プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

権力のおこぼれにあずかろうという乞食根性 ー 日本維新の会


もともと胡散臭い政党ではありましたけど、共謀罪制定において、彼らのとった行動は、公害レベルの悪臭を放っていると言って良いようなものでした。
議員ならまず政府に説明させることを優先すべきなのに、野党議員を貶めることばかりに血道をあげていたのが維新の議員たち。

そうやって、自民党に媚びを売って、権力のおこぼれ頂戴という根性なのでしょう。

--
維新・東議員激怒!民進、共産の「国会戦術は卑劣」 参院法務委員会で質問打ち切り
6/16(金) 16:56配信 夕刊フジ

 日本維新の会が、民進、共産両党に激高している。維新の東徹(あずま・とおる)参院議員が13日の参院法務委員会で質問中、民共両党が不意打ちのように金田勝年法相の問責決議案を提出したため、東氏の質問が打ち切られたのだ。国民の代表である国会議員の質問権を奪う行為。東氏が夕刊フジに激白した。

 「(民共両党の)国会戦術はひど過ぎる。卑劣だ!」

 東氏はこう怒りをあらわにした。

 当初、東氏は民進党の「充実した審議」「13日に採決しない」という主張に賛同し、自民党筆頭理事に掛け合っていた。当日、十分な準備をして法務委員会に臨んだ。

 「私の順番が回ってきて、質問を始めて1、2分で『(民共両党から)問責決議が出ました』といわれた。初めは、何が起こったのか分からなかった。『何を言っているんだ、私が質問しているときに!』と。委員会は散会となった。民共両党は質疑が終わっていいかもしれないが、私たちにも質問する権利がある。そりゃないでしょ。本当怒りましたよ」

 翌14日の参院本会議。東氏は、民共両党が提出した金田法相への問責決議案の反対討論の冒頭、通告時間を超過し、長時間の賛成討論を行った民進党の福山哲郎幹事長代理に対し、「議会のルールぐらい守れ!」と一喝した。

 民進党の蓮舫代表は、金田法相の問責決議案を提出した13日夜、東京・日比谷で開かれた集会で法案廃棄を訴えた。

 東氏は「民進党は『充実した審議』と言っていたのに、あのやり方は許せない。蓮舫氏は代表としてきちんと審議をさせるべきだ」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000003-ykf-soci
--

充実した審議をというなら、20時間にも満たない審議時間しか取ろうとしない自民党の委員会運営に文句を言うべき。

そして、自分の質問時間が削られたことに文句があるなら、与党にもっと審議時間を取るように要求し、それができないなら反対すると言えば良い。
自分の質問ができなかったと民進党や共産党に難癖をつけているくせに、平気で賛成できるということは、質問なんてできなくても、どうでも良かったってことを白状しているようなもの。

それくらいの頭もないのでしょうか、維新の議員は。

スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

<< 自衛隊は自分たちの私兵 ー 安倍政権 | ホーム | トカゲの尻尾を探し出しました ー 安倍政権の大臣 >>


コメント

もうちょっと見直した方がいい

最近のあなたの書き込みは内容がなさ過ぎし、
はっきり言ってつまらない。
煽りにすらなっていない。

賛同するコメントや「いいね」の数を見れば、
これが自分だけの乾燥でないのは明らかだ。

何か別のことに夢中になっていて、
義務感でブログを書いているんだったら、
一度休んだ方がよい。
それくらい、ここ最近の内容はひど過ぎる。

そんなことないよ。

数少ないまともなブログです。

私もとおりすがりさんの意見には賛同しかねます。
ただの言いがかりでしょう。

ご意見ありがとうございます。

とおりすがりさん

> 最近のあなたの書き込みは内容がなさ過ぎし、
> はっきり言ってつまらない。
> 煽りにすらなっていない。

まあ個人が好きでやっていることですから、つまらないとおっしゃられましても限界がありまして。
ご意見は承りましたが、もともと個人の感想を書いているまでで、煽っているつもりもありませんし。

でも、急にこんなことを書いてくるなんて、安倍政権批判だけなら問題なかったのに、維新をネタにしたからなんでしょうかね?

> 何か別のことに夢中になっていて、
> 義務感でブログを書いているんだったら、
> 一度休んだ方がよい。

私はこれで食べているわけではないので、リアルな生活に左右される面は確かにあります。
最近は仕事が忙しいから、なかなか文章を整える時間がなく、ネタをいくつも捨ててしまっているのは事実。
でもそれは、逆に義務感なんかじゃなくて好きでやっていることの証でもある。

申し訳ありませんが、今後も自分のペースで続けさせていただきます。

そして、こんな拙いブログをチェックしてくださる皆さんに改めて御礼申し上げます。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム