プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

駆け付け警護をやらせなくて良かったんですか? >ヒゲの(元)隊長さん


ゴラン高原に派遣されていた自衛隊のPKO部隊が撤収/帰国しました。

安全上の理由で撤収したのは初めてのことでしたが、さて、これがイラク戦争の時の復興支援部隊だったらどうだったでしょう。あの時は、実際に迫撃砲などを撃ち込まれても撤収しませんでしたよね。

--
ゴラン高原PKO部隊帰国 家族ら「お帰りなさい」
2012/12/31 21:20

 イスラエルとシリア国境のゴラン高原での国連平和維持活動(PKO)に参加していた自衛隊の隊員33人が31日、成田空港に帰国した。大半は北海道の陸上自衛隊第2師団の所属で、便を乗り継ぎ到着した新千歳空港で「お帰りなさい」と家族らの出迎えを受けた。

 新千歳空港には、同僚隊員や家族ら約50人が集い、拍手を送った。梅谷征甲副隊長(33)は「妻には迷惑を掛け、子どもには寂しい思いをさせた」と話し、子どもから手紙を受け取ると照れくさそうに笑みを浮かべた。

 一方、成田空港では、佐藤正久防衛政務官らが駆け付け、隊員一人一人と握手してねぎらった。

 自衛隊はPKOの一環として、ゴラン高原での国連兵力引き離し監視軍(UNDOF)に1996年から参加。シリア情勢の悪化を理由に12月21日、森本敏防衛相(当時)が撤収を命じた。帰国したのは34次隊で、残る14人も1月に帰国する。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3101F_R31C12A2CR8000/
--

さて、帰国した部隊をしたり顔で出迎えたのは、あの、公務員として任務をあたかも自分個人の仕事であるかのように振る舞って、議員になったヒゲの(元)隊長さん。
この人、以前にイラクで治安維持部隊が戦闘に巻き込まれたら「駆け付け警護」をやってやろうと思っていた、なんて、実際にその場面では何もしなかったことをやろうとしていたかのようにリップサービスした、田母神さんに勝るとも劣らない勘違い(元)自衛官
この人の顔を見ていると、日本の自衛官はレベルが低いと世界に宣伝している気分にさせられて、ホント、ウンザリしてくるんですよね。

で、この撤収を決めたのは民主党政権でしたけど、自民党はそれでよかったんですかね?
それこそ、安全上の問題がありそうなら、「駆け付け警護」をやらせる絶好のチャンスとも言えそうじゃありませんか?

ま、結局ああいった勘違い自衛官はだいたい口ばっかりだってことなんですけどね。
彼らが防衛問題の専門家でございなんて顔して露出しているのを見ると、これまたウンザリです。
スポンサーサイト

テーマ : 自衛隊/JSDF - ジャンル : 政治・経済

<< こうなることはわかり切っていたはず >河野談話見直し | ホーム | 2013年が少しでも明るい年になりますように >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム