プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日本国民よりもテロリストの方が重要 ー 安倍晋三


イスラム国による日本人人質殺害事件を受けて、国会で、政府の対応についての質問が為されていますが、ここでも安倍の愚かしさと傲岸不遜ぶりが際立っています

共産党の小池議員が2月3日の参院予算委で、以下のような質問をしたところ、

『総理は1月17日のエジプトでのスピーチで、イラク、シリア、そしてトルコ、レバノンへの支援は、イスラム国がもたらす脅威を少しでも食い止めるためと述べて、このパネルにあるような表明をしました。「地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと戦う周辺諸国に総額で2億ドル程度支援をお約束します」。このフレーズのなかには、非軍事の人道支援だという表現はございません。湯川さん、後藤さんがイスラム国に拘束されていると知っていながら、こういう演説をやれば、2人の日本人に危険が及ぶかもしれないと、この認識が、この一点聞いているのは、そういう認識は総理にあったのかなかったのか、お答えください。』

こんなとんでもないことを口走りました。

『いたずらに刺激をする、それは避けなければいけませんが、同時に、テロリストに過度な気配りをする必要は、私はまったくないんだろうと、このように思いますし、これは、今後とも、不動の姿勢であります。』

いやはや、日本国民の命に対する危険を考えることが「日本国民への気配りをする」のではなく、「テロリストに過度な気配りをする」となるんですね、この男にとっては。

つまり、小池氏は日本人の命が危険に曝される可能性をどう評価したのかと聞いているにもかかわらず、安倍の頭には自分とテロリストのことしか無いのです。

彼にとって日本国民の命は、ヒーローたる自分がテロリストと戦おうとしているその足を引っ張る障害物でしかない。
それがはっきりとわかる彼の答弁です。

スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 自分を批判する者はテロリストの仲間 ー 安倍晋三 | ホーム | ヨルダンに配慮をと言いつつ実は脅迫 ー 安倍ヨイショの自称保守 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム