プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

つまみ食いは許されない(1)ー矛盾に満ちた戦争法案


戦争法案が憲法学者に違憲と断じられた安倍政権は、なりふりかまわず、法案を成立させるため、また砂川判決を持ち出したり、他国を守るための行使はだめだが、自国を守る為だからいいんだとか、強弁、詭弁を繰り返しています。

そもそも集団的自衛権を行使するとは、A国がB国に攻められた時、そのA国への攻撃を自国への攻撃とみなし、A国を助けるために軍事行動を起こす事であり、日本を守るためにやることではありません

ですから、当然日本はB国に宣戦布告することになり、B国も日本を攻撃することになります。たとえ後方支援だけを担うとしても、B国がそんな区別をつけてくれるはずもなし、自衛隊員は戦争のまっただ中に放り込まれることになります。
そしてこういう行動は、歴代内閣は明確に憲法上できないと表明して来ました。
安倍政権は、それを一内閣の恣意的な判断で、憲法の歯止めをぶち壊し、自分がやりたいようにできる国にしようとしている。それは明らかです。

安倍は、他国を守るためではない、自国を守るための限定的な集団的自衛権行使なら合憲だとか言っています。

でも、こんな詭弁は最初から破綻している。
だって、集団的自衛権を行使するということは、最終的なゴールが日本を守ることだとしても、その手段として、他国を守るというステップが必ず入ります
例えば、安倍がひねり出した米艦に日本人の避難民が乗っているというケースで、その米艦を守るために、攻撃相手に反撃すれば、その時点でアメリカという「他国を守る」ことになる。
他国を守らずに自国だけ守るのは、個別的自衛権の行使に過ぎず、集団的自衛権の行使にはなり得ない。それが集団的自衛権という言葉の定義です。

あんな詭弁にどうして騙される人がこんなにいるのか、本当に不思議です。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< つまみ食いは許されない(2)ー国際法に否定される戦争法案 | ホーム | 悪用が心配(3) ー ドローン事件 >>


コメント

詭弁だなんて皆わかってますよ。
ただ本質的に国防という事を考えなければならない時が来たという事も皆分かっているんじゃないですか?
左翼の人たちだけじゃないですかね時が止まっているのは。
気づかせてくれたのは、中国と民主党政権ですね。

教えてください

上のコメント主のような方に是非とも尋ねたいのは、「国防を考えるときが来た」とかすぐ言うんだけど、今と例えば1980年当時(別に1970年でもいいけど)では何が変わったんですかってこと。専守防衛を国是とし、集団的自衛権にはコミットしない、というスタンスをとり続けると具体的にどんな不都合があるのか。それを教えて頂きたい。もし納得のいく説明を頂ければ立場を変えることもやぶさかではないから。

法治国家であることを放棄するんですか?

うーんさん

> 詭弁だなんて皆わかってますよ。
> ただ本質的に国防という事を考えなければならない時が来たという事も皆分かっているんじゃないですか?

分かっていないからああいうワガママを平気で言うのでしょう。
国防のために実力行使をする組織を整備するなら、その組織には厳格な法の枠組みをはめないと、軍事独裁政権が簡単に成立してしまいますし、あるいは政権を持つ者が自らの権力維持のためにその組織を使ってしまう。そういう事例は世界中にいくらでも見られるんですけど。

> 左翼の人たちだけじゃないですかね時が止まっているのは。
> 気づかせてくれたのは、中国と民主党政権ですね。

時が止まっているのは自称保守の皆さんでしょう。
「集団的自衛権」の呪文さえ唱えれば、仮想敵国扱いしている国連常任理事国である中国が消えてなくなるとでも思っているらしいですから。
あなた方は気づいたのではなく、現実逃避しているだけです。

具体性がない

>「集団的自衛権」の呪文さえ唱えれば、仮想敵国扱いしている
>国連常任理事国である中国が消えてなくなるとでも思っているらしいですから。

そういう主張をしていることのソースを提示してください。

で、今回の法律が通ると、軍事独裁が可能になるの?
なんで中国が消えてなくなるんだ?


具体性がないからですよ

通りすがりさん

> >「集団的自衛権」の呪文さえ唱えれば、仮想敵国扱いしている
> >国連常任理事国である中国が消えてなくなるとでも思っているらしいですから。
>
> そういう主張をしていることのソースを提示してください。

最初にここにコメントを書かれた方が、「中国と」と書き込まれたからですよ。
それで十分。

Re: タイトルなし

うーんさん

> で、今回の法律が通ると、軍事独裁が可能になるの?

独裁は可能になりますね。
だって「詭弁」だろうと何だろうと、何でも閣議決定でやっちゃえ、となるんですから。
マスコミは放送法と広告引き上げで脅して、政府の言い分だけ垂れ流させれば、選挙も独裁国家のそれと同じようなものにできる。安倍一派はそれを狙っていて、まずは小選挙区で自民党が全敗した沖縄の2紙を潰す気ですよ。

> なんで中国が消えてなくなるんだ?

こっちが聞きたいくらいですけど。
そう思っていないなら、何で集団的自衛権を「詭弁」を使ってまで使えるようにすることを「中国」が気付かせてくれたのか説明して下さい。
私には、「集団的自衛権」その呪文を唱えれば中国が消えてなくなると思っている、としか解釈のしようがありませんでしたから。


閣議決定しても、国会通らなきゃ法制化されないぞ。

中国と、民主党が教えてくれたのは、国防を考える必要があるという事です。

うーんさん、大丈夫ですか?

閣議決定しても、国会通らなきゃ法制化されないぞ

そんなの当たり前。
ブログ主の閣議決定云々は、そんな手続き論の話をしてるんじゃない。

多分、ブログ主は呆れて話したくないのでは?

反維新さんへの答えは?

うーんさん、上で反維新さんが尋ねていますが、答えないのですか?

国防を考えた結果が安倍への全権委任ですか?

うーんさん

> 閣議決定しても、国会通らなきゃ法制化されないぞ。

議院内閣制の日本では、普通は政権を担う政党が国会の多数を握っているって知ってます?
そして、選挙で自分達が勝ち続けるように、マスコミに自分達の言い分しか流させないようにしているのが、現在の自民党。

--
報道圧力:大西議員「発言問題ない…マスコミを懲らしめ」
毎日新聞 2015年06月30日 19時54分(最終更新 06月30日 23時10分)

 自民党の若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関への圧力を求める発言をして厳重注意処分を受けた大西10+件英男衆院議員(東京16区)は30日、自らの発言について「問題があったとは思わない」と反論した。そのうえで「日本の国を過てるような報道に対しては広告を自粛すべきだと個人的には思う」と語り、発言の正当性を訴えた。
(略)
http://mainichi.jp/select/news/20150701k0000m010042000c.html
--

そして、小選挙区制の導入により、党内独裁体制が出来上がっているのが現在の自民党。
彼らの自制に期待などできません。

> 中国と、民主党が教えてくれたのは、国防を考える必要があるという事です。

それが何で、集団的自衛権を詭弁を使ってでも行使できるようにすることにつながるんです?
ご自分でおっしゃったことなんですから、きちんと説明して下さい。

それとも、あなたの「国防を考える」とは、安倍の言うことに無批判で従うということなのですか?
国防を考えた結果、ヒトラーのように、安倍に全権委任すべきという結論に至ったというなら、そのようにおっしゃって下さい。


議院内閣制でも小選挙区でも政権交代が可能なことは証明済み。嫌なら選挙で国民自ら変えるでしょう。政権交代の可能な独裁ってなに、冗談?

マスコミについてはマスコミの体質が問題なのであって、スポンサーに頼り切りなのが現在の状況をつっくているわけで、企業努力が足りない。

いつ私が今回の法案通せと書きました?国防を考えるのは国民自身です。

はじめまして

たまに読ませてもらってます。
バカなウヨどもの相手は面倒くさいですねぇ…。本当お疲れさまです。

ドイツの議席は全て比例、ヒトラー率いるナチ党は最後まで議席過半数をとれなかった。
そこで共和制、民主主義のもと議会で全権委任法を可決させたことすらウヨは知らんのでしょう。麻生も知らないから「ナチに学んでこっそり…」みたいなバカ発言してましたよねぇ。

しかも法案提出にはフォン・ヒンデンブルク大統領の許可が必要、可決には3分の2の賛成が必要な中での可決ですから、策士でした。

そう考えると憲法を理解し悪用したナチ党、憲法をろくに理解してない今の自民党幹部…
憲法学者の言うことも聞かないつもりっぽいですし。

日本が、かつてのドイツよりタチ悪くなる可能性から目を背けて逃げるのがネトウヨと自称保守に見えます。


それでは、長々と失礼しました。これからも、たまに読ませていただきます。

「独裁国家」でも選挙をやっている国はいくらでもある

うーんさん

> 議院内閣制でも小選挙区でも政権交代が可能なことは証明済み。嫌なら選挙で国民自ら変えるでしょう。政権交代の可能な独裁ってなに、冗談?

選挙をやっていることと政権交代可能なのかどうかは別問題。
日本などが「独裁国家」と非難していた国でも、選挙はやられていましたよ。
投票率ほぼ100%、そして支持率もほぼ100%なんて。

マスコミが現政権の問題点を指摘できない国では、選挙で箔付けされた独裁の例がいくらでもあります。

> マスコミについてはマスコミの体質が問題なのであって、スポンサーに頼り切りなのが現在の状況をつっくているわけで、企業努力が足りない。

だったら、全てのマスコミに広告を禁止させるしかないですね。
だって、スポンサーのついているメディアはそれだけ低価格で情報を大量に流せるんですから、圧倒的に有利になる。
メディア間の競争の問題であり、「企業努力」の問題じゃありません。

で、スポンサーに頼らないNHKは、受信料というシステムを政府に認めてもらっているために、政府の広報機関に成り下がっている。

自由な報道のためには、スポンサーを通じた圧力という発想が最大の敵ですね。

> いつ私が今回の法案通せと書きました?国防を考えるのは国民自身です。

だったらこの台詞は何なのか。

--
詭弁だなんて皆わかってますよ。
ただ本質的に国防という事を考えなければならない時が来たという事も皆分かっているんじゃないですか?
左翼の人たちだけじゃないですかね時が止まっているのは。
気づかせてくれたのは、中国と民主党政権ですね。
--

「国防」を考えるから詭弁を通してでも戦争法案を成立させろと言っているんじゃないんですか?
それも「中国」が暴れているから。

違うというなら、あなたは「国防を考える必要がある」と「中国」が教えてくれた結果として、何をすべきと考えているんです?
安倍の戦争法案を通させる必要は無い、あるいは安倍に全権委任させる必要は無いと考えているなら、「詭弁だなんて皆わかってます」なんて台詞を吐く必要も無い。「詭弁」を使うような安倍は即刻退陣させろ、となるはずでしょ。

それとも、「国防を考える必要がある」と「中国」が教えてくれた結果として、あなたはただネット上で、戦争にならないように頑張っている人々を揶揄する書き込みをすることに決めた、ですか?
それが「国防」にどう資するのか、ここに書いて下さいな。


Re: はじめまして

Josephさん

> ドイツの議席は全て比例、ヒトラー率いるナチ党は最後まで議席過半数をとれなかった。
> そこで共和制、民主主義のもと議会で全権委任法を可決させたことすらウヨは知らんのでしょう。麻生も知らないから「ナチに学んでこっそり…」みたいなバカ発言してましたよねぇ。

麻生は知っているのではないでしょうか。だからそれに倣いたいという願望がある。
それを口に出したのはある意味「バカ発言」ですけど、それで閣僚を辞めさせられない今の日本が、もっと「バカ」と言えそうです。

> 日本が、かつてのドイツよりタチ悪くなる可能性から目を背けて逃げるのがネトウヨと自称保守に見えます。

目を背けて逃げている者と、自分達のやっていることが日本をああいう独裁国家にすることになるということにまるで思いが至らない大バカ者と、本気でああいう独裁国家にしたい者がいるようです。
1番目が自民党のリベラルと呼ばれていた人々や公明党の面々、2番目はほとんどのネトウヨや、安倍や橋下の吹かせた風で大量当選させてもらった議員達、3番目は日本会議にどっぷりはまった稲田、山谷や下村のようなガチな極右政治家といったところでしょうか。
で、安倍なんですけど、やっていることは間違いなく3番目ですけど、実は本人の頭の中ではそこまで理解できていない(2番目)の可能性がある。だからああいうヤジを平気で飛ばせるのではないかとも考えられます。
日本の首相がその程度の頭の持ち主ということは、ある意味、日本にとっての最大の脅威です。

> それでは、長々と失礼しました。これからも、たまに読ませていただきます。

よろしくお願いします。

政権交代したでしょこの前、もう忘れたの?北朝鮮では不可能ですが日本では可能ですよ。

私の考えは憲法改正するべきだというものです。
国防とは今回の集団的自衛権のことだけではありません。
ですので、今回の法案が通ろうが通るまいがどちらでもよいです。

多くの人が集団的自衛権を含めて考えるようになってきたと感じられます。
潮目が変わったのは民主党時代の尖閣問題だと考えますが。

それを二度とさせないためにメディアを威圧しているんでしょ

うーんさん

> 政権交代したでしょこの前、もう忘れたの?北朝鮮では不可能ですが日本では可能ですよ。

だから、政権交代を可能にするためには、以前のように政府を批判するメディアの存在が必要不可欠なんですよ。
自民党は二度と政権交代させないために、政府の言い分を垂れ流すメディアだけしか存在させないようにしているではありませんか。
北朝鮮やその他の独裁国家が選挙をやりながらも独裁を維持できるのは、まさに今自民党がやろうとしているメディア規制が既になされているから。
あなたは何で日本では可能「だった」のか、全く考えていないんですね。

> 私の考えは憲法改正するべきだというものです。
> 国防とは今回の集団的自衛権のことだけではありません。

あのねえ、憲法改正したら中国様が日本にひれ伏してくれるとでも思っているんですか?
だったらまさに空想的平和主義ですね。
一体全体何を中国に教えてもらったのでしょう。

で、そのためにあなたはどんな行動をとっているのでしょうか?

> ですので、今回の法案が通ろうが通るまいがどちらでもよいです。

憲法改正が必要だと言う人が今回の法案の成立をズルーするのは矛盾。
だって、戦争法が成立すれば憲法改正が不要になるんですから。
自分がやるべきと思っていることと対極の行動を取っているのがあなたです。

> 多くの人が集団的自衛権を含めて考えるようになってきたと感じられます。
> 潮目が変わったのは民主党時代の尖閣問題だと考えますが。

全く違いますね。
「潮目」なんてどこにもない。
ただ岸信介以来の戦前回帰の動きが、戦争を経験した世代が少なくなったことで、世の中にはびこって来ただけのこと。
敢えて「潮目」を考えるなら、自民党内の清和会独裁体制が進行するきっかけとなった小選挙区制の導入でしょうか。

集団的自衛権なんて言っている人は、国防のことなど自分の頭でほとんど考えていないろ言ってかまいませんね。
現に、集団的自衛権が何で国防に資するのか、国際法との整合性のとれた説明をできた人など、一人もいないではありませんか。


失笑

潮目が変わったのが民主党政権時代の尖閣問題だって(笑)。完全なただのネトウヨ確定。小泉政権時代にも尖閣上陸した中国人活動家を強制送還したじゃん。そん時はどうだったんだよ。

私は詭弁じゃないかと言っています。だから後で揚げ足取りされるようであれば別に今回の法改正はされなくてもよいですよ。
どうせしばらくは流れは変わらなさそうだし、別の潮目でも来ない限り変わらないので、自民党は足場を固めてからやればよいと思うのですがね。早いにこしたことはないですが。

>憲法改正したら中国様が日本にひれ伏してくれるとでも思っているんですか?

こういうことを言ってるからサヨクが支持されないことをなんで解らないかな?

ちなみに前にも書きましたが私は経済政策に問題があるので、安倍政権は不支持ですよ。


熱烈支持にしか見えません

うーんさん

> 私は詭弁じゃないかと言っています。だから後で揚げ足取りされるようであれば別に今回の法改正はされなくてもよいですよ。

ですから「されなくてもよい」なんて態度は、賛成しているのと同じだということです。
詭弁を使うような政権は、民主主義国家にふさわしくない、直ちに退場すべき。
そうならないのは何故です?
結局、賛成しているってことじゃありませんか。

> >憲法改正したら中国様が日本にひれ伏してくれるとでも思っているんですか?
>
> こういうことを言ってるからサヨクが支持されないことをなんで解らないかな?

そういう捨て台詞ではなく、憲法改正が必要だとどういう形で中国が教えてくれたのか、それを書いて下さいと言っているのですよ。
それが書けなければ、あなたは憲法改正をすれば中国がひれ伏してくれる、言って見れば中国の理性に全幅の信頼を置いているという結論しか導けない。
あなたがいくら印象操作をしたって、この論理は覆せません。

> ちなみに前にも書きましたが私は経済政策に問題があるので、安倍政権は不支持ですよ。

一生懸命支持しているじゃないですか(苦笑)。
詭弁さえスルーしているんですから。


民主主義国家は選挙もなしに一部の人の声だけで政権を変えられる国のことですか?
詭弁かどうかは最終的には司法が判断するしかないですよ。

あと私が言っていないことを勝手に言ったことにしないでください。中国をひれ伏させるといつ言いましたか?
中国はきっかけですよ。尖閣の問題があり、あの時の映像やその後の中国の行動、当時与党の民主党の行動を見ればこのままで良いのかと考える人が増えたと思いますがね。
これに合わせて、中国だけではなく日本の国防とはと考える人は増えたと感じますが。

バカバカしい

うーんとやら

そんなに国防国防言うなら、まずはアンタが自衛隊に入って国防に貢献したら?

菅官房長官あたりのお決まりの文句「最終的に司法が判断」だってさ。
違憲法案を衆院で可決した以上、判断の最中にアメリカに呼ばれ戦死者が出ても時間がかかるであろう「司法が判断」とか「最高裁の判断」で終わらせんの?

そして反維新さんの書き込みは無視してるし。まずは答えてみなさいよ。
つーか自民党じゃない時代なんか戦後ほぼ無いんですが、民主党民主党って…どんだけネトウヨは民主党を過大評価してるんだ(笑)ネトウヨ決定。

だ・か・ら

小泉政権(因みに自民党政権です)の時にも尖閣に上陸した活動家を強制送還してんだよ。そんときにあなたは“国防”について考えなかったの?民主党は身柄確保して送検して起訴しようとしたんだぞ?よっぽどお宅ら大好きな“毅然とした”対応じゃん(勿論皮肉ですよ)。

それとさ、国防を考える事と今回の集団的自衛権の行使容認ってどんな因果関係があるの?100パーないけど、仮に中国が武力で日本の領土に侵攻してくればそれに応戦するのは個別的自衛権だしなぁ。あと、現に、今現在日本の領空、領海の防衛、敵軍の上陸の阻止撃退、全て自衛隊(海保も含むのかな)のみによって担われているのでありますよ、あなた方から見れば不完全なんだろうけど。で、今回の法案が通ると日本の国防のどこがどう改善されるの?俺よりも国防について考えてるみたいだから教えてくださいよ。

他人任せは考えたとは言わないんですよ

うーんさん

> 民主主義国家は選挙もなしに一部の人の声だけで政権を変えられる国のことですか?

恥知らずな者が政権が取れば、選挙もなしに国の在り方を変えられますよ。
ヒトラーしかり、安倍しかり。
「政権を変える」なんて誰が言っているんです?

> 詭弁かどうかは最終的には司法が判断するしかないですよ。

つまり、他人任せってことですか。
「国防という事を考えなければならない時が来た」なんて言っている人が政府の詭弁にはそんな他人任せでいいんですか?
政権が詭弁を使うことを許すということは、自分達の基本的人権が奪われても、何も文句を言わないのと同じですよ。
しかし、あなたは「詭弁だなんて皆わかってますよ」と最初に言っていたはずですけど。
「皆」なら司法の判断なんて待つ必要はないはずです。
そして、司法には政権を覆す力はありません。政権の詭弁を許すかどうかは、司法ではなく、主権者たる国民が判断すべきことです。

> あと私が言っていないことを勝手に言ったことにしないでください。中国をひれ伏させるといつ言いましたか?

だったら、中国をどうしたいんです?

> 中国はきっかけですよ。尖閣の問題があり、あの時の映像やその後の中国の行動、当時与党の民主党の行動を見ればこのままで良いのかと考える人が増えたと思いますがね。

だから「きっかけ」というなら、その問題の答えに繋がる道筋を考えているんでしょ?
それが今のあなたの言動とどうつながるのかと、皆さんお聞きになっているんじゃありませんか。

> これに合わせて、中国だけではなく日本の国防とはと考える人は増えたと感じますが。

で、その答えが、結局自分の頭では考えない、他人任せの「平和ボケ」だと言うなら、そんなものは「考える」になど入りません。
というか、日本国憲法を守り、自衛隊は専守防衛であるべきと主張している人々が、日本の国防を考えていないとでも言うつもりで?
悪いけど、そういう人々達は、そんな中国がどうのとか尖閣がどうのとか言う人々よりも、ずっと昔から、国防のことを真剣に考えて、護憲を訴えているんですよ。


安倍を下すなら政権交代でしょ。

恥知らずが変えてもまた変えられるのが民主主義では?あなたの言っていることのほうが民主主義を冒とくしているのでは?

司法の判断に納得いかないから従わないのでは法治国家ではなくなりますね。
他人任せも何も民主主義に則っての今回の改正では?

中国には力による現状変更をさせないようにすればよいじゃない。

私の考えは何回も言うように憲法九条の改正ですよ。



だから中国に何を教わって、何を期待しているんです?

うーんさん

>安倍を下すなら政権交代でしょ。

誰が安倍を下ろすなんて言ってます?
安倍やヒトラーのような恥知らずな権力者なら、民主主義を破壊し得る。それもまた民主主義ですよ。
「政権を変える」じゃない、「政権が変える」です。

>恥知らずが変えてもまた変えられるのが民主主義では?あなたの言っていることのほうが民主主義を冒とくしているのでは?

じゃあドイツが敗戦に至るまでにどうして民主的にヒトラーを退陣させられなかったのですか?
あなたの主張なら、ドイツはそうなったはずでしょ。
でも、現実にはそうはならなかった。
それは歴史が証明しています。

それとも、何百万人もの国民が死んで、外国に占領されて、国家体制を半強制的に決められるとしても、それもあなたの言う「また変えられる」に該当すると言うのですか?
その点、はっきり答えて下さいな。

>司法の判断に納得いかないから従わないのでは法治国家ではなくなりますね。

意味不明です。
司法が政権を放逐するどんな力があるのです?
詭弁を司法の判断に委ねて、何が起きるんです?

主権者である国民が声を上げなければ、政権の方向性は正せませんよ。

>他人任せも何も民主主義に則っての今回の改正では?

憲法を無視するなら、もはや民主主義じゃありません。
そして、司法が判断するまで詭弁でもスルーするなんて態度は他人任せ以外の何ものでもない。そもそも、司法が判断するためには、国民の誰かが、司法が判断する前に声を上げなければならないってことも、あなたは全然わかっていないようですけど。

>中国には力による現状変更をさせないようにすればよいじゃない。

だから、それが「中国をひれ伏させる」以外の何なんです?

中国は、「力による現状変更」をしたいんでしょ。
あなたは、それを「させないように」したいんでしょ。

だったら、あなたは「中国をひれ伏させる」ことを望んでいるってことですよ。
で、その答えがこの「詭弁」のスルーなんですか?

>私の考えは何回も言うように憲法九条の改正ですよ。

それでどうして「中国には力による現状変更をさせないように」なるんでしょ。
憲法9条があるから他国は日本を侵略しない。という考え方と、全く同じじゃありませんか。

中国に教えてもらって先祖帰りしました、と言うつもりですか?


安倍に退場してもらうとあなたが言っています。自民党内で別の人出ろってこと?

あなたの理論なら誰が総理になっても独裁への移行は可能ですよ。
あなたの質問ですが、まずはあなたが、安倍が全権委任されるまでの道筋を書いていただかないと答えようがないですね。
ナチスと同じようにといわれても政治形態が違うので無理としか言いようがないですよ。

主権者の声の結果は前回の衆議院選、参議院選で出ましたよね?

司法の判断と国民の声は別物でしょ、それが三権分立なんでは?人治国家を目指すの?

「力による現状変更をさせない」イコール「中国をひれ伏させる」であるなら、あなたは力による現状変更を認めるという事ですね。

全く同じなら、憲法九条変えるのにそんなに目くじら立てて反対する必要ないじゃないですか?

あなたは他人任せといいますが、自分の意見だけで世の中を動かしたいというのは独裁者の考え方ですよ。

うっわ~

うーんて輩は反維新さんの質問には何一つ答えられないんだなぁ~(笑)国防に詳しそうだから私ずっと待ってんだけどなぁ。
典型的な「教えて君(ちゃん)」だったんだねぇ。

まぁ自民党の改憲草案の【基本的人権は永久不可侵の削除】を見てないのかな?いや無視してるだけか、これ通れば昭和以前に戻せるのに。

そして「国民の声」の一部のデモ行進をテロ扱いする自民党幹部の存在も知らないのかなぁ?
知らないか、ダメ人間っぽいし。

自分が何を言ったか覚えていないんですか?

うーんさん

>安倍に退場してもらうとあなたが言っています。

それと、安倍のような恥知らずな者が政権が取れば、選挙もなしに国の在り方を変えられるという問題と、何の関係があるのです?
私が問題にしているのは「政権が変える」だと、何度言えば良いのでしょう。

>あなたの理論なら誰が総理になっても独裁への移行は可能ですよ。

その通りですよ。
主権者が漫然と政権にお任せなんて態度でいると、そうなってしまう。
それが民主主義というもの。
言い換えれば、主権者には、常に政権のやり方が正しいか監視する、そういう緊張感が必要なのですよ。

>あなたの質問ですが、まずはあなたが、安倍が全権委任されるまでの道筋を書いていただかないと答えようがないですね。
>ナチスと同じようにといわれても政治形態が違うので無理としか言いようがないですよ。

誰が「全権委任」なんて言ってます?
私は「恥知らずな者が政権が取れば、選挙もなしに国の在り方を変えられますよ」と申したんですけど。

今回の戦争法案がまさにそれ。
この戦争法案が成立したら私がこういうことを書いて公表する事が、自衛隊法違反に問われる可能性が出てくる。
それ以前に、政府の主張以外の内容を学校で教えたり、公共の場で発表することは既に制限され、為政者は政府に都合の良い教科書を、密室で、横車を押して採択させようとしている。
全権委任法はこれらの延長線上にあり、明らかな憲法違反の法律がこうやって成立するなら、全権委任法だって、その一例に過ぎなくなります。

ちなみに、何が「無理」なんです?
ナチスは、全権委任法を成立させた時に、議会の過半数すら制していなかったこと、あなたは知らないんですか?

>主権者の声の結果は前回の衆議院選、参議院選で出ましたよね?

ヒトラーも一応選挙で第一党になって、それから全権委任法を成立させましたけど、それも「主権者の声」であり、その後のヒトラーの国家運営も民主主義だったと、そう言いますか?
あなたの主張なら、そうなるはずですよね。

私は、今、戦争法案反対のデモをしている人達の声も、主権者の声だし、こういう場で書かれているのも主権者の声だと認識していますよ。

>司法の判断と国民の声は別物でしょ、それが三権分立なんでは?人治国家を目指すの?

それを言っているのがこちらでしょ。あなたが言ったことですよ、「詭弁かどうかは最終的には司法が判断するしかないですよ」と。
司法が判断しようがしまいが、国民の声で、詭弁を使うような政府には退場させなければならないと言っているのが私で、「司法の判断」を隠れ蓑にして、安倍の詭弁を許容しようとしているのがあなたなんじゃありませんか。

詭弁もスルーして、あなたが人治国家を目指しているんじゃありませんか。

>「力による現状変更をさせない」イコール「中国をひれ伏させる」であるなら、あなたは力による現状変更を認めるという事ですね。

何でそうなるんでしょ。論理力ゼロですね。
私は認めるなんて一言も言ってませんよ。
憲法改正で「力による現状変更をさせない」と言ったのはあなたであって、私じゃありません。

「力による現状変更をさせない」ためのやり方なんていくらでもある。でも憲法改正なんていう、中国の意向は一切反映されない方法で、それを実現させるのは「中国をひれ伏させる」以外の何ものでもない。
こんな簡単なこともわかりませんか。

>全く同じなら、憲法九条変えるのにそんなに目くじら立てて反対する必要ないじゃないですか?

だって、私は「憲法9条があるから他国は日本を侵略しない」なんて主張は全くしていませんから。
憲法9条の価値はそんなところにあるんじゃありません。

>あなたは他人任せといいますが、自分の意見だけで世の中を動かしたいというのは独裁者の考え方ですよ。

自分の意見「だけ」なんて誰が言ってます?
自作自演はみっともないですよ。

あなたは、詭弁さえスルーする。
私は、詭弁は詭弁だと主張する。

結局、あなたのような他人任せな主権者が、安倍やヒトラーのような男を政権を担う地位に就けさせるんですね。


理解不能なウヨだらけだなぁ

バカウヨはどうせ尻尾巻いて逃げるんでしょ。ちぐはぐしすぎ。
早く白砂青松さんの問いにしっかり答えなよ。


ま、ヒトラーの方が安倍なんかよりは努力家で頭も良いですけどね。腹心も同様に。

教養も社会的地位も無い。10代で両親を亡くし、親のコネは一切無し。
オーストリアの田舎生まれの単なる一兵卒が、ワイマール共和国…つまりドイツの頂点にのしあがるんだから、戦前に関してはまだ理解できる点があります。

アメリカ中心に借金してワイマール共和国は平穏を保ったが、そこに世界恐慌で混沌とし、国がおかしくなり、極右に傾くというのも、他の列強を見てると納得する箇所もあります。

当時の政府は中道保守のブルジョアジーばっかりで、しょっちゅう首相が不信任で入れ替わってもいました。
シュライヒャーや一年だけヒトラー政権で副首相したフォン・パーペンも、不信任で入れ替わった首相たちです。
議会を引っ張る存在が無くなる中でヒトラーはカリスマを放ち、人々を惹き付けたそうです。(ナチスの興亡より)


私としては、安倍にそういうカリスマを感じないし親のコネでのしあがる、しかもチヤホヤされてきた世間知らずの愚者がなぜ与党なのか全く理解不能。
そんでもって、安倍シンパがわんさかいるのも理解不能で、そういう愚者が愚者を呼び、こちらのブログさんに恥さらしてるのも理解不能です。

あの改憲草案の中身を見て、一部のまともな自民党支持者もヤバイと言ってるような状態なのに。これは知人ですが。

ホント、誰か教えてって感じですよ。比較すれば三角大福時代は良かった方ですね。
こういうバカウヨ見てると、よりそう感じますわ。

ネトウヨのレベルはまあこんなものです

Josephさん

いつもコメントをありがとうございます。
だいたい、ネトウヨの方々は、自分に近い意見の人達だけで集まって、脳内に創作した「サヨク」を叩いて喜んでいるだけというパターンですから、私のブログにそのネトウヨ的妄想を書きに来るというその勇気には、敬意を払っています。
ただ、彼らは本当にゲーム感覚でしか国防をとらえられない。そして、敵は自分の思う通りのやり方でしか、自分達を攻撃しない。だから絶対に勝てるというシナリオしか思い浮かばない。それはどのネトウヨさんにも共通していると言えます。

ヒトラーは、かなり頭の良い人だったし、また努力家だったのだと思います。
でも、その信念の部分に、国民国家を率いて行く上で、相容れない部分があったのだと思います。

資質という点では、安倍なんかと対比させるのはヒトラーにとって失礼と言うほどの違いがありますけど、ヒトラーが共産主義の恐怖を煽ったように、安倍も中国の脅威を煽って、民主主義のプロセスに則っているように見せながら、自分のやりたいようにやろうとしている。その点では類似性が見られます。
安倍の行状の危険性を認識するためにも、ヒトラーがどういったプロセスで国を破滅へと導いたか、きちんと勉強した方が良さそうですね。




選挙で選ばれた政権が、任期期間中に選挙なしに、公約通りに国の形を変えるのが何か問題でもありますか?
それとも法案一つ通すのに選挙を毎回やれと?

ナチスのやり方とやらを今の日本に当てはめて安倍が独裁者になるまでを詳しく書いてくださいよ。

少数意見も国民の声なのはわかりますが、すべてを聞いていれば国は動かせないでしょ、そのための民主主義なわけで、少数意見とは結局ほかの人に受け入れられない(論理不明、根拠薄弱な)意見と考えてもよいのでは?

国民の声が安倍の全権委任を求めるならしょうがないですが、そんな声あるの?聞いたことないですけど。あったとすればまさに少数意見。

私やあなたがどれだけ詭弁だといっても、司法の判断は必要だと思いますが。私は詭弁だと思うが、本当に詭弁かどうかはわからないというスタンスですよ。
司法が違憲だと判断すれば私は従いますよ。これがなぜ人治主義?詭弁を使う政府だといいますが、合憲なら詭弁でもなんでもないでしょう。

あなたの言っている「中国をねじ伏せる」っていうのは、日本が中国に対して、どのようなことをすることなのか詳しく状況を書いてください。こんなあやふやな言い方だから話が通じないんですよ。私からしたら「ねじ伏せる」といえば中国を攻め、完膚なきまで叩き屈服させるイメージですけどそれで良い?

自分の意見だけではないのであれば、選挙の結果や、司法の判断は受け入れるべきですね。


自分で調べてから聞けよ(笑)

やれやれ、私と白砂青松さんとのやり取りも読めませんか、うーんとやらは。
そんなに白砂青松さんのが気に入らないなら来なきゃいいのに(笑)

ま、私はネットに頼らず複数のドキュメンタリーとヒトラーの著者を通してナチズムを学びましたがね。
でさ、「わが闘争」読んだ?うーんとやらは?
私はまだ途中ではあるが読んでるけど。君と違って『自分で』調べるためにね。

まずは調べてから質問って学校で習わなかった?義務教育中に言われるはずなんだけどな~(笑)

安倍と共通点する箇所はあるよ。お守り嫌いだから箇条書きね。

・自分たちの失策を隠すために、他の国や民族、思想を敵として危機感を煽ること(バカウヨや安倍なら中国や民主党、朝日新聞等ね)

・発信する情報を、自分たちの都合の良いものに限定すること(安倍なら東電とか原発ね)

・教育や文学に介入、焚書しちゃうこと(次の教科書ではアイヌ民族から土地奪ったことを消す文科省、展覧会を取り止めさせる維新の党)

・今やってる日本国憲法の無力化やご都合解釈は、全権委任の内容にかなり近い


これは一部だけど、どっちかと言えばロシアや北朝鮮に近いかもね~日本の向かう先は。
つまり安倍シンパはそういう国を目指すことを支えてるってわけ。今の独裁的な国にな。

自分から声を上げるのが民主主義

うーんさん

> 選挙で選ばれた政権が、任期期間中に選挙なしに、公約通りに国の形を変えるのが何か問題でもありますか?

戦争法案のどこが公約なんです?
選挙が行われたのは昨年12月。
法案が提出されたのは今年5月。
時系列で見たって、戦争法案が選挙公約になれるはずがない。

だいたい、それなら何で国民の大多数が政府の説明不足を指摘するんです。
選挙の時には、曖昧なことしか言っていなかった何よりの証拠ですよ。

> それとも法案一つ通すのに選挙を毎回やれと?

憲法違反の法律を作るなら、改憲して国民投票にかけるのがスジですよ。
そして、仮に有権者の多数が賛成したって、憲法に違反する法律を作るのは法治国家としてはやってはいけない行為です。

> ナチスのやり方とやらを今の日本に当てはめて安倍が独裁者になるまでを詳しく書いてくださいよ。

中国の脅威を煽り、日本が侵略されても良いのかと、平和を訴える人々を攻撃し、自分たちに都合の悪いことはマスコミが報じないように圧力をかけ、政府の言い分ばかり教えるように教育に介入し、民主的な手続きや法治を軽んじて行政権を持つ者に権限を集中させようとする。
共産主義の脅威を煽って、過半数にも満たない議席数しか持っていなかったのに、国会の決議で全権を掌握したヒトラーと、やっていることはほとんど同じじゃありませんか。

だいたいあなたは、全権委任法の中身を知っているんですか?
別に、ヒトラーにこれこれの権限を与えますなんて書いてあったわけでもない。法律の名前だって「民族および帝国の困難を除去するための法律」というもの。
でも、行政府にも立法権を与え、それに対するチェック機能が働かない内容だったから、結局、ナチス以外の政党を潰す法律を作られてしまい、独裁体制が構築されてしまった。

特定秘密保護法や戦争法案など、国会のチェックの効かない法律を次々に成立させている安倍が、ヒトラーと対比されるのは当然というものです。

> 少数意見も国民の声なのはわかりますが、すべてを聞いていれば国は動かせないでしょ、そのための民主主義なわけで、少数意見とは結局ほかの人に受け入れられない(論理不明、根拠薄弱な)意見と考えてもよいのでは?

あなたも日本国憲法の三大原則なんて間違っている、というあの議員と同じ考えなんですね。
少数意見を聞かなければ基本的人権の尊重など不可能。
なぜなら、人権の抑圧とは多数派が少数派の意見を無視することによって起きるのですから。
なんでもかんでも多数派の意見が正しいなんてことをやっている国は、法の下の平等なんて実現させる気もない、そして基本的人権の尊重よりも多数派の利害が優先される、奴隷制度があった頃のアメリカや、ユダヤ人を迫害した戦前のナチスドイツのような国のことです。

ちなみに、現時点では戦争法案に対しては賛成の方が少数意見ですけど。

> 国民の声が安倍の全権委任を求めるならしょうがないですが、そんな声あるの?聞いたことないですけど。あったとすればまさに少数意見。

聞いたことない?
現に、法的安定性は関係ないと広言した者を、首相は辞めさせようともせず、ほとんどのマスコミもスルーじゃありませんか。
法的安定性に関係なく行政権を握る者がやりたいことができる。
まさに安倍に全権を委任せよと言っているのと同じです。

> 私やあなたがどれだけ詭弁だといっても、司法の判断は必要だと思いますが。私は詭弁だと思うが、本当に詭弁かどうかはわからないというスタンスですよ。
> 司法が違憲だと判断すれば私は従いますよ。これがなぜ人治主義?詭弁を使う政府だといいますが、合憲なら詭弁でもなんでもないでしょう。

司法の判断など不要ですよ。司法の判断なんて、その政権のごく限られた部分でのやり方を修正させることはできても、その政権自体を退場させることなんてできません。
詭弁だと自分が思うなら、その時点でそういう政権は支持しないという結論は出る。それが主権者の責任です。
仮に、司法が合憲だと言ったらそれに「従う」んですか? それってどれだけ他人任せなんでしょう。

そして、司法の判断が出る前に誰かが詭弁だと主張しなければ、日本の司法は判断を下せないのですから、「司法の判断を待つ」などという態度は、日本においては主権者としての判断を放棄し、政権の恣意的判断を是認した人治主義によるものだということです。

> あなたの言っている「中国をねじ伏せる」っていうのは、日本が中国に対して、どのようなことをすることなのか詳しく状況を書いてください。こんなあやふやな言い方だから話が通じないんですよ。私からしたら「ねじ伏せる」といえば中国を攻め、完膚なきまで叩き屈服させるイメージですけどそれで良い?

だから、あなたが「中国には力による現状変更をさせないようにすればよい」と言っている中身ですよ。
自分で「詳しく状況を書いて」いないのに、何で人の所為にするんです。
中国には力による現状変更をさせないと思っているなら具体的に何をして、それにはこの戦争法案がどう貢献するのか、それを書きなさいなと、こちらが申しているんじゃありませんか。あやふやな言い方をしているのはあなたですよ。

で、あなたは「中国を攻め、完膚なきまで叩き屈服させ」たいんですか?
「中国には力による現状変更をさせないようにすればよい」を実現するためには、それしか方法が無いという考えですか?
それに今の戦争法案が必要だと言うなら、これはまさに「戦争法案」ですね。

> 自分の意見だけではないのであれば、選挙の結果や、司法の判断は受け入れるべきですね。

自分の意見がまず先に無ければ、選挙の結果なんて独裁国家の信任投票と同じ意味しかありませんし、司法の判断なんて存在できません。

ちなみに、ヒトラーやフセインのような独裁者は、「選挙」で国民の100%近い支持を得ていましたよ。

私は、選挙は民主主義の一手段でしか無い、主権者は常に権力を監視する責任があり、それに基づいて実行した投票行動の結果が選挙の結果だと考えていますが、あなたは「選挙の結果」が先にあり、ああいった選挙結果でもそれを受け入れないのは「独裁者の考え方」だと主張するんですね。


集団的自衛権については書いてありました。

中国の埋め立てや、尖閣への示威行動は脅威ではなく、やっても構わないことですか?
マスコミがいつ安倍の擁護をしました?明らかに多くのマスコミが反安倍だと思いますが。

声を上げて、司法の判断にゆだねるのは何か不都合が?
自分が詭弁だと思っても、詭弁でなければ、詭弁であることにより退場しろという話は矛盾します。言いがかりです。

私が言った「中国には力による現状変更をさせないようにすればよい」と言っている「中身をあなたが勝手に考えて」それは「中国をねじ伏せる」事と書いたのですよ。あなたが私の発言から「中国をねじ伏せる」を定義したのですよ?私の真意は関係ありません。
あなたの定義を書いてください。

自民党は選挙で100%の支持は受けていませんよ。

辺野古の時も思いましたが、都合の良い時は民意、都合の悪い時は少数意見に耳を傾けろ。このダブルスタンダードというか選民的な思考が、サヨク勢力の弱体化を招いたのでは?
主権者は政権を監視する責任はあるが、前回の選挙はその結果だと考えられないところがサヨクの問題なのでは?

ちなみに書きますが、政権を交代させたいなら経済政策をつついたほうが早いと思いますがね。



都合悪いとこは無視、さっすがぁ♪

うーんとやら

都合悪いとこは答えらんないよね~(笑)
聞いたことには答えず、他人に聞いてるだけの君は社会人として底辺だね。

で、全権委任の内容やドイツの歴史は見た?わが闘争読んだ?
改憲草案の中身を読んだ?

中国がどんな驚異出した?海域のことであれば驚異向けてんのは地理的に見てもフィリピンだろバーカ。
でもフィリピンが完全に良いわけでも無いよな?歴史的に見てもあの土地争いはね~。
このさいアキノさんが良いか悪いかは別だな。で、何でフィリピンとの領有権争いが日本への驚異なんだよ?

あとロシアの北方領土問題は無視っぽいね。そんなに中国が気になる?
気になるならAIIBかと思ってたなぁ。

はい、答えてみんさい。驚異云々に詳しいんだよね?

埋め立てといえば

このブログ記事は詳しく載せてるが、まぁ自民党のでっち上げと煽りが凄い凄い。

http://d.hatena.ne.jp/scopedog/mobile?date=20150726§ion=1437873966

ここのブログは全体的にそうした分析をしっかりしてるからな。バカウヨは勉強しとけ。


白砂青松さん、毎度お疲れさまです。ガキのがよっぽど相手しやすいのが改めてわかりますわ。
こういうバカウヨは心理学用語で「囚われ」という状態ですね、超がつく典型的な。
せっかく詐欺から救おうとしても「自分が正しい、自分が間違いなわけない」と認めたくない状態を言います。
心理学の基本で、かつかなり面倒くさいですこういう人。

選挙結果が全てなら、それは独裁国家の証

うーんさん

脊髄反射で書くのではなく、自分の言いたい事が相手にわかるかどうか、考えた上で文章を書いて下さい。

>集団的自衛権については書いてありました。

何が書いてありましたなんです? 主語を書いてください。

>中国の埋め立てや、尖閣への示威行動は脅威ではなく、やっても構わないことですか?

やって構わなくないならどうするのか。
それをずっと聞いているんですけど、何時になったら答えますか?

>マスコミがいつ安倍の擁護をしました?明らかに多くのマスコミが反安倍だと思いますが。

どこがですか。
マスコミを懲らしめるといった議員も、法的安定性は関係ないといった首相補佐官も、憲法の三大原則を堂々と否定する議員も、そしてそれを是認する安倍やその周辺も、誰一人辞めた者はいない。執行部は「注意した」なんて言ったって、当人たちは「何も言われていない」「撤回しない」と、何も問題は無いと言わんばかりの態度じゃありませんか。
マスコミが反安倍なら、とっくの昔にこれらの議員は辞職させられ、政権は崩壊し、自民党は下野していますよ。

>声を上げて、司法の判断にゆだねるのは何か不都合が?

司法の判断に何で委ねなければならないんです。
我々は主権者ですよ。司法に従属する必要など全くない。

>自分が詭弁だと思っても、詭弁でなければ、詭弁であることにより退場しろという話は矛盾します。言いがかりです。

そもそも、あなた自身が言ったことですよ「詭弁だなんて皆わかってますよ」と。だったらそれで結論は出ているはず。
それが、司法が詭弁認定しなかったら、それが詭弁じゃなくなるんですか?
だったら、あなたは最初に嘘を吐いたってことですね。
あなたも本心では「詭弁じゃないことにしたい」。だから、司法の判断に委ねるなどという無責任なことを言っているわけだ。
言いがかりも何も、主権者たる国民が詭弁であると判断しているんですから、そしてそれが皆わかっているとあなたも言っていたのですから、その時点で退場を求めるのがスジというものです。

>私が言った「中国には力による現状変更をさせないようにすればよい」と言っている「中身をあなたが勝手に考えて」それは「中国をねじ伏せる」事と書いたのですよ。あなたが私の発言から「中国をねじ伏せる」を定義したのですよ?私の真意は関係ありません。
>あなたの定義を書いてください。

何を言っているのかさっぱりわかりません。
あなたは、中国がやりたいことをやめさせたいと思っている。だったらそれは、中国をねじ伏せたいと思っているということ、そのまんま。
あなたがあやふやだと思うなら、それはあなた自身が、ただの願望を書き散らしているだけで、中国にどうやって力による現状変更を止めさせたいのか、何も具体策を持っていない所為じゃありませんか。
あなたが具体策を書けば、それではっきりするはずでしょ。
あなたの問題はあなたの責任で解決して下さい。こちらを「あやふや」呼ばわりなんて、それこそ「言いがかり」ですよ。

>自民党は選挙で100%の支持は受けていませんよ。

自民党ですら100%の信任を受けていない。にもかかわらず、あなたは選挙結果に従えとこれだけ連呼する。だったら、ほぼ100%の信任を得ていた独裁者に対して、その国の国民が黙って従っていたのも、あなたによれば民主主義ということになる。
ヒトラーやフセインや北朝鮮の金一族は、あなたの主張に則れば、極めて民主的な政権担当者ということになる。

民主主義をなめているのは、間違いなく、あなたの方ですね。

>辺野古の時も思いましたが、都合の良い時は民意、都合の悪い時は少数意見に耳を傾けろ。このダブルスタンダードというか選民的な思考が、サヨク勢力の弱体化を招いたのでは?

私が何時そんな話をしました?
こういうねつ造ばかりするから、自称保守の人は議論にならないんですよ。
しかも、単なる政策選択と、法治に関わる部分の区別も理解できないんですね。たとえ一人の意見でも、法を破ってはいけないという意見は、絶対的に正しいのですよ。それが法治というものです。

>主権者は政権を監視する責任はあるが、前回の選挙はその結果だと考えられないところがサヨクの問題なのでは?

そんな考えで政権のやる事に対する監視を放棄し、詭弁をスルーするなんていうのは、まさに一党独裁で形ばかりの選挙をやっている国の国民の発想です。
まともな民主主義国家には、野党というものが存在しているんです。
あなたの言っていることは、野党の存在の否定です。
そこに気づけない日本の自称保守が、民主主義にとっていかに危険な存在であるか、このやり取りに端的に現れています。

>ちなみに書きますが、政権を交代させたいなら経済政策をつついたほうが早いと思いますがね。

政権交代は目的じゃありません。
大事なのは、憲法を守り、法治国家日本を守ることです。
経済政策などは、別に異論があったって、単なる政策選択の一つ。それこそ、選挙前後で方針を変えていないなら、それは次の選挙で判断すべきことです。

安倍は、そんな簡単なことをやろうとしているんじゃない。
日本国憲法を壊し、この国を自分の欲求を満たすために動かせる国にしたいと思っている。
だから、危険だと、皆が声を上げているのです。

で、何時になったら、日本の戦争法案が中国の力による現状変更を止めさせることに資するのか、説明してくれるのでしょうね。
これはあなただけの問題ではない。安倍も、他の自称保守も誰一人説明できない。

すなわちこれが、戦争法案そのものの欺瞞性がここにあるという事の証明です。

選挙を知らないウヨでしたね

白砂青松さんこんばんは。

全く答えられないまま、奴はまた逃げたみたいですね。何度も繰り返してる逃げは過去記事を見てると何となくわかります。

もしあのウヨが言うように選挙結果やら何やらが示しているならば、与党は沖縄に理不尽な真似をしていることを、どう説明するのか甚だ疑問ですね。
沖縄は民意がはっきりしてて、国政の選挙は自民党の完敗、知事も基地に反対の翁長さんが選ばれた。なのに与党は恥ずかしげも無く
「前の仲井真知事が認めたから民意(要約)」
みたいな真似をし、基地をごり押ししていますものね。

ナチ党からは学ぶことがたくさんあります。これはもちろん、「学んで知り、繰り返さない」という意味です。
もちろん独裁的な人がいる国は他にも今昔数多くありますし、そこからも学べます。
金一族のような世襲制度が、今の日本の選挙結果にむしろ近いと感じています。結局、二世や三世だらけですもんね…野田さんくらいですかね二世三世じゃない最近の首相は。

では、失礼しました。また記事を楽しみにしています。

自民党の選挙公約に書いてありますね、今回の法案。

これ以上やるなら国連で議題にしてもらっての良いのでは?経済制裁とか。ただ追い込めば暴発する危険があるので軍備はしっかりしなきゃね。集団的自衛権も整備しておかなきゃ周囲の国々と連携も取れませんからね。

マスコミは叩いていましたよ、ただ国民がそんなことには踊らされなくなってきただけでしょ。
マスコミが騒げば辞めさせられるなんて何時の時代を生きているんだか。
安保法案だって賛成してるのは産経だけで、読売は消極的賛成、それ以外は反対じゃないですか?

主権者であれば司法に従属しなくてよいという考えは初めて聞きましたが?司法の下した判断は無視してよいという事?

私は全知全能ではありませんから、自分が間違っている可能性もきちんと織り込んでおりますので。
憲法改正して、集団的自衛権を認めるのが最良と考えますが次善の策としては今回の法案もよいかなと考えています。

100%の支持率があれば構いませんよその通り行って。銃剣突きつけられて投票するのが民主的であるとあなたが考えるなら構わないんじゃないですか。
私は100%に持っていくプロセスが民主的でないので結果は民主的なものでないと思いますが?

いつ法を破ったのですか?
であれば沖縄の場合民意は関係ないじゃありませんか?法の問題なのだから。

>中国がやりたいことをやめさせたいと思っている。だったらそれは、中国をねじ伏せたいと思っているということ、そのまんま。

という事はあなたは埋め立てや尖閣の問題はやめさせなくてよいという立場ですか?
止めさせたいと思っているのであればあなたも中国をねじ伏せたいと思っていることになりますよ?

中国問題は南沙諸島だけかい?尖閣は軍備増強したらちょっかい出すの減ったよね。

はぁ?

何が言いたいのかさっぱりわからんね、うーんとやらは。

集団的自衛権が無いと連携とれないだって(笑)
君の脳内の日本…いやニッポソは今まで連携全くしない北朝鮮的な国だったんだ?
あるいはスイスやリヒテンシュタインみたいな永世中立国?
だとしたらバカだね日本は既に連携済みだからな。基地を知らないのか?横田基地も東京にあるのに。

なんだったら中国行ってきたら?向こうは外交をきちんとしてて開いてるし。
てか貿易の要が驚異って…どんだけ日本の輸出入を邪魔したいんだか。
外交潰して国を無くす君こそ日本を乱す「国賊」だよね。
てかいつの時代の人間だよお前さんは。

場当たり的に書いてるから支離滅裂ですね


うーんさん

何がどれに対応するのか、何も引用していないから書いてある内容が支離滅裂なんですけど。

>自民党の選挙公約に書いてありますね、今回の法案。

だから何をどうすると書いてあるんですか。

>これ以上やるなら国連で議題にしてもらっての良いのでは?経済制裁とか。ただ追い込めば暴発する危険があるので軍備はしっかりしなきゃね。集団的自衛権も整備しておかなきゃ周囲の国々と連携も取れませんからね。

これは中国の埋め立てのことですか?
結局、自分では何も解決するつもりはないってことじゃありませんか。
だったら、この戦争法案もただの他力本願ってことでしょ。

>マスコミは叩いていましたよ、ただ国民がそんなことには踊らされなくなってきただけでしょ。
>マスコミが騒げば辞めさせられるなんて何時の時代を生きているんだか。

つまり、お政府様、与党様の言うことは絶対正しい。
どんなことを言ったって、それで辞めさせるなんて間違っている、ですか。

やっぱりあなたが目指しているのは独裁国家じゃありませんか。

>主権者であれば司法に従属しなくてよいという考えは初めて聞きましたが?司法の下した判断は無視してよいという事?

司法の下した判断とは、過去に起きた事だけですよ。
これから何が起きるかについて、司法は何も判断を下してなどいません。
それを予測して判断するのは主権者の役割です。
司法の判断は人殺しを罰することはできますが、被害者の命を直接守ることはできません。

>私は全知全能ではありませんから、自分が間違っている可能性もきちんと織り込んでおりますので。

全くそのようには見えませんね。
詭弁だと判断したなら、その時点で止めさせるように行動するのが人間としてあるべき姿。
それをやらないなら、間違っている可能性なんて全く織り込んでいない、最初から決め打ちしているってことです。

>100%の支持率があれば構いませんよその通り行って。銃剣突きつけられて投票するのが民主的であるとあなたが考えるなら構わないんじゃないですか。

こちらが、選挙を錦の御旗に掲げるのが民主主義とは言わないと言っているのであり、選挙、選挙と連呼していたのはあなたですけど。
何をひっくり返しているんです?

>私は100%に持っていくプロセスが民主的でないので結果は民主的なものでないと思いますが?

「民主的でない」があなたの主観ですね。
で、ナチスが全権委任法を制定する直前のドイツの選挙は、「民主的なもの」なんですか?
どうなんです?

>いつ法を破ったのですか?
>であれば沖縄の場合民意は関係ないじゃありませんか?法の問題なのだから。

はあ?
これだけ皆さんが違憲だと言っているではありませんか。
違憲か否かに選挙結果なんて関係ないんですよ。

で、沖縄の何が「法の問題」なんです?
話がメチャクチャになっています。

>という事はあなたは埋め立てや尖閣の問題はやめさせなくてよいという立場ですか?
>止めさせたいと思っているのであればあなたも中国をねじ伏せたいと思っていることになりますよ?

尖閣は、中国が何をして来たって、それをハエ叩きのように追い払うしかないでしょ。
それで何かご不満ですか?

「止めさせたい」なんて、それこそ中国をねじ伏せなければ絶対できないと思いますけど。
だから、具体的にどうするの? と聞いているのに、何だか他力本願のような話しか出てこない。

相手は常任理事国なのに、国連が何かできると思っているの?
世界が中国の景気に一喜一憂しているのに経済制裁なんてできると思っているの?
日本が集団的自衛権を行使すると言ったら、何で中国が尖閣にやってこなくなるの?

まるで説明できていないじゃありませんか。

だから、安倍やあなた方のような自称保守は平和ボケしていると申しているのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム