プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ヨルダンに配慮をと言いつつ実は脅迫 ー 安倍ヨイショの自称保守


イスラム国による人質事件は、ヨルダン軍のパイロットも殺害映像が公開されるという残念な結果となりました。

今回、日本人の人質の解放にあたり、イスラム国はヨルダンに収監されていた死刑囚の解放を条件として来ましたが、これによって、日本人の拘束事件にヨルダンが巻き込まれる形となったと言えます。

で、その点を指摘する長谷川幸洋という人物の文章が現代ビジネスのサイトで公開されたのですが、これがまたとんでもない代物でした。

--
イスラム国人質事件を、日本がヨルダンを「巻き込んでしまった」という視点で見てみると・・・
現代ビジネス 1月30日(金)6時2分配信

イスラム過激派組織「イスラム国」の邦人人質事件に関する大報道が連日、続いている。人質である後藤健二さんの運命に焦点が当たるのは当然なのだが、もう1つ大事な視点が失われているのではないか。それは「日本はヨルダンに大変な迷惑をかけている」という問題である。

ヨルダンへの配慮が足りないのではないか

ヨルダンは、もともと拘束された自国パイロットの救出を目指していた。ジュデ外相は1月28日、CNNテレビのインタビューで「『イスラム国』側と仲介者を通じて数週間にわたって交渉していた」とあきらかにした。

後藤さん解放をめぐる交渉に先立って、ヨルダンはパイロットの解放交渉をしていたのだ。そこに、イスラム国側が後藤さんの解放をヨルダンが拘束している女性死刑囚の釈放と引き換えにする条件を出してきたために、パイロットの扱いが2の次、サイドストーリーになってしまった。

それどころか、29日未明に公表された後藤さんとみられる男性の音声によれば「私と交換するために死刑囚がトルコ国境に用意されなければ、パイロットは直ちに殺されるだろう」と通告された。つまり、パイロットの命は解放どころか、後藤さんと死刑囚の取引促進材料に使われた形である。

私たち日本人と日本のマスコミは後藤さんの運命ばかりに焦点を当てて事態を眺めている。それは理解できる。だがヨルダンにしてみれば、日本人の命を救うために、自分たちが犠牲を払って拘束した死刑囚を釈放しなければならないどころか、もっとも肝心なパイロットの運命がはっきりしないのは、とても受け入れがたいだろう。

ずばり言おう。私たちは後藤さんの運命を心配するあまり、ヨルダンの置かれた立場への配慮が不足していないか。そんな姿勢が行き過ぎると、どうなるか。「日本人の安全さえ守られれば、他国の人はどうなってもいい」という身勝手な主張と紙一重になるのだ。

なぜ、そう書くかといえば、今回の事件が起きる前から、世論の一部に「日本が戦争に巻き込まれるのはごめんだ」という主張があったからだ。今回はイスラム過激派による誘拐事件であり、戦争ではない。だが、本質的には似ている。

日本は過激派に銃火を交える戦いを仕掛けたわけではないが、テロリストたちは日本人を誘拐した。日本は「巻き込まれたくない」と思っていても、事実として巻き込まれてしまった。日本が自ら戦争を仕掛けなくても、相手から攻撃を受ける可能性があるのと同じである。

「巻き込まれたくない論」の本質

本当の問題はこの次だ。もしも日本が「オレたちは巻き込まれてしまった」などと思っているとしたら、大間違いである。日本は「巻き込まれた」どころか、ヨルダンを「巻き込んでしまった」のだ。当初は日本とイスラム国の事件だったが、イスラム国の巧妙な作戦によって、ヨルダンが当事者になってしまった。その点に、私たちはどれほど思いが及んでいるか。

ヨルダンはもちろんパイロットを最優先で助けたい。だが、イスラム国が後藤健二さんと死刑囚の釈放を交換条件にしたために、話は複雑になり、パイロットのことばかり言ってはいられない状況に追い込まれた。日本はヨルダンに迷惑をかけているのだ。

こういう事態は初めての経験である。だが、実は集団的自衛権をめぐっても同じような議論があった。日本を助けにきた米国が攻撃されたとき「日本は指をくわえて黙って見ているのか」という例の仮説である。

集団的自衛権の行使に反対して「日本は何もできない」というなら「自分たちが安全なら米国はどうなってもいい」という話になる。今回のヨルダンに対する配慮のなさ、後藤さんの運命に比べて低い注目度を目の当たりにすると、どうも日本はあまりに身勝手なのではないか。そう感じる。

「巻き込まれたくない論」の本質は、実はこの身勝手さにある。「私たちは平和憲法を守って平和を愛している。テロリストの誘拐はひどい。私たちは巻き込まれた被害者だ」というばかりで、自分たちがヨルダンを被害者に巻き込んでいる事態に気が付かないのだ。

日本が国際社会で尊敬される国になるために

集団的自衛権問題で言えば、自分たちが米国に守られていながら、いざ米国が攻撃されても「憲法の制約があるから守らない」というのは身勝手そのものだ。「巻き込まれたくない」の一点張りで、けっして助けにはいかないが、自分がやられそうなときは「ぜひ巻き込まれて、助けにきてください」というのである。

今回の事件と報道ぶりをみていると、日本はこれほどまでに内向きで、自分たちの事情でしか物事を考えられない国になってしまったのか、とがっかりする。

どういう結末を迎えるにせよ、いずれ事件は決着するだろう。そのとき、後藤さんさえ助かればハッピーエンドと言えるか。とても言えない。まずは迷惑をかけたヨルダンのパイロットがどうなるか。私たちはそこを一番、心配すべきではないか。

今回の事件が起きていなかったら、ヨルダンは自力でパイロットの解放交渉を続けていたに違いない。はっきり言って、ヨルダンにとって今回の事件は降ってわいた余計なお荷物である。

相手の立場を考えられないようでは、日本はとても国際社会で尊敬されるような国にはなりえない。今回の事件は、日本と日本人が苦しいときにどれだけ周囲を考え、毅然としてふるまえるか、品性が問われる分水嶺である。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41928
--

『ヨルダンを「巻き込んでしまった」のだ』『ヨルダンにとって今回の事件は降ってわいた余計なお荷物』、そして、『私たちは後藤さんの運命を心配するあまり、ヨルダンの置かれた立場への配慮が不足していないか』、そこまでは良いでしょう、というか、まさにおっしゃる通り。

ところが、これに「集団的自衛権の行使に反対」を絡めてこんなことを言うものだから、話は正反対の方向に向かいます。

曰く、
--
集団的自衛権の行使に反対して「日本は何もできない」というなら「自分たちが安全なら米国はどうなってもいい」という話になる。
--
「巻き込まれたくない論」の本質は、実はこの身勝手さにある。「私たちは平和憲法を守って平和を愛している。テロリストの誘拐はひどい。私たちは巻き込まれた被害者だ」というばかりで、自分たちがヨルダンを被害者に巻き込んでいる事態に気が付かないのだ。
--
自分たちが米国に守られていながら、いざ米国が攻撃されても「憲法の制約があるから守らない」というのは身勝手そのものだ。
--
だそうです。

さて、この筆者によれば、今回巻き込まれたのは誰なんでしょう。
そう「ヨルダン」です。
そして、この事件が「ヨルダン」にとって「余計なお荷物」と言っているのも筆者。

では、この「余計なお荷物」を背負わされる事態に「巻き込まれたくない」とヨルダンが考えたら、その「ヨルダン」をこの筆者はどう評するのでしょう。

--
ヨルダン人を殺害したテロリストの釈放に反対して「ヨルダンは何もできない」というなら「自分たちが安全なら日本はどうなってもいい」という話になる。
--
「巻き込まれたくない論」の本質は、実はこの身勝手さにある。「私たちはイスラム教を信奉して平和を愛している。テロリストによるヨルダン人殺害はひどい。私たちは巻き込まれた被害者だ」というばかりで、自分たちイスラム世界のもめ事が日本人を被害者に巻き込んでいる事態に気が付かないのだ。
--
自分たちが日本の資金援助に守られていながら、いざ日本人が拘束されても「自国の治安維持のためにはテロリストは釈放できない」というのは身勝手そのものだ。
--

と言わなければ整合性がとれなくなってしまいます。
この人、こんな簡単なロジックがバレないとでも思ったのでしょうか?

結局、これが「まずは迷惑をかけたヨルダンのパイロットがどうなるか。私たちはそこを一番、心配すべきではないか。」なんてことを言う人間の本音ということ。
つまり、この人は「巻き込まれた」ヨルダンを「身勝手と言いふらすぞ」と脅迫しているのです。

集団的自衛権行使に突き進もうとする者の言う他者への「配慮」なんて、このように口ばっかり。

安倍ヨイショで満足している日本人の自称保守の「品性」が如実に現れた事例でしょう。


ちなみにこの人、「安倍首相の「イスラム国脅迫」への最初の対応は良かった。人質生還のチャンスはある」なんて能天気な記事を同じ現代ビジネスに書いてますけど、その不明に対する反省なんて、全くないんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 日本国民よりもテロリストの方が重要 ー 安倍晋三 | ホーム | テロに屈しなかったわけですね ー 安倍首相 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム