プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

どうみても矛盾 ー 産経の吉田調書報道

前エントリに続く産経の吉田調書報道です。

産経は、命令違反ではない、逃げる気はなかったと、東電を一生懸命擁護していますけど、客観的事実は、どう足掻いても覆すことができないので、記事の中で「語るに落ちる」をやってしまっているのが、何とも滑稽です。

--
吉田調書 元所員「誰が逃げるものか」菅元首相の絶叫に反発

「退避するなら第2」共通の認識

 17日に判明した政府事故調の「吉田調書」。その文面から、東京電力福島第1原発にいた所員らの9割が10キロ南の福島第2原発に一時退避したことを、吉田昌郎所長(当時、平成25年7月9日死去)が「正しかった」と認識していたことが分かる。朝日新聞は5月20日付朝刊で、吉田調書に基づき「所員らは吉田氏の待機命令に違反し、第2原発へ撤退」と報じたが、第1原発の複数の元所員は産経新聞の取材に「命令違反でない」と明言する。吉田調書と関係者の証言から経緯を追った。(原子力取材班)

 ◆所員の危害懸念

 第1原発所員が第2原発へ退避したのは、東日本大震災4日後の23年3月15日午前7時ごろ。第1は最大の危機を迎えていた。

 前日の14日夜には、第1原発2号機への注水に使っていた消防車が燃料切れで動かなくなったことで、原子炉格納容器が壊れ、多数の所員に危害が生じることが懸念された。

 テレビ会議映像では、当時東電本店(東京都千代田区)にいた幹部が14日午後8時16分ごろ、「1F(福島第1)にいる人たちみんな2F(福島第2)に避難するんですよね」と発言。緊急時対策室を第2へ移す検討を始めていたことが分かっている。

 15日午前5時半ごろには、菅直人首相(当時)が東電本店を訪れ、「撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ」と絶叫した。このとき、テレビ会議映像を見た元所員は「誰が逃げるものか」と反発を覚えたと振り返る。

 ◆第1の環境悪化

 午前6時14分ごろ、2号機の方向から爆発のような音が聞こえ、原子炉圧力抑制室の圧力がゼロになったという報告が入った。格納容器破壊の懸念が現実味を帯び、複数の元所員によると、吉田氏は「各班は最少人数を残して退避」と命じ、班長に残る人員を決めるように指示、約650人が第2原発へ退避した。

 調書によると、吉田氏は「本当は2Fに行けと言っていないんですよ。福島第1の近辺で、所内にかかわらず線量の低いような所に1回退避して次の指示を待てと言ったつもりなんですが」と命令の行き違いがあったことを示唆している。朝日新聞は、吉田氏のこの発言などから「命令違反」と報じたとみられる。

 しかし、調書で吉田氏は「考えてみればみんな全面マスクをしているわけです。(第1原発で)何時間も退避していたら死んでしまうよねとなって、2Fに行った方がはるかに正しいと思った」と、全面マスクを外して休息できる第2原発への退避が適切だったと認識を示している。菅氏らが「第1原発からの撤退」との疑心暗鬼にとらわれていたことを問われると、吉田氏は「現実として逃げていない」と否定した。

 当時、現場にいた複数の元所員も産経新聞の取材に「命令違反」を否定した。40代の元所員は「第1原発では乾パンや水しかなく環境は日に日に悪化しており、第1のどこかに待機するというのはありえない」と語る。吉田氏の命令は第2への退避と受け止めたという。別の中堅元所員も「第1原発にいた所員は、退避するなら第2へという共通認識があった。それが吉田氏の命令違反であるはずがない」と証言した。

 ◆無事到着に安堵

 当時、第1原発にとどまったのは吉田氏ら69人。15日昼ごろには第2に退避していた多数の人が戻った。

 吉田氏と一緒に現場にとどまったベテランの元所員は「(第1に)残りたいという人ばかりだった。第2までの道は崖崩れの危険があったから、退避した人から『第2に無事に到着した』という連絡があったときには、第1に残った人は『ああよかった』とお互いに喜び合った」と語る。

 別の東電関係者も「当時自家用車で第2へ退避した人も多く、逃げるのであればそのまま避難所にいる家族のもとに行っているはずだ。しかし、彼らは第1へ戻ってきた」と話した。

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/140818/evt14081811020012-n1.html
--

この記事の中に、一体全体、いくつの矛盾や嘘が含まれているでしょうか。


(1)東電会長の記者会見との矛盾

これは以前に紹介済みですが、産経は、菅氏を貶めるために、かつてこんな記事を書いていました。

--
東電撤退も誤解

 3月14日夜、2号機原子炉の破損を懸念した吉田所長が東電本店に「必要な人員を残して作業員を敷地外へ退避させるべきだ」と相談した際にも、「伝言ゲーム」の過程で誤解が生じた。

 これを官邸側は「東電が全面撤退」と受け取り、菅氏は15日午前4時ごろに清水正孝社長を官邸に呼び出した。清水社長は「そんなことは考えていない」と明確に否定したが菅氏は納得せず、午前5時半ごろに東電本店に乗り込み、再び怒鳴り散らす。

 「いったい、どうなっているんだ! あなたたちしかいないでしょ。撤退などありえない。撤退すれば東電は百パーセントつぶれる」

 このとき、菅氏は大勢の東電社員が徹夜で作業を続けていたオペレーションルームを会議室と勘違いし、こんな怒声も上げた。

 「こんなにいっぱい人がいるところじゃ、物事は何も決まらないんだ。何をしているんだ!」

 その場は同席者が何とか収め、菅氏を別部屋に案内したが、菅氏は結局3時間11分も居座り作業を邪魔した。このときも、菅氏周辺から「全面撤退を菅さんが体を張って止めた」「菅さんが首相でよかった」などという情報、コメントがまことしやかに流された。


だが、東電の勝俣恒久会長は3月30日の記者会見で明確にこう否定している。

 「施設にいた800人を超える職員のうち、直接、発電所の運転に関わらない半数の作業員は退去を考えたが、全員を退去させるということは決してなかった」


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120108/plc12010803130003-n2.htm
--

前エントリでも指摘したことですけど、東電本社と吉田氏の意思疎通が完璧であってこそ、吉田氏が全面撤退など考えなかったという余地が生ずるのですが、このように、東電会長の言っていることと、吉田氏の言っていることは全く違う

--
『以前の記事』
(東電会長)「直接、発電所の運転に関わらない半数の作業員は退去を考えた」
--
『今回の記事』
吉田氏は「各班は最少人数を残して退避」と命じ、班長に残る人員を決めるように指示、約650人が第2原発へ退避した。
--

半数の退去を考えただけなのに、何で9割の人員が退避してしまったのでしょうね。

噓吐きや命令違反者を最低限に絞るなら、考えられる原因は3つ

1 本社は半数と指示し、吉田所長もそのつもりだったが、所員の9割が勝手に退避した。(所員の命令違反)
2 本社は半数と指示したが、吉田所長が9割を退避させるよう命じた。(吉田所長の命令違反)
3 本社は9割の所員の退避を指示し、吉田所長もそのように指示して所員は退避した。(会長の嘘)

でもおそらく実際に起きたのは、この3の派生形として

4 本社は全面撤退を官邸に打診したが首相に怒られて、何も指示できなかった。吉田所長は、前夜の本社とのやり取りに基づいて、全面撤退の手順を検討し、最後に退避する1割の所員を持ち場に就かせて、9割の所員はいつでも移動できるように準備させていたが、明確な指示を出さないうちに、9割の所員は退避してしまった。ところが全面撤退が認められなかったことが後からわかって、これはまずいと呼び戻した。

というものでしょうね。

9割の所員がいなくなるというのは、予め、最後まで残る者を決めておかなければできないことですから、逃げた所員も勝手に持ち場を離れたわけではないはず。第2原発に向かった9割の所員は、残りの1割の所員も後からやってくるものと思って移動したのでしょう。
ですから「命令違反」とまで言うのは少し違うと言える余地はあるのでしょう。でも、東電会長が半数と言ったことになっているのに、なぜ9割もの所員がいなくなってしまったのかを説明するには、どこかで「命令違反」があったことにしないと説明がつかなくなってしまった、そういうことだと思います。

(2)前エントリで紹介した記事との矛盾

これは単純な語るに落ちるですが、前エントリで引用した記事には、

--
吉田氏は「『撤退』みたいな言葉は、菅氏が言ったのか、誰が言ったのか知りませんけれども、そんな言葉を使うわけがない」などと、菅氏を批判している。
--

となってますけど、上の記事でははっきり

--
「1F(福島第1)にいる人たちみんな2F(福島第2)に避難するんですよね」と発言。緊急時対策室を第2へ移す検討を始めていたことが分かっている。
--

「みんな」と書いてますね。

産経もさすがにこれはまずいとわかっているので、「1F(福島第1)にいる人たちみんな」と書かれているのに、「緊急時対策室」なんて、勝手に付け加えて誤摩化そうとしています。
もし、これが本当なら、その「緊急時対策室」に居たであろう吉田所長などの幹部は、現場の人間を置き去りにして、第2原発に逃げようとしていたということになるんですけど、目先の誤摩化しに精一杯で、産経はそこまで頭が回らないようです。

続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< どうみても嘘もしくは隠蔽(1) ー 産経の吉田調書報道 | ホーム | どうみても意図的なリーク ー 産経の吉田調書報道 >>


コメント

ああ、そういうことか

なんで今更こんなことを記事にするのかと思ったら
吉田調書が公開されるのか。
朝日の捏造記事に乗っかっちゃった奴は、慌てるわな。

ブログ主もお疲れさん。

ブログ主はなかなか鋭い分析をしている。

今後に期待。

安倍が噓吐きになりそうで慌てているのはあなた方でしょ

とちぎんさん

> なんで今更こんなことを記事にするのかと思ったら
> 吉田調書が公開されるのか。

産経がプロパガンダを流しているからですよ。
今更公開されたからって、これまで報じられた内容が正しいなら、何も変わりませんけど。

> 朝日の捏造記事に乗っかっちゃった奴は、慌てるわな。

一体全体どこが「捏造」なんです?
私がエントリに書いているように、捏造しているのは、明らかに産経の方ですよ。

東電会長は半数と言っていたのに、実際には9割が退避したのですから、本社が嘘を言っているか、現場が命令違反をしたか、少なくともそのどちらかが存在したのは動かしようのない事実でしょ。

加えて、退避した者は半日も経たないうちに呼び戻された。第二原発への退避が会社や所長の意志なら、なんでそのまま退避させておかなかったのか、説明がつかないではありませんか。

>ブログ主もお疲れさん。

こんなことを書く暇があるなら、何故半数が9割になったのか、そしてすぐに呼び戻したのか、誰もが納得できるように説明して下さいな。


哀れ

>> 朝日の捏造記事に乗っかっちゃった奴は、慌てるわ な。
> >一体全体どこが「捏造」なんです?
>私がエントリに書いているように、捏造しているの は、明らかに産経の方ですよ。

朝日新聞、撤回しちゃいましたね…(笑)。

私のブログでのやりとり

私のブログの、8月24日にアップした『「吉田調書」問題の推移』と題したエントリー
http://blog.goo.ne.jp/bongore789/e/1a31d8bd420b5c8741e5c904adab6355
で、白砂青松0715さんが8月31日以降発言を続けておられます。そこで、こちらのブログの読者の方にも知っていただこうと、このコメントを書いた次第です。

こういう読み方しかできないあなたが哀れ

とちぎんさん

> 朝日新聞、撤回しちゃいましたね…(笑)。

それが何か?
朝日が訂正しようが何をしようが、産経の記事が矛盾していることは動かしようのない事実ですが。

その程度のこともわからないんですね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム