プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

戦争法案採決 ー 参院特別委員会

今日、日本国憲法を殺し、立憲主義を破壊する戦争法案を自民党、公明党が参院独別委員会で強行採決しました。

これが成立することは、安倍によるクーデター。
ヒトラーによる全権委任法成立に匹敵する暴挙です。

こんなことをする安倍政権を絶対に許してはなりません。

スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 暗黒の安倍クーデター | ホーム | 安保法案で抑止力アップ ー だそうですけど >>


コメント

デモに参加しましたよ

夕方にニュース見て、いてもたってもいられず永田町に直行しました。

雨だけど国会に近寄れないくらい人が集まり、一緒にシュプレヒコールしたり…福島みずほさんなどの野党議員さんや学者に教授、弁護士に元判事、作家の室井佑月さんもスピーチ。
また、創価学会も『平和を捨てた公明党を応援しない』ことを語っていました。署名も9000人ぶん集まったそうです。

これはまだ強行採決「もどき」、廃案を目指してこれから動くときです。
終わりじゃない、始まりだとデモに参加した全ての人が認識していますから。
あくまで平和デモであること、それが私が自発的に参加した理由でもありますしシルバーウィークも永田町に向かう予定です。
想像以上の反対デモ参加者には驚かされるとともに勇気づけられました。
デモは連日やっています。お時間あれば白砂青松さんもご覧になってみて下さい。きっと勇気づけられます。

「絶望は愚か者の結論である」

憲法を無視し、この法案を成立させることは、きっと安倍にとっては序章にしか過ぎないのでしょう。
何も分かっていない人々がネット上で、反対している人を公然と批判しているのを見て、暗澹たる気持ちになりました。
私は大反対です。しかし、先の選挙で自民党に入れたり、選挙に行かずに大多数への白紙委任をして、自民党を圧勝させたらどうなるか。そんなことは分かっていた筈なのに…。そう思ってしまいます。
この国の国民性として感じるのは、良くも悪くも非常に忘れやすく責任を取らないということです。そしていつの間にか事実さえ置き忘れて都合の良いものにすり替わってしまう。
来年の参院選、本音では非常に残念極まりないですが、自民党が勝つであろうとは思います。しかし、デモのニュースや白砂さんのブログを拝見する度に思うこととして、希望を捨てていないということに驚き、自分の無力感を反省させられます。
東京新聞の今日の社説に、ディズレーリの言葉を引用して「絶望は愚か者の結論である」とありました。何もできませんが、私はこの暴挙は忘れません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム