プロフィール

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その3)

(1)と(2)で、彼らの言動の明らかな嘘、そして本気で開発するにしては余りにも疑わしい行動について、説明しました。

続いて、やたらに他人を罵っている彼らの行動への疑問について。
この(3)と(4)では、昨秋、明治大学などのグループがメタンハイドレートを日本海などで発見したと報じられた時、それを批難していた青山繁晴氏の言っていることのおかしな点を示します。

青山氏の発言内容については、彼らに騙されて、この話を広めようとした以下のブログの書き起こしを使わせてもらいました。

【ぼやきくっくり】
「アンカー」5年前から言ってるのに何を今さら?『メタンハイドレート日本海で発見』報道の真相

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1281.html

このブログを書かれた方は、青山繁晴氏を援護したかったようですが、こうやって文字に書き残されたお陰で、かえって青山氏の問題点を浮き彫りにしてしまう結果となったようです。

たった一回の放送のことなのに、あまりにも突っ込みどころ満載なので、2回に分けることになります。

==============================

【発言その1】
----------------------------------------
ところが、このメタンハイドレートだけは逆さまで、むしろ地震の起きる所で獲れる新しい天然ガス。従って、これが、これを人類が発見したのは今からだいたい14〜15年ぐらい前ですが、どこにあるかの前に、メタンハイドレートそのものに気がついたのは14〜15年前ですが、当時から日本が注目されてたわけです、世界でですね。
----------------------------------------


これは全くの嘘。
ガスハイドレートなどというものは1800年代から見つかっていたなんて、それこそ常識。また20世紀半ばにはプラントなどでメタンハイドレートが生成されることもわかっていました。仮に天然のガスハイドレートに限ったとしても、青山千春氏の特許取得に協力した松本良東京大学名誉教授が、2009年の地学雑誌に寄稿した論文『総説 メタンハイドレート』で、1980年代には中米の海溝で採取されていると記述しています。

『総説 メタンハイドレート』
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf118-1/p007-042.pdf

自分達があたかもパイオニアであるかのように装うために、歴史すら改竄しようということなのでしょう。


【発言その2】
----------------------------------------
「日本政府が日本海側のメタンハイドレート開発に取り組まなかった理由は、太平洋側に税金を注ぎ込んだことを批判されたくない。それから、日本海側はすぐ資源になるから世界秩序を変えたくない」=>当事者に常に直当りをして、聞いたこと
----------------------------------------


これは既に記したことですが、政府は2003年に日本海側でメタンハイドレートが見つかったことなど隠してはいない。
石油公団はその結果を公表しており、むしろ、その情報を得て、後から同じ場所で探して、世紀の大発見のように言っていたのが、この人達。
また、表層にあるメタンハイドレートの開発が砂層内にあるものよりも困難であることは、「メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム」もきちんと説明している。少なくとも、この人が直当りした「当事者」とは、例えばプロジェクトリーダーである増田先生のような人ではないことは明らかです。

仮に、そんなことを言った人がいたとしたら、それはこの人がそういってくれそうな人だけを選んだってことでしょう。


【発言その3】
----------------------------------------
「『メタンハイドレート日本海側広く存在か』というおとといのNHKニュースの内容は、『新たなエネルギー源として期待を集めている天然ガスの一種「メタンハイドレート」が、太平洋側だけでなく日本海側でも、広い範囲に存在する可能性が高いことを、明治大学などの研究チームが発見しました』というものでした」

=>これはすでにたとえば2009年で、学会雑誌の表紙にもなってるのに、今さら、何で新発見だ
----------------------------------------


学会雑誌の表紙になっているのは上越沖で見つかったメタンハイドレート。今回明治大学などの研究チームが発見したのは、秋田沖など、それ以外の場所。だったら「広く存在か」と報ずるのは全く正しいし、それは新発見というべき内容(その発見に価値があるか否かは別問題ですけど)です。
だいたい、「広く存在」と報じたということは、「狭い範囲では既に存在を確認していた」と報じたのと同義。この人の批判は完全な言いがかりというか、自分の日本語力のお粗末さを満天下に知らしめたってわけです。

【発言その4】
----------------------------------------
これ907メートルって書いてます、映ってますか?これ浅いんです、実はですね。太平洋側でいうと、4000メートルぐらいありますから。
----------------------------------------


ここでまた無知をさらけだしています。
確かに南海トラフというのは水深4000mくらいある海域ですが、今回、産出試験が行われるのは水深1007m地点、対象となるメタン濃集帯とされている海域の水深は857mから1405mです。

http://www.jogmec.go.jp/news/bid/docs/2012/at2_120507_02.pdf

そして、何よりも滑稽なのが、この人はメタンハイドレートが生成する条件すら知らないらしいということ。彼らが東シナ海でメタンハイドレートを探したという行動のおバカさを指摘するために引用したWikipediaの記載をもう一度貼っておきます。

--
埋蔵域

状況によって異なるがおおむね、大陸棚が海底へとつながる、海底斜面内の水深500-1000 m(2000mまでとする研究もある)での、地下数十から数百mに存在し、メタンガス層の上部境目に存在するとされている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/メタンハイドレート
--

彼らは、海の中ならどこでもメタンハイドレートが生成し得るとでも思っているんですかね(苦笑)。


【発言その5】
----------------------------------------
実は2009年に、東京大学とか東京海洋大学と一緒に、青山千春博士が船に乗り込んでいて、そして魚群探知機でこのメタンプルームを見つけました。魚群探知機ですから、とても値段が安い。太平洋側で500億円使ったのと違って、はるかに安くできる。それをですね、船の中で彼女がこういうふうに実際に魚群探知機に、この画像が出てるところを、後ろから別人が写真で撮って、しまった、撮ったものなんですよ
----------------------------------------


これも汚い騙し発言ですね。
まず、青山千春氏らが見つけたのはメタンプルームだけ。それを魚群探知機で見つけたなら、確かに安価だったでしょうね。
で、「太平洋側で500億円使った」のは、メタンプルームだけを見つけるためですか? 違いますよね。太平洋側は、実際にメタンハイドレートを採取し、試掘を行い、産出試験まで行っている。魚群探知機だけでそこまでできるわけありません。

次に、別人が後ろから写真を撮ったなんて、他に誰かがディスプレイの前に座っていてあんな画像が撮れるはずがありません。角度が真正面すぎ。

しかも、この番組で紹介された写真って、上述の『総説 メタンハイドレート』の図19として載っている写真の右側の部分と全く同じですよね。これって、この論文を読む限りでは2004年7月に調査した時のものでしょ。水深も906.7mと全く一緒。
何よりも、この論文が受け付けられたのは2008年11月6日のこと。「2009年に、東京大学とか東京海洋大学と一緒に、青山千春博士が船に乗り込んで」いたとしても、番組で紹介されたのはその時に撮られた写真じゃないのは明白。

彼は明らかにを吐いています。


【発言その6】
----------------------------------------
つまり10月29日の発表資料について、これをもし、メディアに出すなら必ずこれを、入れろという、要求なんですよ、学者の側から。そして、青山千春博士や独立総合研究所の存在は、完全に、あの、消し飛ばされていて、いわば排除されてるんですが、
----------------------------------------


で、2009年に一緒に調査したのは東京大学や東京海洋大学と。
そういった共同研究の場合、当然のことながら勝手な発表などさせないように予め約束を結んでいるはず。そして、発表にあたっては誰が行い、どういうクレジットにするかも決めてあり、それに同意した者だけが参加できるというのが常識でしょう。
消し飛ばされるも何も、それに同意して船に乗ったはずのに、何を今更文句を言っているのか、です。

==============================

ようやく半分です。
続きます。

(発言その5について、加筆修正しました)
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

<< メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その4終) | ホーム | メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その2) >>


コメント

あなたは青山氏の国益を思う気持ちがわからないようですね

この方にお会いしたことがあります。
まっすぐで真ん中を生きている人でした。
まっとうな日本人です。

彼は国益なんて考えていませんよ

たーくんさん

> あなたは青山氏の国益を思う気持ちがわからないようですね

他のことは知りませんけど、ことメタンハイドレートに関しては、彼はその探査や生産のための技術開発に、何一つ貢献などしていません。
彼は、上のエントリに書いた通り、事実を捻じ曲げて先人の手柄を横取りし、真面目にメタンハイドレートの研究をしている人々を貶め、そして、自分は何一つ有益なアイディアも、資金も出そうとしない。

彼がやっていることは、自分の利益になることばかりですよ。

その証拠に、彼のブログを読んでごらんなさい。
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july

6月初旬に政府が、彼が熱心に調査を訴えていた日本海側のメタンハイドレート調査を開始すると発表しましたけど、彼はそのことに何一つ触れもせず、ただ自分の本の宣伝を繰り返すばかりでしょ。

彼にしてみれば、政府が調査を始めるのは甚だ都合が悪いんですよ。
自分が何もしていなかったことが、これでバレてしまいますから。




彼が貶めている人々もまっとうな日本人です

日本の母さん

> この方にお会いしたことがあります。
> まっすぐで真ん中を生きている人でした。
> まっとうな日本人です。

そう思われるなら、上のエントリに書いたようなデタラメを何故彼が言っているのか説明して下さい。
あるいは、彼の言っていることが正しいことを論証して下さい。

私はこの人には会ったことはありませんが、エントリのように、彼がデタラメを言う人物であることは、客観的な情報とつき合わせてみればわかります。

そして、私は彼が貶めている人々に会ったことがあります。
皆さん、真面目にメタンハイドレートを開発しようとしている真っ当な日本人でした。



 こんな理路整然としたBlogを書けるなら、Youtubeやニコニコ生放送などでの討論を、青山繁晴さんに申し込んだらどうですか?
  
 もちろん、白砂青松さんの経歴を、少なくとも青山さんぐらい、略歴してからです。どこの大学を卒業・勤め先はどこだったかぐらいは、明確化しないと、誰も信用しません。

 またYoutubeなどで、映像つきで、安倍首相や青山繁晴さんの批判をやっていただいた方が、より白砂青松さんの信者は増えますよ。
 
Youtubeでは、個人の主張は、それなりに保証されていますから。立花孝志さんが行っている様に、広告料を貰わず電通のお世話になりたくなかったら、最初の15秒広告をカットすれは良いのです。

 このまま、太平洋の海底みたいな、Blogで喚いていても何も事態は変わりませんよ。(笑)


 

ハンドルからして意図はミエミエではありますが

戦後の韓国軍慰安婦の方が実態は酷いさん

>  こんな理路整然としたBlogを書けるなら、Youtubeやニコニコ生放送などでの討論を、青山繁晴さんに申し込んだらどうですか?

あちらが乗ってくるはずがありません。
彼は、確信犯的にこういう言説を繰り返しているのですから、自分の嘘がバレない場にしか出てきませんよ。

日本海側でのメタンハイドレート調査に国が乗り出すと報じられたのに、今現在、自身のブログでも自分たちの本の宣伝しか書いていないのが、端的にそれを表しています。

>  もちろん、白砂青松さんの経歴を、少なくとも青山さんぐらい、略歴してからです。どこの大学を卒業・勤め先はどこだったかぐらいは、明確化しないと、誰も信用しません。

残念ながら、私は彼のように、こういうことで金儲けをしようとは考えておりませんので、その必要性を感じません。
そして、そんなことを公開しなくても、あなたは「理路整然」と評しているではありませんか。
逆に、彼のようにそういうことを公開しても、メタンハイドレートのことをちゃんと知っている人は、彼のことを「誰も信用しません」。

実際は、「誰も信用しません」ではなくてあなたが知りたいだけでしょ? ある「目的」のために。

>  またYoutubeなどで、映像つきで、安倍首相や青山繁晴さんの批判をやっていただいた方が、より白砂青松さんの信者は増えますよ。

映像の有無なんて、何の意味もないでしょう。
あなたですら、ここを読んで「理路整然」と感じたそうですから、こういうブログの方が、ずっとこちらの言っていることが正しく伝わると言えます。
私は「信者」なんてものを増やす必要性は全く感じておりません。

> Youtubeでは、個人の主張は、それなりに保証されていますから。立花孝志さんが行っている様に、広告料を貰わず電通のお世話になりたくなかったら、最初の15秒広告をカットすれは良いのです。

普通、学問の世界では、何らかの「主張」は論文の形か質疑応答の可能な場での発表という形でなされます。
Youtubeなどという、言いっぱなしの場でなされる主張など、自分の都合の良い部分だけつまみ食いをしたり、捻じ曲げたり、それこそ青山氏のテレビ番組でのそれと何ら変わりない価値しか持ちません。

>  このまま、太平洋の海底みたいな、Blogで喚いていても何も事態は変わりませんよ。(笑)

あなたのような人もここを訪れて「理路整然」と評して下さる。
それだけでも大変な変化です。


あなたが、"行動のおバカさを指摘するために引用した"のが、Wikipediaなんて、お粗末すぎませんか?
誰が書いたか分からない、事実の確証が全くないソースから引用されても説得力がなさすぎます。これを読む方はネットの情報が真実か否かを判断できるようにしましょうね。

感想

一通り反論を読みました。
全然反論になっていなくてがっかりしました。
以上です。

否定したいなら、水深200mのところでもメタンハイドレートが見つかった証拠を示しなさいな

ハンドルも書かず、タイトルも書かずの、発言に責任を持つ気なしの名無しの権兵衛さん

> あなたが、"行動のおバカさを指摘するために引用した"のが、Wikipediaなんて、お粗末すぎませんか?
> 誰が書いたか分からない、事実の確証が全くないソースから引用されても説得力がなさすぎます。これを読む方はネットの情報が真実か否かを判断できるようにしましょうね。

このエントリでWikipediaを引用しているというのですから、あなたが「説得力がなさすぎ」と言っているのは、メタンハイドレートの埋蔵域のことですよね。
そう思うなら、自分で、Wikipediaの書いていることは間違いだ、青山氏の言っている通り、東シナ海のような浅い海でもメタンハイドレートが発見されたという根拠を示せば良いではありませんか。
それすらやらずに、こんなことを書いたって、ただの信仰告白にしかなりませんよ(苦笑)。

別に、埋蔵域がああいったレンジだと書かれているのはWikipediaだけではありません。
あなたのように自分で調べようとしない方々に一番とっつきやすい場所だろうから書いただけのことであって、例えば、青山氏が太平洋側は4000mだと言っている、その太平洋側のなぜか水深約1000mの海域で、青山氏の誹謗中傷を受けながらもメタンハイドレートの産出試験までこぎつけた、メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(MH21)のサイトにもこう書かれていますよ。

--
海洋のメタンハイドレート

メタンハイドレートが存在できる低温高圧の条件をもう一度見直すと、「50気圧下でプラス6℃以下」とあります。低温と言っても、圧力が高くなればプラスの温度、すなわち、氷でなく水が普通に存在する温度でもメタンハイドレートは存在することができます。そして、海洋においてこの環境を実現する場所が、水深500m以深の深海底面の下となります。

http://www.mh21japan.gr.jp/mh/02-2/#5
--

その他の様々な研究機関の発表内容を見てもほとんど同じ。
海洋メタンハイドレートの生成域は水深500mよりも深いところ。

それを否定するなんてことをやったのは、後にも先にも、中国海軍が妨害に来るような海域の東シナ海でメタンハイドレートを探した青山氏くらいしか、私は知りませんよ。

青山氏以外の誰がこのメタンハイドレートの持つ「物性」を否定したのか、それを示さずにこんなコメントを書いたって、それでは「お粗末」の域にも達しない、ただの「妄想」です。


論拠を示さなければ無価値

空さん

> 一通り反論を読みました。
> 全然反論になっていなくてがっかりしました。
> 以上です。

あなたのこの書き込みこそが、全く再反論になっていないことに気が付くべきですね。
「反論になっていない」なんて書いたって、具体的にその根拠を示さなければ、そんなものはあなたの主観に過ぎない。

残念ながら、世界の人々は、あなたの主観に無条件に従うあやつり人形ではないってことです。


感想

再反論するつもりがないということに気が付くべきですね
論評に値しないということです
以上です。

感想

無価値と言われると白砂青松さんのおっしゃる通りなので、
一つだけ質問させてください。
MHで一儲けする予定の青山夫妻は一体どんな権益を、MHで持っておられるんですか。
青山(女)が魚群探知機の特許を持ってるくらいで、一儲けなんてできるわけありません。
題名からしてあなたの主観が強いのか煽るのが目的なのかわかりませんが、論評に値しないと言うことです。
わざわざ3行コメントにお返事いただいてありがとうございました。

彼が金儲けをしているから、あなたは彼の主張を知っているんですよ

空さん

> 再反論するつもりがないということに気が付くべきですね
> 論評に値しないということです

ですから、論評に値しないなら、値しないで、その根拠を書かなければ意味が無い。
即ち、このようなコメントは公の場に書くに値しないということです。


> 無価値と言われると白砂青松さんのおっしゃる通りなので、
> 一つだけ質問させてください。
> MHで一儲けする予定の青山夫妻は一体どんな権益を、MHで持っておられるんですか。
> 青山(女)が魚群探知機の特許を持ってるくらいで、一儲けなんてできるわけありません。

そして、このような「質問」を書かれてきましたけど、つまり、上のエントリに書かれた具体的な彼の言動の問題点に対する私の指摘については、一切関心が無いということですか?
つまりあなたは、事実の積み重ねなんてどうでも良くて、ただ青山という人物だけで評価しているということですね。

だったら、相変わらず信仰告白にしかなりませんね。

で、あなたの「質問」に対する答えですけど、そんなものは、あなたが青山氏の言っていることの中身を知っているという事実が如実に物語っているではありませんか。
あなたは彼がそういうことを言っていると、どうして知ったんです?
テレビ、ラジオ、著書、講演会、そしてその内容に言及するネットでしょ。
彼がそれらの活動を無償でやっているとお思いですか?
だったら、浮世離れもいいとこですよ。

テレビもラジオも当然出演料を要求する。講演会も講演料を取る。そして著書からは印税を得る。
見事に金儲けをやっているではありませんか。

一方、普通のメタンハイドレートの研究者はその研究主体からの給料しか得ていない。
メタンハイドレートの存在する海域の鉱区を持っている企業も、持ち出しばかりでまだ一銭の利益も得ていない。
今のところ、メタンハイドレートで大きな利益を得ているのは彼だけと言っても過言ではありませんよ。

だから、彼が広めたい言葉は、真にメタンハイドレートの開発に必要な情報ではなく、嘘でもいいからマスコミが食いつきそうな情報。
だから、ああいった陰謀論だらけの話になるんですよ。
そうやって、彼は自分の「権益」を死守しているんです。

> 題名からしてあなたの主観が強いのか煽るのが目的なのかわかりませんが、論評に値しないと言うことです。

主観も何も、彼がメタンハイドレートの開発に貢献することよりも、自分の金儲けが大事なのは、このコメント欄の2つ目のコメントに私が紹介している彼のブログを見ても明らかですよ。

http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july

彼が調査を訴えていた日本海側のメタンハイドレート調査を、政府が開始すると先月発表しましたけど、彼はそのことに何一つ触れもせず、ただ自分の本の宣伝を繰り返すばかり。

ちなみに、私もメタンハイドレートに対して、何の権益も持っていませんけど。
そして私は、少なくとも青山氏よりは正しい情報をこの場で発表しようと努めている。
それも彼のように金儲けをすることなく。

ということで、あなたの「論評に値しない」理由は全く理由になっていないってことです。

おはようございます

青山繁晴氏とメタンハイドレートについての検索から来ました。
私も青山繁晴氏の嘘をブログで糾弾しております。

トラックバックを送らせて頂きました。(その1、その2、その4にはなぜか失敗しました)
承認制にしておりますので表示が少し遅れるかもしれませんが、よろしければそちらから私のブログへもトラバ送って下さい。

もうすぐ新年ですね。

白砂青松さん、こんにちは。

あなたの、青山繁晴氏・千春氏のメタン・ハイドレートに対する誹謗、安倍首相の靖国参拝に対する誹謗(硫黄島の件についても)、ヒドイものですね。

あなたは、日本人なのでしょうか???

あなたの言っている事は、マッタク日本の国益にそわず、日本国を貶め・衰退させる結果しか生み出しません。

しずれにせよ、あなたの存在も発信している事も、青山夫妻にも安倍首相にも無視されているでしょうから、構わないのですが、知らない人が見ると誤解したり混乱したりする可能性がありますので、そろそろ止めた方が良いと思いますよ。

何か、中韓の工作員かな?とも、思ってしまいます。

あなたの行為は「国益」に全くつながっていませんね

タコさん

> あなたの、青山繁晴氏・千春氏のメタン・ハイドレートに対する誹謗、安倍首相の靖国参拝に対する誹謗(硫黄島の件についても)、ヒドイものですね。

具体的に何がどう「ヒドイ」のです?
青山夫妻は、日本のメタンハイドレート開発に何一つ具体的な貢献などせず、ただ、コバンザメのようにへばりついて、それこそ、真面目に研究している人々を誹謗中傷して金稼ぎをしているのは事実ですよ。
また、安倍晋三も同様。彼が立憲主義とは何かを知らず、また政教分離をうたっている日本国憲法を戴く国の首相としての最低限の節度も持ち合わせず、そして、諸外国との関係よりも自分のワガママを優先させる男であったことは、今回の参拝を見ても明らかでしょ。

> あなたは、日本人なのでしょうか???

私が何人かに何の意味があるのか不明ですけど、日本人ですよ。

> あなたの言っている事は、マッタク日本の国益にそわず、日本国を貶め・衰退させる結果しか生み出しません。

どこがでしょう。
私は日本の国益というものも考えていますよ。
言論の自由が守られ、思想信条の自由が守られ、基本的人権が尊重され、平和主義が守られる。
そういう国で有り続けることこそが日本の国益を最大化する方法なのですから。

逆にお聞きしたいですね。
青山夫妻や安倍晋三のように、あなたのような日本の一部の人々をただ気分よくさせる意味しかない言説を振りまいたり、靖国のような一宗教とその教義に特別な政治的地位を与えるかのような行為を公然と行うことが、日本の国益どうつながるというのです?

私には、ああいう行為に拍手喝采する人こそ、ただ自分が気持ちよくなることしか考えていないように見えるのですけど。
国益を考えているんだというなら、具体的にどういう結果が期待されるのか、きちんと書いて下さいな。

> しずれにせよ、あなたの存在も発信している事も、青山夫妻にも安倍首相にも無視されているでしょうから、構わないのですが、知らない人が見ると誤解したり混乱したりする可能性がありますので、そろそろ止めた方が良いと思いますよ。

青山夫妻や安倍晋三に騙される人々がこれ以上増えないように、正確な情報を発信し続けることを、今後も止める事はできないでしょうね、残念ながら。

> 何か、中韓の工作員かな?とも、思ってしまいます。

私に言わせてもらえれば、あなたがただ自分の快楽だけを追い求めているのではないのであれば、あなたは日本という国を没落させたい勢力の工作員、という理由が一番しっくり来ますね。

だって、あなたの言っていることがどう国益につながるんです?
何もないでしょ?


あなた

あなたの仰有ってる青山氏に対する批判が正しくて的を得てる事なら、たくさんいる専門家や科学者たちはなぜその事を指摘してないのか。そしてもっと大勢いるマスゴミの方々はなぜ大代的にメディアに載せないのか。そして何より視聴者たちはその正しくて的を得た事になぜこれだけ無関心なのか。謎です。

Re: あなた

なさん

> あなたの仰有ってる青山氏に対する批判が正しくて的を得てる事なら、たくさんいる専門家や科学者たちはなぜその事を指摘してないのか。

専門家にしてみれば、素人の虚言にイチイチ対応するほどヒマじゃないってことですよ。
彼らは、実際にメタンハイドレートを生産しようとして頑張っているのであって、青山某が国民を騙して金儲けをしている事自体は、関心の外。
そんなものは、マスコミが報道する前にチェックすべきことだし、簡単にできることです。

>そしてもっと大勢いるマスゴミの方々はなぜ大代的にメディアに載せないのか。そして何より視聴者たちはその正しくて的を得た事になぜこれだけ無関心なのか。謎です。

話としておもしろくないからです。
何が科学的に正確かなんてことよりも、陰謀論のようなものの方が視聴率が取れる。そういうことでしょ。

で、昨年から、日本海側でかなり大々的に表層型メタンハイドレートの調査が進んでいるんですけど、それに対して青山某が完全に沈黙しているのはどうしてなんです?

自分の主張が認められて、国も調査し始めた、これで日本も安心だ、すぐに日本も資源大国になる。
そういう言葉が青山某の口からどんどん出て来るはずなのに、彼のブログなどと見ると、最近は「メタンハイドレート」という言葉が使われるのは、自分の著書のタイトルを書いた時だけみたいですよ。

彼は、なぜ現在進行している日本海側での調査にこれほど無関心なのですか?
謎です。


ザ・才能の無駄遣い

理路整然としていて読み易くて、素晴らしいエントリーだと思いました。文章として。

こんな4000mも潜ったような海底にいないで、地上に出てその頭脳を世のために活かされたらどうですか?もったいないですよ。まるで、すげーいいブツを持ってるのになぜか女を敵視していて家でおなにーばっかしているかのようです。安倍さんの政策がうまくいった先の日本でならあなたのような人ももっと地上に出てこれるようになるかもしれませんが、どうもあなたは『正しき者に喰いつく』ことで自分の有能さを誇示したがるようで、残念でなりません。社会学者ならそれも出世の一つの道かもしれませんが、……。直観的に「こいつは本物っぽいぞ」ってのが分かっているからつい喰いついちゃうんですよね?気持ちは分からなくないです。

こんな海底4000mの根城なんかとっとと捨てて、明るい場所で朗らかに国の未来をともに語らいましょうよ。

ありがとうございます


通りすがりさん

>安倍さんの政策がうまくいった先の日本でならあなたのような人ももっと地上に出てこれるようになるかもしれませんが

前段は、未来永劫訪れることはないあなたの願望ですね。

>どうもあなたは『正しき者に喰いつく』ことで自分の有能さを誇示したがるようで、残念でなりません。

逆ですね。
『正しき者を正当に評価する』
それが私が心がけていること。

>直観的に「こいつは本物っぽいぞ」ってのが分かっているからつい喰いついちゃうんですよね?気持ちは分からなくないです。

どこをどう読めばこのような正反対の結論が導けるのでしょう。
エントリに書いた通り、青山某が「偽物」であることは、科学的に、論理的に、既に論証済みです。

彼が「本物」だと言うなら、上で私が指摘している科学的、論理的矛盾点に対して、あなたが反論して下さいな。

1 メタンハイドレートを人類が発見したのは14〜15年ぐらい前という嘘を書いている。
2 政府は2003年に日本海側でメタンハイドレートが見つかったことを公表している事実を無視した。
3 秋田沖でなど発見されたから「日本海側広く存在か」と報じたことに、上越沖で発見されていたんだから新発見じゃないと難癖をつける、お粗末な論理力。
4 太平洋側の水深1007メートル地点で産出試験されているのに、「太平洋側でいうと、4000メートルぐらいありますから」と嘘を言い、メタンハイドレートの化学的生成条件さえ知らないことまで露呈。
5 メタンハイドレートを発見し、産出試験まで行うために500億円をかけたのに、魚群探知機でただ泡を見つけただけのことを「はるかに安くできる」と同じ土俵で比較。しかも写真の撮影時期を偽った。
6 共同研究なら当然決められている発表のルールに難癖をつける。

それができなければ、あなたが言っていることは、まさにあなた自身に対する評。

実は、あなたは私のことを「こいつは本物っぽいぞ」と思ったから、こんなコメントを書いたのでしょ(苦笑)。

私のことを高く評価していただき、ありがとうございました。


青山ご夫妻出演

たいへん興味深く読みました。

青山夫妻が虎の門ニュースに、ご出演されましたので管理人さんにお知らせいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=Njh0ab4dHXo

感想

白砂青松さん

感想を2点ほど。

** 1つめ **
指摘されている1-6の矛盾点ですがざっと確認したところ正しくも思えますが、それに対する青山氏の反論を待たない限り私には矛盾であると確信できません。(疑うことはできますが)
そして私にはあなたの論が正しいかを自身で調べる時間が十分にありません。
同時にほとんどの方がそのような状況にあり、もっぱら双方のサマリーの議論によって正当性を判断するしかない状況だと思います。
つまりあなたが青山氏と直接議論しない限り当然のことながら知名度が圧倒的に勝る青山氏の論が多くの人の支持を得ることは明らかです。
このブログを読んでもほとんどの人があなたを支持しないのではないでしょうか。
あなたが間違っていると私は断定できませんが、真実の前には大きな壁がありそれを突破しないとあなたは「青山氏を貶めるのが目的」と多くの人に思われていると私は思います。

** 2つめ **
青山氏の言動に信憑性(真実)がないとおっしゃるのなら事実を淡々と指摘すればことは足ります。
しかしあなたの文章には所々に「歴史改竄」であるとか「日本語のお粗末さ」「無知をさらけ出す」「嘘を吐く」などといった表現があり、事実の指摘より青山氏そのものをを攻撃するのが目的であると感じざるを得ません。
青山氏の言動が事実と異なるのであればその点の指摘だけでよいわけです。その背景に彼が「無知」だとか「歴史を改竄しようとしている」等のお考えは別の話であり、おっしゃりたいこととを非常に曖昧にしていると思います。
青山氏本人に対する指摘であればいくつかの事実を述べた後、「以上のことにより私は青山氏が歴史の改竄をもくろんでいると考えています」と結論づければわかりやすいですね。
これもブログを呼んだほとんどの方が感じていることと思います。

Re: 青山ご夫妻出演

山田太郎さん

全部を見る暇はありませんから、ちょっとだけでしたけど、その短い時間の中でも、相変わらず、嘘に基づく自慢話をしてましたね。
しかも、散々誹謗中傷している相手の作っている資料を、クレジットなしに使ったりとか、やりたい放題。



Re: 感想

コウジさん

> 指摘されている1-6の矛盾点ですがざっと確認したところ正しくも思えますが、それに対する青山氏の反論を待たない限り私には矛盾であると確信できません。(疑うことはできますが)

記事中に、客観的情報が参照できるリンクは示しています。
青山某は絶対に反論しませんよ。
だって、できませんから。

> そして私にはあなたの論が正しいかを自身で調べる時間が十分にありません。

それはあなたの怠慢です。

> つまりあなたが青山氏と直接議論しない限り当然のことながら知名度が圧倒的に勝る青山氏の論が多くの人の支持を得ることは明らかです。
> このブログを読んでもほとんどの人があなたを支持しないのではないでしょうか。

それは自然科学という学問に対する、そして先人の業績に対する冒涜というものでしょう。
メタンハイドレートが何時見つかったか、日本海側のメタンハイドレートは誰が見つけたか、太平洋側の産出試験が行われた水深は何メートルだったか、このような誰でも確認できる客観的情報を、見てみぬふりをして「支持しない」などと言うのは知性よりもイデオロギーを優先させた所業といえましょう。

別にあなたがそういう行動をとること自体については、私はそれをとやかく言う立場にはありませんが、それに基づいて、このように私を攻撃するなら、私は降り掛かる火の粉をふりはらうのみ、です。

> あなたが間違っていると私は断定できませんが、真実の前には大きな壁がありそれを突破しないとあなたは「青山氏を貶めるのが目的」と多くの人に思われていると私は思います。

私はその根拠を書いていますから、私の主張がそのような目的だと言うなら、私の根拠がでたらめであることを、あなたが証明すれば良いだけのことです。
それをやらずして、このようなことを書くのは、あなたの目的が私を貶めるためのものだと、ここを読む人には判断されます。

> 青山氏の言動に信憑性(真実)がないとおっしゃるのなら事実を淡々と指摘すればことは足ります。
> しかしあなたの文章には所々に「歴史改竄」であるとか「日本語のお粗末さ」「無知をさらけ出す」「嘘を吐く」などといった表現があり、事実の指摘より青山氏そのものをを攻撃するのが目的であると感じざるを得ません。

実際に彼らの行動はそう評さざるを得ないのですから仕方ありません。

> 青山氏の言動が事実と異なるのであればその点の指摘だけでよいわけです。その背景に彼が「無知」だとか「歴史を改竄しようとしている」等のお考えは別の話であり、おっしゃりたいこととを非常に曖昧にしていると思います。

あなたがそう言われたくないという気持ちだけがヒシヒシと伝わってきます。
でも残念ながら、それは事実ですからどうにもなりません。

> 青山氏本人に対する指摘であればいくつかの事実を述べた後、「以上のことにより私は青山氏が歴史の改竄をもくろんでいると考えています」と結論づければわかりやすいですね。

と、青山某のやり口を「曖昧に」表現して欲しいというご希望ですか。
申し訳ありませんが、嘘つきさんに、そして日本のメタンハイドレート開発を邪魔しているご仁に、私はそこまでやさしく接することはできませんし、そんなことなら、このような記事は書きません。

> これもブログを呼んだほとんどの方が感じていることと思います。

どうぞご自由に。
あなたがこのように書いても、私が記事に書いた検証可能な情報を確認すれば、どちらが正しいか一発でわかることです。



通りすがり

通りすがりです。

可燃性のある資源の件に関しては、私も大学で28年間研究しております。
かなり特殊な仕事ではありますので、認知されない可能性もありますが。さて、反論は確たる証拠やデータが正確性を担保された情報を根拠とした場合で無ければ、反論ということは言えないということは周知のことと思います。
そこでWikipediaはどれほど正確性が保たれているのか。
実際には誤った情報もWikipediaにはあります。
私が研究している可燃性資源の情報の中にも、確実に誤っていること、ややニュアンスが間違っていること、正確に書かれている事実とあります。
そこで、Wikipediaを利用する方々は全てが事実ではないけれども、「参考」として参照しているのが現状です。
Wikipediaに書かれていることが事実かどうか監査はしておりませんので。
よって、Wikipediaや思想だと反論とは言えませんね。
なので、私が述べていることは反論→再反論とはいえませんね。
私は雇われ研究員として、青山繁樹さんとは利害関係もなく、面識もありません。しかし、参考になることも多いなというのが正直な感想です。
青山繁樹さんはお給料ではなく、確かにセミナーや講演会、コンサルティングなどで収益はあります。
しかしながら、もし仮に本当に全てが誤りであるのなら
私も全面否定したい気持ちになりますが、概ね間違ってはいないということが言えると思います。
日本海側の資源採取や研究が遅れているのは、安全保障上の問題や地政学上の大人な事情が絡んでいる場合があるので予算がつけずらいというのが実情です。
青山繁樹さんの主張もメタンハイドレートに関しては、誤認識の部分がありましたので、それを独立総合研究所宛に、異議を唱えたところ大変丁寧に返答がありました。
青山繁樹さんが認識していることと私の主張。
あまり騒ぐような内容ではなかったため、公開はしなかったのですが。論理的に、確たるデータを持った反論もしくは異議はちゃんと誠実に応えてくれます。
そして、認識不足を認められる人物でした。

本当に、嘘つきで私利私欲のためだけの金儲けだけなら、とっくに消えています。
そういう詐欺のような人は、最初だけは評価されるんです。
しかし、今も青山繁樹さんは、私はファンではありませんが、すごく勉強されてるな。と感じております。

以上

Re: 通りすがり

まあぼ。さん

> 可燃性のある資源の件に関しては、私も大学で28年間研究しております。

申し訳ありませんけど、そういうことをされている方の文章とは思えませんが。
あなたがここに書いたこのコメントには、何も具体性が無く、実際に検証や行動を起こしていない、観念の世界で遊んでいる人でも書ける内容です。

>さて、反論は確たる証拠やデータが正確性を担保された情報を根拠とした場合で無ければ、反論ということは言えないということは周知のことと思います。

反論以前にそもそもの主張が正確な情報を根拠としていなければ、自然科学の世界では正しい主張とは言えません。
その意味で、青山某の言っていることは最初から誤っているということです。

> よって、Wikipediaや思想だと反論とは言えませんね。
> なので、私が述べていることは反論→再反論とはいえませんね。

それをここに書き込まれているのは、どういう意味なのでしょうか。

> 私は雇われ研究員として、青山繁樹さんとは利害関係もなく、面識もありません。しかし、参考になることも多いなというのが正直な感想です。

自然科学分野に関してはありませんね。
彼は、自分のイデオロギーや利益を優先させる人物であることは、これまでの言動から明らかですから。

> 青山繁樹さんはお給料ではなく、確かにセミナーや講演会、コンサルティングなどで収益はあります。
> しかしながら、もし仮に本当に全てが誤りであるのなら
> 私も全面否定したい気持ちになりますが、概ね間違ってはいないということが言えると思います。

全く文章が繋がっていないのですが。
「仮に」で何を言いたかったのです?
何を根拠に「概ね間違っていない」と言っているのです?

> 日本海側の資源採取や研究が遅れているのは、安全保障上の問題や地政学上の大人な事情が絡んでいる場合があるので予算がつけずらいというのが実情です。

全く違います。
純粋に技術的に、実用までの途が太平洋側に比べて遠いからです。

> 青山繁樹さんの主張もメタンハイドレートに関しては、誤認識の部分がありましたので、それを独立総合研究所宛に、異議を唱えたところ大変丁寧に返答がありました。

申し訳ありませんが、信用できません。
だって、そんなことまでしたあなたが、何で青山某の名前をこんなに繰り返し間違えているんです?
本当にそんなことをしたなら、その得、名前ぐらいは正確に書いたはずでしょうに、逆に、こんな失礼なことをして来る人間に、それを全く指摘せずに返事を出すことも、社会人としてあり得ませんし。

> 青山繁樹さんが認識していることと私の主張。
> あまり騒ぐような内容ではなかったため、公開はしなかったのですが。論理的に、確たるデータを持った反論もしくは異議はちゃんと誠実に応えてくれます。
> そして、認識不足を認められる人物でした。

少なくとも、このブログで紹介した事例のように、青山は自分のブログ上で誤りを指摘した人に対しては、一切聞く耳を持たずに逆にその人の人格攻撃に走っていましたよ。
あなたが具体的に何を指摘し、青山が何を答えたのか、あなたは何も明らかにしていませんから、あなたの言を信ずる根拠は残念ながら何もありません。

> 本当に、嘘つきで私利私欲のためだけの金儲けだけなら、とっくに消えています。
> そういう詐欺のような人は、最初だけは評価されるんです。

そんなことはありません。
マスコミの上手く利用する術を知っている者、そして真実よりもマスコミを喜ばせることを優先させられる者は、簡単には消えません。

> しかし、今も青山繁樹さんは、私はファンではありませんが、すごく勉強されてるな。と感じております。

もちろんそれなりに勉強はしているでしょうね。
でも、彼はそれを真実の探求に活かそうとはしない。
自分の私欲のために使うだけです。

もちろん、それが全て悪いわけじゃない。
そういう自分の利益を大きくしたいという動機が科学を進歩させることもあるのですから。

でも、彼の行為で許せないのは、動かしようが無い客観的なデータを平気でねじ曲げること。
そして本当に頑張っている人々を自分の利益のために、マスコミを使って貶めようとしていること。
これを止めない限り、彼を肯定的に評価すべき理由は無いと断言できます。

もし本当に青山を肯定すべきとお考えなら、もっと具体的な、読んだ者が検証できる根拠を示して下さい。
それが「研究者」のやり方というものだと思いますけど。


みんな釣られてんな(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


青山繁晴氏の主張「日本海側のメタンハイドレートは実用化し易い」の嘘

以前からしきりに日本海側のメタンハイドレート開発を主張している青山繁晴氏。 東京オリンピック開催が決定した後のラジオ番組でもかねてからの主張通り「日本海側のメタンハイドレートは実用化し易い」と語っていた。(ザ・ボイス9月12日放送分、26分50秒ころから) だ…


 ホーム