プロフィール

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

どこの国の首相ですか ー 安倍晋三


トランプ大統領は、我々の常識から見れば無知としか言いようのない現状認識で、他国を非難し、とんでもない政策を連発しています。
既に関税はゼロにしているのに、日本の自動車市場が不公正であるかのようにふれ回ったり。

ただそれは、相手の譲歩を引き出すために意図的にビーンボールを投げている気配もないわけではありません。

--
トランプ氏、自動車産業の雇用増要請=安倍首相、首脳会談で協議へ

 トランプ米大統領が28日の安倍晋三首相との電話会談で、日本の自動車産業が米国の雇用創出にさらに貢献するよう要請していたことが30日、分かった。個別の貿易分野で早くも要求を突き付けてきた格好で、首相は来月10日に予定されるトランプ氏との初の首脳会談に向け、トヨタ自動車首脳と会談するなど準備を急ぐ。

 政府関係者によると、トランプ氏は電話で、日本の自動車業界が米国外で進める工場建設の在り方に懸念を示す一方、「米国として(日本企業の)進出を後押ししていきたい」と語った。
 これに対し首相は、日本の自動車業界が既に米経済に貢献している現状を説明したが、来月の首脳会談で引き続き協議することになったという。
 首相は来月3日に、トヨタの豊田章男社長と東京都内で会談する方向で調整している。トランプ氏がメキシコ新工場建設をめぐりトヨタを批判した経緯を踏まえ、自動車業界の今後の対応や首脳会談で日本として主張すべき内容について意見交換する。

(略)

(2017/01/30-19:02)


http://www.jiji.com/jc/article?k=2017013000633&g=pol
--

そのトランプ大統領と間もなく首脳会談を行う安倍は、どうやらこのビーンボールで最初から腰が引けているようです。

--
安倍首相:トランプ大統領と米経済への貢献協議、雇用・インフラ整備
延広絵美
2017年2月1日 12:14 JST

 安倍晋三首相は1日午前の衆院予算委員会で、トランプ米大統領との首脳会談では、米国の雇用やインフラ整備などへの日本の貢献について協議する考えを明らかにした。自民党の茂木敏充政調会長の質問に答えた。
 首相は首脳会談では、これから日本が「米国の産業界全体の生産性の向上」や「競争力の強化」、「雇用」にどのような貢献をしていくのか、トランプ氏が示しているインフラ整備に「日本がどういう形で協力していくことができるか」など「大きな枠組みにおいてしっかりと話をしていきたい」と述べた。
 協力関係を深めることで、「両国とも大きく成長していくことを示すものにしていきたい」と指摘。トランプ氏とは「しっかりと腰を据えて、いわばがっぷり四つで話し合っていきたい」とも語った。
 安全保障に関しては、「日本に対する攻撃には米国が必ず報復する、それが抑止力になる」と明言。首脳会談を通じて「トランプ大統領の間でこの同盟関係が確固たる信頼関係の上に成り立っているということを内外に示す」と話した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-01/OKOCCL6S972901
--

アメリカの「雇用」にどのように貢献するかなんて、そんなことを考えるのが日本の首相のやるべきことなんですかね。

まず考えるべきはジャパン・ファーストであるはずなのに。

この調子で年金資金をアメリカのインフラ整備に突っ込み、自衛隊をアメリカの戦争に加担させて戦場に送り込むんでしょうね。

でも、それでアメリカ大統領からイイコイイコと言われれば、それで自分の権力は盤石となるので大満足。

それが安倍なのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 関税って誰が払うものか知らないの? ー アメリカ大統領 | ホーム | トランプ支持者は現実を見ようとしない ー ケント・ギルバートの牽強付会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム