プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

どうみても意図的なリーク ー 産経の吉田調書報道


3ヶ月ほど前に朝日新聞が、福島第一原発事故発生時の所長だった吉田氏から聴き取りをした調書の内容を報じ、その中で多くの所員が命令を無視して福島第二原発に逃げてしまっていたことを明らかにしました。

で、この調書はいまだに非公開扱いなのですが、今度は産経がそれを手に入れたとして、思いっきり原子力ムラの連中を擁護するばかりか、飽きもせず、当時の菅首相を攻撃する卑劣な記事を何本も書いています。

ところが、もともとの事実が産経の思惑とは正反対なので、矛盾と自作自演のオンパレードとなっています。

--
2014.8.18 08:00
吉田調書 「全面撤退」明確に否定 福島第1原発事故

 平成23年3月の東京電力福島第1原発事故に関し、産経新聞は17日、政府の事故調査・検証委員会が事故発生時に所長として対応に当たった吉田昌郎氏(25年7月9日死去)に聞き取り調査してまとめた「聴取結果書」(吉田調書)を入手した。吉田氏は東電が事故発生3日後の14日から15日にかけて第1原発から「全面撤退」しようとしていたとする菅直人首相(当時)らの主張を強く否定し、官邸からの電話指示が混乱を招いた実態を証言している。吉田氏は一方で、現場にとどまった所員には感謝を示すなど、極限状態での手探りの事故対応の様子を生々しく語っている。

 吉田氏への聴取は23年7月から11月にかけ、事故収束作業の拠点であるサッカー施設「Jヴィレッジ」と第1原発免震重要棟で計13回、延べ27時間以上にわたり行われた。吉田調書はA4判で約400ページに及ぶ。

 それによると、吉田氏は聴取担当者の「例えば、(東電)本店から、全員逃げろとか、そういう話は」との質問に「全くない」と明確に否定した。細野豪志首相補佐官(当時)に事前に電話し「(事務関係者ら)関係ない人は退避させる必要があると私は考えています。今、そういう準備もしています」と話したことも明かした。

 特に、東電の全面撤退を疑い、15日早朝に東電本店に乗り込んで「撤退したら東電は百パーセント潰れる」と怒鳴った菅氏に対する評価は手厳しい。吉田氏は「『撤退』みたいな言葉は、菅氏が言ったのか、誰が言ったのか知りませんけれども、そんな言葉を使うわけがない」などと、菅氏を批判している。

 朝日新聞は、吉田調書を基に5月20日付朝刊で「所長命令に違反 原発撤退」「福島第1 所員の9割」と書き、23年3月15日朝に第1原発にいた所員の9割に当たる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第2原発へ撤退していたと指摘している。

 ところが実際に調書を読むと、吉田氏は「伝言ゲーム」による指示の混乱について語ってはいるが、所員らが自身の命令に反して撤退したとの認識は示していない。

 また、「退避」は指示しているものの「待機」を命じてはいない。反対に質問者が「すぐに何かをしなければいけないという人以外はとりあえず一旦」と尋ねると、吉田氏が「2F(第2原発)とか、そういうところに退避していただく」と答える場面は出てくる。


http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140818/plt14081808000001-n1.html
--

そもそも、全面撤退を吉田所長が言ったなんて話は誰も言っていない。その時点でこの記事は自作自演ということが明白。
だから、吉田所長が「そんな言葉を使うわけがない」などと言っても、何の意味もありません。

全面撤退を首相官邸に打診したのは東電の本社であり、それに対して菅氏が本社に乗り込んで止めさせただけのこと。
そのあたりの経緯を吉田所長は直接見聞きできる状況になかったのですから、この「吉田調書」をもって『「全面撤退」明確に否定』なんて見出しをつけること自体、本来は不可能です。

にも関わらずそれをやっている時点で、産経のこの記事が事実に基づかない、プロパガンダをばらまくためのものだということは、明白ということです。

で、朝日の報道の時には、吉田所長の「上申書」なんてものまで持ち出して、政府はその報道を批判していたのに、産経のそれは見事にスルー。

この「リーク」が誰の意図によってなされたのかがはっきりわかります。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< どうみても矛盾 ー 産経の吉田調書報道 | ホーム | 裏切ったのはあなた方が先では? ー ロッテホテル問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム