プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

これがあなた方の信じる日本人のあるべき姿ですか ー 蓮舫氏の台湾籍問題


民進党の代表に選出された蓮舫議員に対して、「二重国籍だ〜」「経歴詐称だ〜」と大騒ぎしている人々がいます。

その先頭に立っているのが「アゴラ」というところらしい。

--
蓮舫氏の経歴詐称疑惑は深まった
2016年09月06日 21:40
池田 信夫

先週の八幡和郎さんの記事をきっかけにアゴラが報じてきた蓮舫問題は、われわれの予想どおりの結果になった。事実関係については八幡さんと私がこれまで書いた通りなので繰り返さないが、彼女の記者会見には不審な点が多い。
(略)

http://agora-web.jp/archives/2021287.html
--

何が経歴詐称なのでしょう?
詐称というのは、本人に嘘という自覚があって初めて成り立つもの。

公選法でやってはいけないこととされているのだって、「虚偽」を語ることであり、虚偽というのはあくまでも本人がそれが事実ではないと認識しているもののことです。

で、出生の経緯から二重国籍となり未成年のうちに日本国籍を選択した蓮舫代表は、中華民国籍を抜いたかどうかを正確に把握すべき立場にはない。台湾に籍が残っていたとしても、それは親と台湾側の問題でしかありません。
加えて外国籍からの離脱は、日本の国籍法でも努力規定でしかないのですから。

こんなものを問題に「経歴詐称」と騒ぐ方がどうかしています。

明らかに虚偽の事実を語っていた安倍晋三の留学話の方が間違いなく経歴詐称です。

で、結局、言い出しっぺの目的は売名行為だったようですね。
自分の名前が広まらないのはおかしいと文句を言っています(呆)。

--
アゴラも夕刊フジも私の名前も報じないマスコミはおかしいのでは
2016年09月07日 08:20
八幡 和郎

蓮舫さんが二重国籍問題について昨日の記者会見で、自分は17歳のときに(先週の土曜日には18歳といっていた)父親とともに役所に出向き日本国籍選択宣言をし(従来は母親が自分と一緒といっていた)、引き続き台湾の代表処に行って国籍離脱手続きをしたつもりだが台湾が分からなかったので自信がない(20歳にならないとできないはず。また、子供の頃台湾で毎年二ヶ月くらい過ごしていたのでまったく分からないわけではなかったはず。また、書類はもらわなかったのは不自然)ので、昨日、改めて離脱手続きをしたので国籍はあったとしても抜けた(あるかないかも分からない籍を抜くという手続きがあるのか。また、手続きをしたとしても即刻発効するとは思えないが)とした。

ここに来て、夕方のニュースで民放各社も控えめながら報道し、NHKもようやく朝になって報道した(さすが北京電視台東京支局だ。すべてのニュースを見ているのでないので新聞も含めて情報をコメントお寄せいただければ幸い)。

ところで、この問題を私、アゴラ、夕刊フジがいつどのように論じ始めたかは、ネット上に残っているのでしっかり整理して投稿するが、テレビや新聞が「ネットで指摘」などといい加減なこと書くのは許せない。「八幡和郎」「アゴラ」「夕刊フジ」と明記すべきだ。それにFBで読者がみんなで情報提供をしたことで追い詰めたこともだ。

ちなみに、そもそものことの起こりは、東京都知事選挙で蓮舫さんが有力候補といわれていたときに、東京五輪の顔として名前なども日本人らしくなく、これまでの言動からも忠誠度に問題がある人が知事に最適とは思えないという議論を展開したのが始まりだ。

そののち、代表選に出るというので、名前のことなど問題にした。みんな蓮が名字で舫が名前で本名だから仕方ないと思っていたのだが、村田蓮舫なのにその名前を使うべきだと思ったということもあった。

また、アメリカでも生まれながらの国民であることを憲法で要求しているのだから、さすがに首相は原則そうであるべきでないかということもいっていた。その過程で、夕刊フジに記事を掲載するにあたって、国籍取得時期などについて記述予定内容で間違っていないか蓮舫事務所に確認をとったところ、回答を引き延ばされたので、これはおかしいと思って詳しく調べ始めたのである。ただし、二重国籍だとか決めつけたことは一度もない。

http://agora-web.jp/archives/2021296.html
--

書いてる内容もグダグダである上に、最後のパラグラフは大嘘

「アメリカでも生まれながらの国民であることを憲法で要求しているのだから、さすがに首相は原則そうであるべきでないか」って、蓮舫代表の場合、アメリカなら紛れもなく生まれながらの国民ですよ。
たまたま彼女が産まれた時は、日本が父系主義なんていう時代遅れの国籍法を持っていたから。アメリカなら、母親がアメリカ人なら間違いなく生まれながら国民です。

そもそも、国籍が一つでなければならないという前提からしておかしい
今の世の中、親の国籍が同一ではない子供なんて大勢います。
その子供たちに国籍を選べなどと強要するのは、父親と母親どちらかを選べと強要するのと同じ。それこそ子供の人権に対する重大な侵害だと私は思いますけどね。

くだらないことにこだわって、それがどんなに他人を傷つけていることにもわからない自称「純粋日本人」たち。
自分で自分たち日本人の評価を下げているってこともわからないのでしょうか。

ちなみに、自民党政権は二つの中国を認めていない。
「台湾籍」というものを蓮舫代表が持っていたとして、自民党が「二重国籍だ〜」と騒いだとしたら、それはそれで面白い話だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 図に乗って墓穴を掘った差別主義者 ー アゴラの八幡和郎 | ホーム | 与党の政治家を甘やかすネット右翼 ー NHK貧困女子高生報道 >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム