プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

これが共謀罪の世界 ー 御用新聞読売の暴挙


加計学園問題で、いい加減な調査で逃げ切ろうとした安倍自民党政権でしたが、とうとう再調査に追い込まれました。

しかし、その過程で異常な行動をとったのが読売新聞。
前川前次官が告発する直前に、前次官のプライベートを暴露する記事を1面に掲載するという、ゴシップ紙も真っ青な所業に及びました。

読売新聞は、これを自社の取材に基づくものだ、公共性のあるものだと強弁していますが、そんな言い訳を信じる人など、安倍信者以外にはいませんでしょうね。

そんな公共性がある話なら、前次官が現役の間にこういう記事は掲載されなければ意味がない。すでに民間人になった前次官が以前に何をしていたかなんて誰も興味はない。
もし、そこに公共性があるというなら、まさに今、前次官が政権に楯突く証言をしている点とのリンクしかない。言ってみれば、どこからの情報提供か、語るに落ちるをやっているのが読売新聞です。

そしてこの記事は、政府に楯突くとどうなるか思い知れという安倍やその支持者からの警告でしょう。

共謀罪が成立すれば、政府は気に入らない人物のプライバシーをまず嗅ぎまわり、当人の周囲にこれは共謀罪の捜査だと臭わせる。
そして、それでも黙らないなら、こうやって御用新聞を使って、犯罪にもならないことでも、いかにも何か後ろ暗いことがあるかのように世間にふれ回る。

そういう目に遭わされたくなければ黙れ、です。

これをやるのに、何の証明もいらないということは、今回の前次官の記事でも明らか。

言い換えれば、これが共謀罪成立後の世の中となるのだということを、読売が一足早く見せてくれたとも言えるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 正義は権力で潰せるのだ ー 安倍政権の副大臣 | ホーム | こういう行為こそ言論テロ ー 安倍の「いいね!」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム