プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

こういう国は没落する ー 君が代教


先日、オリンピックに出場する日本選手団の壮行会があったそうですが、そこで森元首相が、君が代を歌えないような選手は代表ではないとか、暴言を吐いたそうです。

--
森喜朗氏が「国歌歌えない選手は代表でない!」と壮行会で苦言
2016.7.3 23:49

 8月5日開幕のリオデジャネイロ五輪に出場する日本選手団の壮行会が3日、東京都内で開かれ、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「国歌を歌えない選手は日本の代表ではない」と苦言を呈する場面があった。

 壮行会で国歌斉唱・国旗掲揚の後、あいさつに立った森会長は、壇上に上がった選手の服装を指して「赤いブレザーと白いズボン、これは何を意味しますか。まさに日の丸です」と強調。「先ほど国歌の斉唱があった。どうしてみんなそろって国歌を歌わないんだ」と指摘した。

 その上で「選手の皆さんにお願いしたいのは、口をもぐもぐしているだけでなくて、声を大きく上げて、表彰台に立ったら国歌を歌ってほしい」と要望した。


http://www.sankei.com/sports/news/160703/spo1607030028-n1.html
--

たかが歌が歌えるか歌えないかで、日本の代表ではないなどとどうして言われなければならないのか。
極端な話、歌なんぞ覚える暇があったら、練習をして来た人達だからオリンピックに出られるような選手になれたというのに。

こういう、実利よりも思想を優先させるような国は必ず没落する。
こんな思想が根底にある以上、日本は海外からの移住を積極的に受け入れられず、このまま人口が減り続けて、全てが縮小して行くことから逃れられません。

ちなみに、森元首相は、この時にラグビーの日本代表を引き合いに出したそうですけど、それこそラグビーなんて国籍に関係なく、3年その国でプレーしていれば代表選手になれる
旧英連邦諸国なんて、選手が行ったり来たりして代表になっているので、国歌がどうのなんて言うはずもない。アジアでは強豪の部類に入る香港やUAEの代表なんてほとんどが外国人、しかも母語は英語という選手ばかりで普段の生活も英語なのに、中国語やアラビア語の国歌がちゃんと歌えるとは思えない

そういう客観的な事実は知っているはずなのに、その知識はどっかに抜け落ちて、感情の赴くままにこういうことを言う。
こんな自民党が政権を握り続けている限り、日本の没落は止まらないでしょう。

なお、この壮行会で選手が君が代を歌わなかったのは、プログラムが最初から「国歌独唱」だったからです。

言いがかりもいいところってことでした。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 特高警察復活ですか ー 自民党の思想統制 | ホーム | 従わなければ偏向認定 ー 自民党による教育現場の思想調査 >>


コメント

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】





【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】


12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。


記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、
告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。


埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。その後、一般財団法人 埼玉県警察福祉協会 理事に。

処分を受けずに天下り?
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html



【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人 (警察学校長 小河進 副校長 岩淵敏雄)を業務上横領で刑事告発
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297533.html

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt


出ましたね。相変わらず好きですねこのネタ。
まあ森氏は頓珍漢ですからね、別に私も歌わなくても構いませんね。
ただ逆に選手として、そんなに国旗、国歌が嫌いな人が日本代表なんて耐えられるのですかね?
優勝なんてすれば、国歌が流れる中で国旗が掲揚されるのですからね。私なら耐えられない。

ちなみにラグビー日本代表の外国人は全員、君が代唄えますし、試合前唄っていましたよ。

日の丸は好きですが君が代は嫌いです

元は恋歌という有力な説もあるようですが、メロディにしても、まあ、つまんない歌ですからね、君が代。歌いにくい歌だし。
あれを一所懸命必死に歌うのはネトウヨだけです。

古来短歌を詠って来た民族として「国歌みたいなものは持たない」という立場もあっていいのにと思います。

私は日の丸・君が代の押しつけが嫌いでも日本代表の試合は見に行けますけど

うーんさん

> ただ逆に選手として、そんなに国旗、国歌が嫌いな人が日本代表なんて耐えられるのですかね?
> 優勝なんてすれば、国歌が流れる中で国旗が掲揚されるのですからね。私なら耐えられない。

簡単な話でしょう。
アスリートにとっては、自分の身体的能力をフルに使って最高のパフォーマンスを示すことが、最も重要なのであり、そのために日本という舞台を選んだだけなのですから。
私が日本代表の試合を見に行けるのと同じですよ。


> ちなみにラグビー日本代表の外国人は全員、君が代唄えますし、試合前唄っていましたよ。

全員が意味まで理解しているとは思えませんね。
代表になるまでの日本在住期間が短く、日本語が使い切れない者も沢山いたはずですから、発音だけ丸暗記ということでしょう。
そして、記事にも書いたように、UAEや香港では、彼らは普段から英語のみで生活できて、アラビア語や中国語をあえて学ぶ必要がないのですかrあ、国歌なんてまず歌えないと思いますよ。

だいたい、そもそもそんなに国旗国歌に思い入れがある人が、他国の代表チームに入るなんてことがあるはずがないじゃありませんか。

少し話がズレますけど、フィギュアスケートのペア選手で高橋選手と組み世界選手権でメダルを取った、カナダのマーヴィン・トランという選手がいました。彼らのペアは、全日本選手権では4連覇するくらいで、日本では敵無し。ソチオリンピックに間に合うように、国籍を取得させられないか、といった話もありましたが、最終的には高橋選手とのペアを解消して、この話は立ち消えになりました。
彼が、オリンピックに出ることに執着していたなら、カナダのような競争の厳しいところではなく、日本を選んだでしょう。
ソチには間に合わなくても、平昌には間違いなく出られたでしょうから、いろいろな理由があったのでしょうけど、そこまでオリンピックに終着していなかったんでしょう、彼は。




トランについて

白砂青松さん

例のバカウヨは無視するとして、マーヴィン・トランのことは極めて複雑なんで例に向いてないと思います。
日本は国籍にうるさすぎること、国籍放棄、高橋の怪我による連続欠場、重なってしまい自身のスケートをするには解消するしか無くなってしまったんですよ。

だから今はアメリカにて市民権を得てアメリカで別のパートナーとやってます。
というかペアはアイスダンス以上にパートナー選びが難航する競技なんで国籍や市民権変えて度々変わるのは普通すぎることだから、オリンピック以前の基礎的な問題です。何回も変わって変わってやっと出会うものです。国を含めて。

実際にペアのために日本からロシア、日本からアメリカに渡る女性が多いのは日本ではペアを出来るだけの身長体重がある男性が居ないためであり、連勝するのも競争相手が全然いないからです(無論実力が無いわけではありません)。

EU間ではパートナー探しが楽なのですが、それでも国を変えたら一年休みは世界共通であり、トランはそれも踏まえています。
まぁ日本は政府もその辺無関心で無知だから、こういう常識を知らずに『カンボジアに行った猫ひろしの一年休み』を忘れて騒いだ前科ありだから視野は広くあるべきですね。

選手にとってそれぐらいのものであるなら、歌の一節覚えるくらいたいそうなことではないですね、オリンピックに執着しているのであれば。
押し付けられるのが嫌なら辞めればいいじゃない日本代表を。
歌うのが嫌な人が、耐えられますかね、国旗掲揚と国歌の演奏に?

あと森氏が言ってるだけで、実際押し付けられているわけではないし、さらに言えばこの選手団の中に歌えない人や歌いたくない人なんているのかね?

ラグビー日本代表は意味も教えていたみたいですよ。それを理解するのが大切だとの事みたいです。

自分の国の国旗や国歌に執着しているわけではなく、国旗や国歌というものの重要性をわかって、尊重しているのではないですか?ラグビー日本代表の人たちは。

ブログ主さんの日本代表戦を見に行くのと、優勝しての国旗掲揚と国歌の演奏では全く違うと思いますよ。自分のために流れているわけですからね。
ブログ主さんの場合ただ見に行ってるだけ、もしくは相手チームの応援ではそんなに気にならないでしょうし、聞きたくなければ聞かなくてもよいしね。

その通りですね

Josephさん

> 例のバカウヨは無視するとして、マーヴィン・トランのことは極めて複雑なんで例に向いてないと思います。

その通りです。
ですから話は変わるけどと一応書いたつもりだったんですけど。

> 日本は国籍にうるさすぎること、国籍放棄、高橋の怪我による連続欠場、重なってしまい自身のスケートをするには解消するしか無くなってしまったんですよ。

そうです。
でも、どんなことがあってもオリンピックに出たい、という強い願望がもしあったとしたら、彼の場合は日本国籍を取るのが一番手っ取り早かったろうな、とも思うのです。
しかし、日本国籍に取るには我慢しなければならないことが多すぎた。
それらを押し殺してまで日本国籍に拘るべきではない、という判断だったのではないか、と私は考えているわけで、Josephさんと認識は同じだと思いますよ。


> だから今はアメリカにて市民権を得てアメリカで別のパートナーとやってます。

そのようですね。
まずまずの成績を残しているようですけど、アメリカやカナダでは競争が厳しく、日本のように簡単にオリンピックには行けそうにないのも事実ですよね。
彼にとっては、「オリンピック出場」だけが至高の目標ということではない。自分のやりたいスケートとか、オリンピックにただ出場することよりも優先度が高いいろいろなものを持っているということでしょう。



選手に恥をかかせたことを忘れてませんか?

うーんさん

> 選手にとってそれぐらいのものであるなら、歌の一節覚えるくらいたいそうなことではないですね、オリンピックに執着しているのであれば。

時間の無駄でしょう。

> 押し付けられるのが嫌なら辞めればいいじゃない日本代表を。
> 歌うのが嫌な人が、耐えられますかね、国旗掲揚と国歌の演奏に?

たかが旗と歌でしょ。
そんなものに「耐えられない」ようなメンタルの人が一流のアスリートになれるのものですか。

> あと森氏が言ってるだけで、実際押し付けられているわけではないし、さらに言えばこの選手団の中に歌えない人や歌いたくない人なんているのかね?

森は十分に押し付けているじゃありませんか。
そして公の場で、自分達の行いを批判されたのですよ、選手達は。いわば恥をかかされたわけです。
君が代がどうの以前の問題として、厳しい練習に耐えて来た選手に対するリスペクトが全く見られないではないですか。
それを喜ぶ選手なんて、それこそ一人もいないと思うし、「森先生のおっしゃる通りです」なんて言う選手がいたとしたら、よく日本代表になれたなというくらいの驚きですよ。

で、一流のアスリートたちを公衆の面前に恥をかかせてもかまわない、そんな風に人(この場合なら森)を思い込ませてしまうような危険性が、君が代にはあるということ。
それがこの問題の本質なんですよ。

> ラグビー日本代表は意味も教えていたみたいですよ。それを理解するのが大切だとの事みたいです。

試験でもやって、不可だったら日本代表から外すんですか(苦笑)?

> 自分の国の国旗や国歌に執着しているわけではなく、国旗や国歌というものの重要性をわかって、尊重しているのではないですか?ラグビー日本代表の人たちは。

私が決めつけることじゃありませんけど、ラグビーの世界の常識とはかけ離れているでしょうね。
国歌などはただのセレモニー、そんなに重要なものじゃない、だからUAEや香港の代表は英語圏やフランス語圏の出身選手が大多数などという現象が起きるのですよ。

> ブログ主さんの日本代表戦を見に行くのと、優勝しての国旗掲揚と国歌の演奏では全く違うと思いますよ。自分のために流れているわけですからね。

日本人選手の中には自分のため、みたいに考える選手がいる可能性は否定しませんけど、所詮、国歌演奏は国際試合を演出するためのただのセレモニーですよ。
ちなみにラグビーの場合は国歌が流れるのは試合前です。
優勝して国旗掲揚と国歌演奏というのは見たことがありません。まあオリンピックではやるでしょうけど。

逆に、オリンピックでは試合前には演奏しないつもりですかね。だとしたら、ますます国歌なんてどうでもよくなるでしょうけど(苦笑)。

> ブログ主さんの場合ただ見に行ってるだけ、もしくは相手チームの応援ではそんなに気にならないでしょうし、聞きたくなければ聞かなくてもよいしね。

選手も同じですよ。


バカウヨはスポーツを見ない

白砂青松さん

私はこの間のバンクーバーオリンピックくらいまで結構なフィギュアスケートマニアだったので、つい口出ししたくなってしまいました。
最も、私は日本の選手には興味が無く、ヨーロッパや北アメリカ、中国の選手が好きでJ-Sportsにも加入していました。でなきゃ日本では様々な国の選手を見れませんし。好きな選手が次々引退して頻度は減りましたが今もチェックはしてます。

それはそれで、でもだからこそ言えるのはこの手のバカウヨはスケートのヨーロッパ選手権や各国国内大会、または欧州サッカーもメジャーリーグも、まして日本の代表が居ないスポーツは何一つ見ないからマヌケで恥ずかしい発言をするんですよ。
欧州サッカーもメジャーリーグも、色んな国から色んな人が集まってチームを構成する(それこそイチローとか永島とか日本人を含む)。その国の国歌を無理矢理歌う場面など見たことありません。

歌いたい人は歌えばいいし、歌いたくないなら歌わなくていい、といった感じですね。まぁメジャーリーグでは時々有名な歌手が星条旗を『独唱』してますけど。

私が好きな競泳の表彰式でも、国歌に割とうるさい中国の選手も歌わない人いますからね。
こういうバカウヨは『日本は天皇を中心とした神の国』と抜かし衆議院解散になった支持率史上最低総理の森が大好きなんですよ。天皇本人は強制しないのに、バカバカしい。

耐えられたり耐えられなかったり、全部あなたの都合ですね。

選手が恥かかされたって、恥かいたの森氏なんでしょ。斉唱と独唱が分からないってことで。

だいいち選手が「恥かかされた」なんて言っていたんですか?

喜んで歌うわけないなんてあなたの勝手な妄想でしょ。
優勝して国歌が流れて、涙したとかいう記事は良く見るけど。

ラグビーの話はあなたが、
>外国人だらけだから歌えない「はず」。

>日本代表の外国人は歌えますよ。
ブログ主
>全員が意味まで理解しているとは思えませんね。

>意味も教えているみたいですよ。
ブログ主
>試験でもやって、不可だったら日本代表から外すんですか(苦笑)?

思い込みで書いているのがよく分かりますね。

ホント、国旗国歌の話は脊髄反射的に書くことが多いですね。





にわかラグビー評論家の方へ

ラグビーは所属協会主義という制度を取っています。完全に正確な表現ではないのですが、簡単に言うと代表資格は国籍よりもむしろ「どこの国でプレーしているか」を重視します。こうなった経緯は帝国主義時代の名残でもあり、別に高尚な理想から派生したものではないのですが、現実としてそうなのです。世界最強のニュージーランド代表選手の中にも、アイランダーと呼ばれるトンガ、フィジー、サモアにルーツを持つ、あるいは国籍を持つ選手が含まれていることも多い。そしてアイルランド代表は歴史的にアイルランド共和国と英国領北アイルランドの選手が混在していることもあり、ダブリンでゲームが開催される時以外は試合前のセレモニーでも国歌ではなく、ラグビーアンセムと呼ばれる Ireland's Call という曲が演奏されます。

日本代表に目を移して見ると、1999年の第4回ワールドカップあたりまでは国歌を歌ってる選手はほぼいません。林も、大八木も、平尾も、吉田も、堀越も、元木も、増保も、だーれも歌ってませんよ。まぁ推測ですけど、2002年の日韓ワールドカップあたりからでしょ、スポーツのセレモニーで「国歌歌うのが当たり前」みたいな風潮ができたのは。ラグビー会場でも「国歌斉唱しよう!」みたいに促す輩が出だしたのもその頃だし。あなたみたいなネトウヨの勃興と並んで国歌歌うのが当たり前みたいな気持ちの悪い風潮がラグビーの世界にも押し寄せてきたってことです。

なるほど

反維新さん

確かに昔のラグビー映像見てても国歌の演奏はありませんね。

私はクラブや研究等の関係でドイツ、中国、イギリス、フランス、アメリカ、アフガニスタンの国歌を歌えますがバカウヨは意味なんか覚えられないし、まして歌も覚えられない。

きっとバカウヨ世界の中では日本の外では一切生きていけませんね、だって『国歌至上主義(笑)』だから歌えなきゃ追い出されちゃう世界に住む謎の生命体ですからね。
アメリカは国旗(星条旗)を焼く自由が認められてるのも知らないっぽいし。

『バカウヨ妄想世界の中でのみ生きていられる』

かわいそうな話(笑)

恥をかかせるつもりだったのでしょ

うーんさん

> 耐えられたり耐えられなかったり、全部あなたの都合ですね。

私は「耐えられなかったり」なんてことを言ったことはないはずですけど。
たかが歌じゃありませんか。

> 選手が恥かかされたって、恥かいたの森氏なんでしょ。斉唱と独唱が分からないってことで。

いいえ。
それが指摘されたのは後のこと。
少なくとも、その場では選手に恥をかかせていますよ。「歌を歌わない者は日本代表ではない」と。

> だいいち選手が「恥かかされた」なんて言っていたんですか?

森が言っているでしょ。
選手がどう感じたかなんて関係ないんですよ。
公衆の面前で、歌を歌わない奴がいる、そんなことは許さない、といって恥をかかせたのは間違いないんですから。

だいたい、森の目的はなんです?
要は「日本代表の選手はみんな君が代を歌う」ということにして、選手を君が代の広告塔にさせようってことでしょ?
つまり、今後、彼らが歌わなければ意味がない。
では、歌わない者を歌わせるにはどうするか。
歌わなかったら「恥をかかせるぞ」と脅す。
それが今回の森の発言。

つまり、恥をかかせる目的だったのが、あの発言なのであり、独唱か斉唱かなんて、森やそのお仲間、そしてあなたにとってもどうでも良いことだったってことですよ。

> 喜んで歌うわけないなんてあなたの勝手な妄想でしょ。
> 優勝して国歌が流れて、涙したとかいう記事は良く見るけど。

私は、そういう人が一人もいない、あるいは一人も「喜んで歌うわけない」なんて一言も言ってませんよ。
話をねじ曲げないで下さい。

問題は、歌う気の無い選手にまでそれを強制することじゃありませんか。
あなたは、喜んで歌わない選手なんているわけない、と論証しなければならないんですよ。
だって、日本代表なら耐えられないはずだ、というのがあなたの主張なんですから。

> ブログ主
> >試験でもやって、不可だったら日本代表から外すんですか(苦笑)?
>
> 思い込みで書いているのがよく分かりますね。

何が思い込みなんです?
実際に試験でもやって日本代表から外しているんですか?
意味まで教えていると言っているのがあなたなんですから、きちんと論拠を示して下さいよ。
理解できていない選手は日本代表から外したと。だって耐えられないんでしょ?
それができなければ「思い込み」はあなたですよ。

ちなみに、ラグビー基本的に対抗戦が基本で優勝を決めるという発想がありませんから、優勝して国歌演奏ってのはやらないんですよ。

> ホント、国旗国歌の話は脊髄反射的に書くことが多いですね。

あなたのそれが脊髄反射にしか見えません。
そんなに、日本代表選手を広告塔に使いたいのですか。

ホント、選手に対するリスペクトの欠片もありませんね。


もともとラグビーは国旗・国歌と縁遠いスポーツですよね

反維新さん

コメントありがとうございます。
もともとラグビーは一対一の対抗戦で勝敗を決することを重視し、1987年にワールドカップが始まるまでは一つの大会で世界一を決めるといったことはやっていませんでしたから、「優勝して国歌演奏」なんて発想が入り込む余地はなかったんですけどね。
おっしゃる通り、英連邦諸国では選手の国籍と所属チームはマッチしていないのが、昔から当たり前でしたし。それに比べたら日本代表が多国籍化したのはつい最近(ここ20年くらい)のこと。
ご当人は、そういう経緯は全くご存知ないのでしょう。

> 日本代表に目を移して見ると、1999年の第4回ワールドカップあたりまでは国歌を歌ってる選手はほぼいません。林も、大八木も、平尾も、吉田も、堀越も、元木も、増保も、だーれも歌ってませんよ。

そうでしょうね。
ただまあ、1983年のウェールズ戦のあと、ある雑誌に「アームズパークに流れた君が代」という記事が載り、その中で選手が「君が代はいい」「涙が流れた」と答えていたのも事実です。ちなみに選手は全員日本人でしたが。
勿論、選手によってそういう感じ方をするのは自由、それで歌いたくなったら歌えばいい、そういう話です。

>あなたみたいなネトウヨの勃興と並んで国歌歌うのが当たり前みたいな気持ちの悪い風潮がラグビーの世界にも押し寄せてきたってことです。

歌いたいと思う選手が歌うのは一向に構わない。
でも、とにかく全員で歌えみたいな風潮は本当に気持ち悪いです。

少なくとも、ラグビーの世界標準からは外れているのは間違いないでしょうね。

15人制と違って、7人制は2日間で優勝チームを決めますから、優勝して国歌演奏ということもあり得るとは思います。
ただ、これまで国内、海外で何回か7人制の国際大会を見た事があるのですが、私の経験では一度もありませんでしたね。
試合前の演奏も、決勝戦前にやるかどうか、でしょう。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム