プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

衆議院が解散されましたが


民主党という泥船から逃げ出そうとする議員の情けなさ、ただ勇ましいことを言うだけで何もできないことが実証済みの安倍を表に立てる自民党の無責任さ、そして、権力を握るためには自らの基本政策すら平気で捨て去る自称「第三極」の無節操ぶり。
それらに呆れているうちにドンドン時間が過ぎている、というのが現状です。

あれが「なんちゃって脱原発」だったことは、冷静に橋下の言動を見ていた人々には最初から見抜かれてはいましたが、「小異」を捨ててあっさり石原とくっつき、その一方で、自分達の変節を棚に上げて、他の「第三極」政党の顔に泥を塗りまくる。

こういう政党の離合集散ばかりが報道されるのが、この国にとって良い事ではないことは確かでしょうが、石原・橋下らの実務能力の欠如を皆に知らしめてくれているという一定の効果もあるとは言えそうです。

減税日本にしろ、みんなの党にしろ、あれだけ橋下に虚仮にされたのですから、これでまた共闘するなんていったら、彼らが議席確保のためなら魂でも売る連中(実際にはそうでしょうけど)だと更に知らしめることになるので、さすがに無理でしょう。

結局、石原にしても橋下にしても、ほとんどその場の思いつきのようなノリで好き勝手なことを言い、自己陶酔に浸るのが目的で政治家をやっているようなものですから、それに振り回される周りはたまったものではない。
そうなると、いくら笛を吹いたところで、ごく一握りの「忠臣」しかまともに動かないから物事がロクに進まない、そんな結果が訪れるであろうことは容易に想像がつきます。
で、その停滞をまた「官僚による支配の実例」みたいなキャンペーンのネタにするんでしょうね、この人達は。

でも、いい加減、人々も気が付くのではないでしょうか、「アイツ、何もしていないじゃないか」と。

そうすると、そうなった時に無能な政治家を退場させられるような環境を保持して行くことが重要となり、結局、何かというと「国家」を持ち出して国民の様々な権利や自由な活動を制限しようとする「極右」政治家、石原、橋下、安倍などが率いる党に権力を握らせないことが重要かなと思う次第。

あれこれ考えてみましたけど、自分の方向性としては、やはりそういうことになりますね。

スポンサーサイト

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

<< そんなに政権放り出しをなかったことにしたいんですね>安倍総裁 | ホーム | 自分達だけがスーパーマンと思い込む滑稽さ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム