プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

報道の自由度3桁突入も近い ー 安倍政権


読売・産経・日経といった安倍の御用マスコミは、安倍政権の言論統制に見て見ぬ振りをしていますが、世界が日本を見る目は日に日に厳しくなっています。
というか、安倍政権が毎週のように海外マスコミに対しても馬鹿な態度を取り続けているのですから、当然の帰結なんですけど。

--
安倍政権「海外メディア」にも圧力 ドイツ紙記者が怒りの暴露
2015年4月14日
日刊ゲンダイ

 もはや、常軌を逸している。安倍政権による“圧力”が海外メディアにまで及んでいることがわかった。外国人ジャーナリストは安倍政権のやり方にカンカンになっている。

 つい最近までドイツの高級紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」で東京特派員を務めていたカールステン・ガーミス氏が、圧力の実態を明らかにしている。

 ガーミス氏が暴露したのは、外国人特派員協会が発行する機関紙「ナンバー1新聞」4月号。日本での5年間の取材をふり返る形で、安倍政権の暴走を詳細に伝えている。内容は“国際問題”にも発展しかねないトンデモないものだ。

「ナンバー1新聞」の記事によると、安倍政権になってから、海外メディアとの関係は悪化。エネルギー政策やアベノミクスの危険性について取材しようとしても、政権サイドはまともに対応しようとせず、日々、対立は深刻化しているという。

 批判記事を書こうものなら、外務省を使って、本国の本社に直接“圧力”をかけるという行動にも出ている。

 ガーミス氏が安倍政権の歴史修正主義について、批判的な記事を書いた時のことだ。在フランクフルトの日本総領事が、ドイツにある編集部に乗り込んできて猛抗議したという。

 対応した編集者に向かって「(あの男は)金が絡んでいると疑わざるを得ない」と信じられない暴言を吐いた上、安倍批判の記事を書くのは中国へのビザ申請を承認してもらうためではないか、と妄想としか思われない見解を示したという。

 ガーミス氏は「私が?北京のために金で雇われたスパイ? 私は中国へ行ったこともないし、ビザ申請をしたこともない」と真っ向から否定。「私と、編集者と、本紙全体に対する侮辱だ」と激高している。

 外務省による“攻撃”は昨年からより一層激しくなり、ガーミス氏は記事を書くたびに呼び出しを受けたという。

 元外交官の天木直人氏はこう言う。

「今まで聞いたことがない衝撃的な内容です。安倍政権のあまりの下劣なやり方に、ドイツ国民は腰を抜かすのではないでしょうか。圧力をかけた点と外交官の暴言、二重の意味で権威を損ねている。圧力を受けたのはドイツ紙だけとは思えません。今後、世界各地で同じような話が出てくるのではないか。国際的に大問題になりますよ。これを報じない日本のメディアも終わっています」

 英語で書かれた今回の記事は、インターネットを通じて世界に拡散していくだろう。安倍政権のやっていることは、日本の恥でしかない。


http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158938
--

安倍政権はNHKやテレビ朝日にも圧力をかけていますが、彼ら自身がその不当性を強く訴えることをしようとしない。

こういう問題を知らしめるのに、海外メディアに頼らなければならないのが何とも情けないです。
スポンサーサイト

<< 頭が幼稚な閣僚ばかり ー 安倍政権 | ホーム | 「言論の自由」が許されるのは自分だけ ー 安倍晋三 >>


コメント

現代なんかマトモに受けちゃう時点でね笑

「世界の目が~」って言ってるけど

「世界の目が~」とか言っている割に、
上がっているのはドイツ人記者の例しかないし、
その記事も、同じものがあちこちで上がっているだけなんだよなー。


政府のカルト宗教化ここに極まれり。そりゃ外交なんてできるわけないわ。相手とコミュニケーションする気すらないんだから。信者にしか通用しない話を部外者に押し付けるとかもはや認知に異常をきたしているとしか表現のしようがない。

現実を直視しましょう

かさん

> 現代なんかマトモに受けちゃう時点でね笑

このドイツの記者の暴露が載ったのは外国人特派員協会の機関誌なんですけど。
それをゲンダイがどうのとしか認識できないようではね。

外国人特派員協会には「世界」から記者が集まるんですけど

とおりすがりさん

> 「世界の目が~」とか言っている割に、
> 上がっているのはドイツ人記者の例しかないし、
> その記事も、同じものがあちこちで上がっているだけなんだよなー。

本日もエントリを書かせてもらいましたけど、あちらの事実もご存知ありませんでした?

そもそも、「外国人特派員協会」の機関誌にこういう記事が載るということは、「世界」から集う記者がそういう認識に共有しているということなんですけどね。
「外国人特派員協会」に所属するのがドイツ人だけのわけないでしょ(苦笑)。




>そもそも、「外国人特派員協会」の機関誌にこういう記事が載るということは、
>「世界」から集う記者がそういう認識に共有しているということなんですけどね。

そんなわけないやん。
機関紙の編集部が表明したとか、所属メンバーにアンケートした結果ならともかく、
単に寄稿した記事が「世界の共通認識」なわけないじゃん。
(今後そうなる可能性は否定しないけど)


日本語のわからない人ですね

とおりすがりさん

> そんなわけないやん。
> 機関紙の編集部が表明したとか、所属メンバーにアンケートした結果ならともかく、
> 単に寄稿した記事が「世界の共通認識」なわけないじゃん。
> (今後そうなる可能性は否定しないけど)

誰が「世界の共通認識」だなんて言ってます?
私は、外国人特派員協会の記者達が「共有している」と言ったんですよ。

あなたが「ドイツの記者」だけと言うから、それは違うと言えるとしてね。

で、あなたは、あの記事を「世界」の記者達は「共有していない」と、そう言い張るんですね。
だったら、そのように明確に表明して下さい。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム