プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

これまでに経験したことのないような新聞紙面

マスコミが特定の政治家を批判するということは、まあ良くあることであるとは言えるでしょうが、仮にも全国紙を標榜する者が、これほど執拗に、ほとんど関係ない話にまで絡めて貶めようとするのは、かなり異常だと思います。

--
【産経抄】
7月14日 教訓生かす気象庁、一方菅氏は…
2012.7.14 03:13 [菅前首相]

 「これまでに経験したことのないような大雨。厳重に警戒を」。おとといの早朝、気象庁が熊本・大分両県を対象に「これまでに聞いたことのない」気象情報を発表したときは、少々大げさではといぶかったが、確かに未曽有の豪雨だった。

 ▼気象庁は「住民への避難呼びかけは自治体の役割」との理由で、危機感をあおりかねない表現で警報を出すのを自粛してきた。そんなお役所仕事では、助けることのできた命も助けられないのを思い知らされたのが、昨年の東日本大震災だった。

 ▼大地震発生直後、気象庁は間髪を入れず、津波警報を出した。だが、最初の予想値が低く、これまで津波警報を出しても潮位の変化がほとんどない事例が大多数だったため、住民に切迫感が伝わらなかったのだ。

 ▼あのとき、「これまでに経験したことのないような大津波。一刻も早く高台へ」という警報を出していれば、という思いが、役所の重い腰をあげさせた。今夏から気象災害の危険性が高い場合は、短文で切迫感のある気象情報を出せるようになったのもその流れだ。

 ▼今回の気象情報の表現方法が本当に役立ったかどうかは今後の検証を待ちたいが、過去の教訓を生かそうという心意気は評価したい。逆に、大震災の教訓から何も学ぼうとしない御仁もいる。

 ▼さしずめ菅直人前首相はその代表だ。彼は自身のブログに福島第1原発事故について「原因の大半は事故発生の昨年3月11日以前にある」と記した。悪いのはすべて東電と役所で、首相だった自分には責任がないとは恐れ入った。事故直後にパニック状態になり、某官邸職員を「これまでに経験したことのない首相」とあきれさせた光景は二度と見たくない。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120714/dst12071403140001-n1.htm
--

今回の豪雨では死者、行方不明者が30名を超え、被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げたいと思います。

ところが産経がこの豪雨でやっていることと言えば相も変わらずの菅氏叩き。

菅さんの言っていることのどこが間違っているんでしょうね。

「原因の大半は事故発生の昨年3月11日以前にある」

まさにその通りでしょ。地震が起きてから津波対策なんてやっていたって間に合う訳もない。ああいった天災が起きた時にどう対処するかのマニュアルや訓練だって、その前からやっておかなければ役に立たない。そして、菅さん自身の責任よいう点でもそれは同様。
彼はそれを言っただけなのに、どこをどう読めば、「悪いのはすべて東電と役所で、首相だった自分には責任がないとは恐れ入った。」なんて書けるんでしょう。だいたい「大半」と言っている人を捕まえて「全て」などと歪曲しているのですから、これはもう誹謗中傷と言ってかまわないかと思います。

そして、「今回の気象情報の表現方法が本当に役立ったかどうかは今後の検証を待ちたいが、過去の教訓を生かそうという心意気は評価したい」というなら、菅さんの原発事故発生後の対応についても「本当に役立ったかどうかは今後の検証を待ちたいが、未曾有の事態でリーダーシップを発揮しようとした心意気は評価したい」とでも評さなければ整合性がとれない。
あれを官邸の過剰介入とかなんとか叩いていた者なら、今回のも「パニックをあおりかねない危険な表現」とでも評すべきでしょうに。

その自己矛盾に気付いていないらしいところが何とも滑稽です。

スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

<< つまり、原発推進派の3分の1は電力会社員ってこと? | ホーム | つまり、「自分の手柄」が大事ってことだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム