プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

やっぱり詐欺紛いの話になりましたね


尖閣諸島の国有化問題で、東のバカ殿、石原都知事の口車に乗せられて寄付をした人々の「善意」はどうなってしまったのでしょう。

以前、寄付を募る際に、バカ殿はこんなことを言っていた。

--
尖閣購入で専従組織 東京都、寄付口座開設も
2012.4.27 19:16 [石原慎太郎]

 東京都の石原慎太郎知事は27日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島の購入に向け、5月1日に専従組織を立ち上げると発表した。尖閣諸島の購入・活用に充てる寄付金の専用口座も開設した。

 都によると、専従組織は担当部長以下7人態勢で、現地調査のための上陸許可申請などの手続きを進める。

 石原知事は「上陸は仮契約の後になる」との見通しを示し「(国が)許可を下ろさなかったら、下りるまでやる」と述べた。都議会への提案は、12月開会の定例会ごろになるとした。

 その上で「国が本当にやる気だったらいくらでもお譲りする。本来は国が買い取るべきことだ」と話し、国有化には柔軟に対応する可能性をあらためて示した。

 都には26日までに現金書留で37件の寄付申し込みが寄せられているという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120427/lcl12042719170000-n1.htm
--

「国が本当にやる気だったらいくらでもお譲りする。本来は国が買い取るべきことだ」と。そして、寄付金の目的は「尖閣諸島の購入・活用に充てる」のだと。

それが、国が国有化すると決めた途端、何を言い出したかと言えば、

--
石原知事「寄付金は活用策のため基金化」と表明 「うっちゃり食った」と無念さも
2012.9.11 20:56 [石原慎太郎]

 石原慎太郎東京都知事は11日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化を受けて記者会見し、都による購入・活用のため寄せられた寄付金約15億円は、漁船待避施設建設などの活用策に政権交代後に充てるため、都で基金化すると明らかにした。

 都は地権者と先行交渉していたが国から国有化の説明はないといい、「最終的には国にバトンタッチするつもりだったので結構なようだが不本意なところもある」と施設を整備しない姿勢を批判。「政権は変わるだろう。新政権がインフラを造る決心をしたら基金として渡す」と述べた。

 寄付者からは返金を求める手紙もあり、石原知事は「待っていただきたい」と説明。一方、寄付受け付けは「立派なものを造るなら1円でも多いほうがいい」と述べ継続するとした。

 地権者からは以前に「20億3000万円」との提示があったが、7日になって国と合意したとして「いきなりテーブルに頭をつけて謝られた」ものの、国に変えた理由の説明はなかったという。石原知事は「いきなり謝られても釈然としない。相手の誠意や言葉を信じていたが土壇場でうっちゃりを食った感じだ」と無念さをにじませた。

 7日の地権者との面会には長男の石原伸晃自民党幹事長も同席したという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120911/lcl12091120580002-n1.htm
--

国が本当にやる気になって、中国とこれだけ諍いを起こす結果となったって、国有化をやる気になったというのに、結局、現政権には渡さないんですって。

「いくらでもお譲りする」と言ったバカ殿の口には、やはり舌が二枚あるようです。

この寄付金の話、楽天の方の弊ブログに、「その金は何に使われるのか、少しは考えたら良いのに」というエントリを5月16日付けでアップしました。
その時に、

--
そもそも、その金は何に使われるのです?
最終的には現地主の懐に入るだけで、尖閣諸島を今後も日本の領土として維持するという目的に資するようには、一銭も使われないってこと、わかっているんでしょうか?

ただ、都知事がぶち上げるおとぎ話に乗せられて、こんな氏素性もよくわからない人に大金を渡すためだけに、嬉々として寄付する人々。こういう人達って、詐欺師から見たらまさに「カモ」の集団にしか見えないでしょうね。


http://plaza.rakuten.co.jp/whitesand72/diary/201205160000/
--

と書きましたけど、まさか、最後はバカ殿がネコババしようとはね。

寄付した人々から見れば、バカ殿のおかげで、元々数億円程度の価値しかなかったものを数倍もの高値で国が買う羽目に陥った、その購入費用を税金で負担するばかりでなく、更に、寄付金まで自分の意に反した遣われ方をされそうになっているわけですから、二重に騙されているようなもの。

申し訳ないけど、やはりあの方達は、バカ殿にとっては「カモ」だったようです。

スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 寄付金は、息子へのお小遣いにするつもりだったんでしょう | ホーム | 彼が総裁である限り、自民党には投票しません >>


コメント

どっちもどっち?

まあ、寄付した方もバカ殿に負けず劣らずの「愛国者さま」でしょうから(苦笑)。国に渡すとバカ殿が言ったら「じゃ、返せ」と電話がかかってきたそうですからね。都民の私としては都のために有効に使ってほしいですけどね。あんな遠くの島なんか買われなくてよかった。

Re: どっちもどっち?

マンモウ伊那谷さん

> まあ、寄付した方もバカ殿に負けず劣らずの「愛国者さま」でしょうから(苦笑)。国に渡すとバカ殿が言ったら「じゃ、返せ」と電話がかかってきたそうですからね。

おっしゃる通りなんですけど、普通の詐欺事件も、被害者が欲をかいたがためにひっかかった、傍から見れば「何でそんな話を信じたの?」って言いたくなるような事例は多いですよね。

そういう「どっちもどっち」という面も含めて、詐欺紛いの話、とも言えるかと思ってます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム