プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

安保理報告を忘れている首相 ー 安倍のたとえ話


前エントリと同じネタの、安倍のたとえ話ですが、安倍は『強盗に入られたスガさんのケースでは「家まで行って助けることはできない」』と言って、日本に危機が迫っていないから、集団的自衛権を行使できないと言っています。

しかしながら、こんなことを言って良いのでしょうか。
この問題については、以前にも

つまみ食いは許されない(2)ー国際法に否定される戦争法案

というエントリで書きましたが、国際司法裁判所では、ニカラグア事件におけるアメリカの軍事介入が集団的自衛権の行使だというアメリカの主張を否定しましたが、その際、集団的自衛権の行使には、武力攻撃が発生していること、そして直接の犠牲国による、武力攻撃を受けた事実の宣言及び他国への援助の要請が必要だとしました。

ですから、自国の危機のために集団的自衛権を行使するなんてことをやってはいけないのですが、安倍は相変わらずこの問題を無視したまま、国際法に違反した戦争法案を成立させようとしています。

確かに、スガがアベに助けを求めないならば、アベが助けに行く事はできません。でも、スガがアベに助けを求めれば、助けに行けるのが集団的自衛権を行使するということであり、例えば、スガが目の前で強盗に襲われていたとしても、スガが助けを求めない限り、勝手にアベが強盗と思われる者を攻撃することは許されません。

そもそも、集団的自衛権を行使した場合には、必ず安保理への報告が必要です。
ですから、こんな国際法を無視した形での「集団的自衛権行使」を報告しても、「日本が勝手に武力行使した」と認定されるのがオチ。

しかも、安倍は安保理常任理事国であるところの中国を仮想敵国扱いしているのですから、この戦争法案に則っての武力行使は、日本を孤立させる可能性が非常に高い、極めて危険な行為と言えます。

自称保守の皆さんも、安保理への報告と、中国が常任理事国という点をどう考えているのでしょう。

おそらく、全く頭に無いのではないでしょうか。
ヤレヤレです。
スポンサーサイト

<< 法的安定性などクソくらえ ー 独裁国家を目指す首相 | ホーム | 思考停止した首相 ー 安倍のたとえ話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム