プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

そんなに政権放り出しをなかったことにしたいんですね>安倍総裁


自民党の安倍総裁が、かつて政権を放り出した「事実」を指摘される度に、「信者」が噛み付いているようです。

--
ナイナイ「安倍さんお腹痛くて逃げた」 ラジオで発言、わずか50分で謝罪
2012/11/16 15:42

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(42)と矢部浩之さん(41)がラジオ番組で「お腹痛いって言って1回逃げた」と自民党の安倍晋三総裁を揶揄する一幕があった。
怒ったリスナーから苦情のメールが来て、番組内で謝罪に追い込まれた。総裁就任時にも安倍総裁の首相辞任を揶揄するコメントが問題になったことがあり、今回それが再燃してしまった形だ。
「しっぽ巻いて逃げた人ですよね、お腹痛い言って」
2012年11月16日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)は、オープニングから政治の話で始まった。野田内閣の解散で各テレビ局の番組編成が大幅に変わり自分たちも巻き込まれた、という話から「日本のトップは変わりすぎ、次は誰なのか」という流れになり、岡村さんが「安倍さんって1回しっぽ巻いて逃げた人ですよね」と発言。矢部さんが「お腹痛い言って」と言うと、岡村さんも「お腹痛い言って。その人がまたワーって言うてはる」と乗っかった。さらに矢部さんが「お腹治ったから」、岡村さんが「治ったからまた今度行くぞみたいなことかもわかりませんけど、もうええわ」と言い、続いて矢部さんが「またお腹痛くなるかもしれんけどね」、岡村さんが「(首相)やったらね。やりはったらいいんでしょうけども」と話した。
そのおよそ50分後、リスナーからのこんなメールを矢部さんが読んだ。
「番組冒頭で安倍さんってお腹痛くて辞めた人でしょ、という発言に対して、病気で辞めて完治して再度党首になった方に、またお腹痛くなって辞めるかも知れないという発言はいかがなものでしょう」
これを聞いて岡村さんは「…すいませんでした。申し訳ございません。すいませんでした」と平謝り。矢部さんも「ジョークのつもりやった」とフォローした上で、「失礼しました」と謝罪した。
「それぐらいで謝るの…」リスナーはナイナイ擁護
安倍総裁の首相辞任については、総裁就任翌日の12年9月27日放送「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、コメンテーターの田中雅子さんが「お腹痛くなって辞めちゃったということで…」と話し、司会の小倉智昭さんも「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」と口を挟んだ。しかし安倍総裁が患っていたのは厚労省指定の難病「潰瘍性大腸炎」で、腹痛に苦しんでいたのはこのためだ。
難病を揶揄するような発言に批判が相次ぎ、10月1日放送回で小倉さんがお詫び、頭を下げるという結果になった。
また、ツイッターでは9月26日、来代正文徳島県議が安倍総裁について「何時投げ出すんですか!?今度の理由は下痢から便秘ですか?」と投稿して物議を醸した。来代県議はツイッターアカウント閉鎖に追い込まれてしまった。
このように、安倍総裁の病気を揶揄することは最早タブーのようになっている。今回のナインティナインの発言についても、インターネット上で「自分も病気で仕事してなかったくせに安倍さん馬鹿にしとる」「これは潰瘍性大腸炎罹患者だけでなく、難病指定の病気に罹患している人を皆揶揄してるようなもんだしね」「無知なヤツが政治を語るな」などと批判されている。
ただ、リスナーは「それぐらいで謝らなきゃいけないんだ…」「深夜ラジオにまでクレーム入れてくるやついんのな」「芸人なんだから多少の毒はあって然るべきだとは思いますが」などと書き込んでおり、ナインティナインを擁護する人が多い。

http://www.j-cast.com/2012/11/16154278.html?p=all
--

そもそも、以前逃げだ時の理由は「小沢さんがウンと言ってくれないから」だったはずなのに、後から「病気」と言い出したんですよね。
それもただの腹痛じゃなくて「難病」だそうで(苦笑)。

そして、今、その「職場放棄」を指摘すると「難病を揶揄」したことになるんですって。

確かに病気に苦しんでいる人に対して、その病気そのものをからかうかのような発言は問題でしょうけど、仮に病気で辞めたとして、その事実を指摘することのどこが「揶揄」なんです?
「揶揄」どころか、その人が首相という激務に耐えられるか否かを判断するための重要な情報ですよ。

だいたい、この安倍信者さん達の言っていることには、どう見ても矛盾がある。
一方では、ただの腹痛では無い、難病だと言い張り、他方では完治したと言う。
そんなに簡単に完治するような病気のどこが「難病」なんです?
そんなにすばらしい薬があるなら、それを使えば皆が完治できるはずじゃありませんか。

安倍サイドの言っていることには、3つの嘘が混じっている可能性がある。

1 前回職場放棄したのは病気のせいだった。
2 病気はただの腹痛ではなく難病の潰瘍性大腸炎だった。
3 現在は完治した。


この2と3が両立するという時点でかなり無理がありますが、いずれも本人の申告しか根拠は無く、どれか一つでも嘘が混じっているなら、嘘をついているという点も含めて、首相には不適格とすべき人材でしょう。

というか、本当に潰瘍性大腸炎で辞めたなら、その時にそう言うべきだったし、そもそも、そんな身体で首相になろうとしたことが間違い。その辺りの判断力も含めて、最初から首相には不適格な人材なんですけどね。

で、私は彼が潰瘍性大腸炎で辞めたとは思っていません。政権運営の行き詰まりで職場放棄したと認識しており、次も同じことをするだろうと予想しています。

勇ましいことを言うだけ言って、いざ自分が対処すべき場面になったら逃げる。
その行動パターンはネトウヨ君そっくり。
「信者」が一生懸命庇うはずです。

スポンサーサイト

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

<< ネトウヨレベルの脳しかもたない安倍総裁 | ホーム | 衆議院が解散されましたが >>


コメント

擁護とかではないのですが、
③の完治した、というのは間違いで、症状を抑える薬なんだそうですね。今大丈夫、というのは
以前は認可されてなかったからとのことです。

なので、再発する可能性はありますし(というか完治してないので再発は適切ではないカモ)
健康面で不安があるというのは仰るとおりですね。

しかし個人的には、問題は「病気を理由にやめた」ということと
「病気を理由に叩く」あり方だとおもうのです。
政権運営が上手く行かなかったから辞めた、政権運営が上手く行かなかったから叩く、のが正しいのであって、
病気をはさむそれ自体がおかしいと思うのです。
それはあまりにも子供じみてるというか・・・。
難病の人はいい迷惑だと思います。

夏休みの宿題をやったけど家に忘れてきました的な、
ダメならダメでちゃんとダメでしたというべきだし、
それをどうフォローして次につなげるかが、大人の対処ではないかなと思うのです。

それを国民が是とするか非とするかが選挙なのですし・・・。

Re: タイトルなし

8時半の男さん

> ③の完治した、というのは間違いで、症状を抑える薬なんだそうですね。今大丈夫、というのは
> 以前は認可されてなかったからとのことです。

いずれにしろ、信者さん達の申告のみですから。

> なので、再発する可能性はありますし(というか完治してないので再発は適切ではないカモ)
> 健康面で不安があるというのは仰るとおりですね。

首相という激務に就こうという者がそれでは困る、彼が病気で辞めたなら、それを指摘するのは当然の行為と私は思います。

> しかし個人的には、問題は「病気を理由にやめた」ということと
> 「病気を理由に叩く」あり方だとおもうのです。

誰も「病気を理由に叩く」なんてことはやっていないと思いますよ。
「病気を理由に辞めた」人が、また同じ職務に就こうとしていることを問題視しているだけでしょう。
あるいは、その「病気を理由」にした行為がウソくさい、そこに政治家としての不適格性があると指摘しているだけです。

> それはあまりにも子供じみてるというか・・・。
> 難病の人はいい迷惑だと思います。

難病の人が迷惑しているとしたら、安倍の行為そのもの方でしょうね。
病気を出汁にし、「難病」が簡単に「完治」するものだという間違った印象を世間に振りまいているのですから。

> それをどうフォローして次につなげるかが、大人の対処ではないかなと思うのです。

病気の人を頭から排除するつもりは全くありませんが、やはり、病気ではその持てる才能を十分に発揮できない可能性が高くなる。だから、そういう人には病気の仕事への影響が最小限で済むような職種に就くよう勧める、それが「大人の対処」ではないかと私は考えています。
むしろ、いくら当人が大丈夫だと言っても、病気の人に大きな負荷をかけて、それで病状が悪化したりしたら、そういう配置をした管理者は訴えられることも覚悟しなければならない、少なくとも民間企業の管理職はそのリスクを避ける方向で仕事の割り振りを考えるでしょうね。

> それを国民が是とするか非とするかが選挙なのですし・・・。

それはその通りですけど、その判断材料となるための情報発信を制限するのは、公正な選挙を邪魔する行為ではないでしょうか。


こんにちは。お返事ありがとうございます。
モニタの前でウンウンと頷く部分多々ありました。

>あるいは、その「病気を理由」にした行為がウソくさい、そこに政治家としての不適格性があると指摘しているだけです。

この一文が自分の欲しかった言葉でした。上手に言葉が出てこなかったもので・・・。
本当に本当に病気であれば、矢面に立たずとも仕事は沢山あるわけですし。

そうやって突っ込まれるのは当然だと思います。それは病気を揶揄するとかではありません。
なのに、「難病」というフィルターを通ったら
「触ってはいけない」となるいうのもおかしな話ですよね。
(ただ、テレビに出ているコメンテイターの論調は単に安倍憎し一辺倒で、
桂南光さんなんかは顔をゆがめて罵ってましたから、さすがにあれは)

難病って、症状のメカニズムは解明されてますが、発症の理由が分からないものが大半で、
特に現代人の「ストレス」による体の変調が大きく影響しているといわれています。
国家の宰相たるやそのストレスは想像できません。
今はいいお薬があるといっても、では、いざそのストレスに耐えられるのか。
国家運営が上手く行かなくても、病気を理由にいつでもやめられるじゃないか。
誰だってそう考えますもんね。

一方で、では、誰が適任だったのかなあというご意見も
お聞かせいただけたら幸いです。
(IFの話なので論じること自体ナンセンスですが・・・)

誰であっても彼よりマシだったでしょう

八時半の男さん

> 一方で、では、誰が適任だったのかなあというご意見も
> お聞かせいただけたら幸いです。
> (IFの話なので論じること自体ナンセンスですが・・・)

適任と言えるかどうかはわかりませんが、彼の後始末をした福田さん、麻生さん、そしてその後の民主党政権の各首相。あるいは小泉さん以前の自民党政権の歴代首相。
誰であっても、彼よりはマシだったと言えるかと思います。

彼程恵まれた環境で政権を引き継いだ人はいないと言って良いにもかかわらず、自分の道楽のようなことにうつつを抜かして現実にマッチした政権運営ができずに支持率を急落させ、あんな形で政権を投げ出した人など、他にいませんから。



おはようございます。お返事ありがとうございます。

周りの人ががんばってくれることを心から願うばかりです・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム