FC2ブログ

プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者に責任をなすりつける経営者 ー 働かせ放題法

与党が強引に成立させた高度プロフェッショナル制度に対し、竹中平蔵パソナ会長は、こんなことを言っていたそうです。

--
「時間に縛られない働き方を認めるのは自然なことだ。時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人に残業代という補助金を出すのも一般論としておかしい」
「(高プロを提唱した)産業競争力会議の出発点は経済成長。労働市場をどんどん改革しなければならず、高プロはその第一歩だ。」
「時間ではなく成果で評価する高プロで、労働生産性を上げるインセンティブは間違いなく働く」

 東京新聞6月21日付「残業代ゼロ」=「高プロ」導入是非は

http://blogos.com/article/305938/
--

はっきり言って無茶苦茶ですね。
というか、産業という分野での労働者としてまともに働いたことのない人の妄言と言うべきでしょう。

そもそも「時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人」などという物言いが、労働者を見下している。
労働者が残業をするのは、基本的に経営者が必要なマンパワーを用意できていないから。
つまりは、経営者の怠慢が主因なのに、それを労働者に責任をなすりつけているのですから、とんでもない話です。

だいたい、生産性の低い労働者は残業なんてしません。
仕事が残っていても定時になったらサッサと帰ります。
そして、必要なマンパワーを手当てしないまま仕事だけを押し付けてくる経営者の尻拭いをするために残業をさせられるのは、仕事に対する責任感の強い、生産性が高い部類に入る労働者がほとんどと言って構いません。

つまり、この人が言うような前提は最初から起きていない。
この制度は、仕事ができる責任感の強い社員を残業代を払うことなく倒れるまで働かせることができる制度に他なりません。

加えて、「時間ではなく成果で評価する高プロ」なんて大嘘もいいところ。
この制度に成果で評価するなんて仕組みは一切組み込まれていない。
職務の内容が明確な場合に限るとか言ってますけど、そのボリュームは経営者が勝手に決められるのですから、最初からとても週40時間じゃ到達できないような「成果」を求めることだって可能。
しかも、仕事には普通は他組織の人間が絡むもの。
自分は高プロの対象者なんだから、お客さまの勤務時間なんて知ったことか、こっちが働いていない時間に問い合わせとかされたって答える必要などない、なんて言えるわけがない。

労働時間が決められているというのは、皆がその時間なら働いているはずという推測が成り立つから、組織を跨いだ仕事が円滑に進められという側面だってあるのです。

政府やこの竹中会長のような人々は、労働者は高プロ適用を断ることができるとか、断っても不利益な扱いは禁止されているとか言いますけど、現に残業している労働者を生産性が低い人と、事実を捻じ曲げて見下しているのですから、全く説得力がない。
高プロ適用を断った労働者は「生産性が低い」との烙印を押すと言っているようなもの。

必要なマンパワーを揃えるだけの十分な付加価値を創造できるビジネスモデルを構築できない経営者の能力不足が原因なのに、それを労働者の生産性の低さの所為にして、日本の産業を支えている責任感のある労働者を、倒れるまで働かせる。
そのための高度プロフェッショナル制度としか言いようがありません。

スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

| ホーム | 真実を知らせなければ自民党支持者になる ー 麻生大臣 >>


コメント

うんうん。
竹中さんは嫌いだけど…
使えない奴の言い分じゃん?

使えないのに勘違いしているっていう…
どのようにどれだけ会社に貢献してるの?
経営者の立場で計算してみて
奴隷さん

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。