プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おそらく作り話 ー オスプレイ宣伝派


御用新聞読売が、熊本地震の際のオスプレイの使用を正当化するために、地震が発生した時、CH-47はほとんどが飛べない状況にあった、という記事を書きました。
これを受けて、被災者そっちのけで、安倍のやることに賛成することを生き甲斐としている自称保守の面々が、「そうだ、オスプレイの使用は正しかったんだ!!」と大喜びしています。

でも、こんなものちょっと冷静に考えればあり得ない話だと疑問に思うはずなんですけどね。

--
地震時、自衛隊大型ヘリ緊急点検…8割飛べず
2016年05月16日 07時14分
 熊本地震の発生時、自衛隊の大型輸送ヘリコプター「CH47」全約70機の約8割が、緊急点検などのために飛行できなかったことが、関係者への取材でわかった。

 防衛省は、被災地への物資輸送が滞ると判断、米軍の支援を受けてオスプレイが投入されたという。

 同省関係者によると、熊本地震発生の約1週間前、CH47の点検で翼を回転させる部分近くに異常が見つかり、飛行を続けると事故が起こる恐れのあることが判明。自衛隊は全機の運用を中止して一斉点検を実施した。熊本地震後、自衛隊はCH47の出動を決めたが、多くが点検中で、被災地での救助・救援活動には、10機程度しか稼働できなかったという。

2016年05月16日 07時14分

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160515-OYT1T50135.html
--

さすがに木更津からCH-47が飛んでいっていることはバレているので、全機飛べなかったとは言えず、8割なんて中途半端なことを言っていますが、いずれにしろ、おそらくこれは作り話でしょう。

何故、作り話か?

それは、CH-47を使っているのは自衛隊だけではないからです。
特に米軍は自衛隊よりも一桁多い、数百機のCH-47を使っています。
記事のような不具合が発生し、自衛隊が直ちに全機の運用を停止する必要があるような深刻なものだったなら、自衛隊に限らず、米軍だって全ての機体の運用を停止しなければおかしい

数百機の輸送ヘリが運用を停止したら、米軍だって大混乱になるはず。
当然、CH-47で運んでいたものは別のもので運ばざるを得ない、もしくはそれができる準備をしておかなければならない。
だとしたら、代替機として真っ先に名前があがるのがオスプレイでしょう。

そんな状況で、日本にオスプレイを貸し出す?
普通なら考えられませんね。

もちろん、米軍でもCH-47を運用しているのは陸軍で、今回のオスプレイは海兵隊のものですけど、同じアメリカ軍が数百機のヘリコプターが使えなくなった、と大騒ぎしている時に、ヘリの代用となる海兵隊のオスプレイを他国のために貸し出す余裕なんて、あったらおかしい。

結論としては、オスプレイを日本の支援に廻せたのだから、米軍のCH-47は全機運用停止とはなっていなかった。すなわち、おそらくこれは作り話ということです。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 卑劣な選挙対策 ー 増税延期 | ホーム | やっぱり現実が見えていない自称保守 ー 噴飯ものの日本会議HP >>


コメント

天木氏の見解

こういう記事を見つけました。

http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/05/17/post-4569/

「実際これが事実なら防衛省の大失態に他ならない、そして防衛費用の水増しを狙っている…」などの見解が書かれています。

まぁ、ありそうな話ですよね。読売は産経同様、自民党べったりですから。

琉球新報にて報じられた、日本とアメリカでオスプレイ要請がどちらか食い違いもあるわけですし、オスプレイ万歳する前に防衛省と自衛隊のみっともなさを何故バカウヨは叩かないんでしょうかねぇ、まぁ答えなど見え見えですが。

いつものことながら、変な奴をきちんと相手するのは骨が折れると思います。
白砂青松さん本当にお疲れ様です。

ふと思い出したこと

確か日本のとアメリカのでは同じCH47でも部品は全く異なっていたと記憶しています。日本は日本でライセンスを持っているためです。

従って天木氏が防衛省や自衛隊の不備に焦点を当て、費用の水増しをはかる。これが最もであり、白砂青松さんには申し訳ないですがこの指摘については若干間違っています(だからといってオスプレイ万歳ではありません)

Joseph君の指摘は正しい

>それは、CH-47を使っているのは自衛隊だけではないからです。
>特に米軍は自衛隊よりも一桁多い、数百機のCH-47を使っています。
>記事のような不具合が発生し、自衛隊が直ちに全機の運用を
>停止する必要があるような深刻なものだったなら、自衛隊に限らず、
>米軍だって全ての機体の運用を停止しなければおかしい。

日本は派生型のCH-47JAを使っていますが、米軍はDまたはF型です。
従って、JA型の問題がそのままD、F型で出るとは限りません。

次に、製造元のボーイングがこの件に対して何も
コメントを出していないため
機体の根本的な設計ミスなどの問題ではないと判断できます。
従って、製造工程での問題や、F-15でも起きた経年劣化が起因の
可能性が高いです。
日本のCH-47は日本でライセンス生産していますから、
上記の2つであれば日本側の問題であり、アメリカ陸軍には
直接関係しません。

ここからは妄想ですが、今月のサミットで
要人輸送にCH-47を使う予定がありますから、
それまでに対応機と予備機を含めて全部点検済みにして
おきたかった可能性があります。
そうであれば、問題自体が軽微なために、
米軍は点検を後回しにしてもよいと判断したとしても、
日本側が全機点検に入ったとしてもおかしくはありません。
(まあ、妄想ですが)

あと
>オスプレイを日本の支援に廻せたのだから、
>米軍のCH-47は全機運用停止とはなっていなかった。

オスプレイは海兵隊、空軍所属機で、CH-47は陸軍所属機です。
従って、陸軍も同じように全機運用停止になったとしても、
直接援助は求めないでしょう。
自前の他の輸送機やヘリを駆使して何とかします。

仮に援助を求めたとして、海兵隊と空軍はアメリカ本土のあちこちの基地に
オスプレイを配備しています。
日本に配備しているオスプレイの派遣を回しても
影響が出ることはないでしょうね。



設計は米軍機と同じです


Josephさん

> 確か日本のとアメリカのでは同じCH47でも部品は全く異なっていたと記憶しています。日本は日本でライセンスを持っているためです。

ライセンス生産であることはその通りです。
しかしながら、設計はボーイングが行っており、部品は米軍で使われているD型と同じものです。
それを川崎重工でライセンス生産しているので、もしそこに問題があるならD型と共通の問題です。

仮にJ型だけの問題だとしたら、それは川崎重工の生産管理上の問題となりますから、今度は川崎重工でライセンス生産したものは全て運用停止にしなければならない、というロジックになってしまいます。

特に、今回読売が言っているように、全機運用停止にして、1週間経っても10機しか飛べないような状況であるなら、それは原因の特定に手間取っていたということを意味し、原因がはっきりしないなら、問題がJ型だけにあるとも断定できず、同一設計のD型も同じように運用停止すべきという結論となります。

ただ、いずれにしろこれは読売の虚報ですから、上記のようなロジックを追求するのは、あまり意味がありません。

実際には、一斉点検をやったのは事実ですが、その3日後から順次飛行を再開しており、米軍の支援を受ける前日の17日には12機が救援活動に従事し、米軍の支援が始まった18日にはそれを10機に「減らした」ことを防衛省が公式に発表しています。

『なお、CH-47につきましては、4月16日に、2機が救援活動を開始しまして、翌日の17日、日曜日ですけれども、12機、米軍による航空輸送支援を受けていた18日には10機ですが、その後は、19日、20日が18機、21日は17機、22日は18機、救援活動に当たっておりまして、「10機程度しか稼働できなかったという」報道は、御指摘には当たりません。』

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2016/05/17.html


> 従って天木氏が防衛省や自衛隊の不備に焦点を当て、費用の水増しをはかる。これが最もであり、白砂青松さんには申し訳ないですがこの指摘については若干間違っています(だからといってオスプレイ万歳ではありません)

私が申しているのは、実際にはCH-47が使えないからオスプレイの支援を要請せざるを得なかった、といった、そんな深刻な問題は生じていなかったということであり、本当にそんな問題が生じていたなら、米軍のCH-47も運用停止にしなければおかしいというロジックを指摘したまでで、現実には起きていないことなのですから、正しいも間違っているも無いものです。

ですから、天木氏の見方はちょっと穿ち過ぎというのは私の感想です。

読売の記者はそんな戦略的なことは考えていない、何とか目の前で起きているオスプレイ使用批判を潰したい、ただそれだけの動機だったと思います。自分がかばってやったはずの政府(防衛省)から否定されるなんて思いもしなかったんでしょうけど。


何でもかんでも思い込み優先ですね

とおりすがりさん

> 日本は派生型のCH-47JAを使っていますが、米軍はDまたはF型です。
> 従って、JA型の問題がそのままD、F型で出るとは限りません。

自衛隊ではJA型よりもJ型の方が多数派ですよ。そして川崎重工のホームページにはこう書いてある。

『当社は1984年防衛庁より業者指名を受け、414型(D型)よりCH-47Jとして生産を始めました。1993年からは、燃料タンクを大型化する等の改良を加えたCH-47JA型の生産を行っています。』

設計はD型もJ型も同じなんですよ。
そしてJA型はアメリカではSD型に相当します。

というか、J型とJA型の差異の方が、D型とJ型の差異よりもはるかに大きいですから、J型もJA型も全機運用停止ということは、本来、CH-47全般に関わる相当に深刻な問題があったことを意味します。


> 次に、製造元のボーイングがこの件に対して何も
> コメントを出していないため
> 機体の根本的な設計ミスなどの問題ではないと判断できます。
> 従って、製造工程での問題や、F-15でも起きた経年劣化が起因の
> 可能性が高いです。
> 日本のCH-47は日本でライセンス生産していますから、
> 上記の2つであれば日本側の問題であり、アメリカ陸軍には
> 直接関係しません。

そうなると、川崎重工製の全ての航空機/ヘリコプターが運用停止にならなければおかしい。
CH-47だけなんて、もっとあり得ない話です。


> ここからは妄想ですが、今月のサミットで
> 要人輸送にCH-47を使う予定がありますから、
> それまでに対応機と予備機を含めて全部点検済みにして
> おきたかった可能性があります。
> そうであれば、問題自体が軽微なために、
> 米軍は点検を後回しにしてもよいと判断したとしても、
> 日本側が全機点検に入ったとしてもおかしくはありません。
> (まあ、妄想ですが)

概ねその程度の話なんですよ。
というか、問題というほどのものでもなく、せいぜい念のためという程度のものだったのに、それを平和ボケしている自衛隊は「一斉点検」なんて方法を採っただけのことでしょう。米軍は、もし問題を認識していたとしても運用停止などせずに、順次点検で済ませた、そういう話です。

つまり、真相は読売の虚報です。
そしてそれは、防衛大臣が会見で、『今般の、操縦系統に係る不具合が原因で、米軍のオスプレイの支援を、要請したというものではございません。』と明確に否定することで裏付けられています。

> あと
> >オスプレイを日本の支援に廻せたのだから、
> >米軍のCH-47は全機運用停止とはなっていなかった。
>
> オスプレイは海兵隊、空軍所属機で、CH-47は陸軍所属機です。
> 従って、陸軍も同じように全機運用停止になったとしても、
> 直接援助は求めないでしょう。
> 自前の他の輸送機やヘリを駆使して何とかします。

全くの机上の空論ですね。
数百機の大型輸送ヘリの代替手段なんて、アメリカ陸軍だって持っていません。
海兵隊が他国にオスプレイを貸し出すなんてもっての他ですよ。
米軍だって生身の人間がやっているんです。

というか、日本は別に海兵隊に支援を求めた訳じゃない。
アメリカ政府として、支援を決めるにあたって、陸軍がそういう状態の時に海兵隊のアセットを貸し出すなど、まともな政府のやることじゃありませんね。

> 仮に援助を求めたとして、海兵隊と空軍はアメリカ本土のあちこちの基地に
> オスプレイを配備しています。
> 日本に配備しているオスプレイの派遣を回しても
> 影響が出ることはないでしょうね。

あなたは米軍が打ち出の小槌でも持っていると思っているのでしょうか?
CH-47が飛べなくなったら、アフガニスタンのアメリカ陸軍は大変なことになる。
そこに一番近い代替手段は普天間のオスプレイですよ。


なるほど

白砂青松さん

軍事や戦闘機諸々に関しては浅い知識しか無いため、やや勘違いしたことを申してしまったようで謝罪します。
確かに、読売の言う通りならば『一部動かす』ではなくアメリカ含む全機を停止して点検すべき、というものですよね。まぁ読売の方は誤りというか嘘を並べていたようですが。

もし事実なら防衛省のバカさ加減を追及すべきですし読売の方はそんなに頭も良くない。
またオスプレイを引っ張り出して使うまでもないのはその通りで私も異論ありません。オスプレイは数人の家族の引っ越し程度の荷物しか運んでませんからね。

ご指摘ありがとうございます。

色々と残念なコメントですが…

>そうなると、川崎重工製の全ての航空機/ヘリコプターが運用停止にならなければおかしい。
>CH-47だけなんて、もっとあり得ない話です。

何で?
CH-47のローター部に問題があったんでしょ?
このローター部の部品を他のヘリに流用でもしない限り、
他のヘリに影響はないよね?

>全くの机上の空論ですね。
>数百機の大型輸送ヘリの代替手段なんて、アメリカ
>陸軍だって持っていません。

何で?
大型輸送機と貴方が一押しのUH-1やUH-60使えばいいんじゃないの?

第一、全機停止したのは「平和ボケした自衛隊」の判断だからで、
世界有数の戦闘国家のアメリカがそんな判断しないでしょ?
実際、自衛隊は熊本で飛ばしたんだし。

>海兵隊が他国にオスプレイを貸し出すなんてもっての他ですよ。
>米軍だって生身の人間がやっているんです。

意味がわからない。
「もっての他ですよ。 」も何も、今回日本の支援に飛ばしているんだけど?
海兵隊の誰かがそんな発言したの?
それともまたお得意の思い込み発言?
あるいは、実は君はアメリカの広報担当だったの?

>CH-47が飛べなくなったら、アフガニスタンのアメリカ陸軍は大変なことになる。

そりゃあ、任務大変になるけど、具体的にどんな影響がでるの?

>そこに一番近い代替手段は普天間のオスプレイですよ。

航続距離3500Kmしかないオスプレイを普天間からどうやって
アフガニスタンにまで移動させるの?

あなたが「色々と残念なコメント」を連発しているんですけど

とおりすがりさん

> >そうなると、川崎重工製の全ての航空機/ヘリコプターが運用停止にならなければおかしい。
> >CH-47だけなんて、もっとあり得ない話です。
>
> 何で?
> CH-47のローター部に問題があったんでしょ?
> このローター部の部品を他のヘリに流用でもしない限り、
> 他のヘリに影響はないよね?

あなたは自分が何を書いたのか忘れてしまったのですか?
残念な人ですねえ。

あなたは
>>機体の根本的な設計ミスなどの問題ではないと判断できます。
>>従って、製造工程での問題や、F-15でも起きた経年劣化が起因の
>>可能性が高いです。
こう書いたんですよ?

「製造工程での問題」なら、それは川崎重工全体の問題。従って、川崎重工製の全ての航空機/ヘリコプターが運用停止にならなければおかしいということになるんですよ。
だって、CH-47「全機」に問題があったなら、その調達期間から、川崎重工は30年にわたって製造工程に問題があったということになるんですから。それとも、30年間、たまに作るCH-47J/JAだけ製造工程に問題があったとあなたは言うの? 人も、機械も、設計も、全て変わっているのに?

あり得ませんね。

ちなみに、経年劣化については同じく調達期間が30年にわたるという点から、それで全機運用停止なんて絶対にあり得ないし、それは米軍にも同様に発生する問題だということは言っておきます。

> 何で?
> 大型輸送機と貴方が一押しのUH-1やUH-60使えばいいんじゃないの?

誰が大型輸送機だなんて言いました?
どちらも中/小型の多用途ヘリコプターでしょ。
熊本地震においては、そちらの方が役に立ったと言っているのであって、米軍にしてみれば、大型輸送ヘリが全機運用停止なんてことが起きたら、前線では大問題ですよ。

> 第一、全機停止したのは「平和ボケした自衛隊」の判断だからで、
> 世界有数の戦闘国家のアメリカがそんな判断しないでしょ?
> 実際、自衛隊は熊本で飛ばしたんだし。

そうですよ。
つまり、これは読売の虚報だということであり、オスプレイを使用させたのは、安倍晋三の政治宣伝以外の何ものでもないということです。

> 意味がわからない。
> 「もっての他ですよ。 」も何も、今回日本の支援に飛ばしているんだけど?
> 海兵隊の誰かがそんな発言したの?
> それともまたお得意の思い込み発言?
> あるいは、実は君はアメリカの広報担当だったの?

だから、読売の虚報だと言っているじゃありませんか。
日本の防衛大臣がそう言ってますよ。

自衛隊だって一斉点検はやっても3日後には飛行を再開していた。
問題が米軍に共通するものかどうか知りませんけど、その程度なら米軍はせいぜいローテーションで点検しただけだった、だから何の問題も起きなかったんです。

あなたは何が事実で、何が読売の虚報なのか、全く読めない残念な人なんですかね。

> >CH-47が飛べなくなったら、アフガニスタンのアメリカ陸軍は大変なことになる。
>
> そりゃあ、任務大変になるけど、具体的にどんな影響がでるの?

どこかで敵対勢力が攻撃を仕掛けてきた時に、すぐに援軍を送れないじゃありませんか。
大問題ですよ。

> >そこに一番近い代替手段は普天間のオスプレイですよ。
>
> 航続距離3500Kmしかないオスプレイを普天間からどうやって
> アフガニスタンにまで移動させるの?

米本土で製造されたオスプレイがどうやって普天間までやってきたのかも想像がつかないんですね、あなたは。
ちなみに、中東に展開している米陸軍のヘリコプターの中で、米本土から飛べるような航続距離を持つ機体なんて、一つもありはしませんよ。


返す返すも残念な人

>「製造工程での問題」なら、それは川崎重工全体の問題。

何を言っているのかね?

>従って、川崎重工製の全ての航空機/ヘリコプターが運用停止にならなければおかしいということになるんですよ。

なりません。
製造上の問題が特定のラインに限られることはよくある話です。
トヨタでもホンダでも、ある特定車種で問題が起きたからと言って、
全ての車種がリコールされることはありませんね。

>だって、CH-47「全機」に問題があったなら、その調達期間から、
>川崎重工は30年にわたって製造工程に問題があったということになるんですから。

なりません。
製造中に所謂4M変更と呼ばれる様々な変更は随時行われます。
こんなことは製造業の常識です。

>それとも、30年間、たまに作るCH-47J/JAだけ製造工程に問題があったとあなたは言うの? 

顕在化していなかった、新規の部品や運用によって
明らかになる問題があります。
思い込みだけで
「有り得ませんね」
なんてことを断言する人は、製造業の素人だと断言できます。

>> 航続距離3500Kmしかないオスプレイを普天間からどうやって
> アフガニスタンにまで移動させるの?

>米本土で製造されたオスプレイがどうやって普天間まで4>
>やってきたのかも想像がつかないんですね、あなたは。

あなたも、普天間からどうやってオスプレイを運ぶのかを
考えていないのですね。

>ちなみに、中東に展開している米陸軍のヘリコプターの中で、
>米本土から飛べるような航続距離を持つ機体なんて、一つもありはしませんよ。

そんな当たり前のことドヤ顔で言われてもねぇ。

製造業をナメるな

とおりすがりさん

> >「製造工程での問題」なら、それは川崎重工全体の問題。
>
> 何を言っているのかね?

品質管理のイロハですよ。

> >従って、川崎重工製の全ての航空機/ヘリコプターが運用停止にならなければおかしいということになるんですよ。
>
> なりません。
> 製造上の問題が特定のラインに限られることはよくある話です。
> トヨタでもホンダでも、ある特定車種で問題が起きたからと言って、
> 全ての車種がリコールされることはありませんね。

あなたが実際のリコール情報なんて一度も確認せずに書いているのがバレバレですね。
まず、あなたの言うリコールのケースが「製造工程」によるものなのか「設計」や「部品」によるものなのか、全く確認していないでしょう。特定車種だけの問題というのは、通常は設計や部品が原因なんですよ。そして、その場合には製造箇所に関係なくリコールの対象となる。つまり、この場合なら米軍のCH-47D/SDも運用停止の対象となるということです。

一方、製造工程の問題なら、それは多数の車種にまたがるんです。トヨタのホームページをみてごらんなさい。リコール情報の中には対象が20車種を超えるものだってあるんですよ。
そして、その典型的な例が今回の三菱自動車の燃費データ不正。
燃費を測定するという工程に不正があったと報道された時、当初は4車種(うち2車種は日産分)だけだったのに、私の知る限りでは、それが平成14年以降に登録された三菱の国産車30車種のうちの27車種まで拡大した。

工程というのは、その会社の思想を表しているのですから、ある製品について工程上の問題が発生すれば、それは全ての製品に通じる可能性があると考えるのが品質管理の基礎のキです。

> なりません。
> 製造中に所謂4M変更と呼ばれる様々な変更は随時行われます。
> こんなことは製造業の常識です。

自分で自分の首を絞めたことにも気がつきませんか?
だから、それにも関わらず「全機」運用停止にしなければならなかったんでしょ。
様々な変更が行われていたはずなのに、30年間にわたって製造された製品に問題があったというなら、それは会社の根本的な製造思想に問題があったということで、その製品以外の製造工程にも問題があるということを意味する。
25年にわたって不正を行っていた三菱自動車がその典型例。
それこそ製造業の常識です。
4M変更などと、知ったかぶりをしたところで、地に足が着いていないあなたの言葉など説得力ゼロですよ。

> 顕在化していなかった、新規の部品や運用によって
> 明らかになる問題があります。

だったら、それは米軍のCH-47にも共通する問題です。
米軍のCH-47には問題がなかったと言いたいなら、「新規の部品や運用」で明らかになんてなっちゃいけないんです。
それとも、その「新規の部品や運用」が川崎重工の製造工程のある部分とだけ干渉したと言いたいの?
じゃあそれが他の製品に発生しないとどうして断言できるの?
どっちにしてもあなたの言っていることはデタラメもいいところです。

> 思い込みだけで
> 「有り得ませんね」
> なんてことを断言する人は、製造業の素人だと断言できます。

そっくりそのままお返しします。
「有り得ない」のは、あなたの思い込みがモノ作りの基本から完全に逸脱しているからです。
あなたが、モノを作り売ったことがないことなど、皆さんお見通しですよ。

> あなたも、普天間からどうやってオスプレイを運ぶのかを
> 考えていないのですね。

自明の話じゃありませんか。
大型輸送機で運ぶか、給油しながら運ぶか。
ちなみに、今回のサミットにあわせて、アメリカ軍はオスプレイを日本まで運んできていますよ。

> そんな当たり前のことドヤ顔で言われてもねぇ。

その当たり前のことが理解できていないのがあなたのこの発言です。

『航続距離3500Kmしかないオスプレイを普天間からどうやって
 アフガニスタンにまで移動させるの?』

今更ドヤ顔だなんだなどと言うなら、この質問自体があなたの品性下劣さの象徴ってことです。

基礎過ぎですね

普通に民間旅客機も長距離なら途中で給油のための離着陸をする。
戦闘機ならば空母を用意するなり燃料を積み込む場所もあるし移動がマッハ(モノによるが)。
普通の貨物輸送機すら何トンもの燃料を積載し数時間飛行可能。

ヘリはやや軌道が特殊だが白砂青松さんのおっしゃる通り長距離移動手段は存在する。
…これくらいは素人にもわかる。てか書いてたこと食い違いすぎて気の毒だ。

Josephくんへ

>一方、製造工程の問題なら、それは多数の車種にまたがるんです。
>トヨタのホームページをみてごらんなさい。
>リコール情報の中には対象が20車種を超えるものだってあるんですよ。

彼に共通フレームを使って多種の車の開発をしているトヨタの場合と、
ライセンス生産している今回の場合の違いを説明してあげてください。


意味不明

なぜ私に要求するのか、さっぱりわからない。他人に押し付ける理由は何?わかっているならば自分でやればいい。

前の方に書いたけど私は政治的観点ではない軍事(軍事機器やそれの製造、構造など)は本当に基礎的なことしか知らないから。
私は軍という戦争や殺人手段に用いるものに関しては「知らない」ことを恥とは思わない。けど、無知なせいで迷惑かけたなら謝罪することと書かれた内容を学ぶ姿勢を忘れないよう心がけてる。それは前のコメントに書いてる。

というか私は航空機、輸送機諸々の輸送手段を書いた理由はとおりすがりとは名ばかりの君に対して気の毒に思ったからだけど。
書き込んだ内容が矛盾してるのはそっちなんだから

責任というものと無縁の生き方をしているんでしょうね

とおりすがりさん

> 彼に共通フレームを使って多種の車の開発をしているトヨタの場合と、
> ライセンス生産している今回の場合の違いを説明してあげてください。

ホント、おバカさんですね。
「共通プラットフォーム」なるものを持ち出した時点で、それは製造工程ではなく「設計」だ、即ち米軍のCH-47も全機運用停止だと主張することになってしまうことにも気がついていない。
ライセンス生産など、それこそ「共通プラットフォーム」の際たるものですよ。

で、知ったかぶりして相変わらずトヨタのホームページも見ていないでしょう。

==
『カローラなど 21車種のリコール』
助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の成型工程が不適切又は成型後の吸湿防止措置が不適切なため...
https://toyota.jp/recall/2013/0411_2.html

対象の車種はカローラ系(小型セダン等)、アルファード(ミニバン)、マークII(中型セダン)などなど。

==
『ノア、ヴォクシーなど 16車種のリコール』

(1)エンジンの燃料パイプにおいて、加工ばらつきによる強度評価が不足していたため...
(2)エンジンの高圧燃料ポンプにおいて、チェックバルブ(逆止弁)締結部ガスケットのばらつきによるシール性評価が不足していたため...
https://toyota.jp/recall/2011/0126_1.html

対象の車種はノア(ミニバン)、RAV4(SUV)、ビスタ(セダン)などなど。
==

どこが「共通プラットフォーム」なんでしょうね。
製造工程の問題であるなら、部品の形状が違っていたって、同じような問題が生じるってことです。


【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】

12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。


記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、
告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。


埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。その後、一般財団法人埼玉県警察福祉協会 理事に。
処分を受けずに天下り?
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html



【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人 (警察学校長 小河進 副校長 岩淵敏雄)を業務上横領で刑事告発
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297533.html

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt


具体的に

>ライセンス生産など、それこそ「共通プラットフォーム」の際たるものですよ。

具体的な例を出して詳細に説明してください。
それだけで、あなたが思い込みに従って適当なことを
言っているのかがよくわかります。

もちろん、説明しないという選択肢もありです。
その場合は、具体的な例を挙げられないので
思い込みだけで記事を書く人だという私の説を補強してくれます。


別エントリに書いてさしあげました

とおりずがりさん

『作り話に執着する人 ー 自分のプライドが一番』
http://whitesand0715.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

をご覧下さい。

> 具体的な例を出して詳細に説明してください。
> それだけで、あなたが思い込みに従って適当なことを
> 言っているのかがよくわかります。

何を言いたいのかさっぱりわかりません。
私は、製造業の常識、品質管理の常識を述べているだけです。

> もちろん、説明しないという選択肢もありです。
> その場合は、具体的な例を挙げられないので
> 思い込みだけで記事を書く人だという私の説を補強してくれます。

さてさて、防衛省が私の言っていることを支持しているのに、どこに「思い込み」呼ばわりする余地があるんでしょう。

で、これだけのことを書いたのですから、まさかこのままダンマリということはないでしょうね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム