プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「無いもの」じゃないでしょ ー 森友問題の辻元氏ネタ


籠池理事長の暴露によって追い詰められた安倍は、なんとか話をそらそうと、籠池夫人がメールに書いた辻元議員が不法侵入したとか、かつて働いていた作業員がスパイだったとか、そんな話を持ち出して、「無いものは無いと証明できないんだ!」と自分たちを正当化しようとしています。

確かに、安倍首相夫人が寄付を渡したかどうかは、籠池理事長も第三者がいない場所だったと証言していることから、それを「無い」と証明するのは難しい。

でも、辻元議員の話は全く違う。
だって、あの議員の視察の際には、議員一人で行ったわけじゃない、密室でもなんでもない、衆人環視の下、それこそ産経新聞のような御用マスコミだって、あの視察の取材には行っていたはずの中で起きたこと。
もし本当に不法侵入したなら、産経の記者が嬉々として安倍にご注進しているはずじゃありませんか。
実際、籠池夫人も今は自分は見ていないとはっきり言っているし、スパイの話も当事者が全く議員とつながりがない上に、問題が起きる何ヶ月も前のこととわかっている。

つまりこの辻元ネタは、現実に起きたことと籠池夫人とのメールの間に明確な齟齬があるという事実が「在るもの」のであって、決して「無いもの」なんかじゃ無いのです。

一方、安倍首相夫人の場合は違う。
偽証のリスクを認識してなお、籠池理事長があのように証言しているのですから、「無い」というなら、同じ土俵でそれを証言すべきだし、随行者も全く目を離さなかったというなら、そのように証言させるべきです。

その上で、「無いものは無いと証明できない」と主張すべき。

それをやろうとしないのは、後ろ暗いことがあるから。
そう考えるのが自然です。

スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 教育基本法に反することなど無い ー 安倍政権の教育勅語 | ホーム | 籠池理事長の偽証告発は自民党へのブーメラン ー 森友スキャンダルの稲田朋美 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム