プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

安保法案で抑止力アップ ー だそうですけど


安倍が強行しようとしている戦争法案ですが、これに賛成という人々は、本当にこの法案の意味がわかっているのでしょうか。

集団的自衛権を行使するということは、どこかの国が武力攻撃を受けた時に、その犠牲国の要請を受けて、一緒に反撃するということ。
即ち、守る対象は自国ではなくて犠牲国の方。

それが国際法で定義されている集団的自衛権の原則です。
だから、こんなものを日本が行使すると、ただ言ったって、日本への武力攻撃に対する抑止力が高まるなんてことはあり得ないはずです。

だったら、安倍は何故抑止力が高まると言うのか

それは、自衛隊員をアメリカの戦争に送って、死傷者を出すことで、アメリカはその負い目で日本を助けるに違いない、というイメージを潜在的敵国に植え付けるからでしょう。

つまり、この法案の目的を達成させるためには、日本はまず、必ず戦争に参戦して犠牲者を出さなければならない。それを潜在的敵国に見せつけなければならない。
そういう法案だと安倍は説明しているのです。

賛成と言っている人々は、これを日本を守るやり方として正しいやり方だと思っているのでしょうか?
自衛隊員の犠牲を前提にすることが容認できるのでしょうか?

賛成論者にこの点を是非答えていただきたいものです。

そして、もしこの私の理解が間違っているなら、それ以外の具体的方策を是非教えていただきたいものです。

今のところ、私はその具体的方策を説明されているものを一つも見た事がありません。
皆さんはいかがですか?
スポンサーサイト

<< 戦争法案採決 ー 参院特別委員会 | ホーム | 政府が誤解させているでしょ ー 戦争法案 >>


コメント

安倍カルト

http://d.hatena.ne.jp/scopedog/mobile?date=20150908


こちらに書かれてるように、また国会のやり取り見てると曖昧すぎて法案の意味が伝わりにくいですね。
しかもまるで犠牲になるわけもないとか、捕虜にならないとか言う一方で、その場しのぎの答弁だらけ。

しまいにゃ安倍自身の野次で陳謝。さっさと辞任すりゃいいのですが。

実際、内部資料が共産党に渡っているのは自民党や自衛隊または外務省が法案の危険性を知っているからで合ってるしょうし、そうしてこっそり渡すしか無い時点で既に安倍は「独裁者」ですし、総裁選見ても回りは腰抜け腑抜けばっかりです。

まるで支持者が洗脳されたカルト信者にしか見えません。
もし洗脳されていない、正常な状態であるなら理由を知りたいものです…

>日本はまず、必ず戦争に参戦して犠牲者を出さなければならない。

別にそんなことはないでしょう。実際に犠牲者を出さなければならないわけではなく、敵国に文字通りそのようなイメージを持たせれば十分でしょう。安保法制を成立させれば、日本はいざというときにアメリカを助けに行くし、アメリカは日本の覚悟を見て、いざというときは日本を助けるだろうと、敵国はそう思うでしょう。実際にやってみせる必要は無いと思います。

なら現行法で充分だろう

goldbugとやら

既に同盟を組み、沖縄や東京や神奈川やらに基地があるのは「日本を守る」大義名分があるからだって知らないのか?
思いやり予算も、そのために払ってるようなもんだし。

単に日本を守るなら個別的自衛権に加え、日本にアメリカ駐留軍がある。
海外で何かあっても毎度毎度アメリカ中心の多国籍軍が滅茶苦茶に一掃する。

にも関わらず、この法案の採決を急ぐのは記事にある通り以外は無いだろうに。
もっと外国のいろいろを学びなよ、ほんとに。

>敵国に文字通りそのようなイメージを持たせれば十分でしょう。

その敵国(笑)ってのはどこのことだよ?イラクか、アフガンか?

>安保法制を成立させれば、日本はいざというときにアメリカを助けに行くし、アメリカは日本の覚悟を見て、いざというときは日本を助けるだろうと、敵国はそう思うでしょう。

なんというお花畑(笑)。

Josephさん

もちろん今は形の上ではアメリカは日本を守るために血を流すことになっています。

しかし問題は誰も本当にそうなるとは思っていないことです。自分たちが危ない時に何もしてくれないのに、こちらは相手を守るために血を流す、そんなばからしい話はどこにもないと、誰だって納得するでしょう。それは当然私たちの敵国も同じ事で、日本とアメリカは、アメリカだけが血を流す約束をしていることは知っていても、そんな約束はいざというときに簡単に反故にされると考えているはずです。

ですから日本もアメリカのために血を流す、敵国にそう思ってもらうこと、それが抑止力を高めるということなのです。

アメリカの戦争の歴史を見よ

goldbugって人

上手く携帯からアクセス出来なかったし、あまり過度にコメントも白砂青松さんに迷惑だろうからしばらく黙ってロムるだけにするつもりだったが…何か支離滅裂だからちょっと言わせて貰う。

アメリカの基地はドイツやイタリアにもある。ま、それは置いとくとして。

アメリカ中心の多国籍軍の動き。
例えば朝鮮戦争から代理戦争スタート。完全にアメリカ対ソ連なのに大量の朝鮮半島の人を死なせている。

ベトナム戦争は南ベトナムのために何人ものアメリカ人も死亡した。さて何のためか知ってるかい?
イラクのクウェート侵攻を妨害しイラク側を一掃するには多少アメリカは血を流した。さてなぜかわかるかい?

イラン・イラク戦争は?あれなんか民間の旅客機を間違えて撃ち落としたんだよアメリカ海軍の人が。その人は後に海軍から離れたけどさ。
イラク戦争は最悪だったね。イラクに隠れてるらしいアルカイーダへの報復のはずがありもしない大量破壊兵器とかにすりかわったね。

アメリカってさ、いくらでも血を流させるんだよ敵味方問わずにね。そうして強さを誇示する。
結局のところ民主主義じゃない国を敵と勝手に見なすんだ、ソ連があった頃は殆どが代理戦争だった。

日本のために血を流させるのは馬鹿馬鹿しいと言うが、こういう歴史を見れば集団的自衛権がいかに危険かが理解出来るはずだよね。
で、敵国ってこないだ言ってたイスラム国?さて集団的自衛権で何人の日本人がシリア辺りで巻き添え喰らうだろうね?

どこまで自分勝手なんでしょう

goldbugさん

> しかし問題は誰も本当にそうなるとは思っていないことです。

「誰も」というのはあなたの主観ですね。
私はそんな風には思っていません。
この日本国憲法をキープしている限り、アメリカは日本を裏切れない、それはアメリカという国自体の自己否定につながるからです。

>自分たちが危ない時に何もしてくれないのに、こちらは相手を守るために血を流す、そんなばからしい話はどこにもないと、誰だって納得するでしょう。

全く。
日本は、アメリカの国益のために日本の領域に基地を提供しています。
過去70年間、アメリカは日本を守るために日本の基地を使ったことは一度もありませんが、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争などなどで、自国の国益を守るために、日本の基地をさんざん利用して来ています。
それだけの便益を受けておいて、日本が攻められた時の防衛に協力しないなんて、それこそムシが良すぎます。
当然のことながら、日本がどこかに占領されれば、アメリカも日本の基地を失うんですよ。

それに、日本の領域において、アメリカ軍が攻撃を受けた時には、日本が直接狙われているかどうかにかかわらず、アメリカを助けることになっている。
日本に基地を置くアメリカが、日本の領域を共同で防衛することになっているからって、何で、日本と関係ない場所で、アメリカが戦争を始めたからって、そこに何の権益も持っていない日本が血を流さなければならないんです?
それこそ理解に苦しみます。

>それは当然私たちの敵国も同じ事で、日本とアメリカは、アメリカだけが血を流す約束をしていることは知っていても、そんな約束はいざというときに簡単に反故にされると考えているはずです。

そして、百歩譲って、日本の潜在的敵国がそのように考えていたとしましょう。
となると、

> ですから日本もアメリカのために血を流す、敵国にそう思ってもらうこと、それが抑止力を高めるということなのです。

これ、おかしいじゃありませんか。
だって、アメリカが日本のために血を流す約束を結んでいても反故にされるんでしょ。
だったら、そういう国は日本もアメリカのために血を流す約束を結んだって反故にされると思うはずじゃありませんか。

あなたは、ここの最初のコメントに、

「実際に犠牲者を出さなければならないわけではなく、敵国に文字通りそのようなイメージを持たせれば十分」
「実際にやってみせる必要は無い」

と書きましたよね。

アメリカの日本への約束は反故にされると日本の潜在的敵国が思うのは、日本が血を流さないからだと。
じゃあどういう状態になったら、反故にされないだろう、となるんです?
日本がアメリカのために血を流したら、ですよね。

でも、それは実際にやってみせる必要はないのは何故なんです?
そこがあなた方の自分勝手な願望だと言っているのですよ。

だいたい、この戦争法案における集団的自衛権の行使について、安倍は「日本もアメリカのために血を流すなんて約束したものじゃない、あくまでも日本のため」と説明しているんですよ。
つまり、この戦争法案で「日本もアメリカのために血を流す、敵国にそう思ってもらう」なんて不可能じゃありませんか。

しかも、もし本当にアメリカの参戦を「存立危機事態じゃない」と日本が断った、そういう実績を作ったとき、日本の潜在的敵国はどう思うんです?
それでもやっぱり、「日本もアメリカのために血を流す」と思い続けるんですか?
現に断っているのに?
どんだけお人好しなんです? その国は。

ここまで書けば、いくらなんでも、ご自分の言っていることのバカバカしさにお気づきになると思うんですけどね。

安倍や賛成論者が言っている通り、日本がこの戦争法案で抑止力を高めたいと思うなら、実際に「日本もアメリカのために血を流す、それを敵国に見せる」ことが必要なんですよ。

それだけではなく…

白砂青松さん

イスラム国空爆にもアメリカは日本の基地を使っています。
日本はアメリカに協力しイスラム国に狙われる可能性が既に高まっています。
しかしこのgoldbugとやらは前に日本人2人殺されたからイスラム国を滅ぼすとか抜かしていましたね。

殺されたのは気の毒で、もちろん殺された側が悪いわけがない。しっかりと司法に裁かれるべきです、他の人質事件も同じくです。
しかしこのgoldbugの理屈通りにしたら日本は滅ぼされるどころでは無くなりますね。
ま、アメリカなぞ自国の人質を巻き添えにしてでも文字通りイスラム国を空爆し滅ぼすのかもしれませんが、協力なぞ御免ですね。

「日本とは条約がある。もし日本が攻撃されたら米国は直ちに駆けつけなければならない。しかし、米が攻撃を受けても日本は助ける必要が無い。こんな取り決めだ」

大統領候補のドナルド・トランプ氏の発言です。これがアメリカ人の素直な気持ちでしょうね。いくら日本がアメリカに対して便宜を供与してきたからといっても、それは重要ではないわけです。自国の若者の血を流すことは、日本がこれまでアメリカに貢献した来たこととはレベルが違う話になるのでしょう。人の命をかけて初めて対等の関係が築けるということです。

アメリカは日本における自国権益が侵される時には、当然その権益を守るために戦うでしょう。しかし彼らが戦うのはあくまで自分の権益のためです。一旦自国の権益に影響しない、例えば尖閣のような離島のことになれば、自国の若者の命をかけてでも守るでしょうか?普通に考えてあり得ないでしょうね。

>これ、おかしいじゃありませんか。
>だって、アメリカが日本のために血を流す約束を結んでいても反故にされるんでしょ。

ですからアメリカは約束を反故にしないと、敵も味方も思うなら、それは何が条件かという話です。いざ鎌倉という時に、日本がアメリカの元に馳せ参じて、アメリカのために血を流すと約束することです。トランプ氏はもし日本がそう約束したなら、日米の軍事協力の関係に文句を言うのをやめるのではないでしょうか?

>じゃあどういう状態になったら、反故にされないだろう、となるんです?
>日本がアメリカのために血を流したら、ですよね。

実際にやって見せなければ信用されないというのは、確かに一つの考え方かも知れません。しかし今は相手のために血を流すことはないと明言しているわけです。それを転換して、その時が来ればちゃんと血を流します、そのために法律を整備すると言えば、それは大きな進歩でしょう。少なくとも、何もしないと言っているよりはアメリカが日本防衛にコミットする可能性は高まるわけです。それは敵味方問わず共有できる認識でしょう。そしてそれがすなわち抑止力を高めるということです。

>もし本当にアメリカの参戦を「存立危機事態じゃない」と日本が断った、そういう実績を作ったとき、日本の潜在的敵国はどう思うんです?

それが興味深いところでしょうね。そうすれば抑止力を高めるという思惑はおじゃんになりかねませんね。すぐに参加できるアメリカが関与している紛争はIS掃討作戦ですね。私はこの法案の成立を持って、アメリカから日本に対してIS掃討作戦への参加を是非要請して欲しいと思っています。もし日本政府が断るのであれば、せっかくの抑止力強化を敵国に対して見せつける機会を逸してしまうことになるでしょうね。そうした愚は犯してもらいたくないものです。

goldbugさんへ

IS掃討作戦で出動させる自衛隊員は生け贄ということですね。
あなたが自衛隊をただの駒としか思ってない事が良く分かりました。
あなたには安倍晋三著作の「美しい国へ」という本をオススメします。
あなたが共感できる事がたっぷり書かれてますよ。


幼稚な自尊心で他人を巻き添えにするのはカンベンしてくれ。血を流したいなら、傭兵にでもなんでもなってテメエ一人で勝手にやってろ。

トランプしか見ないgold bugって人

ドナルド・トランプの支持率の高さはあくまで保守党内部だけだから。しかも予備選挙まで持たない見方もあるのに。
ニューヨークの起業家で大富豪で女好き、奇妙な発言はイタリアのベルルスコーニそっくり。でもあれ、半分はキャラだから。
彼は辛口タレントみたいなこともしてんだよ。

でさ、君はトランプと少しだけ似たアメリカ大統領レーガン支持者みたいにも見えるね。レーガンは貧乏人に金を出したくないタイプの人間だった。
あのレーガンの身勝手な戦争のせいで何人ものパレスチナ人が虐殺されたり、貧しい国も犠牲になったね。詳しくは調べてね。
イスラエルとアメリカは、国家がイスラム国参加者に憎まれるような、同じようなことをしてんだよ、イスラム国を正当化はしないが。

あの平和憲法を持つ日本ならば、争いを止める仲介が出来るのではと私は考えたいけどね。
日本は戦争をせず、戦争をやめさせる方向に持っていくとか、なぜ考えないの?そこをどうするか考えろよ。

そんなに争いたいなら君がシリアに行って血を流してきな。他人任せにはするんじゃないよ。
自衛隊に入るか、アメリカ軍もしくは有志連合に個人で入っていけばいい。

まぁ少なくとも大半の憲法学者が違憲としていて、反対デモは数万人規模に対し賛成デモは数百人程度だってね。
その数百人なら君と一緒に血を流してくれるかもね。せいぜい頑張って安倍とアメリカに貢献してやりなさい。

訂正

間違いを訂正します。
保守党→共和党。失礼しました。

安倍の言っていることと違うじゃありませんか

goldbugさん

> 大統領候補のドナルド・トランプ氏の発言です。

事実誤認じゃありませんか。
日本の周辺であれば、アメリカが攻撃されたら日本も助ける、ですよ。
そして、日本周辺から離れれば、日本が攻撃を受けたってアメリカも助ける約束になっていない。

こんなデマを許していれば、日本が何をしたところで同じでしょうね。
まあアメリカとは、そういう国として付き合うだけのことですけど。

>自国の若者の血を流すことは、日本がこれまでアメリカに貢献した来たこととはレベルが違う話になるのでしょう。人の命をかけて初めて対等の関係が築けるということです。

で、結局そういうことなんでしょ。

「自国の若者の血を流す」

この戦争法は、自衛隊員を人柱にして、日本の「平和」を確保しようというものだと。
即ち、この戦争法の目的を達成させるためには、まず自衛隊員をアメリカの戦争に送り込んで、戦死してもらわなければならないと。

私がエントリで申しているままではありませんか。

ところが、安倍は戦争に参加することはない、自衛隊員のリスクは増えないと言っている。
つまり、あなたの認識でも安倍は嘘を吐いているということになります。

そこのところはっきり答えて下さい。安倍は嘘を吐いているのかいないのか。

>一旦自国の権益に影響しない、例えば尖閣のような離島のことになれば、自国の若者の命をかけてでも守るでしょうか?普通に考えてあり得ないでしょうね。

その可能性はあるでしょうね。でも、尖閣の離島ごとき、自分で何もできないほど、日本の自衛隊は無能だと言うのですか?

そして安倍は、集団的自衛権は日本の存立危機事態でしか行使しないと言ってますよね。即ち「自国の権益に影響しない」ことでは「自国の若者の命をかけてでもアメリカを守る」ことはしないと、日本の方が明言しているんですよ?
それなのに、あなたはこの戦争法があれば、アメリカは「自国の権益に影響しない」場合でも「自国の若者の命をかけてでも守る」ようになると言うのですか?

あなたの発想は、どう考えても矛盾してますよね。

>いざ鎌倉という時に、日本がアメリカの元に馳せ参じて、アメリカのために血を流すと約束することです。トランプ氏はもし日本がそう約束したなら、日米の軍事協力の関係に文句を言うのをやめるのではないでしょうか?

「約束」だけでいいんですか?
あなたは上では「自国の若者の血を流すこと」と言ってますよ?
どっちです?

> しかし今は相手のために血を流すことはないと明言しているわけです。

そんなことは言ってません。
日本が言っているのは、他国の誰かの血を流すような行為は国家として行わないし、他国のそのような行為を手伝うこともない、です。
日本周辺のことであれば、アメリカのために日本は血を流すと約束しています。

>その時が来ればちゃんと血を流します、そのために法律を整備すると言えば、それは大きな進歩でしょう。

あなたの願望ですね。そして、安倍は「アメリカのために血を流すことはない」とはっきり言ってます。
それが正しいなら、アメリカから見れば退歩に等しい。
でも、アメリカは安倍が嘘を吐いていることを知っているから歓迎しているのです。

>少なくとも、何もしないと言っているよりはアメリカが日本防衛にコミットする可能性は高まるわけです。それは敵味方問わず共有できる認識でしょう。そしてそれがすなわち抑止力を高めるということです。

最初からやらないと言っているより、やると言って断る方がアウトですよ。
少なくとも安倍の説明を聞いている限り、日本の潜在的敵国の考えを改めさせる根拠はどこにもありません。

> それが興味深いところでしょうね。そうすれば抑止力を高めるという思惑はおじゃんになりかねませんね。すぐに参加できるアメリカが関与している紛争はIS掃討作戦ですね。私はこの法案の成立を持って、アメリカから日本に対してIS掃討作戦への参加を是非要請して欲しいと思っています。もし日本政府が断るのであれば、せっかくの抑止力強化を敵国に対して見せつける機会を逸してしまうことになるでしょうね。そうした愚は犯してもらいたくないものです。

つまり、安倍は噓吐きということでしょ。
そんな政権が強引に成立させた戦争法など、即刻廃止すべき、それが民主主義国家の主権者としてのあるべき態度だと思いますけど。

安倍の嘘をスルーし、あなたの「興味」で日本国民を危険に曝す、そういう行為にあなたの胸は痛まないのですか?



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム