいなら、大多数の慰安婦はその仕事内容を理解した上で自らの意志で慰安婦になり、それはいつでもすぐに辞められるものであり、また慰安婦の仕事内容が非人間的なものではなかったという根拠を示さなければ論証にはなりません。

>しかしだからと言って、実際にやっていないことまで認める必要はないと思います。

ですから、「実際にやっていない」と断定ができないでしょ。
そして「認める必要はない」なら、「認めたって不都合はない」とも言えるでしょ。

あなた方は一体全体、何が不満なんです?
それを認めて何が困るんです?
私は何も無いと思ってますけど。

>ですから何より大事なのはディテールなのだと思います。やったこととやらなかったことを詳しく、綿密に検証し、それをありのままに伝えることです。

そんなこと不可能でしょう。日本側が証拠を残さなかったんですから。

今更綿密に検証なんて言ったってできるわけがない。そして、自分たちが証拠を残さなかったことを逆手にとって、「証拠が無い、だからそのような事実は無い」などと主張するのは、卑怯者のやることだと見られるだけです。

>日本の軍人が朝鮮半島で女性に銃剣を突きつけて無理矢理慰安婦として連れてきたというのは嘘なのです。

嘘ではないでしょうね。
そこに韓国の人々が介在しようが、金銭が介在しようが、慰安所というシステムを導入し、そこに自由意志以外の形で女性を連れて来たなら、それは「銃剣を突きつけて無理矢理慰安婦として連れてきた」と言われても仕方ありません。

>そう言ったからといって、別に日本の罪が軽くなるというわけではないでしょう。

それなら、韓国の言い分を認めたって別に日本の罪が重くなるというわけでもない、ということになりますね。ますます認めたって問題ないではありませんか。

ちなみに、あなたのおっしゃっている「罪」って何です?

>しかしそう言わなければ、従軍慰安婦は嘘だと言う人たちに攻撃材料を与えるだけです。

全く逆のことも言えるのですよ。
きちんとした根拠も示せないのに、「実際にやっていないことまで認める必要はない」なんて言うのは、従軍慰安婦は全員が日本軍によって直接強制連行されたとか言っている人たちに攻撃材料を与えるだけ、ということです。


>違いは国家の意思ではないでしょうか。北朝鮮の拉致は、まさに国家の意思として人を誘拐したわけで、どうにも申し開きの出来ない国家犯罪でしょうね。

橋下かよ(笑)。冗談はさておき、北朝鮮が拉致を自国の政府が主導した国家犯罪だと認めたなんて話は聞いたことはないのだが。

北朝鮮が、政府主導で拉致したという「国家の意思」の証拠はどこにあるのだね?
まさか被害者の証言なんていわないよな?

追記

>一方で日本軍の慰安婦制度は、基本的に女性を拉致して無償で兵士の性処理をさせるという制度ではなく、あくまで商活動として女性と雇用関係を結び、対価を払って兵士の性処理をしてもらう制度であったわけです。

えーと、無償じゃなけりゃ(給料を払えば)、“商活動”とか“雇用関係”が成り立つと本気で思ってんの?
なら、北朝鮮拉致被害者の多くは、無給で働いていたという証明プリーズ。ついでに無給で働いていてどうやって数年~数十年単位で生計を立ていたのかもきっちり示してくれ。まさか自給自足をしていたとでも?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム