プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

つまりいじめる側に回れってことですね ー 集団的自衛権


麻生太郎副総理が、集団的自衛権について言及するにあたりいじめにたとえたことが話題になっています。

--
麻生副総理:集団的自衛権、いじめをたとえに
毎日新聞 2014年06月23日 00時08分(最終更新 06月23日 20時40分)

 麻生太郎副総理兼財務相が21日、宇都宮市であった自民党栃木県連の会合で、集団的自衛権に言及した際、いじめをたとえに出し「勉強ができない、けんかが弱い、金持ちの子、これがいちばんやられる」と述べたことが分かった。

 その上で「日本は間違いなく軍事力がある。しかしきちっと外から見えてない。金はあるということは分かってる。いちばん集中攻撃されやすい国が日本」と持論を展開。「抑止力は基本的に力がないとできない。その力を使うという国民的合意がいる」と主張した。

 2011年10月に大津市立中2年の男子生徒がいじめを受け自殺した事件を受け、「いじめ防止対策推進法」が昨年9月に施行。自治体などが対策を進める中、特定条件の子どもはいじめに遭いやすいと無批判に発言した麻生氏の姿勢が問われそうだ。

 この会合で、麻生氏は「学校で一番いじめられるやつっていうのは、けんかは弱い、勉強もできない。しかも貧しい家の子。三つそろったらまず無視」とも述べている。【松本晃】

http://mainichi.jp/select/news/20140623k0000m010133000c.html
--

まあ、この発言がいじめを助長するという批判はちょっと違うかなという気がします。

それよりも、日本がそういういじめられやすい国だという認識だとして、それが集団的自衛権とどう関係があるって言うんでしょう。

日本が集団的自衛権を行使すると決めたって、集団的自衛権というのは他国からの要請があって初めて行使できるもの。即ち、他国が日本をいじめたとしても、それに対して日本の意志で「力による報復」ができないことには何ら変わりないんですけどね。
だから、日本をいじめたいという国があったとしたら、集団的自衛権を行使しようがしまいが、安心していじめることができる。

こんな単純なことも副総理ともあろう方がわからないんですかね。

もし、このたとえ話が有効なケースがあるとしたら、それはアメリカが「いじめっ子」というケースのみ。
即ち、自衛権行使の名の下に誰かをいじめようと考えたアメリカが、日本の自衛隊を自分たちの弾除けに使おうと思えば、日本をいじめる訳にはいかなくなる、ということ。

確かにそういうことは起きるでしょうね。

ということは、安倍一派が目論んでいる近未来の日本とは、世界中で「いじめ」を繰り返すジャイアンたるアメリカの使いっ走りをするスネ夫ってことですか。

そこには自我も誇りも何も無い
ただ強い者に媚び諂って、お情けで生かされることを自ら望む国。

自称保守連中の目指す国の在り方とは、そういうものだということです。

そして、だとすると麻生副総理の言っていることの中で一つ正しいと言えることがある。
それは、日本が「勉強ができない」国だということです。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 俺様さえ良ければそれで良い ー 自称保守の本音 | ホーム | やっぱり自称保守連中は卑怯者ばかり ー 都議会女性蔑視野次 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム