プロフィール

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

火事場泥棒のあなたの方がよっぽど「国賊」


アルジェリアで、日揮が参加しているプラント建設現場が武装勢力に襲撃され、残念ながら日本人も10人が犠牲になってしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

今回の事件、日本人ということで狙われた面も否定できないようです。
以前は、かつてアメリカと戦い、戦後もパレスチナを支持していた日本ということで、アラブの人々からは肯定的に見られていたものでしたが、特にイラク戦争以後のアメリカべったりの姿勢が、とうとうイスラム武装勢力にも知れわたったということのようで、これからイスラム世界に行く日本人は、それを念頭に置いて行動する必要がありそうです。

で、この事件を利用して、自衛隊に海外で邦人を保護させるための法改正なんて、火事場泥棒をやろうとしているのが小野寺防衛大臣を始めとする安倍政権。

--
法整備の検討必要=自衛隊による邦人救出-小野寺防衛相

 小野寺五典防衛相は19日のテレビ東京の番組で、アルジェリア人質事件を踏まえ、自衛隊による在外邦人救出のための国内法整備について「現地での武器使用基準や憲法の問題など、いろいろな制限がある。法律として制限を緩やかにする場合、幾つか乗り越えなければいけない壁があるので、そこの検討をする必要がある」と述べた。
 現行法では、現地の安全が確保されないと自衛隊を派遣できず、派遣できた場合でも、邦人の陸上輸送や警護のための武器使用などに厳しい制限がある。こうした制限の緩和が検討対象になるとみられる。
 これに関し、防衛省幹部は「人質事件を受け、自民党内の検証過程で議題になるのではないか」として、議員立法での自衛隊法改正などが検討課題になるとの見通しを示した。(2013/01/19-13:34)


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013011900173
--

こういった事件が起きて、日本人が人質になったとしたって、当該国の軍や治安機関を無視して自衛隊が実力行使するなんて、まず不可能な話だし、共同作戦をとるような調整をやっていたら、どんどん時間を浪費させて行くことは目に見えています。
事件発生により必要となる法人保護というのは、基本的には受け身の話なので、どこで、誰を相手に、どの程度の実力行使が必要か何もわからず、予め備えておく事などできない。土地勘の無い自衛隊など足手まといになるだけで、当該国の軍や治安機関以上の働きができると思っているならまさにお花畑脳です。

実際には、この法改正が有効に機能する邦人保護とは、PKO部隊のようにその地に既に入っている自衛隊部隊が邦人を保護するケース、もしくは、アメリカなどがどこかを攻撃するとわかっている時に、そこにいる邦人を保護するケースくらいのものであり、今回のようなケースでは実際には何もできず、結局、この法改正はアメリカが他国に戦争を仕掛けるハードルを下げる(その地の日本人の生命を護る義務から解放される)意味しかないといってかまわないと思います。

先日、鳩山元首相を国賊呼ばわりした小野寺防衛大臣でしたけど、人の死を利用して、こういうことを企む者こそ、私に言わせれば国賊ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 自衛隊/JSDF - ジャンル : 政治・経済

<< やっぱりあなたも人命第一? | ホーム | 確かに「命に関わる」かもしれませんね(メタンハイドレート) >>


コメント

人間の安全保障を

>鳩山元首相を国賊呼ばわりした小野寺防衛大臣でしたけど、人の死を利用して、こういうことを企む者こそ、私に言わせれば国賊

国賊などという前時代的な単語を思い浮かべる時点で、
こんな人に防衛省を任せて本当に文民統制ができるのか
と非常に不安になります。

安全保障を語る人はよく、いかに自衛隊が無力化を
力説して軍備増強や法修正を望みますけれど、
実際に被害に遭っているのは、武器を持たない
国外に住む一般人なんですよね。

彼らの安全を保障するのに武力の行使は全然役に
立たない気がするのですが、どうも安全保障の専門家
は国の安全を守る気はあっても、人間の安全保障は
考えていないようです。

 
アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。

しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。

犠牲者の甥という本白水智也氏は23日になり、Twitterで「朝日新聞の記者は2つ約束をしておりました。
『実名は公表しない』『本白水さんの許可がなければ絶対に記事にしない』。この2つの約束を破りました」と朝日新聞記者とのやりとりの一部を公表。1000件を超えるリツイートがなされている。
http://www.rbbtoday.com/article/2013/01/23/101659.html



デタラメな連中です

ご指摘のように、今回の事件は、米国、英国及びアルジェリアの旧宗主国フランスですらぜんぜん何もできなかったのだから、ましてや日本の自衛隊が何ができるわけもありませんよね。そもそも日本がアルジェリアの立場になったら、米軍は駐留しているのだからまた別扱いになる可能性はあっても、そうでない今回の日本のような立場の国の軍隊を受け入れるわけがない。

>実際には、この法改正が有効に機能する邦人保護とは、PKO部隊のようにその地に既に入っている自衛隊部隊が邦人を保護するケース、もしくは、アメリカなどがどこかを攻撃するとわかっている時に、そこにいる邦人を保護するケースくらいのものであり

ということになりますね。それをねらっていると解釈しても、とくに問題ではないと思います。

まさにネトウヨ内閣

「国賊」なんて、今どき死語。でもなぜかネトウヨはこういった言葉が大好きですね。まさか現役の大臣がこんな言葉を使うとはね。中日新聞命名「ネトウヨ内閣」の本領発揮ですね。

彼らがやりたいのは自分の安全保障

町民さん

>安全保障を語る人はよく、いかに自衛隊が無力化を
>力説して軍備増強や法修正を望みますけれど、
>実際に被害に遭っているのは、武器を持たない
>国外に住む一般人なんですよね。

ああいった方々は、安全保障を考えているというより、自分達のプライドを満たすことを優先させているのだと思います。言ってみれば彼らがやりたいのは自分の安全保障。
そのためには、一般人の安全保障なんてどうでも良いのでしょう。


>どうも安全保障の専門家
>は国の安全を守る気はあっても、人間の安全保障は
>考えていないようです。

ということで、彼らが「国の安全」について考えているのかすら、私には疑問。
勇ましいことを言うのは、概ね、自分達が矢面に立つ心配の無い人々ばかりといって良く、一般人どころか自衛隊員という人間の安全保障すら、考えていないのではないかと思っています。

実名報道批判を隠れ蓑にして何かを隠そうとしていませんか?

zさん

実名報道の件が、このエントリにどういう関係があるのか良くわかりません。

ただ、興味深い点もありますので、それはまたエントリを改めて取り上げさせていただきたいと思っています。
ちなみに、興味深い点というのは、実名報道を批判しているというこの本白水さんという人が、この件で、自分の実名を売り込んでいる点です。

顔写真付きで実名を書いたブログをやっていて、かつ政党とのつながりをアピールしているような人が、実名報道されたことを抗議するなどという行動を取ったとしても、私にはその抗議を額面通り受け取るのは難しい、別の意図が感じられてしまうということです。


震災後に人民解放軍が中国人保護にやってきたら、彼らはどうしたでしょうね

McCrearyさん

>そもそも日本がアルジェリアの立場になったら、米軍は駐留しているのだからまた別扱いになる可能性はあっても、そうでない今回の日本のような立場の国の軍隊を受け入れるわけがない。

おっしゃる通りです。
例えば東日本大震災のようなことが起きた時、中国が自国民の保護のために日本に人民解放軍を送り込みたいと言ったら、彼らがそれを受け入れるとは、到底思えません。

でも、彼らがやろうとしているのはそういうことなんですけどね。


彼らは罵詈雑言という呪文を唱えれば敵は消えるゲームをやっているみたいです

マンモウ伊那さん

>「国賊」なんて、今どき死語。でもなぜかネトウヨはこういった言葉が大好きですね。まさか現役の大臣がこんな言葉を使うとはね。中日新聞命名「ネトウヨ内閣」の本領発揮ですね。

いくら罵詈雑言を浴びせたって、自分の気に入らない相手がこの世から消えてなくなることなんてないという現実がわかっておらず、誰かにネガティブなレッテルを貼ればそれで済むと思っている。

まさにネトウヨの大好きなやり口です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ショックドクトリンの乱発

アルジェリアの人質事件、痛ましい限りです。お亡くなりになった沢山の方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。 この痛ましい事件も、国防軍を目指したい人々にとっては絶好の


 ホーム