プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

当然のことですが ー 南スーダンPKO撤収


政府が南スーダンに派遣しているPKO部隊の撤収を発表しました。

そもそも駆け付け警護を命じなければならないほど治安状態がよろしくないなら、PKO参加5原則に合致していないのは自明の話なのですが、政府は撤収の理由は治安状態ではないと強弁しています。
でも、治安じゃないというなら、それは日本はもうこれ以上南スーダンに対して支援することはない、と言っているのと同じなんですけどね。

ま、撤収そのものは良かったと言えるでしょう。安倍や稲田の自己満足に自衛隊員の命がかけられていたのですから、その方がよっぽど異常でした。

で、この撤収の決定を受けて、以前にこのブログで紹介していたような人たちは何と言うのでしょうね。

--
稲田辞任!ありえない。それより南スーダンに自衛隊を医療班付きで増派せよ!
山田順 | 作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー
2/19(日) 19:49

(略)

そもそもなぜ、自衛隊は国連のPKOに参加し、南スーダンに行ったのか? それを思えば、問題解決は、南スーダンに平和を確立し、住民を戦火から救うこと以外ありえないではないか。
しかも、この派遣を決めたのは、旧民主党政権である。つまり、野党はこの問題を政府と一緒になって苦しむ責務がある。追及するだけで、ええカッコをするのは、現地で命を懸けてミッションを遂行している自衛隊に唾を吐くことに等しい。

(略)

すでに国連も「大虐殺が起こる可能性がある」と、何回か警告を発している。それなのに、ここで撤退する。そんなことをしたらどうなるか、考えてみてほしい。
→『南スーダンで民族浄化、国連委、大虐殺を警告』(産経新聞 2016.12.02)
http://www.sankei.com/world/news/161202/wor1612020016-n1.html

(略)

いま、日本がすべきは、十分な医療班付きの野戦部隊を南スーダンに増派することだろう。憲法9条が、いかに日本人の心を卑しくしているか、政治家とメディアは真剣に考え直すべきだろう。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20170219-00067876/
--

この人以外にも、撤収しろというのは、南スーダンの住民を見殺しにするつもりなのか、といったことを声高に叫んでいた自称保守の連中は大勢いました。
さて、この人たちは、安倍退陣を求めてデモにでも繰り出しますか?

まあやりませんよね。
彼らにとっては南スーダンも自衛隊も、所詮は自己満足のための遊び道具でしかないのですから。

+++++

しかしながら、なぜこのタイミングでの撤収なのか。

森友学園に端を発する一連の安倍スキャンダルを隠すためだと見るのが妥当なところでしょうね。
安倍の本当のお友達である加計孝太郎氏にどんな便宜を図っていたかまで、クローズアップされそうになっていましたから。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 高潔さとは無縁の男 ー 森友スキャンダルの安倍晋三 | ホーム | マジで隊員が足りない ー 自衛隊の本音 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


仲間の安全を守る自分

戦時、軍隊は切実に兵士の個人力を必要としていますから、連戦連勝の場合、兵士は戦友を信頼し充実感を持ち続けられます。マシンガンを持ち仲間の安全を守る自分の個人力を確信することができます。 拝読ブログ: 『夢遊病者たち』1・2 クリストファー・ク...


 ホーム