プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

悪用が心配(2) ー ドローン事件


前エントリで、ドローン事件で少年を威力業務妨害で逮捕した、そのやり口が悪用されることが心配だと書きました。

そして、この事件のもう一つの側面が、そもそも祭りの主催者は自分達は被害者だとの認識はあったのだろうかという点です。

少年が善光寺でドローンを飛ばしたのが5月9日
国会議事堂近くでドローンを飛ばそうとして警察に警告されたのが5月14日
そして三社祭に行くと映像を配信していたのが5月14日の深夜、祭りは15日から17日

さてこの流れの中で、三社祭の主催者が、「少年がドローンを三社祭で飛ばそうとしている」と自ら認識する確率がどれほどあったのでしょう。
私はほとんどなかったと思います。

少年が善光寺と国会近くでそのような行動をとっていたということは、ニュースでも流れていましたから、祭りの関係者の中にも知っている人はいたでしょう。でも、それだけで、次は自分達の祭りが狙われるなんて思うものでしょうか?
おそらくは、バカなことをする奴がいる、と他人事のようにニュースを見ていただけだと思います。

そして、普通の脅迫事件などと違って、少年は犯行声明をマスコミに送りつけたわけでもない。その少年に興味を持って、能動的に少年の配信する動画を見に行かない限り、少年と三社祭の繋がりなんて誰もわからない。現に私も彼が逮捕されて初めて知りました。

となると、誰が少年の動画を見て、三社祭が対象となっていることを知り、祭りの関係者に知らせたのかと考えると、それは「警察」という答えが一番自然です。
一応、報道では動画を見た女性が知らせたことにされていますが、警察とは何の関係もない普通の女性が少年の動画を見て、これがドローンを飛ばすことを意図していると判断して、わざわざ三社祭の関係者に連絡を取るなんて、ものすごく不自然ですね。

警察は少年が国会議事堂近くでドローンを飛ばそうとした時に警告しましたが、少年の態度は改まらなかった。となれば、警察は少年が次に何をやるかと警戒して当然。
そして、次が三社祭と知ってご注進に及んだということでしょう。

ここで更にもう一歩進んで考えると、警察からそのような話を聞かされた祭りの主催者はどうしたか。おそらく「へー、そうですか」という反応だったでしょうね。
確かに墜落して来てけが人が出たら困りますが、それだけでは、彼らが自分達が被害者になるという認識はほとんどなかったと言ってよいでしょう。

でも、それでは都合が悪かったのが警察。

続きます。
スポンサーサイト

<< 悪用が心配(3) ー ドローン事件 | ホーム | 悪用が心配(1) ー ドローン事件 >>


コメント

妄想

>祭りの主催者はどうしたか。おそらく「へー、そうですか」という反応だったでしょうね。
>確かに墜落して来てけが人が出たら困りますが、
>それだけでは、彼らが自分達が被害者になるという認識は
>ほとんどなかったと言ってよいでしょう。

その裏づけとなるソースはあるの?
ひょっとして君の妄想?
まさか、3日間で180万人を越える参加者の三社祭で、
パニックが起きる可能性を考えていない?

君みたいな安全意識の欠如した奴が三社祭の主催者じゃなくてよかったよ。
本当によかった。

またかよ(笑)

前の話の落とし前もついてねぇのによくもまぁしゃあしゃあと中身のないイチャモンつけに来れるな、ったく。

すげぇ、危機管理専門家ですか?さっさあつゆき仕込み?(笑)

ドローン一台飛ばしたところでどんなパニックになるんだよ(笑)。祭の参加者がはものもって暴れだしたら?近隣に走ってる車が暴走したら?上を飛んでる飛行機が墜落したら?近隣店舗で火事があったら?…潜在的リスクなんて数えりゃキリがない。その中ではドローン一台なんてカスみたいなリスクだろ。ドローンとばすこと自体「で?」レベルの話でしかない。

「呼びかけ」で改心する人なんですか?

> >祭りの主催者はどうしたか。おそらく「へー、そうですか」という反応だったでしょうね。
> >確かに墜落して来てけが人が出たら困りますが、
> >それだけでは、彼らが自分達が被害者になるという認識は
> >ほとんどなかったと言ってよいでしょう。
>
通りすがりさん

> その裏づけとなるソースはあるの?

だって、実際に祭りの主催者がやったのはこんなことくらい。

「奉賛会は墜落事故を防ぐため、ドローンの使用をしないようホームページや会場で呼びかけていた。」
http://www.sankei.com/affairs/news/150521/afr1505210008-n1.html

これが「警備を強化」の中身。
で、こんなものが確信犯的にドローンを飛ばそうとしている人物に対して何の意味があったの? ってこと。
その呼びかけで諦めると思っていたなら、それこそ浮世離れですよ。

> まさか、3日間で180万人を越える参加者の三社祭で、
> パニックが起きる可能性を考えていない?

そのパニックが「ドローンの使用をしないようホームページや会場で呼びかけ」で防げるんですか(苦笑)?
本当にそんな心配して、かつ自力で阻止しようとしていたなら、数千人規模の警備員を雇ったはず。
でも、そんなことはしなかった。

> 君みたいな安全意識の欠如した奴が三社祭の主催者じゃなくてよかったよ。
> 本当によかった。

実際にはこんな「警備の強化」で「パニック(笑)」が防げたんじゃないし、それを防ぐことはもっと簡単だってことは警察も主催者もわかっていた。
だって、どこの誰がやろうとしているのかがわかっているんですから、その人物を見張れば良いだけのこと。
そして現実に、

「会場周辺や少年の自宅付近を警戒していた捜査員が15日午後、千代田区紀尾井町の清水谷公園で、ネット中継をしていた少年を発見。ドローンを取り出したところで職務質問をして、厳重注意のうえ母親に引き渡していた。」
http://www.sankei.com/affairs/news/150521/afr1505210008-n1.html

警察によって、浅草とは随分離れたところで少年の行動は阻止された。
つまり、三社祭の主催者が「警備を強化」する必要性なんて全くなかったってこと。

にもかかわらず「警備を強化」したのは、警察に頼まれたから協力したのでしょう。
それも一番手間もお金もかからない方法で。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム