プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

どうみても嘘もしくは隠蔽(1) ー 産経の吉田調書報道


前エントリのネタと同じ記事にある、明らかな嘘もしくは事実の隠蔽を示しておきます。

(1)音声は聞こえないはずでは?

--
 15日午前5時半ごろには、菅直人首相(当時)が東電本店を訪れ、「撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ」と絶叫した。このとき、テレビ会議映像を見た元所員は「誰が逃げるものか」と反発を覚えたと振り返る。
--

この「自称」元所員は超能力者なのでしょうか。
「映像を見た」だけじゃ、菅氏が何を言ったかなんてわからないはずなのですけどね。

で、菅氏はこの時に別に福島第一原発に行った訳ではない。
東電の本社に行っただけで第一原発と会議をやるつもはないのですから、第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞こえるはずもない。
そして、百歩譲って、何らかのきっかけで音声を盗み聞きしたとしましょう。でも、「反発を覚えた」というほど強く印象に残っているなら、何故、それを記録しておかなかったのか。この人の言っている事と産経の記事は非常に不自然です。
ま、産経らしいのが、「菅氏の発言を聞いた」と創作するのを忘れて、つい「映像を見た」と本当のことを書いてしまったことでしょう。

結論としては、この「自称」元所員は菅氏の言葉など聞いていない。反発を覚えたのは後のことであり、現在、この「自称」元所員か産経あるいはその両方が嘘を吐いているということです。

本来、この話は東電が音声記録をきちんと提示すれば、真相はほとんどわかること。
それをあえて削除しているんですから、そこには産経や東電にとって都合の悪いことが記録されていたと考えるのが自然です

ところで、この自称元所員は「誰が逃げるものか」と言ってますけど、誰が」どころか実際には所員の9割が逃げたことこそ事実なんですけどね。実は、この人も逃げていたりして。


(2)それは後知恵

--
調書で吉田氏は「考えてみればみんな全面マスクをしているわけです。(第1原発で)何時間も退避していたら死んでしまうよねとなって、2Fに行った方がはるかに正しいと思った」と、全面マスクを外して休息できる第2原発への退避が適切だったと認識を示している。
--

第二原発へ退避した方が良かったとその後認識したとしても、当時、吉田所長がそれを指示しなかったのは、吉田氏によれば事実。よって、所員の大半が吉田氏の意に反した行動を取ったのも事実。そこには所員の命令違反、もしくは意図的か誤解によるものかはわかりませんが正しくない命令を所員に伝えた者がどこかに居る。

朝日の「命令違反」はその点を指摘しているのに対し、産経の記事はその客観的な事実を隠蔽しています。

吉田氏にしても、自分が指示していないことなのに「結果オーライ」だから良かったなんてことを言うのは、責任者としては不適切な発言ですね。


(3)原因と結果のすり替え

--
菅氏らが「第1原発からの撤退」との疑心暗鬼にとらわれていたことを問われると、吉田氏は「現実として逃げていない」と否定した。
--

典型的な原因と結果のすり替え。

菅氏に反対されたから「最低限の人間は逃げられなかった」のであり、「現実として全面撤退は検討された」ことは記録に残っており、それを聞いた菅氏が止めさせたことこと事実

こういうことを言うことで「否定」できると吉田氏自身が思っていたなら、彼の言葉を借りるなら、「あのおっさんがそんなのを発言する権利」などないってことです。

*******************

あまりにもネタが多いので続きは分けます。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< どうみても嘘もしくは隠蔽(2) ー 産経の吉田調書報道 | ホーム | どうみても矛盾 ー 産経の吉田調書報道 >>


コメント

どう見ても嘘

>で、菅氏はこの時に別に福島第一原発に行った訳ではない。
>東電の本社に行っただけで第一原発と会議をやるつもはないのですから、第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞こえるはずもない

君は妄想を垂れ流すだけかとおもったら、大嘘つきでもあったんだね
https://www.youtube.com/watch?v=aplIGxS5Dv8
>東京電力は6日、福島第1原発事故が発生した昨年3月11~15日までのテレビ会議映­像を報道関係者に公開した。
>会議は同原発や本社などを結んで断続的に行われ、14日の­3号機水素爆発で吉田昌郎所長(当時)が「大変です」と叫ぶ様子や、
>15日に菅直人首­相(同)が東電本社に乗り込み「命懸けでやれ」と演説した場面(音声なし)などが映っ­ている。【東京電力提供】

これだけで君の記事は読む価値がないことがわかる。
そして、予言しよう。このあとの君のコメントは俺に対する罵倒と、妄想てんこ盛りの言い訳に終始することを。

上の人

何が嘘なの?自分が何に嘘と言ってるかわかってんの?って感じなんだけど(笑)。


妄想てんこ盛りはあなたでは?

とちぎんさん

既に反維新さんも指摘されてますけど、何が嘘なのかさっぱり意味不明なんですけど。

> 君は妄想を垂れ流すだけかとおもったら、大嘘つきでもあったんだね
> https://www.youtube.com/watch?v=aplIGxS5Dv8
> >東京電力は6日、福島第1原発事故が発生した昨年3月11~15日までのテレビ会議映­像を報道関係者に公開した。
> >会議は同原発や本社などを結んで断続的に行われ、14日の­3号機水素爆発で吉田昌郎所長(当時)が「大変です」と叫ぶ様子や、
> >15日に菅直人首­相(同)が東電本社に乗り込み「命懸けでやれ」と演説した場面(音声なし)などが映っ­ている。【東京電力提供】
>
> これだけで君の記事は読む価値がないことがわかる。

何が「これだけで」なのやらさっぱりわかりません。
菅首相が乗り込んだのは東電本社としっかり書いてあるじゃありませんか。どこに福島第一原発って書いてあります?
そしてテレビ会議って、会議したい相手を呼び出さないと、音声をつなぐ事はできないってこと、あなたは知らないんですね。

> そして、予言しよう。このあとの君のコメントは俺に対する罵倒と、妄想てんこ盛りの言い訳に終始することを。

そっくりそのままお返しすれば、大当たりの予言になりそうですね。
それとも、このまま遁走でしょうか。


追加

反維新さんへ。

>で、菅氏はこの時に別に福島第一原発に行った訳では ない。
>東電の本社に行っただけで第一原発と会議をやるつも はないのですから、
>第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞 こえるはずもない。

https://fr-fr.facebook.com/hukusimagenpatukokus odankansai/posts/303439003166622

>下村氏は菅首相らとともに対策本部と廊 下を挟んだ向かいにある小部屋に移った。
>そこには東電本店と福島第一、福島第 二、福島オフサイトセンターなど6カ所を
>同時につなぐテレビ会議システムが動い ていた。

>下村氏は驚愕(きょうがく)した。つい 先ほどまでいた官邸には東電から情報がな かなか届かず、
>菅首相らはいらだっていた。ところが、 東電本店には現場からリアルタイムで情報 が入っていたのだ。
>下村氏はノートの欄外に6分割されたモ ニター画面を描写した。

>東電の本社に行っただけで第一原発と会議をやるつも はないのですから、
>第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞 こえるはずもない。

でしたっけ?

ブログ主の「はずがない」「でしょう」「に違いない」の類が
嘘っばちな例ですが、まだ何か分からないことが
おありですか?

そんなテレビ会議システムってあるんでしょうか

とちぎんさん

> >下村氏は菅首相らとともに対策本部と廊 下を挟んだ向かいにある小部屋に移った。
> >そこには東電本店と福島第一、福島第 二、福島オフサイトセンターなど6カ所を
> >同時につなぐテレビ会議システムが動い ていた。
>
> >下村氏は驚愕(きょうがく)した。つい 先ほどまでいた官邸には東電から情報がな かなか届かず、
> >菅首相らはいらだっていた。ところが、 東電本店には現場からリアルタイムで情報 が入っていたのだ。
> >下村氏はノートの欄外に6分割されたモ ニター画面を描写した。
>
> >東電の本社に行っただけで第一原発と会議をやるつも はないのですから、
> >第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞 こえるはずもない。
>
> でしたっけ?
>
> ブログ主の「はずがない」「でしょう」「に違いない」の類が
> 嘘っばちな例ですが、まだ何か分からないことが
> おありですか?

何が嘘っぱちなんです?
私は「第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞 こえるはずもない。」と書いてますけど、さて、質問です。
「下村氏はノートの欄外に6分割されたモ ニター画面を描写した」
このようなテレビ会議システムにおいて、何もせずに音声が聞こえるようになっていたら、どこの誰がしゃべっているか、どうやってわかるのでしょうね?
6カ所のどこかで誰かがしゃべっていることが、6カ所全てに常時筒抜けうるさくて仕方ないのではないでしょうか?
それでどうやって会議ができるのでしょうね。

少なくとも、私はそんなテレビ会議システムなんて見た事もない。だから「はずがない」と書いたのです。
あなたの言うようなシステムがあるなら、是非教えてください。



東電本店での管首相

「2011年3月15日、東電本店に乗り込んだ管首相の発言は、福島第一の緊対室に聞こえていたのか?」という話ですよね。
何でこんなことが議論になっているのかよくわかりません。
吉田調書に
『《菅首相は15日早朝、東電本店に乗り込む。その時のことを吉田所長が語る。》
Q 5時ぐらいに菅さんが来られて。
A 本店ですね。
Q テレビ会議室から映るところに来られた。
A あれはテレビ会議室なのかどうか、私はよくわかりません。本店の状況はよくわからないんですけれども、菅さんが来るということで、菅さんの席を設けて、こちら側に取締役が座るような席がずっと映っていました。本店のビデオというか、テレビ会議の。その状態で、5時を待っていたような感じなんですよ。5時ではなくて、ちょっと過ぎたころだと思うんですけれども、菅さんがそこにあらわれて、最初、清水社長とか、勿論、勝俣会長以下、常務以上だと思うんですが、部長もいたかわからない、私はそこは見ていないんで、本店で聞いていただくのが一番正確だと思うんですけれども、いて、そこで菅さんが、何でこんなにたくさん集まっているんだと。細かい話は忘れましたけれども、かなり態度悪く、怒り狂って喚(わめ)き散らしていたという記憶はあります。』
とあることから明らかと思うのですが。
12日の朝日新聞に載っています。

何が明らかになったつもりなんでしょう

snaitoさん

> 何でこんなことが議論になっているのかよくわかりません。

わたしもわかりません。
そんなに、福島第一の所員は仕事を放り出して盗み聞きしていたことにしたいのでしょうかね。

> とあることから明らかと思うのですが。

で、あなたは何が「明らか」だと思うのです?
所長ですら「私はそこは見ていないんで、本店で聞いていただくのが一番正確だと思うんですけれども」とか「細かい話は忘れましたけれども、かなり態度悪く、怒り狂って喚(わめ)き散らしていたという記憶はあります」としか言っていない、即ち、本当は聞いていなくても言えるようなこと、そして、言い逃れができるような曖昧な表現しかしていないのに、たかが所員が、

>「撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ」と絶叫した。このとき、テレビ会議映像を見た元所員は「誰が逃げるものか」と反発を覚えたと振り返る。

なんて、菅氏の台詞まできっちり覚えているのでしょうね。にもかかわらず、その記録は残されていない。これを不自然と感じない方がいるのが不思議。

結局、吉田氏やこの元所員の証言は、後から何があったかを知って、それをリアルタイムで聞いたかのようにねじ曲げられているものですよ。だから「映像を見た」なんてポロッと本当のことが書かれてしまっているのです。

で、特許事務所を経営しているとおっしゃるあなたに質問です。
あなたの事務所に、取引相手の社長があなたに会いにやって来る、それもどうみても何かクレームを言いに来るようだ。
こういう時、あなたは、その社長さんの会談の音声を、一般社員や場合によっては外部の人間まで居るかもしれない場所に、リアルタイムで流しますか?
それこそ、その社長さんが特許に関わる重要な事柄を口にしちゃったらどうします?

少なくとも私の属する組織では、そんなことはあり得ないし、自分たちの取引相手が、そんなに情報管理に無頓着なら、すぐさま関係を打ち切りますけどね。
首相がトップに会いに来る。その会談内容をリアルタイムで誰が聞いているかもわからない場所に流す。そんなゆるゆるの情報の取り扱いしかできない会社が原発なんて動かしちゃだめですね。



東電本店での管総理

管総理は、東電本店の重役室に現れたわけではありません。非常災害対策室に現れ、そこで件の演説を行ったのです。非常災害対策室は、大勢の職員が対策に追われる場所で、福島第一の緊対室とテレビ会議で常時接続されていたところです。
演説は、テレビ会議を通じて、福島第一の緊対室、福島第二、大熊町のオフサイトセンター、柏崎刈谷原発にも同時中継されています。このとき、総理の演説だけに、多くの人間がメモにペンを走らせた、ということです。「音声を流さず、誰も気づいていないはず」という状況ではありません。
福島第一の緊対室がどんなところか、下の写真を参照してください。
http://photo.tepco.co.jp/date/2011/201104-j/110408-01j.html

君はどれ?

>6カ所のどこかで誰かがしゃべっていることが、所全てに常時筒抜けうるさくて仕方ないのではないで しょうか?
>それでどうやって会議ができるのでしょうね。
>
>少なくとも、私はそんなテレビ会議システムなんて見た事もない。だから「はずがない」と書いたのです。
>あなたの言うようなシステムがあるなら、是非教えてください。

私が既に提示したYouTubeの動画にあなたの質問の答えは出ていますよ。


動画の内容を理解できなくて上記の発言なら、
あなたは手の施し用のないバカです。

動画の内容を理解して上記の発言をしているのなら、あなたは下劣なクズです。

動画を見ないで上記の発言をしているのなら、相手の反論の内容も確認もせずに条件反射で反応する低能な上に、
テレビ会議のやり方を知らない無知です。

あなたはバカですか?

クズですか?

低脳な無知ですか?

テレビ会議の動画

とちぎんさん

> 私が既に提示したYouTubeの動画にあなたの質問の答えは出ていますよ。

私もついさっき、紹介された動画を拝見しました。
この動画の中に、私がここでコメントした内容はほとんど含まれていました。この動画を見れば、私がコメントするまでもなかったですね。

あなたが何が言いたいのかさっぱり理解できません


とちぎんさん

>私が既に提示したYouTubeの動画にあなたの質問の答えは出ていますよ。

全く意味がわかりませんが。
私が見た限りでは、その動画では選択的に音声が繋げられていたという私の申している通りのことしか起きていませんけど。
しかも、肝心の菅首相の「演説」とやらは音声記録なし。

>動画の内容を理解して上記の発言をしているのなら、あなたは下劣なクズです。

内容は理解しているつもりですけど、何がクズなのかさっぱりわかりません。

>テレビ会議のやり方を知らない無知です。

あなたが言うように常に音声が流れているなら、あの動画には、常に柏崎や第二原発も含めた全てのサイトのマイクが拾った音が渾然一体となって記録されていなければなりません。
そのようになっていない理由を説明して下さい。

少なくとも私は、そんな役立たずなテレビ会議システムは使ったことはありません。


あなたには大事な情報を扱わせたくないですね


snaitoさん

>福島第一の緊対室とテレビ会議で常時接続されていたところです。

常時接続と音声が常時聞こえるのとでは全く意味が違うんですけどね。

>演説は、テレビ会議を通じて、福島第一の緊対室、福島第二、大熊町のオフサイトセンター、柏崎刈谷原発にも同時中継されています。

同時中継ですか。
それが常時音声を伴ったものであるとしたら、既に申し上げているようにテレビ会議システムとしては全く役に立たないものとなるんですけど。

>このとき、総理の演説だけに、多くの人間がメモにペンを走らせた、ということです。「音声を流さず、誰も気づいていないはず」という状況ではありません。

本筋ではありませんが、「多くの人間がメモにペンを走らせた」、それはもちろん福島第一に居た多くの人間が、ですよね。
その情報はどこから得たものでしょうか?
ソースを教えて下さい。

もし、そんなことができたなら、東京電力は情報管理が全くできない会社ってことになりますけどね。

で、あなたの特許事務所では、取引先の社長さんがやってきたら、その発言をリアルタイムで第三者が聞こえるように「同時中継」してしまうんですか。
それでよく「特許」が扱えるものだと、ある意味感心しますが。

ちなみに、吉田氏はその調書の中でこんなことを言っています。

--
「そうなると、結局、ここから退避しないといけない。たくさん被害者が出てしまう。勿論、放射能は、今の状態より、現段階よりも広範囲、高濃度で、まき散らす部分もありますけれども、まず、ここにいる人間が、ここというのは免震重要棟の近くにいる人間の命に関わると思っていましたから、それについて、免震重要棟のあそこで言っていますと、みんなに恐怖感与えますから、電話で武藤に言ったのかな。」

「その状況については、細野さんに、退避するのかどうかは別にして、要するに、2号機については危機的状況だと。これで水が入らないと大変なことになってしまうという話はして、その場合は、現場の人間はミニマムにして退避ということを言ったと思います。それは電話で言いました。ここで言うと、たくさん聞いている人間がいますから、恐怖を呼びますから、わきに出て、電話でそんなことをやった記憶があります。ここは私が一番思い出したくないところです、はっきり言って。」

【事故時の状況とその対応について 4】50ページ
--

撤退(吉田氏の言う退避)話が大勢の人間に伝わることに、これだけ気を使っていたのに、菅首相の演説はだだ漏れって言うんじゃ、彼のやっていたことは支離滅裂としか評しようがありませんがね。

それから、迷惑なネトウヨさんに便乗して

>この動画の中に、私がここでコメントした内容はほとんど含まれていました。

こんなコメントを残してますけど、具体的に、菅総理の演説部分の音声記録さえ残されていないこの動画のどこに、そんなものがありますか?
お答え下さい。

実際には、あの動画は私の主張の裏付けるものなんですけど。


東電本店での管総理

これ以上お教えする気はありませんので、あとは必要であればご自分でお調べください。

今回のテレビ会議については、「東京本社と各地の5支社を結んだ合同テレビ会議」をイメージすれば即座に分かります。各地のマイクを通した発話はすべての会議室に流れます。「大阪の○○です」とのマイクを通した発話があれば、すべての会議室はその発言に耳を傾けます。もし重複発言があれば、東京本社の司会者が調整するでしょう。
この仕組みが理解できないことが理解できないので、これ以上は申し上げません。

3月15日午前5時、管総理は重役室ではなく本店の非常災害対策室に通され、カメラの真ん前に位置しました。「テレビ会議が接続された各地に同時中継する」という意図が明白です。各地が本店非常災害対策室からの音声を遮断すると考えることに無理があります。
このとき、福島第一の緊対室が本店からの音声を遮断していたと考える根拠は何でしょうか。

私も動画を一つ、紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=7jc18tlOnP0
中央上が本店(管総理の演説)、右上が1F緊対室です。18分19秒以降、緊対室の左列手前側、立ち上がってカメラに背を向け、ズボンを下ろしてシャツを入れ直しているのが、多分吉田所長でしょう。

すぐにバレる嘘

>あなたが言うように常に音声が流れているなら、あの動 画には、常に柏崎や第二原発も

>含めた全てのサイトのマイクが拾った音が
>渾然一体となって記録されていなければなりません。

>そのようになっていない理由を説明して下さい。

あの動画を本当に見たんでしょうか?
そして、どうしてそんな直ぐにバレる嘘をつくのでしょうか?

>含めた全てのサイトのマイクが拾った音が
> 渾然一体となって記録されていなければなりません。

1.動画を見れば、各サイトで拾った音が並行して流れ ているシーンはあちらこちらに出ています。

どうしてそんな直ぐにバレる嘘をつくのですか?

3.通常の会議ではみんなが好き勝手にしゃべることは なく、

A)周りの状況を見て発言してもよいか判断して発言 する

B)進行役に発言を求められて発言する

C)発言者が司会役に発言の許可を求めてから発言す る

のいずれかです。
こればTV会議に限らず、通常の会議でも同じです ね。

動画を見る限りみなさんTV会議に慣れているよう で、状況に応じてA)~C)を使い分けていますね。

#逆に、参加者が上のルールを無視して好き勝手に しゃべりだしたら、通常の会議だって成立しませんわ。

それでも納得がいかないということであれば、
「でしょう」とか「でなくてはなりません」といった主観ではなく、
Youtubeの動画の中でブログ主が心配しているような状 況が起きているシーンを、具体的にご指摘ください。

#とういか、TV会議の経験があればそもそもこんな質問 で出るはずないんだけどなー。

あなたの言っていることの根拠って何なんでしょう


snaitoさん

>今回のテレビ会議については、「東京本社と各地の5支社を結んだ合同テレビ会議」をイメージすれば即座に分かります。各地のマイクを通した発話はすべての会議室に流れます。「大阪の○○です」とのマイクを通した発話があれば、すべての会議室はその発言に耳を傾けます。もし重複発言があれば、東京本社の司会者が調整するでしょう。

ですから、それが本当にそうだったなら、まさに私が書いたままでしょ。
私が何と書いたか、エントリくらい読んで下さい。

『第一原発で、本社会議室でのやりとりが何もせずに聞こえるはずもない。』

>この仕組みが理解できないことが理解できないので、これ以上は申し上げません。

あなたが、私が何を言っているのか理解していないんですよ。
「何もせずに」と書いてあるのがわかりませんか?

あなたにとって、司会者の調整すら「何もせずに」なんですか。
で、あなたはテレビ会議において、各地のマイクを通した発話を「流す・流さない」の選択はできない、常時全ての会議室のマイクが拾った音が、全ての会議室に必ず流れ、それを遮断することはできない、そう主張するのですか?
どうなんです?

そして、あれがテレビ会議だったとして、音声が聞こえていて、かつあなたが言うように司会者が整理していたなら、吉田所長はどうしてその場で「撤退なんてこっちは全く考えていません」と反論しなかったんです?
菅さんが本社でこう言った。それに対して現場の吉田所長はこう答えた。会議なら、そういう発言が必ずあるはずじゃありませんか。

>「テレビ会議が接続された各地に同時中継する」という意図が明白です。

つまり、それは事実ではなく、あなたの推測ということですね。

>各地が本店非常災害対策室からの音声を遮断すると考えることに無理があります。

遮断ではなく、意図的に繋がない限り音声は聞こえないのがデフォルト、それがテレビ会議システムだと言っているのです。
でなければ、会議の内容が外部にダダ漏れになる。そんなシステムを東電が導入していると考えている方が、よっぽど無理があります。

>このとき、福島第一の緊対室が本店からの音声を遮断していたと考える根拠は何でしょうか。

だから、あなたの会社では、取引先の社長とあなたが会議室で面会している時に、社員どころか外部の人間にも聞こえるような状態で、会議室の音声を同時中継するんですかと聞いているではありませんか。これにあなたが答えようとしないのが第一の根拠。

そして、吉田調書で吉田氏自身が「ここというのは免震重要棟の近くにいる人間の命に関わると思っていましたから、それについて、免震重要棟のあそこで言っていますと、みんなに恐怖感与えますから、電話で武藤に言ったのかな。」「ここで言うと、たくさん聞いている人間がいますから、恐怖を呼びますから、わきに出て、電話でそんなことをやった記憶があります。」と語っているのが第二の根拠。

菅総理に、その時、吉田所長がどのように反論したのか、吉田調書も含めて、どこにも記録が見当たらないのが第三の根拠。

あなたは、これらを合理的に説明できますか?

>私も動画を一つ、紹介します。

音声の記録されているその動画に、あなたの言っていることの根拠となる何があるのかさっぱりわかりません。
というか、その動画はとちぎんさんが示したのとは違って菅総理が東電本社に来てからのおそらく連続した動画でしょうから、そう考えると、これまた、私の申す通りと言ってよさそうですね。
だって、菅さんは途中で画像から消えたりしているんですけど、他のサイトでは、それに反応した動きが全く見られないんですもの。

始まって1分ほどで、菅総理が入ってきましたけど、福島第一の緊急対策室では、それ以前と何ら変わることなく、人が立ったり座ったり歩き回ったりしているし、菅総理が消えた後も同様。
あなたが言うように、「このとき、総理の演説だけに、多くの人間がメモにペンを走らせた、ということです。」だったら、総理が話し始めたら、少しは人の動きが少なくなるだろうし、彼が消えたところで、「多くの人間」が席を立ったりするはずじゃありませんか。
あるいは福島オフサイトセンターには二人の人が映っていますけど、あなたの主張とは異なり、この人達はメモなんて全くとっていない。

前回もお聞きしましたけど「多くの人間がメモにペンを走らせた」というソースはどこですか?

>18分19秒以降、緊対室の左列手前側、立ち上がってカメラに背を向け、ズボンを下ろしてシャツを入れ直しているのが、多分吉田所長でしょう。

この時、菅さんはまだ立って何か話していたように見えます。つまり吉田所長もメモをとっていない。
それよりも、テレビ会議が行われていて、相手にも自分の姿が見えていると認識していたら、そんな行動をとる社会人はまあいませんね。

あなたは、自分で自説を否定する動画を紹介しているようなものです。



自分の無知を根拠に噓吐き呼ばわりですか


とちぎんさん

>1.動画を見れば、各サイトで拾った音が並行して流れ ているシーンはあちらこちらに出ています。

だから、私が申しているままではありませんか。
5つも6つもの会議室のマイクが拾った音が全部流れていたら、渾然一体となってしまって、「各サイトで拾った音が並行して流れている」なんて認識はできませんよ。

>どうしてそんな直ぐにバレる嘘をつくのですか?

あなたが無知だから嘘にしか見えないのであり、あなた以外の人には、何が嘘なのかさっぱり理解できないでしょうね。
というか、あなたは私がエントリにどう書いたかさえ読んでいないでしょう。
あなたは、嘘、嘘と言うばかりで、具体的に、私の記載のどこがどう嘘なのか、何も指摘していませんよね。

>こればTV会議に限らず、通常の会議でも同じです ね。

あなたこそ、会議ってものをやったことが無いんでしょうね。
会議で一番最初に決めることがわかっていないのですから。
会議というのは、まず、議題と出席者を決めるんです。

この場合なら、菅総理がやってくるなら、その声をどこまで聞かせたいかを判断し、それによってどのサイトと音声を繋ぐか決める。それがテレビ会議ってものですよ。

マイクが常時繋がっているということは、発言だけじゃない、椅子を引く音、ドアを開け閉めする音、物を落とす音、関係ない音まで全部拾うんです。

あなたが言うようなシステムだったら、東京電力の原発の緊急事態対策本部は、別の原発で問題が発生している間は機能しなくなるってことわかってます?
だって、第二原発で自分たちの問題への対処を緊急事態対策本部で話し合おうとしたら、第一原発にもその音声が筒抜けになってしまうんですから、当然、第一原発からは「うるさい!黙れ!」と言われるでしょ。

そういう想像力も働かないんですね、あなたは。

>#逆に、参加者が上のルールを無視して好き勝手に しゃべりだしたら、通常の会議だって成立しませんわ。

その通りですよ。
だから、関係ない人間は会議には参加させないようにできるシステムでなければ、テレビ会議なんてできないんですよ。

>Youtubeの動画の中でブログ主が心配しているような状 況が起きているシーンを、具体的にご指摘ください。

あるわけない。だって、あなたの脳内にしかそんなテレビ会議システムが存在しないから、YouTubeにだってそんな動画は存在しません。
普通のテレビ会議システムは会議出席者のいるサイトだけ音声を繋いでやるのですから、そんな問題は生じません。

それより、逆にお聞きしたいですね。
あなたはあの動画を見て、本社以外のサイトに映っている人達が、菅総理の話を聞いているように見えましたか?
私には、全くその気配は感じられませんでした。オフサイトセンターも第一原発も第二原発、皆さん、お互いに普通にしゃべっているように見えます。
で、あなたの言うシステムなら、その声が全部本社や他のサイトに聞こえていなければならないんですけど。

>#とういか、TV会議の経験があればそもそもこんな質問 で出るはずないんだけどなー。

あなたが無いんでしょうね。
というか、自分がどれだけデタラメを並べているのか、少しは認識して下さい。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム