プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

所長の保身 ー 共同通信「全電源喪失の記録~証言 福島第1原発 最終章」の虚構4


(3)それって自分の保身でしょ

共同通信が配信した「全電源喪失の記録~証言 福島第1原発 最終章」に記された「事実」を炙り出すシリーズ、その4です。

3月15日の所員の退避にあたり、吉田所長が調書の中で第二原発へ行けとは言っていないと述べていることを、共同通信は次のようなアクロバティックな解釈をしています。

--
 ところが午前6時42分に吉田が発した言葉は、不可解なものだった。

 「構内の線量の低いエリアで退避。本部で異常がないことを確認できたら戻ってきてもらう」

 第2原発を退避先とすることは吉田と総務班長の間で前日夜に決まっていた。では吉田はなぜ「構内の」と言ったのか。この時の構内はどこも線量が高く、とてもとどまれる状況ではなかった。

 しかし約40分前、東京電力が第1原発から全面撤退すると考えた首相の菅直人(64)が本店で「逃げ切れないぞ」と激高していた。部下たちが「逃げた」と非難されないよう、吉田はとどまらないことを分かっていながら「構内に退避」と指示し、第2原発に行く正当性を担保したのではないか。

 「吉田さんはそういう人です」。対策本部にいた多くの部下たちはそう口をそろえた。
--

はっきり言って、私にはこの記事に書かれていることが全くの意味不明

なんで、吉田氏が「構内に退避」と指示したことが第二原発に行くことの正当性の担保になるのでしょう。全くでしょ?

所員が第二原発へ逃げたことの正当性を担保するなら、自分が「第二原発へ退避」と指示しなければならないのは当然のこと。
そこで「構内に退避」と言うのは、『部下たちが「逃げた」と非難されないよう』ではなく『自分や東電が「全面撤退した」と非難されないよう』にする効果しかありません。

言って見れば、この指示は吉田氏が自らの保身のために言ったこと。
それが論理的に導ける結論でしょう。

それがなんで正反対の話になるのか。

結局、この記事は「記録」などではない、読者が読んでおもしろい「フィクション」だということ。
吉田所長というヒーローを設定した共同通信にとって、彼の行動は常に善でなくてはならず、その結論に導くためには論理も事実もねじまげ、また、その筋書きに沿った「証言」だけをかき集めた。

前回の「風向き」の件、今回の「正当性を担保」の件に、その共同通信の意図が良く現れています。

続きます。
スポンサーサイト

<< 残った人が死ぬなら ー 共同通信「全電源喪失の記録~証言 福島第1原発 最終章」の虚構5 | ホーム | 土井たか子さん逝去 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム