プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

下から数えた方が早くなるのも時間の問題 ー 安倍のメディア統制


前エントリで、日本の表現の自由について、国連から懸念が示されたことを紹介しましたが、問題にしているのは国連だけじゃない、日本が先進国からますます遠ざかっていることが、「国境なき記者団」が発表する報道の自由度ランキングからも明らかになっています。

--
報道の自由度、日本は72位 国際NGO「問題がある」
パリ=青田秀樹2016年4月20日13時03分

 国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は20日、2016年の「報道の自由度ランキング」を発表した。日本は、対象の180カ国・地域のうち、前年より順位が11下がって72位だった。特定秘密保護法の施行から1年余りを経て、「多くのメディアが自主規制し、独立性を欠いている」と指摘した。世界的にも報道の自由は損なわれつつあるという。

 日本は10年には11位だったが、年々順位を下げ、14年59位、15年は61位だった。「国境なき記者団」はかねて、取材の方法しだいで記者も処罰されかねない特定秘密法に疑問を呈してきた。14年12月に同法が施行された後、メディアが自主規制に動くのは、「とりわけ(安倍晋三)首相に対してだ」とした。

 「良い状況」「どちらかと言えば良い」「問題がある」「厳しい」「とても深刻」の5段階では、日本は「問題がある」に位置づけられた。

 ランキングは、インターネットへのアクセスなども含めた「インフラ」や「メディア環境と自主規制」といった独自の指数に基づいてつくる。世界全体で、テロの脅威とナショナリズムの台頭、政治の強権化、政治的な影響力もあるような富豪らによるメディアの買収などを背景に、「報道の自由と独立性に対する影響が強まっている」という。

 国・地域別の自由度では、最上位にフィンランドなどの北欧諸国が目立ち、北朝鮮、シリア、中国などが最下位グループに並ぶ傾向に変わりはなかった。(パリ=青田秀樹)

■報道の自由度ランキング
(カッコ内は前年順位)
1 フィンランド(1)
2 オランダ(4)
3 ノルウェー(2)
4 デンマーク(3)
5 ニュージーランド(6)
16 ドイツ(12)
18 カナダ(8)
38 英国(34)
41 米国(49)
45 フランス(38)
72 日本(61)
77 イタリア(73)
148 ロシア(152)
176 中国(176)
177 シリア(177)
178 トルクメニスタン(178)
179 北朝鮮(179)
180 エリトリア(180)


http://www.asahi.com/articles/ASJ4N0SHDJ4MUHBI02M.html
--

180カ国のうちの72番目といったら、かろうじて上位40%にひっかかったというところ、この調子で落ちて行けば、あと2年で下から数えた方が早くなりそうです。

自称保守の皆さんは、どうせ国連やこういうNGOを偏向呼ばわりするんでしょうけど、じゃああなた達が「中立」と思うような組織や団体がこういう比較をやっていますかねってこと。
いくら個別には日本は良い国だ、と言ってくれる人がいたって、そういう人でも、他国と報道の自由、表現の自由を比較すれば、日本がこういうランクになることに異を唱えるとは思いませんね。

日本のマスコミが自主規制をし、また自称保守連中がそれを是としている、それが報道の自由という観点から高く評価されるなんてことは絶対にあり得ないのですから。

なお、J-Castはアジア諸国と比べています。

--
「報道の自由度ランキング」日本は72位に急落 台湾、韓国下回る
2016/4/21 12:37

 国際NGO「国境なき記者団」は2016年4月20日、16年の「報道の自由度ランキング」を発表した。評価対象の180か国・地域のうち、日本は15年より11位低い72位にランクインした。14年12月に施行された特定秘密保護法が調査報道を妨げるとして問題視された。

 1位だったのはフィンランドで、オランダ、ノルウェーが続いた。最下位の180位はエリトリア。179位は北朝鮮、178位はトルクメニスタンだった。その他の東アジア勢は、台湾が51位、香港が69位、韓国が70位だった。


http://www.j-cast.com/2016/04/21264768.html
--

この中で特筆すべきは、日本の順位が香港よりも下だということでしょう。
もちろん、中国は報道の自由度ランキングで最下位グループの常連ですけど、その中国から政治的な自由を制限され、今はどうみても民主主義政体とはなっていない香港よりも、日本の方が下、ある意味「中国よりも下」ってこと。

中国は、香港の政権を民意ではなく中国共産党の意に沿うように運営させようとしているのに、その圧力下にある香港の方が、今の日本よりも報道の自由度が高いと評価されているということを、日本国民はもっと真面目に考えた方が良いですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 誰かが死ぬのを待つんですね ー 戦争法賛成派 | ホーム | 表現の自由、何それ? ー 安倍のメディア統制 >>


コメント

安倍ですからね

安倍の腰巾着の菅(スガ)は「何で判断してるのかは知らないが報道の自由は守られてる(要約)」とか抜かしてましたが実際は公式ホームページにも判断材料は掲載されてます。
こちらにもありますし。

https://rsf.org/en/detailed-methodology


都合の悪いことには言いがかりつけたり「キコエナーイ」みたいな連中を支持する連中も所詮は同レベルで頭が悪い、かわいそうな人々ですからね。
このブログに来るバカウヨが良い例です。

色々考えがあるようですが…

「日本の「報道の自由」を考える~本当の問題はどこにあるのか」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20160427-00057111/
国際NGOの評価については
「漠然とした「報道の自由」を比べた「国境なき…」のランキングからは、私自身は学ぶところがあまり感じられない。」
だそうですな。

また
「ただ、果たして安倍政権が、今のメディアの萎縮を招いている主要因なのだろうか。
あるいは、現政権が退陣すれば、状況は一挙に好転するのだろうか――。
それを考えてみると、どうもそうではないような気がしてならない。」
だそうです。

上はブログ主の意見と反対の部分を引用してますが、
全体として色々と考えさせる内容でした。

#Josephくんにも上の記事の半分くらいの洞察力が欲しいもんです。

は?

粘着くんって名を改めれば良いのに(笑)

私は別に記者でも評論家でもないんだから君が洞察力をさらに磨けば?一体何の洞察力か知らないけど。
こちらのブログさんでも取り上げてたけど。よそ様のブログにて報道の自由度ランキングは歴代推移こういう風になってるよという記事から抜粋。


・報道の自由ランキング推移

2002年 26位(小泉)
2003年 44位(小泉)
2004年 42位(小泉)
2005年 37位(小泉)
2006年 51位(小泉→安倍)
2007年 37位(安倍→福田)
2008年 29位(福田→麻生)
2009年 17位(麻生→鳩山)
2010年 11位(鳩山→菅)
2011~12年 22位(菅→野田)
2013年 53位(安倍)
2014年 59位(安倍)
2015年 61位(安倍)

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150213/1423785793


で、更に下がってたりするけど安部になると毎回極端に下がるか、君の洞察力とやらで教えてよ。あるから私に対し欲してるんでしょ?粘着くん
あ、英語が読めないか…

考えではなく願望ですね

とおりすがりさん

> 国際NGOの評価については
> 「漠然とした「報道の自由」を比べた「国境なき…」のランキングからは、私自身は学ぶところがあまり感じられない。」
> だそうですな。

それが何か意味があるんですか?
ま、確かに「当然の結果」という受け止め方はあるでしょうけど。

> また
> 「ただ、果たして安倍政権が、今のメディアの萎縮を招いている主要因なのだろうか。
> あるいは、現政権が退陣すれば、状況は一挙に好転するのだろうか――。
> それを考えてみると、どうもそうではないような気がしてならない。」
> だそうです。

これはそれを書いた人がお間抜けさんですね。
安倍が就任してランキングが低下しているのは事実ですから。

> #Josephくんにも上の記事の半分くらいの洞察力が欲しいもんです。

自分自身の「考察」など何一つ示さない、あなたが言っていい台詞じゃありません。

この筆者にしても、この文書には「洞察」なんてない、安倍の就任と共にランキングが下がっているという事実について何も説明できていない以上、ただの願望です。
よって、残念ながら、「私自身は学ぶところがあまり感じられない」ものでしかありません。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム