プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

弁護士ではなく暴力団のやり口 ー 稲田朋美


連日の稲田ネタです。

稲田朋美が毎日新聞を訴えたとか。
その理由がまた奇妙極まりない話。

--
稲田・自民政調会長が毎日新聞提訴 「在特会」献金記事めぐり 大阪地裁

 自民党の稲田朋美政調会長が、毎日新聞社が発行した週刊誌「サンデー毎日」に取材内容と異なる記事を掲載され、名誉を傷付けられたなどとして、同社に550万円の損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。第1回口頭弁論が17日に開かれ、毎日側は争う姿勢を示した。

 訴状によると、同誌は昨年10月5日号で、稲田氏の資金管理団体が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)幹部に近い人物8人から平成22~24年に計21万2千円の献金を受けたとする記事を掲載。しかし、事前に同誌の記者が稲田氏の事務所に送った質問状は、2人が各6千円を献金したと指摘する内容だった。

 稲田氏側は同誌発売後、残る6人が実在するか確認するため、氏名開示を求める文書を毎日側に送ったが明らかにされなかった。稲田氏側は「6人が実在しなければ名誉毀損(きそん)に当たる」などと訴えている。

 毎日新聞社社長室は「記事は十分な取材に基づいて掲載した」としている。

http://www.sankei.com/west/news/150417/wst1504170040-n1.html
--

稲田朋美によれば、在特会と親しいと書かれることが、名誉を傷つけることになると。
つまり、在特会とは、いわば犯罪者集団のようなものということですね。
あれだけ在特会と同じようなことを言っておいて、今になってこれですか。

みっともないことこの上無し。

で、百人斬り訴訟もそうでしたが、この人、裁判に訴えるということがどういうことか、根本的にわかっていないんじゃないでしょうか。

事実関係に誤りがあって初めて、報道によって名誉が傷つけられたという主張が成立する可能性が出て来るわけですが、毎日新聞の報じた内容のどこに、事実関係の誤りが生じる余地があるのでしょう。

誰と誰が近いかどうかなんて、所詮は主観なのであり、事実関係を云々するものじゃありません。
これが、お互いに罵倒し合うような間柄だとか、それこそ裁判で争っている間柄だとか言うなら、これを親しいと書くのは問題かもしれませんけど、そんな「事実」がどこに存在するんです?

稲田のこれまでの言動から見て、在特会に「近い」人物からの献金が無いことの方が不思議。それとも、献金してくれる人数がものすごく少ないから、6人もそんな人物が混じっているはずが無いと言えるんですかね(苦笑)。

自分が気に入らないことは何でも「裁判、裁判」。
この人、裁判とは自分のワガママを通すための道具だと思っているようです。

これじゃあ、弁護士として裁判に勝てないはず。
こういう人が他者から弁護料を取っていたら、懲戒ものでしょうね。

というか、この人のやっていることは間違いなく訴訟恫喝
法を侮辱するにもほどがあるってものです。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 「言論の自由」が許されるのは自分だけ ー 安倍晋三 | ホーム | そもそも訴える相手は自分達でしょ ー 稲田朋美の百人斬り訴訟 >>


コメント

弁護士では無能の極み、だから、政治屋になった

弁護士では飯が喰えないから、見た目がチョイとよかったのと、思想が偏屈な保守が故に政治屋になった輩です。その他の問題としては、ネオナチとのツーショットや後援会に「ともみ酒」と銘打った日本酒配布疑惑等々、自民党の政治屋に相応しい業績を辿っております。こんな輩がポスト安倍に名を連ねるのは、如何に自民党が極右(=又はバカウヨ)政党に堕落したかの証左ですよ。「自民党」というブランド名だけで投票する人たちは、そこがわかってんのかな?甚だ疑問ですよ?

政治家としても無能なんですけどね(苦笑)

安打製造屋さん

> 弁護士では飯が喰えないから、見た目がチョイとよかったのと、思想が偏屈な保守が故に政治屋になった輩です。

ご指摘の通りでしょうね。そして、政治家としても無能であるのも事実。
ところが、小選挙区制と比例復活という制度のおかげで、国民のことを考えるよりも、党首の覚えさえめでたければ、落選の恐れをミニマイズできるのが今の日本です。

>こんな輩がポスト安倍に名を連ねるのは、如何に自民党が極右(=又はバカウヨ)政党に堕落したかの証左ですよ。

政治家として何をすべきかを考えるのではなく、安倍に迎合することばかり考えている、稲田の劣化コピーのような自民党議員がワンサカ産まれたのがここ3年の日本。
自民党にだけは投票してはいけないと、声を大にして言わなければなりません。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム