プロフィール

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

中国・韓国へのコンプレックス丸出し ー 産経のオリンピック報道(1)


リオデジャネイロ五輪が終わりました。
まあ、いろいろ批判はあるとしても、五輪が世界一のスポーツの祭典であることは間違いなく、日の丸君が代の押し付けには辟易しますけど、そこで日本人が活躍する姿は、見ていて好ましいものがあります。

本来、五輪で頑張ったの選手であり、別に日本が偉いわけでも何でもないのですが、とにかくそういう捉え方をしないと気が済まない、全ては日本の国威発揚のためのネタという報道っぷりなのが、産経のような御用マスコミ。

そして、それだけでは飽き足らずに、中国や韓国を貶めるネタとしてまで五輪を利用しています。

見ていて恥ずかしくなってしまいます。

--
仏選手がゴール前で相手を沈めて失格に 中国ネットでは白人批判に転化「白人の素養はこんなに低いのか」 オープンウォーター/リオ五輪
産経新聞 8月17日(水)8時23分配信

 リオデジャネイロ五輪のオープンウォーター女子で、メダルを巡るフランス選手の行動が「常軌を逸している」として、中国のインターネット上で話題になっている。

 批判を浴びているのはフランスのオレリ・ミュレ。10キロを泳いだ15日のレースで、ミュレはゴール前、ラケーレ・ブルニ(イタリア)と激しく銀メダルを争っていた。

 ブルニの手がゴール板にタッチしようとした瞬間、ミュレは信じられない行動に出た。腕でブルニの手を押さえただけでなく、身体ごとのしかかって水中に沈めた。力業を使って2位でゴールしたのだが…。

 英語表記でマラソン・スイミングと呼ばれる競技は、位置取りを巡り、選手同士がバトルを繰り広げている。10キロの長丁場で審判もすべての違反はチェックできないため、腕を引っ張ったり、水中でケリを入れたりは日常茶飯事という。

 しかし、テレビカメラがその瞬間を捕らえる五輪の舞台、しかもゴール間際とあっては度が過ぎた。審判団はすぐにミュレの失格を決定した。

 銀メダルを手にしたブルニは「あのフランス選手は私をつかんで水中に沈めた。私がゴールできなくした。審判が正確なペナルティーを科してくれてとてもうれしい」と語ったという。

 ミュレのコーチはフランスのテレビ局に対し、「審判の判断は拙速過ぎた。これは本当に最悪の結果だ。スポーツの試合はこのように、永遠に不公平で不運がつきまとう」と不満を口にした。

 一方、中国のインターネット上では、身勝手なミュレの行動や陣営の主張をきっかけに、「白人の素養はこんなに低いのか」などと白人批判が展開されている。

 ある投稿者は「白人は最悪の種族だ、中国人は彼らにいじめられている。スポーツ界では彼らは種族の優越性を吹聴している。黒人選手が彼らを超えると圧力をかける。中国人が彼らを超えると圧力をかける。ルールを改正し、中国の出場人数を制限し、時には圧力をかけて中国選手の得点を抑える」と、白人コンプレックスをさらけ出している。(五輪速報班)


http://www.sankei.com/rio2016/news/160817/rio1608170050-n1.html
http://www.sankei.com/rio2016/news/160817/rio1608170050-n2.html
--

私はその場面は見ていませんけど、フランスの選手がそういうことをしたなら、批判されて当然だと思います。
で、なんでそれが中国人が「白人コンプレックスをさらけ出している」ことにつながるのでしょう。しかもそれが例えば「新華社」のようなところが書いている、というならまだしも「中国のインターネット上では」でしょ。

こういう報道をしたいなら、中国以外のインターネット上ではそんな書き込みは全くない、あるいは中国だけに大量に見られる、という事実があることを論証しなければいけないはずですけどね。

でも、実際には日本のネット上にも同種の書き込みはゴマンとある
競歩で日本人選手が失格になりかけた時、やはり白人による差別みたいな書き込みはいくらでもあった。

そういう事実を何ら省みることなく、他国を貶めることだけを目的にしているとしか思えないこんな記事を、よく書けるものだと、ある意味感心します。

でも、産経の暴走はこれだけにとどまりません。

続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 中国・韓国へのコンプレックス丸出し ー 産経のオリンピック報道(2) | ホーム | どっちもどっち ー 日韓挑発合戦 >>


コメント

ファンとしては

私は競泳男子の孫楊ファンである以上、予測可能だったサンケイのバカなど見るだけ時間が勿体無いんで一切スルーしてました。てか『日本人だから』とかいう『スポーツナショナリズム』自体が大っ嫌いなんですけどね。
競技によって応援する選手違うのに日本人が日本人がで他の情報は英語で探さないと見つけられない。
サッカーにしろ他にしろサンケイはバカ丸出しなんでスルーした方が良いと思いますよ。

オープンウォーターは海で泳ぐ以上、室内の競泳と違い風が波に強く影響するため、場合によっては身体が思うようにいかないことも多々あります。
しかし水泳競技は国とか無関係に練習を同じ場所ですることも多いので選手同士の繋がりは強く、終われば握手したりハグする光景が見られます。

ま、確かに白人優位は男子110mハードルのルール変更(劉翔の優勝後)、冬季五輪のスキージャンプのルール変更(日本人による表彰台独占後)に見られますから、中国のネットユーザーの気持ちは理解出来ますよ。
選手や競技のファン以外には何にも理解出来てないでしょうけどね

あんた

あんた、世に出るべきだ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム