プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

自衛隊を貶めるorトカゲの尻尾切りを狙う産経

産経の大虚報の続きです。
例の「区民に迷彩服を見せたくなかった」という捏造記事に続いて、産経抄でも同じネタで東京都の一部の区を誹謗中傷していましたが、そちらについても同じ産経抄で、一応の訂正記事を載せたようです。

しかしながら、その内容が微妙。

--
【産経抄】7月26日
2012/07/26 03:18

 首都直下地震に備えて陸上自衛隊が行った統合防災演習について、23日付小紙が報じた記事に、大きな誤りがあった。東京都の一部の区役所は、自衛隊員の庁舎への立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた。

 ▼記事の尻馬に乗った翌日の小欄も、当然訂正しなければならない。各区役所は、抗議の電話の応対に追われたという。24時間体制で防災活動に当たる担当者をはじめ、ご迷惑をかけたすべての関係者に深くおわびする。

 ▼記者生活ウン十年、これまでも数多くのミスを重ねてきた。ミスの最大の原因は「思い込み」だ。今回の場合、迷彩服姿の自衛隊員が行う訓練に対して、一部に批判的なムードがあるのは事実だから、区役所の非協力もあり得ると、納得してしまった。

 ▼もうひとつの反省は、「疑う」という記者の基本を忘れたことだ。書籍や記事の内容、偉い人の演説、何でも「ほんまかいな」と、一度は首をかしげてみなければならない。「東日本大震災の救援活動で絶賛された自衛隊の防災訓練に、今時そんな対応する職員がいるのかな、と記事を読んで思ったんだ」。今回の経緯を説明した大先輩から返ってきた言葉だ。そこから確認作業に入っていたら、コラムの内容は違ったものになっていた。

 ▼きのうの小紙に載ったドイツ文学者、井上修一さんのインタビュー記事は身にしみた。子供の頃自宅で開いた正月の宴で、最後の客を玄関で送った後、笑っていると、父の靖さんから叱られたという。

 ▼「敷地を出るまで決して笑うな。客は自分のことを笑われたと思うから」。元名記者にして大作家から、言論に携わる者はあくまで周到であれと、こちらも叱られた気がする。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/579135/
--

そもそも、自社の記事の「尻馬に乗った」って、そのいかにも他人事な書き方からして、とても本当に反省しているとは思えません。

そして、『「疑う」という記者の基本を忘れたことだ』って、何を「疑う」というのです?

例の自衛隊の連隊長の言葉ですか?
それとも自社の記事ですか?

前者だとしたら、あれだけ「自衛隊万歳」を唱えていても、自分達の都合が悪いとなったら、責任をなすりつける気だということ。それもまた産経らしいと言えましょうか。

一方、後者だとしたら、産経はトカゲの尻尾切りをやろうとしているってことですか。自社の記事が誤りだったと認識しているなら、何でそんな誤りが起きたのかを検証しようとするのが真っ当な言論機関のやることでしょうに。
それをただ「疑う」ことを忘れたのが問題だったと総括するなら、産経は同じような嘘記事をこれからも連発する、でも産経抄はこれからそういうのは「疑う」ようにして「尻馬」には乗らないから大丈夫、そう言いたい訳だ。

産経抄が良ければ産経新聞の評価が地に落ちても良いんですね。
もはや企業としての体をなしていないと言えそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 自衛隊/JSDF - ジャンル : 政治・経済

<< あなた達は別に何も守っていないでしょ | ホーム | これのどこがお詫び? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム